リンゴの花

フランスの暦、年中行事

歌と訳詞:『春は歌うよ』クロード・フランソワ その1

今月はクロード・フランソワ(1939年-1978年)の春の喜びを歌ったポップスをご紹介します。

タイトルは Y’a le printemps qui chante

春が歌っている、という感じです。



春は歌うよ

では、まず歌をお聴きください。

1972年のヒット曲です。
3分40秒

いい曲ですね。遙かなる70年代のポップスです。

歌詞はこちらです⇒Paroles Y A Le Printemps Qui Chante – Claude François

同じ春を歌っていますが、歌と訳詞:3月の水~ジョルジュ・ムスタキにくらべるととても歌詞が簡単です。

テンポもゆったりしているし、クロクロ(クロード・フランソワの愛称)はきっちり発音しているので聞き取りやすいと思います。

きょうは最初の2フレーズ、訳してみます。一番最初のかたまりだけオリジナルの歌詞を引用します。動画では1分37秒あたりまでのところです。

では、和訳です。

Y’a le printemps qui chante
春は歌うよ

Dis, ça fait combien de temps
Que tu n´as pas vu un peuplier
Une fleur des champs?
Si tu as quelques chagrins
Pour les oublier il y a toujours une gare, un train
Change de ciel, viens voir la terre,
Voir le soleil et les rivières

ねえ、どのぐらいたつかな
君がポプラを見なくなって
野の花は?
もし、なんだか悲しいのなら
忘れろよ。だっていつも駅や、汽車がある。
場所を変えて、こっちに来て、
地面や、太陽の光や、川を見てごらん

家においで、春が歌っているよ
家においで、鳥たちはみんな君を待っている
リンゴの木は花ざかり
わくわくするね
泣いてる君、
街にいちゃだめだ
家においで、春が歌っているよ
家においで、鳥たちはみんな君を待っている
大きな青い池の隣で
そして田舎の道の上で
僕たちは二人きりで進む、われを忘れて*

単語メモ

le printemps 春
春についてさらに詳しく⇒春(季節の単語)~フランス語の暦(1)

peuplier ポプラ

ポプラの木

Peuplier – Wikipédiaより
taken by Père Igor

changer de ciel 空を変える→場所を変える、と訳しました。

pommier リンゴの木 ← pomme りんご
これはドイツで撮影されたもの

リンゴの木

Pommier – Wikipédiaより
taken by Jean-Marc Pascolo

bercer 揺する、揺すってあやす;なごませる、心地良くする
bercer 激しくシェイクするのではなく、静かにゆったりゆする感じです。

Les vagues berçaient le canot.
波が小舟を揺すっていた。

berceuse 子守唄、ロッキングチェア

êter en pleurs 泣いている

creux, creuse 空洞の、くぼんだ
chemin creux は(土手や垣根で)両側が切り立った道。

こんな感じの田舎の道です。

田舎道

これはGovilleという人の絵(1830)

最後の oublier ce rêve facile は
直訳すると「この単純な夢を忘れながら」
なのですが、実はこの夢が何なのか今ひとつわからなかったです。

まわりの様子を忘れて、ということなのかなぁ?

「春は歌うよ」その2はこちら⇒歌と訳詞:『春は歌うよ』クロード・フランソワ その2(終)

クロード・フランソワのプロフィール

クロード・フランソワは1939年エジプト生まれ。お父さんはスエズ運河で働いていました。1956年のスエズ危機(第二次中東戦争)をきっかけに、一家はモナコに移ります。

そこで、お父さんが病気になり働けなかったため、クロードは銀行で働くかたわら、夜、クラブやホテルなどでドラムをたたき始め、そのうち歌うようになります。

その後パリに出て、さらに積極的に音楽活動を始め、まあいろいろありまして、60年代はじめにデビュー。

当時はアメリカのロックン・ロールがフランスを席巻していたので、クロクロもはじめはロックン・ロールのカバーを歌っていました。70年代はディスコ・ミュージックが多いかな。

