パリ10区の区役所

フランスにまつわるあれこれ

フランスの大統領選挙 後編~「虎と小鳥のフランス日記」第50話

虎と小鳥のフランス日記」のバック・ナンバーも週1本ずつ復習しています。きょうは第50話。

先週の続きで、2012年に行われたフランスの大統領選挙の決選投票が行われた2012年5月6日の様子です。

サンプルビデオがありますのでごらんください。
発話は入っていません。

★2015/01/24追記
「虎と小鳥のフランス日記」の配信が終了したため、サンプル動画も削除されました。あしからずご了承ください。

ここは、アントワーヌ(動画を撮影している人)の近所の区役所です。とても古い建物ですね。



第50話のキーフレーズ

それでは、3つのキーフレーズをご紹介します。

今回は、アントワーヌと選挙会場の会長(président)や秘書(secrétaire)、投票に来た人との会話でした。聞き取りはかなり難しいです。

その1 開票は何時から?

アントワーヌ:開票は何時に始まりますか?

選挙会場

Le dépouillement commence à quelle heure ?

その2 そう思います

8時にしまる投票会場を聞かれて
会長:そうですね。たしか、パリ、リヨン、マルセイユ、それから他にもあったと思います。

選挙会場

Donc, bien sûr, Paris, Lyon, Marseille, mai également…j’crois qu’y a d’autres villes.

その3 どうぞ、どうぞ

投票に来たおばあさんに投票を促して、
会長:どうぞ

選挙会場

Allez-y.

第1回の選挙のエピソードはこちら⇒フランスの大統領選挙 前編「虎と小鳥のフランス日記」第49話

キーフレーズをちょっと解説

今回の動画には、投票会場のばたばたの中(それほど忙しそうにも見えませんでしたが)でやりとりされる口語がおさめられています。

開票

Le dépouillement commence à quelle heure ?
開票は選挙につきものです。この単語を知らなくても、新聞などでは前後の文脈から意味がわかるかもしれませんが、一応覚えておきましょう。

dépouillement 開票
dépouillement de votes 開票
Le dépouillement du scrutin est effectué en public.
開票は公開で行われる
Le dépouillement du scrutin [des votes] se fera dàs demain matin.
投票の開票はあすの朝から行われることになっている。

☆選挙関連用語はこちらにまとめています。
選挙用語

口語独特の表現

j’crois qu’y a d’autres villes.
口語で速く話しているため、母音が落ちています。
きっちり書くと

je crois qu’il y a d’autres villes.
ほかの都市もあると思います。

croire (主観的に)思う。



きょうの豆知識:投票所の閉まる時間

フランスの大都市(パリ、リヨン、マルセイユなど)は選挙会場が午後8時に閉まります。それ以外の場所は基本的に6時となっていますが、中規模の都市では7時に閉まるところもあります。

ばらばらですね。

なので、8時に閉まって、8時から開票が始まるのに、先に閉まった会場の投票結果を見て、オランドの支持者は喜んでいました。

ソルフェリーノ通り

2人の決選投票なので、8時の段階でよほど得票が近くない限り、逆転劇はないのです。

ソルフェリーノ駅のすぐそばには社会党の本部があります。支持者はそこから、バスティーユ広場へ向います。

バスティーユ広場

バスティーユ広場はフランス革命の出発点となった場所で、何かあると社会党を支持する人たちがここに集まっています。

オランド大統領が当選して演説をしたのもここです。

バスティーユ広場についてはこちらにも書いています⇒映画『マリー・アントワネットに別れをつげて』予告編のフランス語~後編

2017年の大統領選挙の話題はこちら⇒エマニュエル・マクロンが新大統領に:2017年フランス大統領選挙終了。

この日、社会党のオランド大統領の勝利が決まって、支持者はとても盛り上がっていました。いかにもフランスらしいですね。

第49話、第50話の解説では、フランスにとって大きな節目であったこの選挙やフランスの政治に関して、興味深い話を聞くことができます。

バック・ナンバーを手に入れる機会がありましたら、ぜひ一度聞いてみてください。






ピックアップ記事

  1. 『星の王子さま』~お役立ちリンク集
  2. ぜんぶ無料:あなたのフランス語学習に役立つサイト16選
  3. 2019年版、フランス語と英語が勉強できるカレンダーの紹介。

