地球儀

時事ニュース

シリアのラッカが解放され、イスラム国が事実上なくなった。

2014年からイスラム国が占領していたシリア北部の街、ラッカが、2017年10月17日に解放されました。

このニュースを伝える子供新聞記事を紹介します。10月20日投稿された記事です。子供新聞なのでかなり簡単に書かれています。



シリアのラッカがダーシュから解放された

La ville de Raqqa en Syrie, entièrement libérée de Daesh

今週、5ヶ月の戦闘の末、ダーシュのテロ組織はラッカの支配権を失いました。彼らは、2014年からこの街を占領し、自らの政府を置いていました。

1jour1actuでは、なぜ、ラッカを失ったことが、ダーシュの敗北を意味するのか説明します。

ラッカはどこ?

ラッカは、シリアの中心にある街です。ダーシュ(別名イスラム国)のテロ組織がシリアから奪い、イスラム教のカリフ(califat islamique)を設置していました。

カリフを理解するために、この動画を見てください。

ダーシュは2014年にラッカを奪い、自らの首都としました。大勢の組織の人間、ジハーディストと呼ばれますが、彼らがここに住み着き、政府と内閣が置かれました。

彼らは恐怖政治をして、街の住民にひじょうにきびしい戒律を守るように強いました。

たとえば、スポーツや音楽などどんな活動も許可されず、タバコもアルコールも禁止されました。

男性はひげをのばし続けなければならず、女性はニカブ(niqab)なしで外出してはいけませんでした。ニカブは、顔と身体をおおう黒いベールです。

なぜダーシュにとってラッカは重要な街なのか?

ダーシュにとってラッカはとても重要な街です。なぜならトルコとの国境にとても近い場所にあるからです。大勢の外国のジハーディスト、特にフランスのジハーディストが、この組織に参加するためラッカにやってくるときは、トルコから入っていたのです。

ラッカで、欧州にしかけられたたくさんのテロが計画されまいた。たとえば、2015年11月13日、パリで起きたテロもそうです。

なぜ今週、ラッカがこんなに話題になっているのか?

水曜日、ラッカはダーシュのジハーディストから解放されました。おもにアメリカが援助している戦闘員の介入によってです。

この戦いは、シリアで紛争が始まってから、もっとも激しいもので5ヶ月続きました。街の10のうち8つの建物は壊され、大勢のジハーディストが殺されました。それだけではなく、住民も1000人以上亡くなり、そのうち270人は子供です。

ラッカの解放は、ダーシュがもうなくなる、という意味なのか?

この質問に答えるために、1jour1actuは、シリアの専門家、トマ・ピエールにインタビューしました。

「ダーシュはとても衰弱しています。組織はどんどんテロリストや人員を失っています。

数ヶ月のうちに、おそらく、すべての拠点を失うでしょう。

しかし、だからといってダーシュがなくなるわけではありません。彼らは、世界のどこからでも、テロ攻撃を仕掛けることができます。

しかし拠点を失ったので、これまでより、攻撃を仕掛けることが難しくなりました。また、ジハーディストとしてリクルートした人間をトレーニングする場所もありません。

これまで欧州でテロを起こしたテロリストの多くが、一度はシリアに入っています」。

元記事 → La ville de Raqqa en Syrie, entièrement libérée de Daesh

単語メモ

perte  失うこと、喪失 動詞は perdre

défaite 敗戦、敗北 ⇔ victoire

faire partie de ~の一部をなす、~に所属する

emparer  奪う

califat  カリフ;預言者ムハマンドの後継者。イスラム国家最高権威者。

terreur  恐怖政治

autoriser  許可された

affaibli  弱くなった

s’entraîner  訓練する

Daesh ダーシュは ISのテロ組織のこと。フランスや中東のメディアでは、彼らをこう呼んでいます。日本語では、ダーイシュ、ダーイッシュと書かれることもあります。

djihardiste  ジハーディストは、イスラム過激派のテロリスト。djihard ジハードは、「全力をつくして戦う」という意味のアラビア語で、イスラムを守るために異教徒と戦う聖戦を意味します。



