赤ずきんちゃん

タイトルのフランス語

『赤ずきんちゃん』はフランス語で何と言う? 第2回

「そのタイトル、フランス語だと?」という連載の2回目です。

きょうは『赤ずきんちゃん』です。



「赤ずきんちゃん」とは?

誰でも知っている話ですね。病気のおばあさんのところにお見舞いに来た女の子をオオカミが食べる話です。

オオカミはおばあさんに化けていたのです。

その女の子が赤いずきんをかぶっていたので『赤ずきんちゃん』というタイトルです。

ほかの伝承童話と同様、古くからヨーロッパのあちこちで似たような話が言い伝えられていました。

フランスでは、シャルル・ペロー Charles Perrault(1628-1703)の童話集(Histoires ou contes du temps passé 1697)におさめられています。

この本はほかにも『シンデレラ』『青ひげ』『眠りの森の美女』など有名なお話が入っており、童話文学というジャンルを開拓したと言われている作品です。

また、グリム兄弟の「子どもと家庭の童話(1812年)」にもおさめられています。

「赤ずきんちゃん」はフランス語でこう言う

日本語では『赤ずきんちゃん』とちゃん付けされますが、オリジナルは『赤ずきん』です。

仏語は Le Petit Chaperon Rouge

発音はこちら(▶マークをクリックすると音が聞こえます)⇒

le 男性名詞につく定冠詞

petit かわいい

chaperon (中世の)ずきん;介添人という意味もあります。

rouge 赤い

ポイントは「ずきん」が男性名詞なので、冠詞も、ほかの形容詞も男性形であること。

赤ずきんちゃんは女の子ですが、「赤ずきん」なので男性名詞になるわけですね。

chaperon のchapeはchapeau(帽子)のchapeや英語のcapと語源は同じで、頭にかぶせるものです。

「赤ずきんちゃん」のアニメ

フランス語のアニメがありますので、抜粋をご紹介します。

アメリカのアニメ(でも制作は日本の会社?)のフランス語吹き替え版のようです。

40秒ぐらいで赤ずきんちゃんがバスケットからケーキを出して切ります。ここでオオカミが彼女に名前を聞き、それに答えています。
聞き取ってみてくださいね。

Le petit chaperon rouge dessin animé en francais
2分2秒

Quel est votre nom ?
Tout le monde m’appelle le petit chaperon rouge.

あなたのお名前は?
みんな、赤ずきんって呼ぶけど。

★ついでに覚えられるこの物語のキーワードでごく基本的な単語三つ

・un loup おおかみ
・un lit ベッド、寝床
・manger 食べる

英語は Little Red Riding Hood
乗馬用ずきんになっています。



関連サイトなど

この物語の教訓はわかりやすいです。「安易に知らない人を信用するな」ということですね。

赤ずきんちゃんは人(オオカミだけど)に親切にしすぎています。

おまけに、おばあさんの家に行くまえに道草をして、オオカミに先回りされてしまうのです。

前回の『白雪姫』は白、今回の『赤ずきん』は赤という色が象徴的に使われていますね。

え、赤が何を象徴するかわからない?

では、2年前にできた実写版をご紹介します。アメリカ映画です。

この映画の赤ずきんちゃんはちょっと大きくなっており、青春もの+SF+スリラーという趣です。

Red Riding Hood Movie Trailer Official
映画『赤ずきん』予告篇 1分22秒

音楽が怖いですね。やや苦手なジャンルです。

●『赤ずきんちゃん』のお話をフランス語で読んでみたい方はこちらでペロー版をどうぞ⇒Lire l'histoire : Le Petit Chaperon rouge – Contes-legendes – Il était une histoire Il étatit une histoireというネイティブの子どもむけのお話を集めたサイトです。

右側のÉcoute l’histoireを選ぶと、朗読音声を聞くことができます。

※Il étati une histore の使い方はこちらでご紹介しています⇒フランス語の子どもむけのお話が読めるサイト(音声つき)

