パリのオペラ座

虎と小鳥のフランス日記

パリのオペラ地区の日本人街「虎と小鳥のフランス日記」第34話

毎週届く、フランス語の教材「虎と小鳥のフランス日記」。バックナンバーも週に1本のペースで見ています。

きょうは34話を見ました。

2012年の1月頃に撮影されたものです。



パリのオペラ地区が舞台のエピソード

この回は「パリのオペラ地区の日本人街」というタイトルがついています。

夕方、パリのオペラ駅のあたりををぶらぶらする話です。

前回のモントルグイユ通りがオペラ地区になった感じです。

ここに日本人の小宇宙があります。この地区のモノプリ(フランスのスーパー)に行くと、「こんばんは!」と挨拶されるそうです。オペラ地区は日本人留学生の駆け込み寺ともいえましょう。

カミーユはモントルグイユではチョコレートを買っていました。今回は日本の食品を売っている店で、またしても甘い物を買っておりました。

それは何でしょうか?

まず、教材の一部を抜粋したサンプルビデオをごらんください。
日本語語字幕 最初の1分16秒 

★2015/01/24追記
「虎と小鳥のフランス日記」の配信が終了したため、サンプル動画も削除されました。あしからずご了承ください。

楽しそうですね。

まずは、いつものように3つのキーフレーズをご紹介します。

3つのキーフレーズ

シーン1
この部分はサンプルビデオに入っています。

じゃあ、代わりにオペラ地区の日本人街に行くことにしない?どう?

虎と小鳥のフランス日記 オペラ地区

シーン2
ここはサンプルビデオの一番おしまいの文です。

お腹すいてるし、ついでに何か見に行きたいわね。

虎と小鳥のフランス日記 オペラ地区

シーン3
日本の食品を売っている店で買い物をして、そのへんをぶらぶらしつつ今回の動画の最後にカミーユが話します。

パリに日本食レストランはすごく多いけれど、日本食レストランに入ったと思っても、必ずしも日本的ではない、と言ってから

「日本的」かどうか見極めるのは、いつも簡単というわけではありません。

虎と小鳥のフランス日記 オペラ地区

答え
1. Bon, à la place, je te propose qu’on aille…dans le quartier japonais. Ça te dit ?

2. D’ailleurs, comme j’ai faim euh…j’aimerais bien jeter un petit œil.

3. Et c’est pas toujours facile de savoir si c’est japonais ou pas.

覚えておくと使えそうな表現と文法

きょうは短かめの表現を3つえらびました。

● Ça te dit ? どう思う?

相手の意見を聞くとき。これはまるごと覚えるといい表現です。

● J’aimerais bien jeter un petit œuil.

ちょっと見に行きたいです。

œil は「目」です。

ちらっと目を投げかけたい⇒ちょっと見に行きたい

お店を見に行ったり、ちょっと何かを見に行きたいときに使えます。

●d’ailleurs ついでに

今話してることや、やっていることから、少し脇にそれる感じ

おまけに、とか、ちなみに、とか、そういえば、とか、訳語はいろいろ考えられます。



オペラ座(L’Opéra)

オペラ座

オペラ地区は地下鉄オペラ駅のそばです。なぜオペラ駅かというと、サンプルビデオの最初に出て来ましたが、オペラ座(L’Opéra)(正式な名前はパレ・ガルニエ Palais Garnier)という歌劇場があるからです。

「宝塚市」のような感じですかね。でも宝塚は先に「宝塚」という地名ができたのでちょっと違いますね。

この建物はシャルル・ガルニエという人が作ったので、ガルニエという名前です。

建物ができあがったのが1875年。ネオ・バロック様式です。

『オペラ座の怪人』の舞台はこの劇場です。

オペラ地区の日本の食品の店 小スーパーと呼べるでしょうか。

虎と小鳥のフランス日記 オペラ地区

ここでカミーユが買ったのは大福でした。

パリの大福

カミーユってあんこが入ったものも大好きらしく、前にブラジルの日本人街でも大福を食べていました。

私も好きですけど。

これが2ユーロ(厳密に言うと2,30ユーロ)もしてました。高いですね。やはり海外で日本の食品を買うとめっちゃ割高です。

オペラ地区にはブック・オフまであり驚きました。
日本人、多いんだな~とあらためて思いました。






ピックアップ記事

  1. 2019年版、フランス語と英語が勉強できるカレンダーの紹介。
  2. 『星の王子さま』~お役立ちリンク集
  3. ぜんぶ無料:あなたのフランス語学習に役立つサイト16選

