ニース

虎と小鳥のフランス日記

ニース・その1~「虎と小鳥のフランス日記」第17話

毎週「虎と小鳥のフランス日記」のバックナンバーを1つずつ見ています。第17話はサン・マロ~第16話に続いてバカンスシリーズ。舞台はカミーユの故郷ニースです。

ニースって名前は知ってましたが、その実態は知りませんでした。イタリアにとても近く、見た目がフランスというよりイタリアっぽいです。この日は天気もよくて、海もきらきらしていますよ。

きょうのメニュー

  • 3つのキーフレーズ
  • キーフレーズをちょっと解説
  • 基本的なスパイスの単語
  • それでは、復習行ってみよう。



    3つのキーフレーズ

    人々が住んでいます

    冒頭のモノローグ
    フランス最南西に位置し、イタリアの国境からおよそ30キロのニースとその周辺の都市には、約100万人の人々が住んでいます。

    ニース

    Située à l’extrémité sud-est de la France, à une trentaine de kilomètres de la frontière italienne, Nice et son agglomération comptent presque un million d’habitants.

    いろいろな物がある

    お店で
    ここにはいろんな物があるわね。

    エピスリ

    Y’a de quoi faire, ici.

    ~みたい

    石けんのスタンドで
    これはミモザみたいだけど、ちょっと嗅ぎ取るのは難しいわ。

    石けんの匂いをかぐ

    Là…c’est censé sentir le mimosa. Là c’est plus difficile de sentir.

    キーフレーズをちょっと解説

    compter

    町や建物を説明するとき compter(Pは発音しない)は何度か出てきています。

    「~を数える」という意味だけでなく、「(ある数量の)・・・を持っている、含む」という意味を覚えておくと、作文のときにavoirを使わずにすみます。

    ほかの例
    La ville compte cent mille habitants.
    その都市の人口は10万人だ。

    Il compte déjà dix ans de service.
    彼はもう金属10年になる。

    Cette famille compte trois musiciens parmi ses membres.
    その一家は3人の音楽家を出している。

    agglomération 人口密集地域
    この単語は以前ポーズカフェで出てきました。
    L38 フランスの地方都市

    Y’a de quoi faire

    これは会話でよく使われる決まり表現。
    意味は、いろいろな物がある、やりがいがある、さあやろう、など。
    何か目的、やるべきことを前にして言います。

    ここでは、スパイスがいっぱいあって、料理に腕をふるえそうね、とかいろいろ作れそうね、という気持ちが入っています。

    y’a = il y a

    censé

    3つめのフレーズは、私の耳には、ラ セ ソン セ ソンティール ミモザ と聞こえて ??となるわけですが…

    censé は形容詞で 「~とみなされている」という意味。
    ここでは、この石けんの香りはミモザとみなされている⇒ミモザということになっている。札にミモザと書いてあるから、ミモザなんだろうけど、匂いをかいでもよくわからないということですね。

    この単語は通常、être censé + 不定法 という形で使います。後に続く不定法にêtre が来る場合は、このêtreが省略されることもあります。

    ほかの例
    Elle est censée être à Paris.
    彼女はパリにいるらしいわ。

    Il est censé coupable.
    彼は有罪と見なされている。

    Son mari n’est pas censé intervenir dans les tâches ménagères, ni dans l’éducation des enfants.
    彼女の夫が家事や子どもの教育に手を貸すなんて思えないわ。

    ※ c’est plus difficile de sentir と plus が使われているのは、ミモザの石けんの匂いをかぐ前に、木いちごの石けんの匂いをかいでいて、そちらはすぐに木いちごとわかったから。ミモザの匂いは木いちごほどはっきりしてないので、においを嗅ぎとるのが「より難しい」ということです。



    きょうの豆知識~基本的なスパイスの単語

    La Maison de l’Olive というスパイス専門店(épicerie)でカミーユがいろんなスパイスの名前を読み上げていました。その中からごく基本的なスパイス6つの単語をご紹介します。

    La Maison de l’Oliveのサイト

    La maison de l'Olive
    → Maison de l’Olive : Epicerie Provencale Nice – Produits Provencaux Nice – Boutique Provencale Nice – Olives Nice – Epices Nice

    フランスはスパイスをよく使うので、「虎と小鳥のフランス日記」を見てるとたまにスパイスが出てきます。クリスマスのパンデピスもそうですし、惣菜店や、マルシェ、レストランでも出てきます。

    まず、スパイスは épice エピス です。

    sel 塩

    poivre 胡椒

    piment 唐辛子(野菜のピーマンではありません。ピーマンは poivron、あるいは piment doux)

    réglisse 甘草(カンゾウ)

    カンゾウ

     
    カンゾウについては猫の名前のところで、詳しく書いています⇒かわいいフランス語、教えます~その9 猫の名前
    またオーガニックフードのエピソードでカミーユが自然のままのカンゾウをかじるシーンもありました⇒コンポステラへの道~パリ発「虎と小鳥のフランス日記」第120話

    gingembre 生姜 発音はジャンジョンブル

    curcuma ウコン 見た感じターメリックのようです。

    ウコン

    ウコンの根や茎を粉末にしたのがターメリックでカレーに入れるスパイスです。発音はキュルキュマ(キュッキュマみたいに聞こえます)

    粉のスパイスは部分冠詞をつけ、スプーンなどですくうときは「スプーン1杯の〇〇」というように言います。
    mettre du sel dans le potage
    スープに塩を入れる

    une pincée de sel
    ひとつまみの塩

    Ça te dérange de me passer le sel ?
    塩をとってもらってもいいかしら?
    塩をとってくれない?
    この表現は以前「恋愛で学ぶフランス語」に出てきました。
    こちら⇒恋愛で学ぶフランス語 : その30「よければ」|

    こちらのビデオでいろんなハーブやスパイスの発音を確認できます。


    ※YouTubeで見る方はこちらから⇒ハーブとスパイスの単語(フランス語)

    いかがでしたか?

