文学ビストロ カスカード

虎と小鳥のフランス日記

「虎と小鳥のフランス日記」第92話 ベルヴィルの大衆的なビストロ

私が毎週受け取っているビデオのフランス語の教材。

92話を受講しました。

今回のエピソードはCamilleとAntoineがベルヴィル(パリの19区、下町)のビストロに行きます。



ビストロ レ・カスカード

このビストロの名前はBistro Littéraire «Les Cascades»
直訳すると、文学ビストロ、「滝」

bistroは日本語になっていますが、レストランです。

店内には本箱があって本がたくさんありました。

古本を売っているんだと思います。

この晩はAntoineの友だちによる歌のライブがありましたが、店では創作講座、読書会や演劇講座などが行われているそうです。

今回の見どころは・・

1.冒頭のベルヴィル公園からの夜景(パリの名所が見えます)
2.ビストロの雰囲気と音楽

冒頭はすごく静かですが、店内にはいると一転してにぎやかです。
静と動の対象がきわだつエピソードでした。

3つのキーフレーズ

さて、今回のキーフレーズを三つ、ご紹介します。

一つ目は歩きながらカミーユがカメラに向かってする説明。二つめは店内でカミーユがアントワーヌに向かって。三つ目はアコーディオンを演奏しながら歌を歌っていた人の言葉。

きょうも仏語字幕のキャプチャーです。

1.シーン1
これからビストロに行きます。

さて、私たちは今、レ・カスカードという文学的バーへ向かっています。

虎と小鳥のフランス日記 ベルヴィルのビストロ

Alors là on se dirige vers le bar littéraire des Cascades.

2.シーン2

えーと、クロックマダムとクロックムッシュの違いは何?

虎と小鳥のフランス日記 カミーユ

Alors, quelle est la différence entre un croque madame et un croque monsieur ?

3.シーン3

ひとりで歌いつづけているので(←たった一人だから)、疲れて来ました。

虎と小鳥のフランス日記 ベルヴィルのビストロ

C’est que je suis tout seul et que je commence à fatiguer.

覚えておくと使えそうな単語と表現

se diriger vers ~にむかう。

Vous devez vous diriger vers l’ascenseur.
エレベーターに向かってください(←エレベーターに向かうべきです)

実はこの表現は以前も数回出てきています。

・こちらで解説しています⇒最新版 : 第75話 ジャズのジャムセッション

c’est que = C’est parce que ~なので 
c’est que は口語でよく使われます。



店内にあったおもしろい物

店内は本のほか、昔の置物など不思議なものがいっぱいありました。レトロな物が多く、私は一度だけ行ったことのある東京のOKIDOKIという店を思い出しました。

■ムーミン(たぶん)登場。ミッフィーの絵本もありました。

虎と小鳥のフランス日記 ベルヴィルのビストロ-ムーミン

■Camilleの友だちのヴァロンティーナが久しぶりに登場(画像の中の名前、間違えて英語読みしてます。すみません)。

虎と小鳥のフランス日記 ベルヴィルのビストロ-

彼女が最後に登場してから1年はたっていると思います。ヴァロンティーナは「虎と小鳥のフランス日記」の記念すべき第1話に登場したカミーユの友だちのおしゃれな女性です。

その後も1年目のエピソードには何度か登場していました。

お元気そうでよかったです。

過去にが登場した回
第1話 出発~ピアノレッスン

第3話 ビュット・ショーモン公園

カスカード通りで議論する「虎と小鳥のフランス日記」第6話

そういえば、彼女が登場するときって、20区あたりが舞台の話が多いです。このあたりにお住まいなのかもしれません。第1話でも、自分のアパートからいろんなものが見えるとおっしゃっていました。






ピックアップ記事

  1. 2019年版、フランス語と英語が勉強できるカレンダーの紹介。
  2. ぜんぶ無料:あなたのフランス語学習に役立つサイト16選
  3. 『星の王子さま』~お役立ちリンク集