日本で一番有名なのはシナトラの’My Way’のオリジナルの「いつものように(Comme d’habitude)」です。

クロクロはひじょうにプロフェッショナルな人として有名です。でも、いろんな事業に手を出して借金もたくさんありました。

1978年、39歳のとき、事故で亡くなりました。

これはよく知られているんですが、パリの自分のアパートでお風呂に入っていたとき、電球の一つが半分消えかかってたのかどうかしりませんが、とにかく、まともじゃなかったので、お風呂に入ったまま直そうとして感電死したのです。

これが一応公式に説明されている死因です。



日本ではクロクロのレコードが発売されていない?

Y’a le printemps qui chanteの邦題を探しているとき思ったのですが、クロード・フランソワのアルバムはいまだに日本では発売されてないみたいですね。

なんかびっくりです。

彼は1960年代~70年代のフランスのスーパースターです。

クロード・フランソワのファンであるらしいサエキけんぞう氏のプロデュースしたトリビュートアルバムにこの曲が入っていたので、今回はその邦題を使いました。

以前も紹介したことがあるのですが、このアルバムです。
    

日本では、不思議なことになぜかレコードが出なかったんですね。だからあんまり知名度はないです。

追記:2013年夏、彼の生涯が映画化され、ベスト・アルバムが発売されました。

Wikipediaによるとフランス人が選ぶクロクロの曲、ベスト5は以下のとおり。

1位 Belles, Belles, Belles

2位 Comme d’habitude:「いつものように/マイ・ウェイ」⇒クロード・フランソワの代表曲、いつものように/ マイウエイ(コム・ダビチュード)の訳詞。

3位 Alexandrie Alexandra :「アレキサンドリ・アレキサンドラ」⇒アレクサンドリ・アレクサンドラ~クロード・フランソワ(歌と訳詞) 映画の話題も書いています。

4位 Cette annee-la:「あのとき」

5位 Le lundi au soleil:「陽のあたる月曜日」⇒クロード・フランソワ、「陽のあたる月曜日」の訳詞

順番に訳していきますね^^






関連記事

  1. 黄昏

    フレンチポップスの訳詞

    オール・オーヴァー・ザ・ワールド:フランソワーズ・アルディ(訳詞)

    フランソワーズ・アルディが1964年に発表したアルバム、Mon ami…

  2. カレンダー

    フランスの暦、年中行事

    月(季節の単語)~フランス語の暦(5)

    フランス語の基本的な単語を学ぶフランス語初心者シリーズ。「暦」に関する…

  3. パリのイースター

    フランスの暦、年中行事

    パック(イースター)2014年~「虎と小鳥のフランス日記」第149話

    今週の「虎と小鳥」は、イースターの話題です。イースターは復活祭。…

  4. スズラン

    フランスの暦、年中行事

    すずらんの咲く頃・ダニエル・ダリュー、歌と訳詞。

    フランスでは5月1日はスズランの日( La Fête du Mugue…

  5. 凱旋門
  6. クリスマス

    フレンチポップスの訳詞

    『クリスマスの12日』で数字の復習:歌と訳詞

    フランス語の初心者でも楽しめる、数字を学ぶシリース、番外編。今回は、数…

コメント

    • macopi
    • 2014年 4月 26日

    初めまして。クロード・フランソワはとても好きな歌手でした。あの独特の声。一番好きな曲はChanson Populaire なので、ベスト5を見て意外でした。本国ではロック調の曲が人気なのですね。
    ところで、クロード・フランソワは1977~78に日本で2枚アルバムが発売されています。ベスト盤が1枚。全曲英訳のベスト盤が1枚。英語盤が出た直後に事故死してしまい、泣いて悲しんだものです。
    最近初めてyoutubeで歌う姿を見て、ライナーノーツの「派手なステージ」の意味が分かりました。当時これを見ていたら、あそこまで好きになったかどうか・・・。

