脳に汗かくpen

フランス語入門日記

暗記するためパタパタシートをパタパタさせてはみたものの・・・入門日記第6回

ラジオ講座の内容を覚えるために作っていたパタパタシートをご紹介します。

ラジオ講座はテキストにメモを書きながら聞いていましたが、復習用としてパタパタシートなるものを作っていたのです。



パタパタシートって何?

暗記するために何かいい方法はないかと探していたとき、たまたまネットで目にしたのがパタパタシートです。

このシートは紙1枚を3回折って作ります。そうすると8面できます。ひとつのテーマに2面あてます。2面のうち1面に問題などを書き、パタっとめくるともう1面に書いた答えが見える、というものです。

わたしのパタパタシート↓
パタパタシート

こんな説明ではわからないでしょうね。

考案者の方のビデオがあるのでごらん下さい。

7分38秒
英文暗記ツール「パタパタシート」の作り方

パタパタシートを導入しようと思った理由

私がこのシートを作ってみようと思った理由は三つあります。

1.ものすごくアナログだから。

2.ほとんどコストがかからず手軽に作れるから。

3.効果があると思ったから。

ひとつずつ説明していきますね。

1.アナログがいい

1.私はもともとアナログ人間でアナログな物が好きなんです。時計もアナログ派です。

今、デジタル機器を駆使して学習の工夫をされてる方が多いですよね。

自分がやってないからその実態は知りませんが、スマートフォンのアプリケーションや、エバーノート、エクセルなどで暗記ものをまとめている方も多いと思います。

が、私はそういうのは苦手で、手書きが好きなのです。

アナログっていいですよ。デジタル機器は電気が切れたり、電池が切れたら突然止まってしまいます。

その点アナログなものは、少しずつ朽ち果ててゆきます。この感じが特に好きです。

2.そのへんの紙を有効活用できる

2.このシートは紙の一面だけあればできます。うちには、子どもの学校のお知らせやらなんやら、片面だけ印刷した紙がたくさんあり、何か有効に使える方法はないかと常々思っていました。

パタパタシートを作れば、そういった紙を再利用できると思ったのです。

何も準備せず、すぐに取りかかれる手軽さが魅力でした。

3.暗記できそうな気がした

3.パタパタシートを使う覚え方は「カードの表を見て答えを思い浮かべ、カードをめくって裏を見て確認する」というフラッシュカード方式と同じです。

これってけっこう効果あるんです。フラッシュカードはばらけますが、パタパタシートは薄いですし、1枚にたくさんの項目を入れることができるので、携帯に便利です。



パタパタシートが続かなかった理由

これは、いいかも!」と思った私はA4の紙1枚にラジオ講座1課分の要点や、覚えたいことをまとめ、復習できるようにしました。

こんな感じ

パタパタシート

しかし10課の途中まで書いて挫折しました。

挫折した原因を以下のとおり。

1.シートに書く向きを何度も間違えて疲れた。

2.ラジオ講座の内容がどんどん難しくなっていった。

3.自分で自分の字が読めないことがよくあった。

4.パタパタさせたけど、思ったほど頭に入らなかった。

こちらもひとつずつ説明していきます。

1.私には作成が困難

1.パタパタシートはめくったときに、うまく答えが見られるように独特の書き方をします。

1つの項目の問題と答えは上半分か下半分の四面の対角線上にくる場所に、向きを逆にして書かなければなりません。

私はぼ~っとしているので、何度も書く場所と向きを間違え、そのたびに書き直していました。

これは人間の脳の働きに対してNGの書き方ではないのかと思いました。

自分のアホさを呪いつ、スキットの例文や、部分冠詞がどうしたこうしたと書いていました。

そのうち、この作業がものすごくめんどうになったのです。

2.ラジオ講座の進度についていけない

「サトシのナント留学記」は内容が濃く、進度もとても早かったです。

講座はどんどん難しくなり、だんだん1枚の紙にうまくまとめられなくなってきました。字もすごく小さく書く必要がありました。そしてその字なんですが・・・

3.自分の字が読めない

私、もともとあまり字がきれいではないのです。

パタパタシートを作るときはできるだけ丁寧に書いていましたが、それでもたまに読めないことがあり、確認のため、テキストを引っ張りだす必要が生じました。

4.思ったほど覚えられない

4.これは2の理由に関連しています。一面にわりあいたくさん内容を盛り込んだせいか、パタっとさせても、目当ての答えにさっとたどりつけませんでした。

要するに、なんやかんやで作るのがめんどくさくなってきました。

☆入門日記第7回はこちらから⇒トリュフォー監督のお世話になることを決意

発見したときはすばらしい学習ツールに見えたパタパタシート。

はりきって作り始めたものの、10課のまとめの途中で、パタっとやめてしまったのです。






ピックアップ記事

  1. 『星の王子さま』~お役立ちリンク集
  2. ぜんぶ無料:あなたのフランス語学習に役立つサイト16選
  3. 2018年版、フランス語と英語の勉強用カレンダーのご紹介。

