pen勉強中

フランス語入門日記

トリュフォー監督のお世話になることを決意~入門日記第7回

フランス語を始めて二ヶ月ほどたったある日の日記をご紹介します。

ラジオ講座のストリーミング放送を聞き、BBCと東京外国語大学のサイトを見て、パタパタシートをパタパタさせながら独学していたある日、私は大好きなトリュフォー監督の映画のタイトルを辞書で調べて語彙を増やすことを思いつきました。

以下が当時の日記です。

注意:おもしろくありません。



フランス語を始めて2ヶ月後のある日の日記

2009年6月1日

今の私の語彙数は30ぐらいだろうか。いやそんなにないかもしれない。テキストに出てくる単語はどれも「これは知っていなければ、先に進めないじゃん」といったとても基本的な語彙ばかりだ。

スキットの中の文章はともかく、文法事項確認のための例文や、出てくる単語は何の文脈もないし、退屈なので覚えられそうにない。

何か自分の興味のある素材で語彙をふやすことを思いつき、映画のタイトルを使うことにした。私は最近はろくに見てないけれど、もともとは映画好きである。

週に一回の頻度で、トリュフォーの映画のタイトルを一つずつ見て語彙を覚えていこうと思う。そのために、まず彼のフィルモグラフィーがのっているサイトを探したが、英語のサイトならIMDBなどがあるのだが、フランス語のものがうまく見つけられない。

ちょっと探してこちらのサイト(もうこのサイトはなくなってしまったのでURLは割愛します)のフィルモグラフィーを利用させてもらうことにした。

このサイトはファンの方のものだろうか。トリュフォーについていろんなデータが集められているようだ。ときどき写真もあるので見ていて楽しい。

まずトリュフォーの名前だが、François Truffaut。フランソワ。Françoisの発音だが、anはアン*(鼻母音)、çはセデューユのついたcでスと発音。oiはワ*。最後のsは読まない。

姓のTruffautでは、uはウじゃなくて、ユ。auはオと発音。最後のtは読まない。

ちなみに、フランソワにeがつくと、フランソワーズという発音になる。Françoise Hardyという有名な女性歌手がいるが、女性の名前だと語尾にeがつくようだ。Hardyのhは読まないからアルディとなる。とまあ、今はこのようにひじょうに基本的なことを学んでいるのである。

・・・・長いのできょうはここまでにします。



補足:トリュフォー監督についてちょっとだけ

*anはオンと書いたほうが近い気がします。
*oiこれもオワと書くべきかもしれません。

トリュフォー(1932-1984)はフランスの有名な映画監督です。ヌーベル・ヴァーグの旗手と言われています。

フランソワ・トリュフォー

写真はFrançois Truffaut – Wikipedia, the free encyclopediaからお借りしました。
1982年4月13日撮影の写真です。
亡くなる半年前ですね。
そして、偶然にも今からちょうど31年前の写真となります。

トリュフォーのことはこちらの記事で詳しく書いています⇒フランソワ・トリュフォー 没後30年記念イベント2つ

☆入門日記第8回はこちらから⇒トリュフォー監督の処女作は『ある訪問』

☆前回の記事はこちら⇒この記事はパタパタシートをパタパタさせてはみたものの・・・

☆入門日記の目次もあります⇒フランス語入門日記~目次を作りました

我ながらつまらない日記ですが、今年の4月1日からラジオ講座でフランス語を聞き始め、挫折しそうになっている方もいるやもしれないと思って記事にしてみました。

最初はこんなふうに学んだことをひとつひとつ確認しながら先に進んでいくしかない気がします。

私もはじめのうちは語彙が少なく、ラジオ講座のテキストの練習問題がよくわかりませんでした。

確か一番最初のレッスンに出てきたのはarbre(木)とéglise(教会)で、もちろん両方とも知りませんでした。とくにégliseは「こんな単語、重要なの?」などと不遜なことを思ったことを覚えています。

私にとって教会は無縁ですが、フランス語の世界にとっては重要なのです。というのもフランスはカソリックの国であり、égliseはカソリックの教会をさす最も一般的な単語だからです。

