カキ

虎と小鳥のフランス日記

マルシェでカキの味見~「虎と小鳥のフランス日記」第141話

今週の「虎と小鳥のフランス日記」は10区のマルシェでカキを買って食べるというエピソードでした。

みなさん、カキはお好きでしょうか?
私は子どもの頃はおいしいと思わなかったけど、大人になったら好きになりました。
特にカキフライ。何個でもいけますね。

今回はサンプルビデオがあるのでごらん下さい。

★2015/01/24追記
「虎と小鳥のフランス日記」の配信が終了したため、サンプル動画も削除されました。あしからずご了承ください。

このあとお兄さんが、例のこだわりの生産者トークを展開し、それぞれのカキの違いを話してくれます。
ここはカキ用語(養殖の話とか)もあり、難しかったですね~。

きょうのメニュー

  • サンプル部分のスクリプトをチェック
  • きょうの口語表現2つ
  • 2つの口語表現の解説
  • 生のカキの食べ方
  • それでは復習行ってみよう!



    サンプル部分のスクリプトをチェック

    わりにたくさん発話が入っているので、和訳を書いておきますね。

    Bonjour. Nous sommes près de la mairie du dixième. Et aujourd’hui nous allons découvrir quelque chose qui va vou sembler très curieux. Je ne vous en dis pas plus.

    Bonjour.
    Bonjour Madame.
    Alors, on aimerait déguster des huîtres et euh…
    Oui.
    Est-ce que vous pouvez m’expliquer les différente variétés d’huîtres que vous avez ?

    こんにちは。私たちは10区の市役所のそばにいます。きょうは皆さんにとって、興味深いだろう場所に行きますよ。これ以上は言いません。

    こんにちは。
    こんにちは。
    カキを食べたいのですが…
    はい。
    ここにあるカキの違いを説明してもらえますか?

    Je ne vous en dis pas plus.
    直訳:私はあなたたちにそのことをこれ以上は話しません。

    中性代名詞enが入っている文の否定。
    このenはその前の「あなたたちが興味深く思うであろうこと」をさしています。
    enの場所ってよくわからなくなりますから、これをまるごと覚えておけばいいですね。

    きょうの口語表現

    問題ありません

    カキの説明を聞いたあとで、「3種類のカキをそれぞれ半ダース(une demei douzaine)ずつ買うことはできますか?」というカミーユの質問に対して

    問題ありません。大丈夫です。

    マルシェでカキを買う

    Pas de problème. Pas de souci.

    その証拠です

    「カキはクリスマスに食べる伝統がある」とカミーユが言ったら、アントワーヌが「それだけじゃないよね」と返しました。で、カミーユが「もちろんそうね、その証拠に、今も食べてるしね」と言う場面で出てきました(後述)。

    もちろんよ(←その証拠です)

    マルシェでカキを食べる

    La preuve.

    2つの口語表現の解説

    Pas de problème. Pas de souci.

    両方とも「問題ないです、だいじょうぶです」という意味の決まり文句。

    Pas de problème. はよく聞きますね。

    Pas de souci. のsouciは「心配、気がかり」という意味。
    心配ありません⇒大丈夫です、問題ありません。

    Je voudrais manger ces huîtres maintenant. Pourriez-vous les ouvrir ?
    Oui, pas de souci.
    カキを今食べたいのですが、殻を開けてもらえますか?
    はい、いいですよ。

    ビデオでも、こんなふうにお兄さんがカキの殻をナイフで開けてました。
    新鮮だからさぞかしおいしいでしょうね。

    カキの殻を開ける

    La preuve.

    preuve は「証拠」です。
    ここの会話の流れは
    Traditionnellement on mange les huîtres pendant les fêtes de noël.
    Mais pas que.
    La preuve.

    Mais pas que. は Mais on ne mange pas que pendant les fêtes de noël.(でも、クリスマスシーズンのときにだけに食べるわけではない)の省略された形です。

    La preuve. 「そうね。その証拠に今ここで食べてるし」を La preuve. と一語で表しています。

    La preuve. のこういう言い方ははわたしは初めて聞きました。若者のあいだでよく使われる口語表現とのことです。

    Je ne suis pas malade et la preuve est que je suis sorti hier soir.
    私、病気じゃないよ。その証拠に夕べも出かけたし。