この作品のフランス語名を知りたいなど、リクエストや感想がありましたら、コメントなどでお知らせくださいね。

童話のフランス語のタイトルを調べるシリーズ、初回はこちら⇒第1回『白雪姫』

第3回はこちら⇒第3回『おやゆび姫』

赤ずきんちゃんになっているpenの絵は、お友だちのmasausaさんに描いていただきました。いつもありがとうございます。

たまに、私が描いていると思っている人がいますが、こんなにうまく描けません。






ピックアップ記事

  1. ぜんぶ無料:あなたのフランス語学習に役立つサイト16選
  2. 2019年版、フランス語と英語が勉強できるカレンダーの紹介。
  3. 『星の王子さま』~お役立ちリンク集

関連記事

  1. 読書するpen

    タイトルのフランス語

    『タイトルのフランス語』の記事の目次

    本日は「タイトルのフランス語」の記事の目次を作りました。このシ…

  2. 雪の女王

    タイトルのフランス語

    第14回『雪の女王』~アナと雪の女王の原作

    「虎と小鳥のフランス日記」の最新エピソードの学習メモを書く日ですが、お…

  3. フランダースの犬

    タイトルのフランス語

    第13回『フランダースの犬』

    物語のタイトルをご紹介するシリーズ、第13回は『フランダースの犬』です…

  4. 赤い靴

    タイトルのフランス語

    『赤い靴』のフランス語のタイトルは?(第9回)

    「赤い靴」という物語のタイトルをご紹介します。童話では「赤いくつ」とひ…

  5. タイトルのフランス語

    眠れる森の美女・タイトルのフランス語第5回

    「そのタイトル、フランス語だと?」、きょうは『眠れる森の美女』です。…

  6. 白鳥の子とアヒルの子

    タイトルのフランス語

    『みにくいアヒルの子』第10回

    『みにくいアヒルの子』のフランス語のタイトルをご紹介します。『…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね♪

CTL+D でお気に入りに登録。

Feedlyで確実に更新をチェックしよう。

follow us in feedly

更新情報をメールで配信中

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

新しく書いた記事です。

  1. プラスチックの海を掃除する船、オーシャンクリーンアップ
  2. レオナルド・ダ・ヴィンチ、天才のひらめき
  3. 8月13日は左利きの日。なぜ左利きの人がいるのか?
  4. ベーキング・お菓子作りに関係のある言葉:かわいいフランス語教…
  5. ムッシュ・アンリと私の秘密:予告編のフランス語
  6. アルフォンス・ミュシャ、ベル・エポックのイコン。
  7. ガレット・ブルトンヌ(厚焼きクッキー)の作り方:フランスのお…
  8. Pupille(後見人のいる孤児):予告編のフランス語
  9. そこへ行くために(Pour en arriver là):ダ…
  10. なぜプラスチックのストローの使用が禁止されるのか?

おすすめ記事いろいろ

  1. ココ・シャネル~かけがえのない人間になる方法とは?(名言その…
  2. 2014年春夏のバッグのトレンド[第4回(終)]ロックンロー…
  3. 名言その2~ココ・シャネル~この世で一番勇気のいる行動とは?…
  4. なぜ、フランスでは7月14日が祝日なのか?
  5. アバの記念ミュージアムが開館~ストックホルムその2
  6. フランス風、ショコラショー(ホットチョコレート):フランスの…
  7. 「まいにちフランス語」11:初級編L31-33~動詞veni…
  8. SPA レーヌ『王妃の水』は何もかも浄化する?その2
  9. ドラマ、Dix pour cent (10パーセント)の予告…
  10. 映画 Stella (ステラ)予告編のフランス語 その2

おすすめのまとめ記事

  1. ニュースの記事のまとめ(2)
  2. ラジオ講座「まいにちフランス語」関連記事の目次~その1(概要…
  3. ハロウィン関連記事の目次
  4. 猫に関連する記事の目次~猫好きさんに捧ぐ
  5. 『タイトルのフランス語』の記事の目次
  6. フランス語のことわざ~目次 その3
  7. 「虎と小鳥のフランス日記」vol.4 第76話~第100話
  8. 2013年4月開講のNHKのラジオ講座のラインナップ
  9. 『不思議の国のFrance』関連記事の 目次その3
  10. 数字の記事のまとめ その2 19から1兆まで

フランス語の勉強法とか

  1. 星の王子さまの本
  2. 黒板
  3. フランス語の日めくり

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらからどうぞ

封筒
⇒お問い合わせフォームへ


お気軽に^^

☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

アーカイブ

PAGE TOP