バーバパパ

時事ニュース

バーバパパ出版45周年おめでとう~Googleが記念ロゴでお祝い

2015年5月19日はバーバパパが誕生して45周年ということで、この日のGoogle Doodleはバーバパパとママ、子どもたちがデザインされていました。日本はもう20日ですが。

このニュースをmadmoiZelle.comから、ご紹介します。

バーバパパというのは、アメーバみたいなカラフルな家族が主人公のフランスの絵本、アニメです。日本でも人気ですよね?スペルはBarbapapaで、綿菓子のbarbe à papaと主役のパパをかけています。土から生まれた生物で、何にでも変身できます。

詳しくはこちらをどうぞ⇒フランス語でわたあめは「〇〇のひげ」



Les Barbapapa sont à l’honneur sur Google pour les 45 ans de la série バーバパパのシリーズ45周年をGoogleがお祝い

Les Barbapapas est une série de livres pour enfants créé le 19 mai 1970 par Annette Tison et Talus Taylor. Aujourd’hui, c’est donc leur 45e anniversaire !

バーバパパは、アネット・ティゾンとタラス・テイラーによって1970年5月19日に生まれた子どもむけの本のシリーズです。だからきょうは45周年です。

これがバーバパパです。それは何かって?この形が変わる不思議でカラフルな生きものの家族が、あなたを不安にさせようと(または考えこませようと)させまいと、バーバパパのことを聞かずに、大人や、それに近い年齢になることはほぼ不可能です。たとえ、あなたが、ウォークマンを知らないほど若かったとしても。


※YouTubeで見る方はこちらから⇒Générique Barbapapa

特にアニメシリーズとそのテーマソングでよく知られていますが、バーバパパはもともとは、子ども向けの本のシリーズでした。フランス人とアメリカ人のカップル、アネット・ティゾンとタラス・テイラーの途方もないイマジネーションのおかげで、1970年5月19日に誕生し本屋の棚に並んだのです。

バーバパパ、バーバママそして7人のバーバベベから成るバーバパパの家族は、人々を飽きさせませんでした(n’a pas barbé )。というのも、このシリーズは1974年にテレビのアニメになり、世界中で大成功をおさめたからです。

さて、もしあなたが計算が得意なら、きょう、2015年3月19日は、バーバパパ誕生45周年ですよね。彼らのバルベニセール(barbanniversaire)です。違いますか?まあいいです。

要するに、いつものように、これを記念して、グーグルが、バーバララ、バーボティーヌ、バルビドゥールとほかの登場人物を、この日のグーグルドゥードルに掲載することにしました。

そこで、その日1日中、バーバ家族が、あなたの検索エンジンのトップページに勢揃いすることになります。人生も捨てたもんじゃないですね?(Elle est pas barbabelle, la vie ?)

バーバパパ、お誕生日おめでとう!(Allez, joyeux barbanniversaire, les Barbapapa !)

元記事 → Les Barbapapa sont à l’honneur sur Google pour les 45 ans de la série



単語メモ

parvenir à  ~に達する

générique テーマソング

barber (話) うんざりさせる、退屈させる

faire le tour du monde 世界一周旅行をする

au complet  全員そろって

la page d’accueil  トップページ

moteur de recherche  検索エンジン

バーバパパは、2人がルクセンブルク公園を散歩しているときに思いついたそうです。タラス・テイラーは子どもが「バー、バー、バー、バー」というのを聞いて、それが何かアネットに聞いたそう。というのも、彼はこのときフランス語をよく知らなかったんです。

アネットは彼に、「綿菓子」をほしがっていたんだ、と教えました。2人はその足で、レストランに行き、テーブルクロスにピンクの綿菓子からできたキャラクターを描いたとか。

