ジャム

パッケージのフランス語

フランス語でジャムは何という?【第25回】

うちの冷蔵庫にあったジャムの瓶を読んでみます。

ジャムのフランス語は「コンフィチュール」と日本語になっており、そういう名前で売っているところもありますから、ご存知の方も多いことでしょう。

今回はスペルもしっかり覚えてしまいましょう。



英語

ワイルドベリージャム

SMUCKER’S スマッカーズ これは商標

PURE まじりけのない(着色料や保存料が入っていないということだと思います。) 

SINCE 1897 1897年創業

Wildberry Jam ワイルドベリージャム

これだけです。簡単なので裏に書いてある原材料もチェックしました。

INGREDIENTS:FRUITS (BLUEBERRIES, BOYSENBERRIES, RED RASPBERRIES, CRANBERRIES) SUGAR, GLUCOSE, PECTIN, CITRIC ACID.

原材料:果物(ブルーベリー、ボイセンベリー、レッドラズベリー、クランベリー)砂糖、グルコース、ペクチン、クエン酸

いろんなベリー類をあわせたジャムということです。グルコースはブドウ糖で、仕上げをなめらかにします。

ペクチンはジャムを固めて安定させるものです。市販のジャムはわりとかためでぷりぷりというか、ねっとりしてますが、自分で作ると(私はペクチンを入れない)さらさらと流れる感じになりますね。果物にもよりますが。

クエン酸は酸味を加えるというより、天然のペクチンの抽出を助けるためだと思います。

フランス語(意味は英語と同じなので省略)

PURE これは英語と同じですが、pur の女性形。ジャムのフランス語は女性形なので。発音はピュール
Ma cravate est en pure soie.
私のネクタイは純絹だ。

DEPUIS 1897

Confiture aux fruits des champs 直訳すると「野の花のジャム」で微妙に中身と違うのですが、商品名だからべつにこれでいいのでしょう。

本当はauxを使わず、desとしたほうが正しいと思います。à は風味づけするものであり、deは材料そのものだからです。ただ、このへんあまり厳密に使い分けてないときもありますね。

詳しくは⇒いちごジャムといちごアイスクリーム(仏語初心者限定記事・・・だけど誰でも見られる)

ちなみにマーマレードはちゃんとdeを使っています。

マーマレード

原材料は
Ingrédients : FRUITS (BLEUETS – MÛRES DE BOYSEN – FRAMBOISES ROUGES– CANNEBERGES), SUCRE, GLUCOSE, PECTINE, ACIDE CITRIQUE

bluet ブルーベリー

ブルーベリー

mûres de boysen ボイセンベリー

ボイセンベリー

framboise rouge 赤いラズベリー(木いちご)、 ※英語はラズベリー、仏語はフランボワーズ 最近、紫色のラズベリーもあります。

ラズベリー

canneberge ツルコケモモ ※ツルコケモモの果実がクランベリーです。

クランベリー

4つの中で一番なじみがないのがボイセンベリーかもしれません。ボイセンベリーはラズベリーと、ブラックベリーとローガンベリーをかけあわせたものです。見た目はブラックベリーに似ていますね。

このベリーがどうやって生まれたのか、はっきりしたことはわかっていないのですが、 ルドルフ・ボイセン(Rudolph Boysen)とう人の農場にできていたので、こういう名前になっています。

ボイセンさんは、別のベリーを栽培していましたが、とくにこのベリーを作ろうと思って作ったのではなく、できているのが発見されたのだとか。

ひとつ8グラムもある大きなベリーです。



SMUCKER’S スマッカーズ

スマッカーズはアメリカの老舗のジャムのメーカー(今はもっといろいろ売ってますが)です。

1987年、ジェローム・モンロー・スマッカーという人がアップルバターを馬がひっぱるワゴンで売ったのが始まり。家族経営の企業です。本社はオハイオ州のオービル。

こちらは1979年のレトロなCM

“With a name like Smucker’s, it has to be good!”
(スマッカーのような名前がついてる物は、おいしいに決まってます)というのが有名なキャッチフレーズです。

私は今、甘いものを摂らないようにしているので、ジャムも食べていませんが、以前はいちごジャムが一番好きでした。最近はベリーのジャムも人気ですね。

それと、りんごジャムも好きなのですが、こちらにはりんごジャムというものはなく、リンゴが材料だと瓶にはプリザーブ(preserves)と書いてあります。

jamもpreservesも同じものですが、ジャムのほうがスムースな質感で、プリザーブというと、果物を大きくカットしたものが入っていたり、まるごと似てあることもあるのが違うぐらいです。

また、伝統的にりんごはジャムでなく、プリザーブと呼ぶというようなこともあるかもしれません。

きょうの記事はかなり英語よりでしたね。たまにはいいでしょうか。それでは、次回のパッケージのフランス語の記事をお楽しみに。






ニースニース・その1~「虎と小鳥のフランス日記」第17話前のページ

バレンタインデーのフランス語~その3 恋に落ちて、デートする次のページ恋人同士

ピックアップ記事

  1. 2020年版、フランス語学習用カレンダーのレビュー。
  2. 『星の王子さま』~お役立ちリンク集
  3. ぜんぶ無料:あなたのフランス語学習に役立つサイト16選

関連記事

  1. シャンプーのボトル

    パッケージのフランス語

    シャンプーのパッケージのフランス語を読む(第4回)

    食べ物が続いたので、きょうは家にあったシャンプーのボトルを読んでみます…

  2. 春の花

    パッケージのフランス語

    エッセンシャルオイルをフランス語で何という? 【第6回】

    ザ・ボディショップのアロマオイル(精油ではない)のラベルを読んでみます…

  3. イエローマスタード

    パッケージのフランス語

    【第27回】マスタードをフランス語で?

    うちに転がっている製品の容器や箱のラベルの英語とフランス語を読み比べる…

  4. マヨネーズ(ヘルマンズ)

    パッケージのフランス語

    マヨネーズはフランス語で何という?【第26回】

    うちの冷蔵庫にあったマヨネーズの容器を読んでみます。「マヨネー…

  5. オートミールクッキー実物

    パッケージのフランス語

    【第2回】オートミールクッキーをフランス語で?

    きょうは家にあった市販のオートミールクッキーの箱を読んでみます。これは…

  6. ボディーバター/ピンクグレープフルーツ

    パッケージのフランス語

    ピンクグレープフルーツの香りのボディバターの容器のフランス語【第11回】

    ザ・ボディショップのボディーバターの容器を読んでみました。ピン…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサーリンク



新しく書いた記事です。

  1. 昔のセシールのCMでフランス語を学ぶ(初心者向け)。
  2. フランスのチーズの秘密(1分の動画)
  3. Les copains d’abord(仲間を先…
  4. やわらかヨーグルトケーキの作り方:フランスのお菓子40
  5. 5月20日は、世界ミツバチの日:なぜミツバチは、私たちの生活…
  6. カンヌ国際映画祭が果たしている4つの役割
  7. 読者さまの質問とその回答特集(その2)モーパッサンのことなど…
  8. 読者さまの質問とその回答特集(その1)
  9. 5月9日はヨーロッパの日。欧州連合の歴史を簡単におさらいしよ…
  10. わが心の風車(風のささやき):ミシェル・ルグラン(歌と訳詞)…

更新情報をメールで配信中

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらからどうぞ

封筒
⇒お問い合わせフォームへ


お気軽に^^

☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

フランス語の勉強法とか

  1. 星の王子さまの本
  2. 日めくりとpen
  3. 黒板

アーカイブ

PAGE TOP