ニューヨーク

時事ニュース

9.11 (アメリカ同時多発テロ事件)はどんなふうに世界を変えたか?

9.11(2001年、9月11日に起きたアメリカ同時多発テロ事件)が、その後の世界に与えた影響をごく簡単に3分半で語っているアニメーション動画を紹介します。

Lumniが製作した動画なので、わかりやすいフランス語です。

Lumni はフランスの学生(小学生~高校生)、保護者、教育関係者向けにマルチメディアの教材を無料で提供しているサイトです。



9.11が変えたもの

3分44秒、フランス語の字幕あり

9.11 トランスクリプション

Le 11 septembre 2001, deux Boeing de la compagnie American Airlines s’écrasent dans les tours jumelles du World Trade Center, à New York. Un troisième avion se crash sur le Pentagone et un dernier dans un champ à Shanksville, en Pennsylvanie.

Cette attaque terroriste est la plus meurtrière jamais perpétrée.

Le monde entier est sous le choc.

Après ces attentats revendiqués par Al-Qaida, la lutte contre le terrorisme devient l’objectif n°1 des États-Unis.

Un mois après les attentats, le président George W. Bush déclare la « guerre au terrorisme » et signe le Patriot Act, une loi qui facilite la surveillance de personnes suspectées de terrorisme.

Mais très vite, les agences de surveillance vont étendre le champ de leurs investigations.

Edward Snowden révèle 10 ans plus que tard que le Patriot Act a servi de base légale à une surveillance généralisée de la population, permettant par exemple que toutes les informations transitant par les Gafam soient interceptées au moindre soupçon de terrorisme, sans aucun contrôle des tribunaux.

Depuis les attentats du 11 septembre, les mesures de sécurité sont accrues dans les aéroports et aux frontières dans le monde entier.

Le passeport biométrique fait aussi son apparition.

Le 11 septembre rebat également les cartes de la géopolitique mondiale.

En effet, quelques mois après les attentats, l’Amérique envahit l’Afghanistan, le pays désigné comme le centre opérationnel d’Al-Qaïda.

C’est le début de la plus longue campagne militaire de l’histoire américaine.

Les Etats-Unis sont aidés sur le terrain par une coalition, sous l’égide de l’OTAN. En 2003, George W. Bush décide cette fois d’envahir l’Irak, malgré l’absence de preuves de la participation de ce pays au 11 septembre.

La France refusera de participer à cette opération militaire qui a lieu en violation de la charte des Nations unies.

Cette guerre déstabilise complètement la région.

Une farouche résistance à la présence américaine se met en place.

Parmi les groupes de combattants, on trouve l’État islamique, une organisation terroriste responsable, quelques années plus tard, d‘attentats en France notamment, dont celui du 13 novembre 2015.

Autre conséquence du 11 septembre : la montée de la haine anti-musulmans.

Une haine qui ne cessera d’augmenter. En 2001, 481 crimes islamophobes sont recensés aux Etats-Unis, contre 28 l’année précédente. Depuis, les attaques racistes contre les musulmans sont restées 5 fois plus élevées que dans les années 1990.

20 ans après le 11 septembre, des enquêtes montrent qu’en moyenne 37 % des Européens, et 30 % des Américains, ont une opinion négative des musulmans, montrant l’amalgame fait par une partie de la population entre islam et terrorisme.

Enfin, en Afghanistan l’instabilité politique persiste. Le retour des Talibans au pouvoir effraie une partie de la population et fait craindre de nouvelles tensions sur le plan international.

米同時多発テロの影響

2001年の9月11日、アメリカン航空のボーイング機2機が、ニューヨークの世界貿易センタービルのツインタワーに突っ込みました。3機めはペンタゴンに、4機めは、ペンシルヴァニアのシャンクスヴィルの野原に墜落しました。

このテロはこれまで遂行されたもののうち、最も多くの人命を奪いました。

全世界がショックを受けました。

アルカイダが犯行声明を出したこのテロ攻撃のあと、テロとの戦いがアメリカ合衆国の最優先の目標となりました。

同時多発テロの1ヶ月後、ジョージ・W・ブッシュ大統領は、「テロとの戦争」を宣言し、愛国者法に署名しました。これは、テロリスト容疑のある者の監視を容易にする法律です。

しかし、すぐに、監視機関は調査範囲を広げました。

10年後に、エドワード・スノーデンが明らかにしたところによると、愛国者法をもとに、国は、一般国民を広く監視することができました。

たとえば、Gafam(Google, Apple, Facebook, Amazon, Microsoft)を通過するすべての情報は、少しでもテロの疑いがあれば、裁判所の許可なしに、傍受できたのです。