    スパイスの中では私は塩、胡椒、しょうが、シナモン、バジルが好きです。最近、白米は食べてないのですが、以前は塩と胡椒のみをご飯にふりかけて食べるのが好きでした。胡椒めしもおいしいですね。

    来週も引き続きニースです。

    ●トップページ⇒フランス語の扉を開こう~ペンギンと
    ●自己紹介⇒penはこんな人
    ●虎と小鳥って?⇒新「虎と小鳥のフランス日記」が初学者にも優しくパワーアップ!
    ●ご質問などはこちらから⇒お問い合わせフォーム





    関連記事

    1. レバノン料理

      虎と小鳥のフランス日記

      パリで一番おいしいレバノン料理レストラン

      今週の「虎と小鳥のフランス日記」第106話「パリ18区で夜のひととき」…

    2. パリ10区の区役所

      フランスにまつわるあれこれ

      フランスの大統領選挙 後編~「虎と小鳥のフランス日記」第50話

      「虎と小鳥のフランス日記」のバック・ナンバーも週1本ずつ復習しています…

    3. ベルシー

      虎と小鳥のフランス日記

      ジョニー・アリディって知ってます?

      虎と小鳥のフランス日記、第110話の受講メモです。今回は「ベル…

    4. 新年の挨拶~カミーユ

      虎と小鳥のフランス日記

      年末年始の単語~番外編「虎と小鳥の新年のご挨拶」

      私が受講している、虎と小鳥のフランス日記を作っている2人、カミーユとア…

    5. 虎と小鳥のフランス日記

      パリ・マラソン~2013年「虎と小鳥のフランス日記」第96話

      今週の「虎と小鳥のフランス日記」の受講メモです。第96話はは4月7日に…

    6. パレ・ロワイヤル

      虎と小鳥のフランス日記

      ビストロ・ヴィヴィエンヌでお茶をする~「虎と小鳥のフランス日記」第24話

      ちょっと間があきましたが、「虎と小鳥のフランス日記」のバックナンバー、…

    コメント

    1. この記事へのコメントはありません。

    1. この記事へのトラックバックはありません。

    *

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    お気に入りに登録してね♪

    CTL+D でお気に入りに登録。

    Feedlyで確実に更新をチェックしよう。

    follow us in feedly

    更新情報をメールで配信中

    メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    おすすめ記事いろいろ

    1. 1日の苦しみは1日で足りる:フランス語のことわざ69
    2. フランス語を始めたばかりの頃~入門日記第1回
    3. 「星の王子さま」の作者、アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリ…
    4. ギリシャの名前由来のフランス語の女の子の名前:かわいいフラン…
    5. 日曜日はドミニカの日:フランス語の暦(17)
    6. 形容詞 (1)かわいいフランス語教えます~その28
    7. 名言その4~ココ・シャネル~「ぜいたく」の反対語は?
    8. フランスで初めての猫カフェがオープン その2
    9. アンドーシンの J’Ai Demande A L…
    10. イースターにフランス人が食べるものは何?

    新しく書いた記事です。

    1. プチ・ニコラの夏休み・予告編のフランス語
    2. 犬の名前、特に短い名前(2音節)特集:かわいいフランス語教え…
    3. 8月13日は左利きの日。なぜ左利きの人がいるのか?
    4. 家庭で作る簡単アイスクリーム4種:フランスのお菓子(26)
    5. シャーベットができるまで。カルカソンヌのアイスクリーム工場ル…
    6. 趣味に関する単語:かわいいフランス語教えます(117)
    7. パリのエッフェル塔の楽しみ方。
    8. フリーダ・ボッカラ、Cent mille chansons …
    9. 第二次世界大戦で起きた奇跡の救出作戦、「ダンケルクの戦い」と…
    10. アラン・ドロンのダーバンのCMでフランス語を学ぶ。

    おすすめのまとめ記事

    1. かわいいフランス語、教えます~目次 その1
    2. 歌の訳詞を書いている記事の目次~その1
    3. 『百合のFranceウォッチング』~目次 その2(L26~L…
    4. かわいいフランス語、教えます~目次 その3
    5. ファッション、モード、おしゃれに関する記事の目次(3)
    6. フレンチポップスと訳詞の記事のまとめ:その4
    7. バレンタインデーとチョコレート関連記事の目次
    8. 「虎と小鳥のフランス日記」vol.4 第76話~第100話
    9. 『百合のFranceウォッチング』~目次 その3(L51~L…
    10. フレンチポップスの訳詞をしている記事のまとめ:その5

    フランス語の勉強法とか

    1. 黒板
    2. 黒板
    3. 星の王子さまの本
    4. ペンディクテ中
    5. penのイラスト

    お問い合わせはこちらから

    お問い合わせはこちらからどうぞ

    封筒
    ⇒お問い合わせフォームへ


    お気軽に^^

    ☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

    アーカイブ

    1. モーリス・ラヴェル

      フランスにまつわるあれこれ

      モーリス・ラヴェルの生涯
    2. タコ

      数字

      フランス語の数字【第9回】~8(ユイット)
    3. ハンバーガー

      フランス語を読む練習

      ドリンクのおかわり飲み放題
    4. おばあさん

      フランスの暦、年中行事

      フランスの「祖母の日」の起源
    5. ココ・シャネル

      名言

      名言その2~ココ・シャネル~この世で一番勇気のいる行動とは?
    PAGE TOP