関連記事

  1. パリ

    虎と小鳥のフランス日記

    パリの教会コンサート~『虎と小鳥のフランス日記』第151話

    今週の「虎と小鳥」は、教会で行われた声楽のコンサートが舞台です。…

  2. フランス国立図書館

    虎と小鳥のフランス日記

    フランソワ・ミッテラン図書館(BFM)~「虎と小鳥のフランス日記」第55話

    「虎と小鳥」のバックナンバーから、第55話を見ました。パリのベ…

  3. チョコレート
  4. パリ 日本人街

    虎と小鳥のフランス日記

    オペラ地区で聞くジャズ・マヌーシュ「虎と小鳥のフランス日記」 第115話 その2

    パリの、オペラ地区の日本人街で、ジャズ・マヌーシュを聞く第115話。き…

  5. ブロカント

    虎と小鳥のフランス日記

    パリ3区の古物市場・その1~「虎と小鳥のフランス日記」第160話

    「虎と小鳥のフランス日記」第160話の受講メモです。カミーユが3区の古…

  6. ゴンザイ

    虎と小鳥のフランス日記

    アニエス・ベーのブティックで出版記念パーティ「虎と小鳥のフランス日記」第127話

    今週の「虎と小鳥のフランス日記」はアニエス・ベーのブティックで行われた…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね♪

CTL+D でお気に入りに登録。

Feedlyで確実に更新をチェックしよう。

follow us in feedly

更新情報をメールで配信中

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

新しく書いた記事です。

  1. スザンヌ:フランソワーズ・アルディ(歌と訳詞)
  2. 国際女性デーが生まれた背景。
  3. マルディグラ(カーニバル)の起源とお祝いの仕方(2019年版…
  4. なぜ日本は捕鯨をやめないのか?
  5. ファッション界の大物、カール・ラガーフェルド、85歳で亡くな…
  6. アラビア語由来の単語:かわいいフランス語(131)
  7. ポワソン・ルージュ(サン・プリヴァ)の歌と訳詩、映画「シンプ…
  8. 黄色いベスト運動の終結をめざし、マクロン大統領が国民討論会を…
  9. ラ・シャンドルール(聖燭祭でありクレープの日)ってどんな日?…
  10. 地球を守るために日常生活でできること。

おすすめ記事いろいろ

  1. アイスクリームとシャーベットのフレーバー~かわいいフランス語…
  2. 堀北真希「いち髪」CMのフランス語 その1
  3. ありえない失敗~masausa、penのおまけコーナー【第6…
  4. フランス語のことわざ26~犬も司教様の顔をじっと見る
  5. ジャック・プレヴェールの詩『朝食』は複合過去の学習に最適
  6. 広く好かれれば好かれるほど、深くは好かれないものだ(スタンダ…
  7. Dansons la capucine parフランス語をし…
  8. 10桁から13桁までの数字:フランス語の数字【第40回】
  9. かわいいフランス語、教えます~その6 飲み物
  10. 緑色の猫、その正体は?

おすすめのまとめ記事

  1. ファッション、モード、おしゃれに関する記事の目次(5)
  2. 「虎と小鳥のフランス日記」vol.2 第26話~50話
  3. かわいいフランス語、教えます~目次 その4
  4. 歌の訳詞を書いている記事の目次~その2
  5. ラジオ講座「まいにちフランス語」関連記事の目次~その1(概要…
  6. フランス語のことわざ~目次 その1
  7. バレンタインデーとチョコレート関連記事の目次
  8. ニュースの記事のまとめ(1)
  9. ラジオ講座「まいにちフランス語」関連記事の目次~その2(1課…
  10. 『ベルサイユのバラ』新作その2が週刊マーガレット第22号(1…

フランス語の勉強法とか

  1. フランス語の日めくり
  2. 黒板
  3. 星の王子さまの本

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらからどうぞ

封筒
⇒お問い合わせフォームへ


お気軽に^^

☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

アーカイブ

PAGE TOP