9月11日のテロ以後、世界の空港や国境で、セキュリティが強化されました。バイオメトリック・パスポート(IC旅券)も登場しました。

また、このテロは、世界の地政学のカードを切り直しました。

事実、同時多発テロの数カ月後、アメリカはアルカイダの活動の拠点であったアフガニスタンに侵入しました。

アメリカ史上最長の軍隊の遠征(軍事キャンペーン)の始まりです。

合衆国はNATOの庇護のもと、現地で連合軍のサポートを受けていました。

2003年、ブッシュ大統領は、9.11に関与した証拠がないのにもかかわらず、イラクへの侵攻を決めました。

フランスは、この軍事作戦への参加は拒否しました。この作戦は国連憲章に違反していました。

この戦争は、この地域を完全に不安定にしました。

アメリカ軍の存在に対する激しい抵抗が始まりました。

戦闘グループの中には、「イスラム国」も含まれていました。2015年の11月13日のテロをはじめ、数年後にフランスでテロを起こした組織です。

9.11のもう1つの結果は、反イスラム教徒という憎悪の高まりです。

この憎しみは、増え続けました。

2001年、アメリカ合衆国では、イスラム恐怖症により起きた犯罪は481件でしたが、前年は28件でした。

以来、イスラム教徒に対する人種差別的な攻撃は、1990年代の5倍の割合で続いています。

9.11の20年後の調査によると、欧州人の平均37%、アメリカ人の平均30%が、イスラム教徒に対して否定的な見方をしています。一部の人が、イスラム教とテロリズムを混同しているとわかります。

最後に、アフガニスタンでは、政情不安が続いています。タリバンが政権に復帰し、一部の人々を恐怖に陥れ、国際社会に新たな緊張がもたらされることも、懸念されています。

単語メモ

perpétrer  (犯罪を)遂行する

intercepter  通信を傍受する

Edward Snowden エドワード・スノーデン アメリカ国家安全保障局 (NSA) と中央情報局 (CIA) の元局員。かつて、アメリカ政府のために、情報を収集する仕事をしていた。

くわしくはこちら⇒映画『シチズンフォー』のレビュー:なぜエドワード・スノーデンは告発したのか?

rebattre les cartes  カードを切り直す

une géopolitique  地政学;国家の政策とその地理学的条件との関係を研究する学問

sous l’égide de  ~の庇護を受けて

l’OTAM Organisation du traité de l’Atlantique nord  北大西洋条約機構 NATO

farouche  御しがたい、荒々しい、強固な

musulman  イスラム教徒



9.11関連動画

9.001年9月11日の朝、起きたことを見せている2分の動画

音とキャプションだけで発話はありません。2016年の9月に製作されたものです。

■テロ関連記事もどうぞ

パリの同時多発テロ:何が起きたのか理解するために

フランスの子どもたちにテロリズムについてどうやって説明するか?

2015年の11月13日に、どうしてパリでテロが起こったのか?

2017年3月22日のロンドンのテロ。いったい何が起こったのか?

シリアのラッカが解放され、イスラム国が事実上なくなった。

テロは多いため、ほかにもいくつか記事があります。

****

アメリカ同時多発テロ事件から20年たち、フランスでは、2015年11月13日のテロ(パリ連続射撃事件)の公判が始まったのもあり、ニュースでは、連日、テロの襲撃のようすが報道されています。

それはまるで映画のような、想像を絶する光景です。

あれから20年たちましたが、はたして事態は好転しているのでしょうか?

犠牲にあった人々の冥福を祈るばかりです。






パリフランスの大スター、ジャン・ポール・ベルモンド88歳で亡くなる。前のページ

いわくつきの贈り物:大量生産・大量消費がもたらす問題次のページプレゼント

ピックアップ記事

  1. ぜんぶ無料:あなたのフランス語学習に役立つサイト16選
  2. 2021年版、フランス語学習用カレンダーのレビュー。テーマはファッション。
  3. 『星の王子さま』~お役立ちリンク集

関連記事

  1. pen勉強中

    時事ニュース

    フランス競争委員会の多額の罰金~ロレアルなどに

    フランスの競争委員会が大手化粧品メーカーなどが価格を競合してつりあげて…

  2. パリのノートルダム大聖堂

    時事ニュース

    パリのノートルダム大聖堂で大きな火事、発生。

    2019年4月15日の夕方6時50分ごろ(パリ時間)、パリのノートルダ…

  3. フランスの国旗

    時事ニュース

    きっすいの政治家、シラク元フランス大統領、86歳で亡くなる

    2019年9月26日、元フランス大統領のジャック・シラク氏(1932-…

  4. 抗議デモ

    時事ニュース

    アダマ・トラオレ(黒人青年)の死に対する抗議デモ。

    6月2日、パリで起きた黒人差別に対する抗議デモのニュースを紹介します。…

  5. ハロウイン pen

    時事ニュース

    ハロウインでピエロの仮装禁止令~南仏の村で

    10月31日はハロウィンですね。子ども新聞でフランスのある村が…

  6. 紫

    時事ニュース

    プリンス、57才で亡くなる。死因は不明

    2016年4月21日に、突然アーティストのプリンス(1958-2016…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサーリンク



更新情報をメールで配信中

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらからどうぞ

封筒
⇒お問い合わせフォームへ


お気軽に^^

☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

アーカイブ

PAGE TOP