La famille du duc de Penthièvre

フランスにまつわるあれこれ

マリー・アントワネットと18世紀のチョコレート

マリー・アントワネットが愛好したチョコレートドリンクについて調べてみました。

「虎と小鳥のフランス日記」の第101話でマリー・アントワネットがチョコレート好きだった、という話が出てきました。

教材の該当箇所はこちらです。

Mélange à du sucre, le chocolat devient alors une boisson très appréciée.

En France par exemple, Madame de La Fayette, Madame de Pompadour et Marie-Antoinette font partie de ses adeptes.

砂糖を加えられ、チョコレートはとても人気のある飲み物になりました。

たとえば、フランスでは、ラ・ファイエット夫人、ポンパドール夫人、マリー・アントワネットがその愛好者です。

この人たちはいったいどんなチョコレートを飲んでいたのでしょうか?



チョコレートはスペインから入ってきた

パリのチョコレート博物館「虎と小鳥のフランス日記」第101話~チョコレートの歴史で書きましたように、フランスにスペインからチョコレートが入ったのは1615年です。

まず、ルイ13世に嫁いだスペインの王女のアンヌ・ドーリッシュ、次に、ルイ14世に嫁いだ王女マリア・テレサが、チョコレートを持ってきました。

une boisson とあるように、当時のチョコレートは今のような固形のチョコレートではなく、飲み物です。

さて、王室でチョコレートを振興したのはルイ15世です。

ルイ15世

33歳

肖像画を見ると、なかなかハンサムで賢そうなルイ15世。

彼は、あまり政治に興味を持てなかったようで、趣味の狩猟や動物の世話を追求していました。ついでに女性好きでもありました。

そして、チョコレートが大好きで、自ら台所に立ち、チョコレートドリンクを作っていました。

よくわかりませんが、たぶん王様が台所でチョコレートを用意するというのは、当時としては、かなり特別なことだと思います。

彼は自家製レシピも考案しており、ここにのっています⇒Le chocolat à Versailles – Château de Versailles

今のココアと違うのは、卵黄を混ぜるところです。削ったチョコレートと水を混ぜて、コーヒーメーカーで熱して、そこへ卵黄を入れ、沸騰させない程度に加熱。そのあと、砂糖、バニラなどを入れたのだと思います。

卵黄を入れるのは今のチョコレートムースに似ていますね。

チョコレートと卵黄の合わせ技で、滋養がありそうなドリンクです。

マリー・アントワネットはチョコレート職人を連れてお嫁入り

マリー・アントワネットは1770年、14歳のとき、オーストリア(神聖ローマ帝国)からフランスのルイ16世のもとに嫁ぎます。このとき、おつきのチョコレートを作る人(chocolatier)も連れて来ました。この人は『王妃のチョコレート職人』« Chocolatier de la Reine » と呼ばれました。

マリー・アントワネット

おでこの広い13歳のマリー

アントワネットのチョコレート職人は、王妃のために、オレンジの花を入れたものや、甘いアーモンドを入れたチョコレートドリンクを考案。

当時、チョコレートは飲料しかなかったのですから、工夫のしどころは何を混ぜるかというところとトッピングです。

卵白を泡立てたものをのせ、パウダシュガーをかけ、さながら今のスターバックスのドリンクのようにおしゃれに仕立てたのを、素敵な陶器のカップに入れて供しました。

こちらは当時マリー・アントワネットが飲んだチョコレートの作り方を再現している動画(1分30秒ぐらいから)

Les pêchés mignons de Marie-Antoinette
3分25秒

★pêche mignon は ちょっとした好み、弱み、悪癖

甘党のマリー・アントワネットの朝ごはんはこのチョコレートドリンクと甘いブリオッシュでした。

チョコレートをサーブする召使の絵です(1744年の絵です。マリーの召使ではありません)。

チョコレートを運ぶ娘

チョコレートを運ぶ娘 «La fille de chocolat»(リオタール Jean-Étienne Liotard 1702-1789)

メイドなので、服が質素ですが、かわいいですね。個人的にはこういう服のほうが好きです。

あたまにシャワーキャップみたいなのをしてますが、髪の毛がチョコレートに入っちゃだめなのでしょう。

お水も一緒に運んでいますね。

マリー・アントワネットのピストルとは?