関連記事

  1. パリの音楽祭(2012)

    虎と小鳥のフランス日記

    パリの音楽祭(2012年)~「虎と小鳥のフランス日記」第58話

    「虎と小鳥」のバックナンバーからきょうは58話を復習しました。…

  2. コーヒー豆

    虎と小鳥のフランス日記

    ムフタール通りのマルシェ「虎と小鳥のフランス日記」第5話

    虎と小鳥のフランス日記のバック・ナンバー、今週は第5話です。こ…

  3. 文学ビストロ カスカード

    虎と小鳥のフランス日記

    「虎と小鳥のフランス日記」第92話 ベルヴィルの大衆的なビストロ

    私が毎週受け取っているビデオのフランス語の教材。92話を受講し…

  4. 緑の葉っぱ

    虎と小鳥のフランス日記

    復興への願いをこめて~バイオリンと『雨ニモマケズ』

    「虎と小鳥のフランス日記」第57話に出てきたバイオリンと、宮沢賢治の『…

  5. ヴァンセーヌの森の植物園

    虎と小鳥のフランス日記

    ヴァンセーヌの森植物園@パリ「虎と小鳥のフランス日記」第108話

    今週の虎と小鳥の舞台はヴァンセーヌの森植物園でした。パリの東、…

  6. パサージュ・デ・パノラマ

    虎と小鳥のフランス日記

    パサージュ・デ・パノラマ「虎と小鳥のフランス日記」第44話

    毎週1つずつ「虎と小鳥のフランス日記」のバックナンバーのキーフレーズを…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね♪

CTL+D でお気に入りに登録。

Feedlyで確実に更新をチェックしよう。

follow us in feedly

更新情報をメールで配信中

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

新しく書いた記事です。

  1. 11月19日は世界トイレの日。
  2. 月の花:フランソワーズ・アルディ(歌と訳詞)
  3. 1918年の11月11日に起きたこと。
  4. サンジェルマン・デ・プレの歴史と名所
  5. いろいろな箱やケース:かわいいフランス語教えます(140)
  6. ハロウィンって何ですか?(子供むけの簡単な説明)
  7. 夏時間と冬時間。年に2度の時間の変更は、意味があるのか、ない…
  8. ヴェルサイユ宮殿って何ですか?
  9. マリー・アントワネット、世界のイコン
  10. 2019年のノーベル文学賞発表、2人の受賞者が象徴するもの。…

おすすめ記事いろいろ

  1. フランス語の数字【第33回】101から199
  2. かわいいフランス語教えます~その51 新年のお祝いの単語
  3. まぎらわしい形容詞、vieux と ancien の違いとは…
  4. 工作用のりをフランス語で?【第19回】
  5. ヴェルサイユ宮殿って何ですか?
  6. フランス語の数字【第25回】31 – 40
  7. インディラの「最後のダンス(Derniere Danse)」…
  8. ローマ数字の復習。1から100まで読めるようになろう。
  9. ベルギーのブルージュ観光。ワッフルの語源は「蜂の巣」だった
  10. 国際女性デー:エールフランスは女性乗務員だけでエアバスA38…

おすすめのまとめ記事

  1. ラジオ講座「まいにちフランス語」関連記事の目次~その1(概要…
  2. フランス語のニュースの記事のまとめ(3)
  3. ハロウィン関連記事の目次
  4. 「虎と小鳥のフランス日記」vol.2 第26話~50話
  5. 歌の訳詞を書いている記事の目次~その1
  6. フランス語の名言の記事の目次
  7. 『百合のFranceウォッチング』~目次 その3(L51~L…
  8. 動画教材『不思議の国のFrance』関連記事の 目次
  9. フランス語のことわざ~目次 その1
  10. フランス語入門日記~目次を作りました

フランス語の勉強法とか

  1. フランス語の日めくり
  2. 黒板
  3. 星の王子さまの本

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらからどうぞ

封筒
⇒お問い合わせフォームへ


お気軽に^^

☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

アーカイブ

PAGE TOP