タイトルのフランス語

眠れる森の美女・タイトルのフランス語第5回

「そのタイトル、フランス語だと?」、きょうは『眠れる森の美女』です。

『眠れる森の美女』は『眠りの森の美女』『姫り姫』とも呼ばれます。私が一番なじみがあるのは『眠れる森の美女』です。

作者は 『赤ずきんちゃん』と同じく、フランスのシャルル・ペロー。またグリム童話のバージョンもあります。



眠れる森の美女のあらすじ

タイトルどおり眠っているお姫さまが出てきます。仕事で疲れていたのではなく、魔女の呪いのせいです。

お姫さまが生まれたとき、王様はそのへんの魔女(妖術使い、あるいは占い師)を誕生日パーティーに招待しました。

でも1人だけ、招くのを忘れてた魔女がいたんです。結局、彼女はちゃんとやってきただけでなく、お招きがなかったことをひがんで、お姫さまにちょっとした呪いをかけます。

糸巻きの「つむ」のとがっているところをさわると、死んでしまうという恐ろしい呪いです。

逆恨みです。しかし、その場にいた別の魔女が、とっさに「死んでしまう」という呪いを「100年間、寝てしまう」という呪いに変えました。この魔女のパワーが足りなくて、これがせいいっぱいだったんです。

死刑が、無期懲役になった感じでしょうか。

「つむ」の利用は禁止された

とはいえ、100年寝ることも、望ましいことではないので、王様は糸巻きのつむの使用を禁止しました。うっかり、つむをそのへんに置きっぱなしにしても死刑です。

「つむ(錘)」というのは、辞書によると、

糸をつむぐ機械の付属品。鉄製の太い針状の棒で、回転して糸を巻き取ると同時によりをかける働きをする。

これです↓

糸巻き

このとがってるやつの使用を禁止しました。じゃあ、どうやって糸をよったのか、そのへんは不明です。

そういうおふれを出して用心し、15年ぐらいは何事もなかったのです。が、ある時、お姫様は城の塔の一番上の小さな部屋で、糸車を使ってる老婆と出会います。なんと、灯台下暗しなのでしょうか。

彼女、「つむ」をさわってはいかん、と言われてなかったみたいです。物珍しさも手伝って、糸も簡単に(シャレです、念のため)ときときをさわってしまいました。

『眠れる森の美女』のフランス語のタイトル

フランス語では、La Belle au bois dormant

la 女性名詞につく定冠詞

Belle 美女 belle はもとは「美しい」という意味の形容詞

bois 森
au bois = à le bois の縮約 「森で、森の」

dormant 眠っている ←動詞 dormirの現在分詞

dormantは現在は「よどんだ、固定した」という意味。「眠っている」という意味ではあまり使われません。この意味ではendormi という形容詞があります。

enfant endormi 眠っている子ども。

このタイトルはdormant(眠っている)なのが、森なのか美女なのか、どちらともとれます。そばにある森にかかっていると解釈するのが普通です。という形容詞は、bois(男性名詞)にかかっていますが、眠っているのはお姫様(Belle)です(←コメントでご指摘いただきました。ありがとうございます。)

これは代換法(だいかんほう)というレトリックの一種で、わざと違う言葉に形容詞をかけているそうです。

詳しくは⇒代換法 – 代換法の概要 – Weblio辞書

ちなみに英語は«Sleeping Beauty»で、美女を形容する形です。

★一緒に覚えられる基本単語
un roi  王様
une reine 王女さま
se piquer (自分のからだの一部を)刺す

★次のお話はこちら
第6回『マッチ売りの少女』

眠れる美女を楽しむために

●Il était une histoire..というサイトにペローの話が朗読つきでのっています。⇒Lire l’histoire : La Belle au bois dormant – Contes-legendes – Il était une histoire 

