メトロポリタン

虎と小鳥のフランス日記

第33話 夕方のモントルグイユ通り「虎と小鳥のフランス日記」

毎週届く、フランス語の教材「虎と小鳥のフランス日記」。バックナンバーも週に1本のペースで見ています。

きょうは33話を見ました。2012年の1月に撮影されたものです。

この回は「夕方のモントルグイユ通り」というタイトルがついています。



第33話の見どころ

33話は夕方、商店街をぶらぶらする話です。寒いだろうに元気ですね。この回は、4分ぐらいあります。街の様子がたっぷり写っています。

見どころは、

1.街の楽しげな雰囲気
2.カミーユのしゃれた会話
3.カミーユのチョコレート一気食べ
4.カフェの秘密

まず、教材の一部を抜粋したサンプルビデオをごらんください。
フランス語字幕 1分 

★2015/01/24追記
「虎と小鳥のフランス日記」の配信が終了したため、サンプル動画も削除されました。あしからずご了承ください。

地下鉄から出てきて、今、午後6時で仕事帰りの人がたくさんいる、と言っていますね。

いつものように3つのキーフレーズをご紹介します。

3つのキーフレーズ

シーン1
あるお店の前で、カミーユが私は赤が好きなの・・

赤い色を見るといつも足を止めてしまうわ。

虎と小鳥のフランス日記 33

この日も赤いコート着てますね。

このあと、rocher noir (ロシェ・ノワール)という大きなチョコレートを一つ買い、歩きながらほぼ一気食べします。

これ↓
虎と小鳥のフランス日記 33

で、アントワーヌが「もう食べたの?」と聞きましたら、一瞬でなくなった、と答え

シーン2
もし自分の声を聞くのなら、まだ三つか四つ食べるわ。でもここで自分の声を聞いてはいけないの。(自分を聞く=本心に従う)

虎と小鳥のフランス日記 33

しかし、ここでせっかくチョコレートをがまんしているのに、次に行ったモントルグイユ通りのカフェで、またフォンダンショコラを食べていました。本当にチョコレートが好きですね。カミーユは、これまでこの教材で三、四回、フォンダンショコラを食べています。

これ↓
虎と小鳥のフランス日記 33

シーン3
カフェのテラス席にて、1月なのに襟元のあいた服を着ているけど、平気なの、なぜだと思う、と言います。実は、ヒーターが天井についており、まわりをビニールでかこって暖かくしています。

こうして、人々は暖かくしながら、そこでタバコを吸えるようになったのです。

虎と小鳥のフランス日記 33

答え
1. Dès que je vois une couleur rouge, je m’arrête tout le temps.

2. Si je m’écoutais, j’en prendrais encore trois ou quatre. Mais y faut pas que je m’écoute.

3. …ça permet aux gens de fumer et d’être à l’extérieur tout en ayant chaud.

覚えておくと使えそうな表現と文法

きょうは文法について書きますので、興味のない方は飛ばしてください。

● dès que

1.~するやいやな
2.~するといつも

ここでは2の意味です。辞書には1の意味しかのってないのですが、2の意味で使われることも多いそうです。

Dès que je vois une couleur rouge,
赤い色を見るといつも~

闘牛の牛の話にも使えそうです。

● Si je m’écoutais, j’en prendrais encore trois ou quatre.

これは「条件法」という現実ではないことを「もし~なら」と仮定していう言い方です。

écoutais < écouter
prendrais < prendre

「Si+半過去、条件法現在」という形です。

● tout en ayant chaud

これはジェロンディフという形です。

(tout) en + 過去分詞 ~しながら

ayant は avoirの過去分詞 chaudは「暖かい」なので、
「暖かい状態であるのと同時に」という意味になります。

tout は強調です。



きょうの豆知識:バイヨンってどこよ?

フランスの地図

地図はBayonne – Wikipedia, the free encyclopediaでお借りしました。

バイヨン(Bayonne):フランスのチョコレートの街

カミーユがチョコレートを買った店は « L’Atelier du Chocolat »と いういわゆるグルメチョコを売っている店です。アルチザンタイプの高級なチョコレートです。

L'ATELIER DU CHOCOLAT BAYONNE

袋にバイヨンと書いてあるのですが、これはフランスの南西のスペインの国境のそばの街です。

ヨーロッパで最初にチョコレートを見つけたのはスペインです。コルテスという探検家がアステカ帝国(16世紀はじめのメキシコの文明)を侵略したとき、チョコレート飲料を見つけて、カカオと一緒にスペインに持込みます。

このときのチョコレートの飲み物は苦いどろどろしたものだったので、スペイン人が砂糖やシナモンを入れて甘い飲み物にしました。

スペインはチョコレートの存在を一世紀ぐらい隠していたのですが、17世紀になって、ルイ13世のお嫁さんになったスペインの王女のアンヌ・ドーリッシュと、ルイ14世のお嫁さんになった王女マリア・テレサがフランスにチョコレートを伝えたと言われています。