彼は音の響きがおもしろいと思ったのでしょうね。

残念ながら、著者の1人のタラス・テイラーは、今年の2月に亡くなっています。そのことを伝える短いニュース。


※YouTubeで見る方はこちらから⇒Les “Barbapapa” ont perdu leur papa

バーバパパのホームページ⇒Barbapapa Official Website 13ヶ国語に切り替えることができます。本当に、世界中で見られているのですね。

バーバパパのテーマソングっていかにも70年代ののどかな雰囲気があふれていていいですね。それでは次回の絵本の記事をお楽しみに。

☆関連記事もどうぞ
パリの子ども専用の古物市 バーバパパのおもちゃの写真あり。

『楽しいムーミン一家』のテーマソング、フランス語バージョンの訳詩






ピックアップ記事

  1. ぜんぶ無料:あなたのフランス語学習に役立つサイト16選
  2. 『星の王子さま』~お役立ちリンク集
  3. 2019年版、フランス語と英語が勉強できるカレンダーの紹介。

関連記事

  1. エモーティコン

    時事ニュース

    エモーティコン(絵文字)は言葉の世界を変えるか?

    TV5MONDEのフランス語を学ぶコンテンツから、7 jours su…

  2. 新聞を読む

    時事ニュース

    シャルリ・エブド最新号の発売、すぐに売り切れ

    テロの襲撃にあったシャルリ・エブドの最新号が、14日に発売され、すぐに…

  3. ハロウィン

    時事ニュース

    ハロウィンの仮装用、ニセの血の作り方。意外な材料を使います

    10月31日はハロウィンですね。仮装する人のために、うその血、ニセの血…

  4. 東京

    時事ニュース

    不正会計処理問題で東芝の社長が辞任

    不正会計処理が明らかになり、東芝の社長が辞任したことを伝えるフランス語…

  5. ケシの花
  6. 星の王子さま

    フランスにまつわるあれこれ

    もう読んだ?「星の王子さま」出版70周年

    1943年4月6日にアメリカで「星の王子さま」が出版されて70年たちま…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね♪

CTL+D でお気に入りに登録。

Feedlyで確実に更新をチェックしよう。

follow us in feedly

更新情報をメールで配信中

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

新しく書いた記事です。

  1. クリスマスの13種のデザート(プロバンス地方の伝統)
  2. 連絡:お問い合わせいただいたプッゼさん、返信メールが戻ってき…
  3. 2019年版、フランス語と英語が勉強できるカレンダーの紹介。…
  4. クリスマスはいくつ?(Combien de Noëls ):…
  5. ドラマ、Dix pour cent (10パーセント)の予告…
  6. フランス語で知るハロウインの由来。
  7. ダンスに関係のある単語:かわいいフランス語(129)
  8. 伝説の歌手、シャルル・アズナブール、94歳で亡くなる。
  9. 私のおかしな人生についての歌(Chanson sur ma …
  10. シャネルを物語る5つの色(後編)

おすすめ記事いろいろ

  1. フランス語の数字【第27回】51 – 60
  2. カーニバルの定番、ベニエ (ビューニュ) の作り方:フランス…
  3. 美食の祭典(フェット・ド・ラ・ガストロノミー)とは?
  4. L11 フランスのパン屋さんが特別な理由
  5. 歌と訳詞:『昔小さな船があった』~フランスの童謡
  6. 『7つの習慣』のオーディオブックをFebeで買ってみた。
  7. L2 つづり字の読み方1~母音の発音のコツ
  8. リ・オ・レ(ライスプディング)の作り方:フランスのお菓子(1…
  9. 序数(1)~フランス語の数字【第42回】
  10. お便り紹介:読者の皆さま、今年も読んでいただき、ありがとうご…

おすすめのまとめ記事

  1. かわいいフランス語、教えます~目次 その4
  2. ハロウィン関連記事の目次
  3. バレンタインデーとチョコレート関連記事の目次
  4. かわいいフランス語、教えます~目次 その3
  5. 翻訳者養成講座関連記事の目次
  6. フランス語のニュースの記事のまとめ(3)
  7. 歌の訳詞を書いている記事の目次~その1
  8. かわいいフランス語 目次 その5:ネーミングの参考に
  9. フレンチポップスと訳詞の記事のまとめ:その4
  10. 数字の記事のまとめ その1 0から18まで

フランス語の勉強法とか

  1. 黒板
  2. フランス語の日めくり
  3. 星の王子さまの本

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらからどうぞ

封筒
⇒お問い合わせフォームへ


お気軽に^^

☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

アーカイブ

PAGE TOP