マリー・アントワネット

フランス映画・テレビ・動画

映画『マリー・アントワネットに別れをつげて』予告編のフランス語~前編

マリー・アントワネットに別れをつげて』という映画の予告編を勉強しました。

オリジナルのタイトルは« Les adieux à la reine » 2012年のフランス映画です。監督はブノワ・ジャコ。

日本でも2012年の暮れから今年のお正月にかけて公開されましたので、ごらんになった方もいらっしゃるでしょう。



マリー・アントワネットに別れを告げて

では、予告編をごらんください。これはアメリカむけ予告編なので、英語の字幕が入っています。
2分28秒

きょうは55秒まで、チェックします。

Versailles 1789
1789年 ヴェルサイユ

Dépêchons-nous!

急いで!

Ah ! Mademoiselle Laborde, et de si tôt matin ! Comment vous dire
ma gratitude ?

ああ、ラボードさん、こんなに朝早くから。どうやってお礼を言ったらよいのかしら。

Faut avouer qu’il fait un beau jour.
Aussi, y a-t-il longtemps que nous nous promenons…
Aussi, le plaisir d’être avec vous…

天気のよい日です(←天気のよい日だと言わねばならない)
そして、私達が散歩をしてずいぶんたちます。
そして、あなたと一緒でうれしいです。

Je voulais vous poser une question. Avez-vous déjà été attirée par
une femme ?

質問をしてよいかしら。あなた、女性に惹かれたことありまして?

Vous connaissez la Duchesse de Polignac ?
Tout le monde à la cour connait Gabrielle de Polignac.
On dit que la Reine s’en est amourachée et que ses mœurssont des plus libres.

ポリニャック公爵夫人を知っていますか?
宮廷中がガブリエル・ドゥ・ポリニャックを知っていますよ。
王妃は、彼女に夢中のようですね。あの人達はずいぶん自由にふるまっておられる。

Vous savez ce qui me fait le plus de peine, Monsieur Moreau ?  C’est toute cette malveillance autour de la reine.
Si jeune et déjà aveugle…

私をもっとも悲しませることは何かご存知ですか、モローさん? 
それは王妃があれこれ反感を持たれていることです。
そんなにお若いのに、もう盲目でいらっしゃる・・・

単語メモ

s’amouracher ~に夢中になる、惚れる

mœurs 素行、品行

faire de la peine à ~は人を悲しませる
Ça me fait de la peine de la voir si malheureuse.
彼女があんなに不幸なのを見るのはつらい。

malveillance 悪意、敵意、反感

この映画の主人公は王妃の家来のシドニー・ラボード。本を読むのが仕事のようです。彼女はすっかり王妃に魅せられています。だから、aveugle(盲目だ)とモローさんから言われます。

タイトルの adieux は adieu の複数形です。

ちなみに、adieu は à Dieu(神のもとに)という意味で、「さようなら」と言ってる側には「もう二度と会えない」という気持ちがあります。

これに対して、Au revoir は revoir(再び会う)とあるように、「また会いましょう」という別れの言葉です。

★後編はこちらから⇒映画『マリー・アントワネットに別れをつげて』予告編のフランス語~後編

これは原作の翻訳です。

補足情報

マリー・アントワネット

マリー・アントワネット(1755-1793)は私自身もこんな風に扮装しておりますが、
マリー・ペン・アントワネット

フランス国王ルイ16世の王妃でフランス革命のとき、ギロチンにかけられた悲劇の王妃、と呼ばれている人。

くわしくは⇒ついに叶った!?マリー・アントワネットになる夢

ほかにマリー・アントワネットについてたくさん記事を書いています。

ついに叶った!?マリー・アントワネットになる夢

「ベルサイユのばら」の新作が週刊マーガレット創刊50周年記念号に

造園家・アンドレ・ル・ノートル生誕400周年

第1回「ベルサイユのばら」検定は11月24日開催

マリー・アントワネットと18世紀のチョコレート

「ベルサイユのばら」の新作を再掲載~週刊マーガレット第13号

ポリニャック公爵夫人とは?

ポリニャック公爵夫人(1749-1793)はマリー・アントワネットの取り巻きの一人です。

ポリニャック公爵夫人
File:Duchess de Polignac.jpg – Wikipedia, the free encyclopediaより

彼女は、衰退しつつある嫁ぎ先のポリニャック家を立て直すために、マリー・アントワネットに近づき、見事、気に入られます。
ご主人ともども、たっぷりお金をもらい贅沢をしていました。

しかし、フランス革命が始まると、王妃を見捨てて、さっさとウィーンに亡命し、そこで急死。

これがウイキペディアに書いてあったこと。

一方で、こんな説もあります。

ポリニャック夫人は、とても美しく、知性があり、性格もよい人でした。宮廷に出向いたとき、王妃に気に入られ、後に孤独な王妃の大切な親友となります。ご主人も自分も高貴な家の出で、教養はありましたが、貧乏でした。