●こちらはディズニーのアニメから糸巻きのつむにさわってしまうシーン(3分ほど)。

●参考サイト

青空文庫⇒ペロー Perrault 楠山正雄訳 眠る森のお姫さま



みんな眠ってしまう

この物語のおもしろいところは、お姫様が「つむ」にさわってしまうところまでですね。

そのあとは寝てるだけですから。

お姫様がめざめたときに一人ぼっちで困らないように、王様は魔女に頼んで、城の召使いもことごとく眠らせます。

みんな、眠っている間は年をとりません。城のまわりの木が生い茂ってきて勝手に森みたいになり、世界から隔離される形になります。

100年後、そこは人の知らない、伝説の場所に。たまたまどこかのた王子さまが、通りかかります。

好奇心が強い彼は、美しいお姫さまが眠っているのを発見し、口づけをしてみたら、お姫さまはぱちっと目をさまします。このあとは、よくある物語の展開と同じです。

ペローの童話では、二人が結婚したあとのことまで書いてあるのですが、そのへんはあんまり絵本にはなりません。

付け足しっぽいですから。事実、この部分は別の話だったのではないかという研究もあります。

グリム童話では、城のまわりに生えている「いばら」からタイトルをとって、『茨姫』(いばらひめ)です。






penのイラストフランス語の学習お役立ちリンク前のページ

すてきな王子様~フランス・ギャル(歌と訳詞)次のページカップル

ピックアップ記事

  1. ぜんぶ無料:あなたのフランス語学習に役立つサイト16選
  2. 2020年版、フランス語学習用カレンダーのレビュー。
  3. 『星の王子さま』~お役立ちリンク集

関連記事

  1. マッチ売りのpen

    タイトルのフランス語

    マッチ売りの少女のフランス語のタイトルは?(6)

    「そのタイトル、フランス語だと?」、きょうは『マッチ売りの少女』です。…

  2. 雪の女王

    タイトルのフランス語

    第14回『雪の女王』~アナと雪の女王の原作

    「虎と小鳥のフランス日記」の最新エピソードの学習メモを書く日ですが、お…

  3. 白鳥の子とアヒルの子

    タイトルのフランス語

    『みにくいアヒルの子』第10回

    『みにくいアヒルの子』のフランス語のタイトルをご紹介します。『…

  4. 青い鳥

    タイトルのフランス語

    青い鳥・タイトルのフランス語第8回

    「そのタイトル、フランス語だと?」、きょうは『青い鳥』です。『…

  5. 不思議の国のpenアリス

    タイトルのフランス語

    第15回『不思議の国のアリス』

    誰もが知っているこのお話、でも、題名はフランス語でどう言うんだろう?…

  6. 赤い靴

    タイトルのフランス語

    『赤い靴』のフランス語のタイトルは?(第9回)

    「赤い靴」という物語のタイトルをご紹介します。童話では「赤いくつ」とひ…

コメント

    • アン
    • 2013年 6月 14日

    キスをしに来る王子さまは、プリンス・チャーミングなんて呼ばれますが、
    こちらはフランスではなんと?
    やはり、白馬に乗ってくるのかしら?
    日本で白馬に乗って来るのは、暴れん坊将軍ですわ。

      • フランス語愛好家
      • 2013年 6月 14日

      アンさん、こんにちは。コメントありがとうございます。
      フランス語でもまったく同じ単語があります。Prince Charmant です。
      意味は、1.おとぎ話の王子様、美しい王子 2.貴公子のような美青年、理想の男性。
      やはり白馬に乗っています。このような理想の王子さまを待っていてはいけないと言われます。
      Arrêtez d’attendre le prince charmant sur un cheval blanc.

    • 吉井裕子(Sarah h-y Hiroko Yoshii)
    • 2013年 6月 14日

    ご無沙汰しております。
    いつもすばらしいサイトありがとうございます。

    さて、この眠れる森の美女の「La belle au bois dormant」の
    dormant なんですが、la belleとboisのどちらにもかかっていると
    とれる、とありましたが、この場合la belleにかかっているとすれば
    dormanteとなり女性形でeがつくのではないのかな?と思いました。
    ですから単純に男性形のboisを修飾していると思っていました。

    勝手な思い込み等多々ある私ですので、よろしくお願いいたします。

      • フランス語愛好家
      • 2013年 6月 14日

      吉井さん、こんにちは。コメントありがとうございます。
      あ、そうですね。belleを形容するなら、dormanteだから、森を形容しているけど、
      でも実はbelleを形容しているってことですね。

      ご指摘ありがとうございます。今から記事を書き直します。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサーリンク



新しく書いた記事です。

  1. ギロチンの歴史(前編)
  2. かわいいフランス語の目次、その7:発想のたねにしてください。…
  3. ジュリエット・グレコ、93歳で亡くなる。
  4. オウトウの木の絵を描く:ペッパピッグのフランス語(5)
  5. フランスの象徴、マリアンヌ像はどのようにして生まれたか?
  6. 世襲財産(patrimoine)とは何か?
  7. シャネルにゆかりのあるパリの5つの場所。
  8. ラスコー洞窟はどんなふうにして発見されたのか?
  9. Septembre(9月):La Femme(ラ・ファム)~…
  10. なぜフランス人は、フランス料理を誇りに思っているのか?

更新情報をメールで配信中

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらからどうぞ

封筒
⇒お問い合わせフォームへ


お気軽に^^

☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

フランス語の勉強法とか

  1. 星の王子さまの本
  2. 日めくりとpen
  3. 黒板

アーカイブ

PAGE TOP