廃墟となったラッカ

ラッカが陥落し、ISはその国家と首都を失いました。解放したのは、アメリカ軍の支援を受けているシリア民主軍(SDF)です。

イスラム国はほぼ壊滅したのですが、街もとことん破壊しつくされました。空爆のせいです。

こちらは、フランスのメディアのニュース。ラッカが陥落したと伝えられた日より2日ほど前のニュースです。2分10秒。

こちらはRTの英語のニュースです。ニュースで語っているジャーナリストは、「これは解放ではなく破壊だ」と言っています。3分19秒。

このニュースによれば、空爆は、ジハードの根城ではなく、学校や病院などのインフラを狙って行われ、住民はライフライを断たれた、とのこと。空爆により2000人以上の住人が亡くなったそうです。

ラッカに残っていたテロリストは1000人に対し、SDFは35000人いるそうです。

ラッカを解放するつもりなら、もっと早く解放できた、と現地のジャーナリストは語ています。

まだ、ラッカには2万人以上、住民が残っていて、なすすべもないのに、テロリストたちは、逃げ道があるそうです。

■テロ関連の過去記事の一部■

パリで同時多発テロ。120人を超える死者

フランスの子どもたちにテロリズムについてどうやって説明するか?

フランス革命記念日に起きたニースのトラックテロ事件の象徴すること

2017年3月22日のロンドンのテロ。いったい何が起こったのか?

スペインのバロセロナとカンブリスで起きたテロ

*******

イスラム国は事実上崩壊したと言われていますが、ラッカで、日常的に処刑や戦闘を見てきた人たち、空爆や地雷の恐怖にさいなまれていた人たちは、これからどうなるんでしょうね。

街はあんなふうに破壊しつくされてしまったし。

特に子供たちのことを思うと胸がいっぱいになります。






ジヴェルニークロード・モネの「睡蓮」がオランジュリー美術館に寄贈されるまで。前のページ

文学や小説に関する言葉:かわいいフランス語教えます(120)次のページ本

ピックアップ記事

  1. ぜんぶ無料:あなたのフランス語学習に役立つサイト16選
  2. 2020年版、フランス語学習用カレンダーのレビュー。
  3. 『星の王子さま』~お役立ちリンク集

関連記事

  1. スマーフ

    時事ニュース

    スマーフたちと失われた村(2017年アニメーション映画)の紹介

    フランスの子ども新聞、1jour1actuの記事からスマーフの新しいア…

  2. ユニオンジャック

    時事ニュース

    イギリス王室の王女さまの名前はシャーロット・エリザベス・ダイアナに決定

    イギリスのウィリアム王子と奥さんのキャサリン妃(ケイト)の第2子の名前…

  3. 紫

    時事ニュース

    プリンス、57才で亡くなる。死因は不明

    2016年4月21日に、突然アーティストのプリンス(1958-2016…

  4. 新聞を読む

    時事ニュース

    シャルリ・エブド最新号の発売、すぐに売り切れ

    テロの襲撃にあったシャルリ・エブドの最新号が、14日に発売され、すぐに…

  5. ごみ箱

    時事ニュース

    地球温暖化防止のために個人ができることとは?

    現在、パリではCOP21が行われています。1jour1actuという子…

  6. 兵士

    時事ニュース

    米韓合同軍事演習に強く反発する北朝鮮

    韓国で行われている米韓合同軍事演習のニュースをご紹介します。タ…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサーリンク



新しく書いた記事です。

  1. ノルマンディーのカマンベールチーズができるまで。
  2. ココ・シャネルの好きだった花、カメリア。
  3. Mから始まる女の子の名前:かわいいフランス語(145)。
  4. フランスの首相は何をやる人なの?
  5. いつもと違う2020年の音楽祭。
  6. フランスのチーズの上手な切り方。
  7. プロヴァンス産のラベンダーのはちみつ
  8. ベルギーの有名な漫画、Le Chat(猫)はどうやって誕生し…
  9. アダマ・トラオレ(黒人青年)の死に対する抗議デモ。
  10. イル・フロッタントの作り方:フランスのお菓子41

更新情報をメールで配信中

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらからどうぞ

封筒
⇒お問い合わせフォームへ


お気軽に^^

☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

フランス語の勉強法とか

  1. 星の王子さまの本
  2. 日めくりとpen
  3. 黒板

アーカイブ

PAGE TOP