パリのオペラ座

虎と小鳥のフランス日記

パリのオペラ地区の日本人街「虎と小鳥のフランス日記」第34話

毎週届く、フランス語の教材「虎と小鳥のフランス日記」。バックナンバーも週に1本のペースで見ています。

きょうは34話を見ました。

2012年の1月頃に撮影されたものです。



パリのオペラ地区が舞台のエピソード

この回は「パリのオペラ地区の日本人街」というタイトルがついています。

夕方、パリのオペラ駅のあたりををぶらぶらする話です。

前回のモントルグイユ通りがオペラ地区になった感じです。

ここに日本人の小宇宙があります。この地区のモノプリ(フランスのスーパー)に行くと、「こんばんは!」と挨拶されるそうです。オペラ地区は日本人留学生の駆け込み寺ともいえましょう。

カミーユはモントルグイユではチョコレートを買っていました。今回は日本の食品を売っている店で、またしても甘い物を買っておりました。

それは何でしょうか?

まず、教材の一部を抜粋したサンプルビデオをごらんください。
日本語語字幕 最初の1分16秒 

★2015/01/24追記
「虎と小鳥のフランス日記」の配信が終了したため、サンプル動画も削除されました。あしからずご了承ください。

楽しそうですね。

まずは、いつものように3つのキーフレーズをご紹介します。

3つのキーフレーズ

シーン1
この部分はサンプルビデオに入っています。

じゃあ、代わりにオペラ地区の日本人街に行くことにしない?どう?

虎と小鳥のフランス日記 オペラ地区

シーン2
ここはサンプルビデオの一番おしまいの文です。

お腹すいてるし、ついでに何か見に行きたいわね。

虎と小鳥のフランス日記 オペラ地区

シーン3
日本の食品を売っている店で買い物をして、そのへんをぶらぶらしつつ今回の動画の最後にカミーユが話します。

パリに日本食レストランはすごく多いけれど、日本食レストランに入ったと思っても、必ずしも日本的ではない、と言ってから

「日本的」かどうか見極めるのは、いつも簡単というわけではありません。

虎と小鳥のフランス日記 オペラ地区

答え
1. Bon, à la place, je te propose qu’on aille…dans le quartier japonais. Ça te dit ?

2. D’ailleurs, comme j’ai faim euh…j’aimerais bien jeter un petit œil.

3. Et c’est pas toujours facile de savoir si c’est japonais ou pas.

覚えておくと使えそうな表現と文法

きょうは短かめの表現を3つえらびました。

● Ça te dit ? どう思う?

相手の意見を聞くとき。これはまるごと覚えるといい表現です。

● J’aimerais bien jeter un petit œuil.

ちょっと見に行きたいです。

œil は「目」です。

ちらっと目を投げかけたい⇒ちょっと見に行きたい

お店を見に行ったり、ちょっと何かを見に行きたいときに使えます。

●d’ailleurs ついでに

今話してることや、やっていることから、少し脇にそれる感じ

おまけに、とか、ちなみに、とか、そういえば、とか、訳語はいろいろ考えられます。



オペラ座(L’Opéra)

オペラ座

オペラ地区は地下鉄オペラ駅のそばです。なぜオペラ駅かというと、サンプルビデオの最初に出て来ましたが、オペラ座(L’Opéra)(正式な名前はパレ・ガルニエ Palais Garnier)という歌劇場があるからです。

「宝塚市」のような感じですかね。でも宝塚は先に「宝塚」という地名ができたのでちょっと違いますね。

この建物はシャルル・ガルニエという人が作ったので、ガルニエという名前です。

建物ができあがったのが1875年。ネオ・バロック様式です。

『オペラ座の怪人』の舞台はこの劇場です。

オペラ地区の日本の食品の店 小スーパーと呼べるでしょうか。

虎と小鳥のフランス日記 オペラ地区

ここでカミーユが買ったのは大福でした。

パリの大福

カミーユってあんこが入ったものも大好きらしく、前にブラジルの日本人街でも大福を食べていました。

私も好きですけど。

これが2ユーロ(厳密に言うと2,30ユーロ)もしてました。高いですね。やはり海外で日本の食品を買うとめっちゃ割高です。

オペラ地区にはブック・オフまであり驚きました。
日本人、多いんだな~とあらためて思いました。






ピックアップ記事

  1. 2019年版、フランス語と英語が勉強できるカレンダーの紹介。
  2. 『星の王子さま』~お役立ちリンク集
  3. ぜんぶ無料:あなたのフランス語学習に役立つサイト16選

