ソカ(ニース名物)

虎と小鳥のフランス日記

ニースでソカを食べる~「虎と小鳥のフランス日記」第18話

今週の「虎と小鳥のフランス日記」のバックナンバーは第18話、ニース編のその2です。

ニース編・その1では何をやったか覚えていますか?ニースの紹介と、エピスリでスパイスを見て、石けんのスタンドをチェックしたのでした。

今回は、マルシェをひやかしてから、ニース名物のソカを食べに行きます。

きょうのメニュー

  • 3つのキーフレーズ
  • キーフレーズの解説
  • きょうの豆知識~ソカ~ニース名物
  • それでは、復習、行ってみよう!



    3つのキーフレーズ

    どうやら

    ニースにはソカ(後述)のレストランや、スタンドがたくさんあります。カミーユはこの場所では有名な「テレザのソカ」の店(といっても野外)にやってきました。

    ソカの店

    どうやら、ソカが来るみたいね。

    ソカの店にて

    Apparement la socca va arriver.

    ソカは店のそばのどこかで焼かれて、バイクで配達されます。

    ソカ(ニース名物)

    何からできていますか

    配達されたソカにタバスコをかけているテレザ。
    ソカが到着したとき、カミーユがソカについて質問したのですが、聞き逃したようで、テレザは「質問はなんだっけ?」と聞き直しました。

    えっと、私の質問は「ソカは何から作られているのですか」でした。

    ソカ(ニース名物)

    Alors, ma question c’était : «c’est fait à base de quoi la socca ?»

    やっぱり

    ソカの用意ができました。2人で並んでビデオにおさまったあと、歩きながら食べます。

    ソカ(ニース名物)

    テレザのソカは、やっぱりとても美味しいわ。

    カミーユ

    La socca de Thérèsa, elle est quand même très très bonne.

    カミーユは「おいしい」と言うとき、よくこの親指と人差し指で輪を作るジェスチャーをするのですが、これはフランス人一般のボディ・ランゲージなのでしょうか?

    キーフレーズの解説

    apparement

    「どうやら、おそらく」
    apparement(←apparent) の原義は「自分の見たことから判断して⇒見たところ」ですが、実際に見えていなくても、「~みたい」という時に使えます。

    Alain ne répond pas au téléphone, il est apparemment absent.
    アランは電話に出ない、どうやら留守のようだ。

    à base de

    このbaseは製品のおもな成分や材料のこと。

    à base de + 無冠詞名詞 おもに~からできている
    sauce à base de crème クリームソース

    この無冠詞名詞のところを quoi にすると、キーフレーズのように、その食品の材料を聞くことができます。

    à base de quoi  何から

    baseは英語の「ベース」ですが、フランス語の発音は「バズ」なので、初めて聞いたときは、聞き取れなかったです。

    quand même

    quand mêmeはもう何度も出てきました。ここでは「やっぱり」という強調の意味。

    フランス人は会話でこの表現を頻繁に使うそうです。日本語で言えば「ほんとうに」ぐらいの感じかなと想像しています。



    きょうの豆知識~ソカ~ニース名物

    ソカはクレープの一種と言えます。クレープは日本のホットケーキやお好み焼きを薄っぺらくしたようなもの。ピザの台にも似ています。粉をといて焼く食べ物はどの文化にもありますね

    日本語のサイトでは「ソッカ」と書いてあるところが多いのですが、カミーユは「ソカ」と言っています。

    キーフレーズ2の、「何からできているのか」という質問の答えは、

    C’est la spécialité niçoise. C’est … ça fait avec de la farine de pois chiches et de l’huile d’olive. Et ça cuit au feu de bois.

    これはニース名物。ヒヨコ豆の粉とオリーブオイルから作るの。薪のオーブンで焼くのよ。

    ・・・でした。

    ほかに水と塩が入るシンプルな食べ物です。中世の頃からあり、伝統的な作り方をするときは、専用の1メートルぐらいある大きな丸い銅製の型に入れて、薪をくべたオーブンで焼きます。

    ソカを紹介している動画があるのでご紹介しますね。

    Nice Patrimoine : la socca by France3Nice

    patrimoine は「世襲財産、文化的遺産」という意味です。

    最初にでてきた人はちょっと胡椒を入れると言ってますね。食べる前に胡椒をふる場合もあります。まあ、このへんはお好みで。

    プレーンで食べてもいいですし、何かはさんで食べればランチにもなりそうです。

    ソカには小麦粉が入らないので、グルテンフリーの食べ物としても最近、人気があります。






    赤いフェルトのハートバレンタインデーとその神秘~その4 相手がいる人のバレンタインデー前のページ

    歌の訳詞を書いている記事の目次~その1次のページ音符

    ピックアップ記事

    1. ぜんぶ無料:あなたのフランス語学習に役立つサイト16選
    2. 2020年版、フランス語学習用カレンダーのレビュー。
    3. 『星の王子さま』~お役立ちリンク集

    関連記事

    1. 映画

      虎と小鳥のフランス日記

      レスト・シネ「虎と小鳥のフランス日記」第25話 

      毎週土曜日に届くフランス語の教材『虎と小鳥のフランス日記』ですが、最新…

    2. パリのお惣菜屋
    3. ヴァンセーヌの森の植物園

      虎と小鳥のフランス日記

      ヴァンセーヌの森植物園@パリ「虎と小鳥のフランス日記」第108話

      今週の虎と小鳥の舞台はヴァンセーヌの森植物園でした。パリの東、…

    4. イエナ通り@パリ

      虎と小鳥のフランス日記

      秋のパリを散歩「虎と小鳥のフランス日記」第131話

      今週の「虎と小鳥のフランス日記」は アズディン・アライアの大回顧展を見…

    5. エスモード(パリ)

      虎と小鳥のフランス日記

      パリのエスモード・その2~「虎と小鳥のフランス日記」第163話

      「虎と小鳥のフランス日記」第163話の舞台は先週に引き続き、パリのエス…

    6. チーズフォンデュ

      虎と小鳥のフランス日記

      サヴォア風チーズフォンデュ「虎と小鳥のフランス日記」第122話

      「虎と小鳥のフランス日記」第122話の受講メモです。今回の舞台は夜…

    コメント

    1. この記事へのコメントはありません。

    1. この記事へのトラックバックはありません。

    CAPTCHA


    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    スポンサーリンク



    新しく書いた記事です。

    1. カミーユ・イヨレーヌの好きなファッション(1人の女の子、1つ…
    2. 昔のセシールのCMでフランス語を学ぶ(初心者向け)。
    3. フランスのチーズの秘密(1分の動画)
    4. Les copains d’abord(仲間を先…
    5. やわらかヨーグルトケーキの作り方:フランスのお菓子40
    6. 5月20日は、世界ミツバチの日:なぜミツバチは、私たちの生活…
    7. カンヌ国際映画祭が果たしている4つの役割
    8. 読者さまの質問とその回答特集(その2)モーパッサンのことなど…
    9. 読者さまの質問とその回答特集(その1)
    10. 5月9日はヨーロッパの日。欧州連合の歴史を簡単におさらいしよ…

    更新情報をメールで配信中

    メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    お問い合わせはこちらから

    お問い合わせはこちらからどうぞ

    封筒
    ⇒お問い合わせフォームへ


    お気軽に^^

    ☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

    フランス語の勉強法とか

    1. 黒板
    2. 日めくりとpen
    3. 星の王子さまの本

    アーカイブ

    PAGE TOP