ちなみにプロテスタントの教会はtempleです。

この頃、私はまだ文法書もプチ・ロワイヤル仏和辞書を持っていなかったので、おもにラジオ講座のテキストとインターネットのリソースを使っていろいろ解読していました。

日記に出てきたトリュフォーのファンの方のサイトはとてもよくできていたのに、私が映画のタイトル読みを始めてほどなく消えてしまいました。

今あればもっと読めたのに・・・。






ピックアップ記事

  1. 2019年版、フランス語と英語が勉強できるカレンダーの紹介。
  2. 『星の王子さま』~お役立ちリンク集
  3. ぜんぶ無料:あなたのフランス語学習に役立つサイト16選

関連記事

  1. 炎

    フランス語入門日記

    突然炎のごとく(フランソワ・トリュフォー)~入門日記第23回

    入門日記のお時間です。このコーナーでは私が独学でフランス語の学…

  2. レコード・プレイヤー

    フランス語入門日記

    アントワーヌとコレット~入門日記第25回

    こんにちは。フランス語愛好家のpenです。きょうは、入門日記をお届…

  3. ポッドキャストを聞くpen

    フランス語入門日記

    ポッドキャストで書き取りの練習を始めた頃~入門日記第17回

    フランス語を始めたばかりの頃の地味な日記をご紹介するシリーズ、第17回…

  4. ABCの積み木

    フランス語入門日記

    フランス語を始めて二ヶ月たった頃~入門日記第2回

    フランス語を始めたばかりの頃の続きです。きょうはラジオ講座のストリーミ…

  5. ペン 勉強中

    フランス語入門日記

    フランス語を始めて二ヶ月半たったころ~入門日記第13回

    フランス語を始めたばかりの頃の日記のご紹介です。私の初めてのフ…

  6. 淡々と学習するpen

    フランス語入門日記

    フランス語入門日記~目次を作りました

    わたしがフランス語を始めた頃の日記を不定期で紹介していますが、数がたま…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね♪

CTL+D でお気に入りに登録。

Feedlyで確実に更新をチェックしよう。

follow us in feedly

更新情報をメールで配信中

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

新しく書いた記事です。

  1. 連絡:お問い合わせいただいたプッゼさん、返信メールが戻ってき…
  2. 2019年版、フランス語と英語が勉強できるカレンダーの紹介。…
  3. クリスマスはいくつ?(Combien de Noëls ):…
  4. ドラマ、Dix pour cent (10パーセント)の予告…
  5. フランス語で知るハロウインの由来。
  6. ダンスに関係のある単語:かわいいフランス語(129)
  7. 伝説の歌手、シャルル・アズナブール、94歳で亡くなる。
  8. 私のおかしな人生についての歌(Chanson sur ma …
  9. シャネルを物語る5つの色(後編)
  10. 猛暑をフランス語でなんと言う?

おすすめ記事いろいろ

  1. そのタイトル、フランス語では何という?『白雪姫』第1回
  2. 「まいにちフランス語」47:L69 時制照応 (じせいしょう…
  3. 続・春をイメージさせる言葉:かわいいフランス語教えます(12…
  4. 花言葉【第6回】かわいいフランス語教えます~その21
  5. フランス語でジャムは何という?【第25回】
  6. 混乱しがちな plus の発音:プリュとプリュスの使い分け
  7. 1週間の言い方、曜日の復習:フランス語の暦(18)
  8. ポジティブな意味の抽象名詞:しなやかさと寛容と~かわいいフラ…
  9. ダムブランシュ、食べたい?:フランス語のCM
  10. 3月の水~ジョルジュ・ムスタキ その1(歌と訳詞)

おすすめのまとめ記事

  1. 『百合のFranceウォッチング』~目次 その2(L26~L…
  2. ファッション、モード、おしゃれに関する記事の目次(5)
  3. 「虎と小鳥のフランス日記」vol.4 第76話~第100話
  4. フランス語のニュースの記事のまとめ(3)
  5. 2013年4月開講のNHKのラジオ講座のラインナップ
  6. フランス語のことわざ~目次 その1
  7. フランス語のニュースの記事のまとめ(4)
  8. 『タイトルのフランス語』の記事の目次
  9. ラジオ講座「まいにちフランス語」関連記事の目次~その2(1課…
  10. 『百合のFranceウォッチング』~目次 その1(L1~25…

フランス語の勉強法とか

  1. フランス語の日めくり
  2. 星の王子さまの本
  3. 黒板

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらからどうぞ

封筒
⇒お問い合わせフォームへ


お気軽に^^

☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

アーカイブ

PAGE TOP