王妃はポリニャック夫人をそれは気に入り、それまでの取り巻きからは距離を置き、彼女と親しくします。また金銭的援助もしました。そのためポリニャック夫人は周囲からひじょうに嫉妬されていました。

革命が始まると、王妃は親しい友人に亡命するようにすすめます。ポリニャック夫人もその一人でした。

たぶんこっちが正しいのではないかという気もしますが、本当のところはわかりません。



マリー・アントワネットに別れを告げて、日本向け予告編

日本用の予告編です。内容を見せすぎかも?
1分40秒

日本語の字幕がついているといきなりわかりやすくなりますね。






ピックアップ記事

  1. 『星の王子さま』~お役立ちリンク集
  2. ぜんぶ無料:あなたのフランス語学習に役立つサイト16選
  3. 2019年版、フランス語と英語が勉強できるカレンダーの紹介。

関連記事

  1. 星の王女さま

    フランス映画・テレビ・動画

    アニメ「星の王子さまと私」予告編のフランス語・後編

    アントワーヌ・サン=テグジュペリの小説、「星の王子さま」をアニメ映画に…

  2. ニーム

    フランス語入門日記

    続・トリュフォー監督の Les mistons(あこがれ)のmistonとは?~入門日記第10回 

    楽しみながらフランス語の語彙を増やすため、トリュフォー監督の映画のタイ…

  3. パリの建物

    フランス映画・テレビ・動画

    『屋根裏部屋のマリアたち』(2):映画の予告編

    フランス映画の予告編のスクリプトでフランス語を学習しています。今回…

  4. フランス映画・テレビ・動画

    『100歳の少年と12通の手紙』(後編)~予告編のフランス語

    『100歳の少年と12通の手紙』というフランス映画のスクリプトでフラン…

  5. 教室

    フランス映画・テレビ・動画

    学級崩壊したクラスに赴任した歴史の先生はどうしたか?:Les Heritiersの予告編のフランス語…

    フランス映画の予告編のスクリプトでフランス語を学習するシリーズ。今週か…

  6. ショーウインドウ

    フランス映画・テレビ・動画

    オ・ボヌール・デ・ダム、デパートの発明:予告編のフランス語

    映画の予告編を使ってフランス語になじむシリーズ。今回とりあげるのは、ド…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね♪

CTL+D でお気に入りに登録。

Feedlyで確実に更新をチェックしよう。

follow us in feedly

更新情報をメールで配信中

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

新しく書いた記事です。

  1. なぜプラスチックのストローの使用が禁止されるのか?
  2. アクサン・シルコンフレックスになじんで語彙を増やそう。
  3. なぜ、フランスでは7月14日が祝日なのか?
  4. オ・ボヌール・デ・ダム、デパートの発明:予告編のフランス語
  5. フランスの猛暑(2019年6月)のニュース
  6. Le pouvoir des fleurs(花のちから)ロラ…
  7. いやし、リラックスに関する言葉:かわいいフランス語教えます(…
  8. おとぎ話に出てくる言葉(その2):かわいいフランス語教えます…
  9. フランスの試験、バック(バカロレア)とは何か?
  10. フェット・ド・ラ・ミュジーク(音楽祭)の起源

おすすめ記事いろいろ

  1. 『優雅なハリネズミ』(2)~映画の予告編のフランス語
  2. 家庭で作る簡単アイスクリーム4種:フランスのお菓子(26)
  3. 2013年秋冬ファッションのトレンド その3 40年代ルック…
  4. かわいいフランス語、教えます~その2果物編
  5. ラ・セーヌ~ヴァネッサ・パラディとM、歌と訳詞
  6. 13日の金曜日の迷信、あなたは信じますか?
  7. 恋はどんなもの?~作詞:フランソワ1世、曲:クレマン・ジャヌ…
  8. お肉に関するフランス語~かわいいフランス語教えます(88)
  9. 『遠くの森で』~フランスの童謡、歌と訳詞
  10. フランス語のことわざ45~良い猫には良いネズミ

おすすめのまとめ記事

  1. ニュースの記事のまとめ(1)
  2. ファッション、モード、おしゃれに関する記事の目次(2)
  3. ファッション、モード、おしゃれに関する記事の目次(5)
  4. バレンタインデーとチョコレート関連記事の目次
  5. 「虎と小鳥のフランス日記」vol.4 第76話~第100話
  6. 『不思議の国のFrance』関連記事の 目次その2
  7. 歌の訳詞を書いている記事の目次~その2
  8. ラジオ講座「まいにちフランス語」関連記事の目次~その2(1課…
  9. 2013年4月開講のNHKのラジオ講座のラインナップ
  10. フレンチポップスの訳詞をしている記事のまとめ:その5

フランス語の勉強法とか

  1. フランス語の日めくり
  2. 星の王子さまの本
  3. 黒板

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらからどうぞ

封筒
⇒お問い合わせフォームへ


お気軽に^^

☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

アーカイブ

PAGE TOP