      • フランス語愛好家
      • 2014年 4月 26日

      macopiさん、はじめまして。
      クロード・フランソワの長年のファンでいらっしゃるのですね。

      日本でいきなりベスト盤を発売していたのですね。
      知りませんでした。77~78年って、私、パンクロックを聞いていましたので。

      Chanson Populaire聞くとなんだかABBAの曲みたいだな~といつも思います。
      70年代はグラムロックもあったし、こういう派手系が時代に求められていたのかも。

      コメント、ありがとうございました。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね♪

CTL+D でお気に入りに登録。

Feedlyで確実に更新をチェックしよう。

follow us in feedly

更新情報をメールで配信中

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

おすすめ記事いろいろ

  1. かわいいフランス語、教えます~その12 花の名前
  2. ハロウィン・コスチュームのアイデア その3(終)~ディズニー…
  3. パリの同時多発テロ:何が起きたのか理解するために
  4. 原爆投下から70年、広島の平和祈念式典のニュース~2度と繰り…
  5. 概数(がいすう)とは?~フランス語の数字【第48回】
  6. 誰もいない城~masausa、penのおまけコーナー【第2回…
  7. 『サラの鍵』(2)~映画の予告編のフランス語
  8. マルディグラ(カーニバル)の起源とお祝いの仕方。
  9. エマニュエル・マクロンとマリーヌ・ル・ペンが決選投票へ(20…
  10. モンマルトルにある名所を簡単に説明する便利なフランス語

新しく書いた記事です。

  1. 犬の名前、特に短い名前(2音節)特集:かわいいフランス語教え…
  2. 8月13日は左利きの日。なぜ左利きの人がいるのか?
  3. 家庭で作る簡単アイスクリーム4種:フランスのお菓子(26)
  4. シャーベットができるまで。カルカソンヌのアイスクリーム工場ル…
  5. 趣味に関する単語:かわいいフランス語教えます(117)
  6. パリのエッフェル塔の楽しみ方。
  7. フリーダ・ボッカラ、Cent mille chansons …
  8. 第二次世界大戦で起きた奇跡の救出作戦、「ダンケルクの戦い」と…
  9. アラン・ドロンのダーバンのCMでフランス語を学ぶ。
  10. エモーティコン(絵文字)は言葉の世界を変えるか?

おすすめのまとめ記事

  1. ラジオ講座「まいにちフランス語」関連記事の目次~その2(1課…
  2. 2013年4月開講のNHKのラジオ講座のラインナップ
  3. ファッション、モード、おしゃれに関する記事の目次(3)
  4. 「虎と小鳥のフランス日記」vol.2 第26話~50話
  5. 『百合のFranceウォッチング』~目次 その2(L26~L…
  6. フランス語のニュースの記事のまとめ(4)
  7. 『ベルサイユのバラ』新作その2が週刊マーガレット第22号(1…
  8. 歌の訳詞を書いている記事の目次~その2
  9. かわいいフランス語、教えます~目次 その3
  10. かわいいフランス語、教えます~目次 その2

フランス語の勉強法とか

  1. 黒板
  2. ペンディクテ中
  3. penのイラスト
  4. 黒板
  5. 星の王子さまの本

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらからどうぞ

封筒
⇒お問い合わせフォームへ


お気軽に^^

☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

アーカイブ

  1. レバノン料理

    虎と小鳥のフランス日記

    パリで一番おいしいレバノン料理レストラン
  2. 水平線

    フランスの暦、年中行事

    歌と訳詞:3月の水~ジョルジュ・ムスタキ その3
  3. パリ

    虎と小鳥のフランス日記

    フランスの大統領選挙 前編「虎と小鳥のフランス日記」第49話
  4. バースデーケーキ

    数字

    フランス語の数字【第18回】~16(セーズ)
  5. ファッショナブルな男性

    フランス語を読む練習

    アラン・ドロンのダーバンのCMでフランス語を学ぶ。
PAGE TOP