関連記事

  1. カミーユ@北ホテル

    虎と小鳥のフランス日記

    パリの「北ホテル」でランチ「虎と小鳥のフランス日記」第126話

    今週の「虎と小鳥のフランス日記」第126話はは久しぶりにレストランが舞…

  2. モンマルトル

    虎と小鳥のフランス日記

    モンマルトルの裏通り~「虎と小鳥のフランス日記」第168話

    「虎と小鳥のフランス日記」第168話を見ました。今回は、モンマルトルの…

  3. ビッグ・バス・パリ

    虎と小鳥のフランス日記

    ビッグ・バス・パリでパリ散策~「虎と小鳥のフランス日記」第152話

    虎と小鳥、最新号、第152話の紹介です。このエピソードは、久しぶりに、…

  4. 新年の挨拶~カミーユ

    虎と小鳥のフランス日記

    年末年始の単語~番外編「虎と小鳥の新年のご挨拶」

    私が受講している、虎と小鳥のフランス日記を作っている2人、カミーユとア…

  5. サンマルタン運河のカミーユ

    虎と小鳥のフランス日記

    カミーユとアントワーヌのパリ再発見~「虎と小鳥のフランス日記」第140話

    「虎と小鳥のフランス日記」最新エピソード、第140話の受講メモです。…

  6. ヴェルサイユ宮殿の庭園

    フランスにまつわるあれこれ

    造園家・アンドレ・ル・ノートル生誕400周年

    2013年はアンドレ・ル・ノートルというフランスの著名な造園家の生誕4…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね♪

CTL+D でお気に入りに登録。

Feedlyで確実に更新をチェックしよう。

follow us in feedly

更新情報をメールで配信中

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

新しく書いた記事です。

  1. アクサン・シルコンフレックスになじんで語彙を増やそう。
  2. なぜ、フランスでは7月14日が祝日なのか?
  3. オ・ボヌール・デ・ダム、デパートの発明:予告編のフランス語
  4. フランスの猛暑(2019年6月)のニュース
  5. Le pouvoir des fleurs(花のちから)ロラ…
  6. いやし、リラックスに関する言葉:かわいいフランス語教えます(…
  7. おとぎ話に出てくる言葉(その2):かわいいフランス語教えます…
  8. フランスの試験、バック(バカロレア)とは何か?
  9. フェット・ド・ラ・ミュジーク(音楽祭)の起源
  10. 黒い森のさくらんぼケーキの簡単レシピ:フランスのお菓子34

おすすめ記事いろいろ

  1. どうして第二次世界大戦が起きたのか?(子供むけの簡単な説明)…
  2. パトリック・ブリュエルのShe’s Gone(彼…
  3. アントワーヌとコレット~入門日記第25回
  4. 美しいフランス語の歌詞にするための3つの工夫~『不思議の国の…
  5. スワッガー(Swagger):予告編のフランス語
  6. 2014年春夏ファッションのトレンドその5~ヒッピー・シック…
  7. 歌と訳詞:プレヴェールに捧ぐ~セルジュ・ゲンズブール 前編
  8. 柔らかいもの:かわいいフランス語教えます(121)
  9. かわいいフランス語、教えます~その3野菜篇
  10. 歌と訳詞:『水夫、友だち、恋人、または夫』 Marins, …

おすすめのまとめ記事

  1. 動画教材『不思議の国のFrance』関連記事の 目次
  2. 翻訳者養成講座関連記事の目次
  3. 歌の訳詞を書いている記事の目次~その3
  4. かわいいフランス語、教えます~目次 その3
  5. ラジオ講座「まいにちフランス語」関連記事の目次~その1(概要…
  6. ファッション、モード、おしゃれに関する記事の目次(4)
  7. バレンタインデーとチョコレート関連記事の目次
  8. 2013年4月開講のNHKのラジオ講座のラインナップ
  9. 『タイトルのフランス語』の記事の目次
  10. 『不思議の国のFrance』関連記事の 目次その2

フランス語の勉強法とか

  1. 黒板
  2. 星の王子さまの本
  3. フランス語の日めくり

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらからどうぞ

封筒
⇒お問い合わせフォームへ


お気軽に^^

☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

アーカイブ

PAGE TOP