関連記事

  1. フランス語勉強中

    フランス語入門日記

    フランス語の人称代名詞(le,la,lesとか)に混乱していたころ~入門日記第29回

    フランス語の独学を始めた頃の日記を紹介します。今も昔も独学派で、最…

  2. end credit

    フランス語入門日記

    英語読みが止まらない~入門日記第16回

    不定期でご紹介している入門日記第16回です。入門日記は私がフランス語を…

  3. ポッドキャストを聞くpen

    フランス語入門日記

    ポッドキャストで書き取りの練習を始めた頃~入門日記第17回

    フランス語を始めたばかりの頃の地味な日記をご紹介するシリーズ、第17回…

  4. ペン 勉強中

    フランス語入門日記

    フランス語を始めて二ヶ月半たったころ~入門日記第13回

    フランス語を始めたばかりの頃の日記のご紹介です。私の初めてのフ…

  5. オンラインで学習中

    フランス語入門日記

    フランス語を始めて三ヶ月ごろ~入門日記第15回

    不定期で連載しているフランス語の独学を始めた頃の日記シリーズ。…

  6. 辞書とpen

    フランス語入門日記

    ついにプチ・ロワイヤル仏和辞書を買う~入門日記第19回

    独学でフランス語を始めたころの日記を紹介しています。ラジオ講座…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね♪

CTL+D でお気に入りに登録。

Feedlyで確実に更新をチェックしよう。

follow us in feedly

更新情報をメールで配信中

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

新しく書いた記事です。

  1. フランス語で知るハロウインの由来。
  2. ダンスに関係のある単語:かわいいフランス語(129)
  3. 伝説の歌手、シャルル・アズナブール、94歳で亡くなる。
  4. 私のおかしな人生についての歌(Chanson sur ma …
  5. シャネルを物語る5つの色(後編)
  6. 猛暑をフランス語でなんと言う?
  7. 新学期に関する言葉:かわいいフランス語(128)
  8. [連絡]ご質問いただいた、めいさんへ
  9. もう森へなんか行かない(フランソワーズ・アルディ):歌と訳詞…
  10. シャネルを物語る5つの色(前編)

おすすめ記事いろいろ

  1. L47 ブルターニュ名物~海の幸、ゲランドの塩、ガレットブ…
  2. アメリカ合衆国の就任式で行われること。トランプ大統領の就任に…
  3. 歌と訳詞:プレヴェールに捧ぐ~セルジュ・ゲンズブール 後編
  4. フランス語の数字【第12回】1(アン)~10(ディス)の復習…
  5. かわいいフランス語教えます~その39 音楽~楽曲
  6. なぜイースターにウサギが出てくるのか?
  7. フランス語のことわざ53~涙ほど速く乾くものはない
  8. フランス語のことわざ57~木はしばしば森を隠す(木を見て森を…
  9. アニメ「星の王子さまと私」予告編のフランス語・後編
  10. サンデー・ガール:ブロンディ(フランス語バージョン)

おすすめのまとめ記事

  1. ファッション、モード、おしゃれに関する記事の目次(3)
  2. ハロウィン関連記事の目次
  3. フランス語の名言の記事の目次
  4. 『百合のFranceウォッチング』~目次 その3(L51~L…
  5. フレンチポップスの訳詞をしている記事のまとめ:その5
  6. ファッション、モード、おしゃれに関する記事の目次(4)
  7. フランス映画の予告編の記事のまとめ
  8. 『タイトルのフランス語』の記事の目次
  9. 歌の訳詞を書いている記事の目次~その1
  10. ニュースの記事のまとめ(1)

フランス語の勉強法とか

  1. 星の王子さまの本
  2. 黒板
  3. 2018年フランス語日めくりカレンダー

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらからどうぞ

封筒
⇒お問い合わせフォームへ


お気軽に^^

☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

アーカイブ

PAGE TOP