    生のカキの食べ方

    ビデオではカミーユが自分のカキの食べ方を披露していました。

    Alors, voici comment j’aime bien manger l’huître, sachant que chacun peut la manger comme il le souhaite.
    みんな自分の好きなように食べればいいのだけど、私の好きな食べ方はこうです。

    Je garde l’eau de l’huître.
    汁は残しておいて

    Je mets un petit peu de citron.
    レモン汁を少しかけて

    カキの食べ方

    Ensuite, je bois.
    飲みます。

    カキの食べ方

    Et je décolle un petit peu la chair, et je mange.
    それから身をはがして食べます。

    カキの食べ方

    カミーユはカキの汁を取っておくと言ってますが、これは汁をいったん捨てる人もいるからです。汁を捨てると、また汁が湧いてくるので、これにレモン汁をかけて食べるということですね。

    ★こちらはグルメな生のカキの食し方
    レモン汁をかけて、白胡椒の粒をかけて、カキの身をはがして、全部一飲みしている?

    ガリー・ドールはパリでDorr Parisというグループの名のもとに11個ぐらいのレストランを経営している人で、その革新的なメニューや経営方針で有名な方のようです。

    私は生のカキを食べたことがありません。

    カミーユとアントワーヌは新鮮なカキを2人で18個も食べたことになります。うらやましいです。






    エッフェル塔『百合のFranceウォッチング』~目次 その3(L51~L72)前のページ

    L61  クスクスとはどんな料理?次のページクスクス

    ピックアップ記事

    1. 『星の王子さま』~お役立ちリンク集
    2. ぜんぶ無料:あなたのフランス語学習に役立つサイト16選
    3. 2021年版、フランス語学習用カレンダーのレビュー。テーマはファッション。

    関連記事

    1. リュクサンブール公園

      虎と小鳥のフランス日記

      リュクサンブール公園・その2~「虎と小鳥のフランス日記」第15話

      「虎と小鳥のフランス日記」のバックナンバーを毎週1つずつ見ています。き…

    2. ル・ヴィラージュ(パリの高級食材店)

      虎と小鳥のフランス日記

      イカスミと芥子のパンはいかが~「虎と小鳥のフランス日記」第142話

      「虎と小鳥のフランス日記」最新エピソード、第142話の受講メモです。…

    3. ベルシーのペニッシュ

      虎と小鳥のフランス日記

      ああ、愛の南京錠「虎と小鳥のフランス日記」第112話

      虎と小鳥のフランス日記最新号112話を見ました。今回は「ベルシ…

    4. サンマルタン運河のカミーユ

      虎と小鳥のフランス日記

      カミーユとアントワーヌのパリ再発見~「虎と小鳥のフランス日記」第140話

      「虎と小鳥のフランス日記」最新エピソード、第140話の受講メモです。…

    5. クレーム・ブリュレ

      虎と小鳥のフランス日記

      『アメリ』と歩くモンマルトル その2「虎と小鳥のフランス日記」第37話

      毎週届く、フランス語の教材「虎と小鳥のフランス日記」。バックナンバーも…

    6. カスカード通り

      虎と小鳥のフランス日記

      カスカード通りで議論する「虎と小鳥のフランス日記」第6話

      今週の「虎と小鳥のフランス日記」のバック・ナンバーはパリの20区にある…

    コメント

    1. この記事へのコメントはありません。

    1. この記事へのトラックバックはありません。

    CAPTCHA


    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    スポンサーリンク



    新しく書いた記事です。

    1. 使い捨てマスクが野生動物たちを殺してしまう。
    2. スーパーで買い物する:ペッパピッグのフランス語(7)
    3. Brexit:安堵と不安を感じる漁師たち。
    4. フランス人が大事にしているガレット・デ・ロワを食べる習慣
    5. 使い終わったツリーはどこに、どうやって捨てるべきか?
    6. 革新的なデザイナー、ピエール・カルダン、98歳で亡くなる。
    7. 雪だるまの作り方:ペッパピッグのフランス語(6)
    8. プラスチックを使わないゼロ・ウエイスト生活(後編)
    9. 世界の人、全員がクリスマスをお祝いするの?
    10. Le Dernier Noël (最後のクリスマス):Le …

    更新情報をメールで配信中

    メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    お問い合わせはこちらから

    お問い合わせはこちらからどうぞ

    封筒
    ⇒お問い合わせフォームへ


    お気軽に^^

    ☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

    フランス語の勉強法とか

    1. 黒板
    2. 2021年の日めくり
    3. 星の王子さまの本

    アーカイブ

    PAGE TOP