そんなわけで、チョコレートはスペインから入ってきたので、バイヨンというスペインに近い街が、玄関口となりました。

以来この街ではチョコレート産業がさかんです。チョコレートの博物館もあります。

多くのアルチザンタイプのチョコレートを作るお店に Bayonne という文字が見られます。

チョコレートの歴史はこちらで詳しく紹介

私はあんまりチョコレートは好きではないのですが、家にあれば食べます。

ホワイト・チョコレートっておいしいですよね。あと、ラムレーズンの入ったチョコ、ナッツの入ったもの、オレンジにかかっているものなどが好きです。






ピックアップ記事

  1. 2018年版、フランス語と英語の勉強用カレンダーのご紹介。
  2. ぜんぶ無料:あなたのフランス語学習に役立つサイト16選
  3. 『星の王子さま』~お役立ちリンク集

関連記事

  1. 映画館ル・シャンポ

    虎と小鳥のフランス日記

    ヌーヴェル・ヴァーグ~「虎と小鳥のフランス日記」第114話

    私と同じようにトリュフォー監督が好きなあなた!お待たせしました…

  2. チョコレート
  3. ホットドッグ
  4. バルザックの彫像

    虎と小鳥のフランス日記

    「虎と小鳥のフランス日記」第26話 バルザックの家 その1

    毎週土曜日に届くフランス語の教材「虎と小鳥のフランス日記」ですが、最新…

  5. レフェ・ビュル

    虎と小鳥のフランス日記

    パリのセレクトショップ:レフェ・ビュル~「虎と小鳥のフランス日記」第166話

    「虎と小鳥のフランス日記」最新エピソードではレフェ・ビュルという素敵な…

  6. クレーム・ブリュレ

    虎と小鳥のフランス日記

    『アメリ』と歩くモンマルトル その2「虎と小鳥のフランス日記」第37話

    毎週届く、フランス語の教材「虎と小鳥のフランス日記」。バックナンバーも…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね♪

CTL+D でお気に入りに登録。

Feedlyで確実に更新をチェックしよう。

follow us in feedly

更新情報をメールで配信中

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

新しく書いた記事です。

  1. どうしてフランス語はフランス以外の場所でも使われているのか?…
  2. ボジョレー・ヌーヴォーは何がそんなに特別なのか?
  3. アルミスティス(第一次世界大戦休戦記念日)とは?
  4. シンプルだけどおいしいフィナンシエのレシピ:フランスのお菓子…
  5. マキシム・ル・フォレスティエのサンフランシスコ(歌と訳詞)
  6. 2018年版、フランス語と英語の勉強用カレンダーのご紹介。
  7. 文学や小説に関する言葉:かわいいフランス語教えます(120)…
  8. シリアのラッカが解放され、イスラム国が事実上なくなった。
  9. クロード・モネの「睡蓮」がオランジュリー美術館に寄贈されるま…
  10. アメリカ・ラスベガスで起きたアメリカ史上最悪の銃撃事件。

おすすめ記事いろいろ

  1. アメリカのトランプ大統領、パリ協定離脱を発表。
  2. iPad(アイパッド)のCMのフランス語
  3. 仏作文力養成講座 第1回 表現モデルの大切さ
  4. トレーシングペーパーをフランス語で何という?(第18回)
  5. フランスのコスメブランドの名前~かわいいフランス語教えます(…
  6. フランス語の数字【第26回】41 – 50
  7. 『カプリの恋の物語』エルヴェ・ビラール~歌と訳詞
  8. 8月13日は左利きの日。なぜ左利きの人がいるのか?
  9. ハロウィンの仮装用、ニセの血の作り方。意外な材料を使います
  10. 造園家・アンドレ・ル・ノートル生誕400周年

おすすめのまとめ記事

  1. ファッション、モード、おしゃれに関する記事の目次(5)
  2. 動画教材『不思議の国のFrance』関連記事の 目次
  3. 「パッケージのフランス語」の記事の目次~その1
  4. かわいいフランス語、教えます~目次 その1
  5. ファッション、モード、おしゃれに関する記事の目次(3)
  6. クリスマス関連記事の目次 2013年版
  7. 猫に関連する記事の目次~猫好きさんに捧ぐ
  8. かわいいフランス語、教えます~目次 その3
  9. フランス映画の予告編の記事のまとめ
  10. バレンタインデーとチョコレート関連記事の目次

フランス語の勉強法とか

  1. 星の王子さまの本
  2. 黒板
  3. 2018年フランス語日めくりカレンダー

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらからどうぞ

封筒
⇒お問い合わせフォームへ


お気軽に^^

☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

アーカイブ

  1. パリ

    フランス語の勉強法

    フランスダイレクトスクール(旧フランス語脳プロジェクト)関連記事の目次
  2. 教室

    時事ニュース

    フランスの子どもたちにテロリズムについてどうやって説明するか?
  3. 秋の公園のベンチ

    かわいいフランス語

    秋に関するフランス語~かわいいフランス語教えます(87)
  4. 古い鍵

    フランス映画

    『サラの鍵』(1)~映画の予告編のフランス語
  5. お墓

    フレンチポップスの訳詞

    禁じられた遊び~パトリック・フィオリ(歌と訳詞)
PAGE TOP