マリーが結婚して7年ぐらいたったある日のことです。王室薬剤師のスルピス ドゥボーヴ(Sulpice Debauve)という人がマリーに薬を持参しますと、マリーは「こんな苦いお薬は飲めませんわ」と、こぼします。

「ウイーンでいただきましたチョコレートは、それはそれは甘くておいしゅうございましたの」とマリーが言うので、ドゥ ボーヴは、それならば、と考案したのが、薬を包むチョコレート(オブラートのチョコレートバージョン?)。

これがもとになったという、今も売っているお高いチョコレートが「マリー・アントワネットのピストル」と呼ばれる商品。

これね↓
マリー・アントワネットのピストル

画像はマリー アントワネットのピストルより拝借しました。

アマゾンでも購入可能。

当時は固形チョコレートはなかったので、この薬飲み用チョコレートは、長時間、固形を保てるものではなかったと思います。

最初からチョコレートに溶かして飲むという方法はなかったのでしょうか? 素朴な疑問です。

※トップの絵の説明:La famille du duc de Penthièvre en 1768 別名 “La Tasse de chocolat” Jean-Baptiste Charpentier le Vieux, 1728-1806
真ん中がマリー・アントワネット



ラファイエット夫人とポンパドール夫人について

ラファイエット夫人(1634-1693)は「クレーブの奥方 la Princesse de Clèves」で知られる作家。

ラファイエット夫人

ポンパドール夫人はルイ15世の愛妾。現在は髪型の名前になっています。美人だったので、たまたま何かのサロンで宮殿に行ったとき、ルイ15世に見初められ、そのとき、すでに人の妻だったんですが、別居して、王室に入りました。

ポンパドール夫人

彼女は美しいだけでなく、教養もあり、文学、美術好きで、サロンを開いて、芸術家を後援しました。政治にも干渉し、その浪費が王室の財政を圧迫したというなかなか興味深い人物ですが、きょうはマリー・アントワネットの記事なので、あまり詳しくはふれません。

いかがでしたか?

チョコレートに歴史あり、ですね。

チョコレートはひじょうに高価だったので、当時は王侯貴族しか飲むことはできず、庶民はコーヒーを飲んでいたそうです。






関連記事

  1. パリセーヌ川

    虎と小鳥のフランス日記

    出発~ピアノレッスン「虎と小鳥のフランス日記」第1話 その2

    今週の「虎と小鳥のフランス日記」バック・ナンバーは先週に引き続き第1話…

  2. 虎と小鳥のフランス日記 第88話

    虎と小鳥のフランス日記

    「虎と小鳥のフランス日記」第88話 日曜日の音楽のリハーサル

    今週の「虎と小鳥のフランス日記」の受講メモです。今回は、カミーユ(Ca…

  3. アベス広場

    虎と小鳥のフランス日記

    ブドウ収穫祭・その2 非結婚式~「虎と小鳥のフランス日記」第22話

    「虎と小鳥のフランス日記」のバックナンバー、今週は第22話の復習をしま…

  4. クレーム・ブリュレ

    虎と小鳥のフランス日記

    『アメリ』と歩くモンマルトル その2「虎と小鳥のフランス日記」第37話

    毎週届く、フランス語の教材「虎と小鳥のフランス日記」。バックナンバーも…

  5. パリ

    虎と小鳥のフランス日記

    パリの教会コンサート~『虎と小鳥のフランス日記』第151話

    こんにちは。フランス語愛好家のpenです。今週の「虎と小鳥…

  6. パリのイースター

    フランスの暦、年中行事

    パック(イースター)2014年~「虎と小鳥のフランス日記」第149話

    今週の「虎と小鳥」は、イースターの話題です。イースターは復活祭。…

コメント

  1. penさんは、いつも情報量がすごいですね!!!

    そしてとても見やすいレイアウトです。

    勉強になります^^

      • フランス語愛好家
      • 2013年 5月 24日

      ミミさん、こんにちは。コメントありがとうございます。
      なんか、書いてるとどんどん長くなっちゃって。
      レイアウト、見やすいですかね。
      また遊びに来てくださいね。

    • Mary K
    • 2013年 5月 24日

    フランス、そしてフランス語に興味を持ち始めたのはマリーアントワネットがきっかけでした。
    大学は法学部を選んでしまったけど
    フランス語への興味は増して、アテネフランセに通ったり
    一から勉強したこともありました。
    ペンさんのサイトは語学だけでなく文化も楽しめて
    とても楽しんでます。
    私も子供が小さいとき、粉薬をチョコレートに溶かして
    飲ませました。オブラートってすごいアイディアですね(笑)

      • フランス語愛好家
      • 2013年 5月 25日

      Mary Kさん、こんにちは。コメントありがとうございます。
      マリー・アントワネットの記事、読んでくださってありがとうございます。
      へ~、お子さんの薬をチョコレートに溶かしていたんんですか?
      ルイ16世のおかかえ薬剤師と発想は同じようなものかも。
      マリー・アントワネットってよっぽど甘党だったんでしょうね。
      これからもよろしくお願いします。

