La famille du duc de Penthièvre

フランスにまつわるあれこれ

マリー・アントワネットと18世紀のチョコレート

マリー・アントワネットが愛好したチョコレートドリンクについて調べてみました。

「虎と小鳥のフランス日記」の第101話でマリー・アントワネットがチョコレート好きだった、という話が出てきました。

教材の該当箇所はこちらです。

Mélange à du sucre, le chocolat devient alors une boisson très appréciée.

En France par exemple, Madame de La Fayette, Madame de Pompadour et Marie-Antoinette font partie de ses adeptes.

砂糖を加えられ、チョコレートはとても人気のある飲み物になりました。

たとえば、フランスでは、ラ・ファイエット夫人、ポンパドール夫人、マリー・アントワネットがその愛好者です。

この人たちはいったいどんなチョコレートを飲んでいたのでしょうか?



チョコレートはスペインから入ってきた

パリのチョコレート博物館「虎と小鳥のフランス日記」第101話~チョコレートの歴史で書きましたように、フランスにスペインからチョコレートが入ったのは1615年です。

まず、ルイ13世に嫁いだスペインの王女のアンヌ・ドーリッシュ、次に、ルイ14世に嫁いだ王女マリア・テレサが、チョコレートを持ってきました。

une boisson とあるように、当時のチョコレートは今のような固形のチョコレートではなく、飲み物です。

さて、王室でチョコレートを振興したのはルイ15世です。

ルイ15世

33歳

肖像画を見ると、なかなかハンサムで賢そうなルイ15世。

彼は、あまり政治に興味を持てなかったようで、趣味の狩猟や動物の世話を追求していました。ついでに女性好きでもありました。

そして、チョコレートが大好きで、自ら台所に立ち、チョコレートドリンクを作っていました。

よくわかりませんが、たぶん王様が台所でチョコレートを用意するというのは、当時としては、かなり特別なことだと思います。

彼は自家製レシピも考案しており、ここにのっています⇒Le chocolat à Versailles – Château de Versailles

今のココアと違うのは、卵黄を混ぜるところです。削ったチョコレートと水を混ぜて、コーヒーメーカーで熱して、そこへ卵黄を入れ、沸騰させない程度に加熱。そのあと、砂糖、バニラなどを入れたのだと思います。

卵黄を入れるのは今のチョコレートムースに似ていますね。

チョコレートと卵黄の合わせ技で、滋養がありそうなドリンクです。

マリー・アントワネットはチョコレート職人を連れてお嫁入り

マリー・アントワネットは1770年、14歳のとき、オーストリア(神聖ローマ帝国)からフランスのルイ16世のもとに嫁ぎます。このとき、おつきのチョコレートを作る人(chocolatier)も連れて来ました。この人は『王妃のチョコレート職人』« Chocolatier de la Reine » と呼ばれました。

マリー・アントワネット

おでこの広い13歳のマリー

アントワネットのチョコレート職人は、王妃のために、オレンジの花を入れたものや、甘いアーモンドを入れたチョコレートドリンクを考案。

当時、チョコレートは飲料しかなかったのですから、工夫のしどころは何を混ぜるかというところとトッピングです。

卵白を泡立てたものをのせ、パウダシュガーをかけ、さながら今のスターバックスのドリンクのようにおしゃれに仕立てたのを、素敵な陶器のカップに入れて供しました。

こちらは当時マリー・アントワネットが飲んだチョコレートの作り方を再現している動画(1分30秒ぐらいから)

Les pêchés mignons de Marie-Antoinette
3分25秒

★pêche mignon は ちょっとした好み、弱み、悪癖

甘党のマリー・アントワネットの朝ごはんはこのチョコレートドリンクと甘いブリオッシュでした。

チョコレートをサーブする召使の絵です(1744年の絵です。マリーの召使ではありません)。

チョコレートを運ぶ娘

チョコレートを運ぶ娘 «La fille de chocolat»(リオタール Jean-Étienne Liotard 1702-1789)

メイドなので、服が質素ですが、かわいいですね。個人的にはこういう服のほうが好きです。

あたまにシャワーキャップみたいなのをしてますが、髪の毛がチョコレートに入っちゃだめなのでしょう。

お水も一緒に運んでいますね。

マリー・アントワネットのピストルとは?