関連記事

  1. ランナー

    虎と小鳥のフランス日記

    パリ・マラソン~2013年「虎と小鳥のフランス日記」第96話

    今週の「虎と小鳥のフランス日記」の受講メモです。第96話はは4月7日に…

  2. パレ・ロワイヤル

    虎と小鳥のフランス日記

    ビストロ・ヴィヴィエンヌでお茶をする~「虎と小鳥のフランス日記」第24話

    ちょっと間があきましたが、「虎と小鳥のフランス日記」のバックナンバー、…

  3. リュクサンブール公園

    虎と小鳥のフランス日記

    リュクサンブール公園・その1~「虎と小鳥のフランス日記」第14話

    今週の「虎と小鳥のフランス日記」のバックナンバーは14話を学習しました…

  4. サマーショップ

    虎と小鳥のフランス日記

    サマーショップ「虎と小鳥のフランス日記」第8話

    今週のバック・ナンバーは第8話「サマーショップ」です。サマーシ…

  5. パリの桜

    虎と小鳥のフランス日記

    真夏に小春日和について考える~「虎と小鳥のフランス日記」第46話

    虎と小鳥のバックナンバーから、きょうは第46話「小春日和のパリ」を見ま…

  6. サクレクール寺院のてっぺん

    虎と小鳥のフランス日記

    パリ18区での夜のひととき「虎と小鳥のフランス日記」第106話

    今週の「虎と小鳥」はパリの田舎町「虎と小鳥のフランス日記」第105話に…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね♪

CTL+D でお気に入りに登録。

Feedlyで確実に更新をチェックしよう。

follow us in feedly

更新情報をメールで配信中

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

新しく書いた記事です。

  1. なぜプラスチックのストローの使用が禁止されるのか?
  2. アクサン・シルコンフレックスになじんで語彙を増やそう。
  3. なぜ、フランスでは7月14日が祝日なのか?
  4. オ・ボヌール・デ・ダム、デパートの発明:予告編のフランス語
  5. フランスの猛暑(2019年6月)のニュース
  6. Le pouvoir des fleurs(花のちから)ロラ…
  7. いやし、リラックスに関する言葉:かわいいフランス語教えます(…
  8. おとぎ話に出てくる言葉(その2):かわいいフランス語教えます…
  9. フランスの試験、バック(バカロレア)とは何か?
  10. フェット・ド・ラ・ミュジーク(音楽祭)の起源

おすすめ記事いろいろ

  1. 歌:グリーン・ウォッシング – Tryo(トリヨ…
  2. 知的なパリジャンは接続法を使う?:「秘密のパリへ連れてって」…
  3. 時間や時計に関する言葉:かわいいフランス語教えます(116)…
  4. とどかぬ愛~ジョニー・アリディ(歌と訳詞)
  5. 「影響を与える」など3つの表現モデル~仏作文力養成講座第6回…
  6. 映画に関する単語~かわいいフランス語教えます(71)
  7. Le Bonheur (幸せ)~ベリー:歌と訳詞
  8. ジェイソン・バトン(F1レーサー)と道端ジェシカがサントロペ…
  9. 名言その5~ココ・シャネル~香水をつけない女性の未来とは?
  10. 「殺意は薔薇の香り」前編~予告編のフランス語

おすすめのまとめ記事

  1. 『百合のFranceウォッチング』~目次 その2(L26~L…
  2. フランス語のことわざ~目次 その3
  3. 「虎と小鳥のフランス日記」vol.2 第26話~50話
  4. 『不思議の国のFrance』関連記事の 目次その3
  5. ファッション、モード、おしゃれに関する記事の目次(2)
  6. ファッション、モード、おしゃれに関する記事の目次(3)
  7. かわいいフランス語 目次 その5:ネーミングの参考に
  8. 『ベルサイユのバラ』新作その2が週刊マーガレット第22号(1…
  9. ファッション、モード、おしゃれに関する記事の目次(4)
  10. フランス語のニュースの記事のまとめ(4)

フランス語の勉強法とか

  1. 星の王子さまの本
  2. 黒板
  3. フランス語の日めくり

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらからどうぞ

封筒
⇒お問い合わせフォームへ


お気軽に^^

☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

アーカイブ

PAGE TOP