  2. ただ今、フランスのお色目に凝っております。
    ポンパデュール夫人のお洋服の色目とか素敵ですよね。
    彼女のお顔も大好きです。美人さん。

    チョコレートに、フランスの色に、教養あるポンパデュール婦人。
    タイムスリップして、ちょっとだけ覗きに行ってみたいです。
    香水のにおいで凄いだろうな……。

      • フランス語愛好家
      • 2013年 5月 31日

      ママリーヌさん、こんにちは。コメントありがとうございます。
      フランスの色目といってもいろいろありますが、繻子のような色ですか?
      Madane de Pompadour, そうですね。美貌がルイ15世の目をひいたようです。
      そういえば、香水の記事を書いたことがないのですが、この時代、フランスの人は
      お風呂に入ってなかったみたいです。
      ソフィア・コッポラ監督の映画では、マリー・アントワネットお風呂みたいなのに入っていたんですけど・・。
      かわりに香水まき散らして体臭を消していたとか。
      フローラルな香りの香水を作らせたのはマリー・アントワネットが最初だったそうですよ。
      香水のことも調べてみるとおもしろそうですね。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね♪

CTL+D でお気に入りに登録。

Feedlyで確実に更新をチェックしよう。

follow us in feedly

更新情報をメールで配信中

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

おすすめ記事いろいろ

  1. 映画『マリー・アントワネットに別れをつげて』予告編のフランス…
  2. 「まいにちフランス語」8:初級編L22-24~復習と数字(2…
  3. 「まいにちフランス語」7:初級編L19-21~er動詞
  4. 第15回チャイコフスキー国際コンクールの優勝者は?
  5. アレクサンドリ・アレクサンドラ~クロード・フランソワ(歌と訳…
  6. フランス語で新年のあいさつはどう言う?(2016年版):年末…
  7. 歌と訳詞:美しい九月~バルバラ
  8. フランスのお土産におすすめ:イヴ・ロシェのコスメ
  9. 広く好かれれば好かれるほど、深くは好かれないものだ(スタンダ…
  10. 夏(季節の単語)~フランス語の暦(2)

新しく書いた記事です。

  1. スペインのバロセロナとカンブリスで起きたテロ
  2. プチ・ニコラの夏休み・予告編のフランス語
  3. 犬の名前、特に短い名前(2音節)特集:かわいいフランス語教え…
  4. 8月13日は左利きの日。なぜ左利きの人がいるのか?
  5. 家庭で作る簡単アイスクリーム4種:フランスのお菓子(26)
  6. シャーベットができるまで。カルカソンヌのアイスクリーム工場ル…
  7. 趣味に関する単語:かわいいフランス語教えます(117)
  8. パリのエッフェル塔の楽しみ方。
  9. フリーダ・ボッカラ、Cent mille chansons …
  10. 第二次世界大戦で起きた奇跡の救出作戦、「ダンケルクの戦い」と…

おすすめのまとめ記事

  1. 翻訳者養成講座関連記事の目次
  2. フレンチポップスの訳詞をしている記事のまとめ:その5
  3. ハロウィン関連記事の目次
  4. フランス語のことわざ~目次 その3
  5. ファッション、モード、おしゃれに関する記事の目次(2)
  6. 歌の訳詞を書いている記事の目次~その3
  7. ラジオ講座「まいにちフランス語」関連記事の目次~その2(1課…
  8. 『不思議の国のFrance』関連記事の 目次その3
  9. 『百合のFranceウォッチング』~目次 その1(L1~25…
  10. 「虎と小鳥のフランス日記」vol.2 第26話~50話

フランス語の勉強法とか

  1. 黒板
  2. ペンディクテ中
  3. 星の王子さまの本
  4. 黒板
  5. penのイラスト

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらからどうぞ

封筒
⇒お問い合わせフォームへ


お気軽に^^

☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

アーカイブ

  1. ムーラン・ルージュ

    虎と小鳥のフランス日記

    音楽の街ピガール「虎と小鳥のフランス日記」第45話
  2. パリ

    虎と小鳥のフランス日記

    フランス語で「ブロンズになる」とは~「虎と小鳥のフランス日記」第46話
  3. パステルカラーのバッグ

    ファッション

    2014年春夏のバッグのトレンド[第2回]ベビードールバッグ(レトロ・ロマンチッ…
  4. フレンチポップスの訳詞

    Ignore-Moi (私を無視して):メラニー・パン~歌と訳詞
  5. パリ

    秘密のパリへ連れてって

    教養あるフランス人は語彙が豊富。パリ日本文化会館の建物について学ぶ(1)
PAGE TOP