マリーが結婚して7年ぐらいたったある日のことです。王室薬剤師のスルピス ドゥボーヴ(Sulpice Debauve)という人がマリーに薬を持参しますと、マリーは「こんな苦いお薬は飲めませんわ」と、こぼします。

「ウイーンでいただきましたチョコレートは、それはそれは甘くておいしゅうございましたの」とマリーが言うので、ドゥ ボーヴは、それならば、と考案したのが、薬を包むチョコレート(オブラートのチョコレートバージョン?)。

これがもとになったという、今も売っているお高いチョコレートが「マリー・アントワネットのピストル」と呼ばれる商品。

これね↓
マリー・アントワネットのピストル

画像はマリー アントワネットのピストルより拝借しました。

アマゾンでも購入可能。

当時は固形チョコレートはなかったので、この薬飲み用チョコレートは、長時間、固形を保てるものではなかったと思います。

最初からチョコレートに溶かして飲むという方法はなかったのでしょうか? 素朴な疑問です。

※トップの絵の説明:La famille du duc de Penthièvre en 1768 別名 “La Tasse de chocolat” Jean-Baptiste Charpentier le Vieux, 1728-1806
真ん中がマリー・アントワネット



ラファイエット夫人とポンパドール夫人について

ラファイエット夫人(1634-1693)は「クレーブの奥方 la Princesse de Clèves」で知られる作家。

ラファイエット夫人

ポンパドール夫人はルイ15世の愛妾。現在は髪型の名前になっています。美人だったので、たまたま何かのサロンで宮殿に行ったとき、ルイ15世に見初められ、そのとき、すでに人の妻だったんですが、別居して、王室に入りました。

ポンパドール夫人

彼女は美しいだけでなく、教養もあり、文学、美術好きで、サロンを開いて、芸術家を後援しました。政治にも干渉し、その浪費が王室の財政を圧迫したというなかなか興味深い人物ですが、きょうはマリー・アントワネットの記事なので、あまり詳しくはふれません。

いかがでしたか?

チョコレートに歴史あり、ですね。

チョコレートはひじょうに高価だったので、当時は王侯貴族しか飲むことはできず、庶民はコーヒーを飲んでいたそうです。






ピックアップ記事

  1. ぜんぶ無料:あなたのフランス語学習に役立つサイト16選
  2. 『星の王子さま』~お役立ちリンク集
  3. 2018年版、フランス語と英語の勉強用カレンダーのご紹介。

関連記事

  1. バレンタインデーのティーセット

    フランスの暦、年中行事

    バレンタインデーの歴史とフランスの愛の日の事情。

    なぜ2月14日がバレンタインデーなのか、簡単なフランス語でその由来を説…

  2. 腐らんす日記

    フランスにまつわるあれこれ

    マンガ『腐らんす日記』(フランス語版)を試し読みできます

    キンドルファイヤで表示させてみました。写り込みが激しいので、私の大顔が…

  3. ハチミツ
  4. レトロなソファ

    虎と小鳥のフランス日記

    第32話 マルシェ・レトロ「虎と小鳥のフランス日記」

    「虎と小鳥のフランス日記」第32話の受講メモです。この回のタイトルは「…

  5. クレープ屋さん

    虎と小鳥のフランス日記

    モンパルナスでクレープを食べよう「虎と小鳥のフランス日記」第35話

    毎週届く、フランス語の教材「虎と小鳥のフランス日記」。バックナンバーも…

  6. 緑の葉っぱ

    虎と小鳥のフランス日記

    復興への願いをこめて~バイオリンと『雨ニモマケズ』

    こんにちは。penです。きょうは、「虎と小鳥のフランス日記」第…

コメント

  1. penさんは、いつも情報量がすごいですね!!!

    そしてとても見やすいレイアウトです。

    勉強になります^^

      • フランス語愛好家
      • 2013年 5月 24日

      ミミさん、こんにちは。コメントありがとうございます。
      なんか、書いてるとどんどん長くなっちゃって。
      レイアウト、見やすいですかね。
      また遊びに来てくださいね。

    • Mary K
    • 2013年 5月 24日

    フランス、そしてフランス語に興味を持ち始めたのはマリーアントワネットがきっかけでした。
    大学は法学部を選んでしまったけど
    フランス語への興味は増して、アテネフランセに通ったり
    一から勉強したこともありました。
    ペンさんのサイトは語学だけでなく文化も楽しめて
    とても楽しんでます。
    私も子供が小さいとき、粉薬をチョコレートに溶かして
    飲ませました。オブラートってすごいアイディアですね(笑)

      • フランス語愛好家
      • 2013年 5月 25日

      Mary Kさん、こんにちは。コメントありがとうございます。
      マリー・アントワネットの記事、読んでくださってありがとうございます。
      へ~、お子さんの薬をチョコレートに溶かしていたんんですか?
      ルイ16世のおかかえ薬剤師と発想は同じようなものかも。
      マリー・アントワネットってよっぽど甘党だったんでしょうね。
      これからもよろしくお願いします。

  2. ただ今、フランスのお色目に凝っております。
    ポンパデュール夫人のお洋服の色目とか素敵ですよね。
    彼女のお顔も大好きです。美人さん。

    チョコレートに、フランスの色に、教養あるポンパデュール婦人。
    タイムスリップして、ちょっとだけ覗きに行ってみたいです。
    香水のにおいで凄いだろうな……。

      • フランス語愛好家
      • 2013年 5月 31日

      ママリーヌさん、こんにちは。コメントありがとうございます。
      フランスの色目といってもいろいろありますが、繻子のような色ですか?
      Madane de Pompadour, そうですね。美貌がルイ15世の目をひいたようです。
      そういえば、香水の記事を書いたことがないのですが、この時代、フランスの人は
      お風呂に入ってなかったみたいです。
      ソフィア・コッポラ監督の映画では、マリー・アントワネットお風呂みたいなのに入っていたんですけど・・。
      かわりに香水まき散らして体臭を消していたとか。
      フローラルな香りの香水を作らせたのはマリー・アントワネットが最初だったそうですよ。
      香水のことも調べてみるとおもしろそうですね。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね♪

CTL+D でお気に入りに登録。

Feedlyで確実に更新をチェックしよう。

follow us in feedly

更新情報をメールで配信中

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

新しく書いた記事です。

  1. フランス人は働くことが好きなのでしょうか?
  2. シリアのドゥーマで何が起こったのか?
  3. 13日の金曜日の迷信、あなたは信じますか?
  4. 動物の名前:かわいいフランス語教えます(125)
  5. Dommage (ドマージュ):ビッグフロー・エ・オリー、歌…
  6. ペッパ・ピッグで学ぶフランス語2:春(エッグハント)の巻、前…
  7. 続・春をイメージさせる言葉:かわいいフランス語教えます(12…
  8. どうしてフランス語はほかの言葉より難しいの?
  9. セントパトリックデー(聖パトリックの祝日)の由来。ラッキーア…
  10. ヌーヴェルヴァーグの代表作、大人は判ってくれない:フランス映…

おすすめ記事いろいろ

  1. 弱き者は夫(ぶ)に取らるる:フランス語のことわざ17
  2. 愛にちなんだ言葉~恋は空腹で生き…~アルフレッド・ド・ミュッ…
  3. 「うっかりペネロペ」はフランスの青いコアラの女の子:多読にお…
  4. 映画『コーラス』(後編)予告編のフランス語
  5. Le Jardin(ジャック・プレヴェール)という詩を読んで…
  6. ブログと著作権法について その4
  7. 映画『シチズンフォー』のレビュー:なぜエドワード・スノーデン…
  8. 鳥と子ども(L’oiseau et l̵…
  9. オール・オーヴァー・ザ・ワールド:フランソワーズ・アルディ(…
  10. Laisse tomber les filles~フランス・…

おすすめのまとめ記事

  1. ファッション、モード、おしゃれに関する記事の目次(1)
  2. ラジオ講座「まいにちフランス語」関連記事の目次~その3(48…
  3. ファッション、モード、おしゃれに関する記事の目次(5)
  4. ハロウィン関連記事の目次
  5. 猫に関連する記事の目次~猫好きさんに捧ぐ
  6. 『タイトルのフランス語』の記事の目次
  7. フレンチポップスと訳詞の記事のまとめ:その4
  8. かわいいフランス語、教えます~目次 その3
  9. 歌の訳詞を書いている記事の目次~その2
  10. 『不思議の国のFrance』関連記事の 目次その3

フランス語の勉強法とか

  1. 黒板
  2. 星の王子さまの本
  3. 2018年フランス語日めくりカレンダー

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらからどうぞ

封筒
⇒お問い合わせフォームへ


お気軽に^^

☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

アーカイブ

  1. 風車小屋

    フランスのことわざ

    フランス語のことわざ18~予防は治療に勝る
  2. カーニバル

    フランスの暦、年中行事

    マルディグラ(カーニバル)の起源とお祝いの仕方。
  3. pen 金太郎

    フランス語を読む練習

    子どもの日の由来~後編:中国から日本の武家へ
  4. pen アンディ・ウォーホル

    フレンチポップスの訳詞

    歌と訳詞:アリゼ Fifty-Sixty ウォーホルのミューズ、イーディのことを…
  5. pen星の王女さま

    時事ニュース

    70歳だけど若々しい「星の王子さま」
PAGE TOP