春の花

フランス語の語彙

春(季節の単語)~フランス語の暦(1)

今週からしばらく、フランス語の暦に関係のある単語をチェックします。

ずっとフランス語の数字を見てきましたが、ひととおり終わりました。日常生活に出てくる数字(日付、時間、単位つきのものなど)を学習する前に、時や日付とセットで出てくることが多い暦に出てくる言葉を学習したいと思います。

暦の単語、今回は「」です。



フランス語の「春」

春  le printemps
春に au printemps (au =à le の縮約)
春の printanier, printanière

季節はすべて男性名詞です。

printemps の 語源はラテン語のprimus tempus
primus は「第1の」の男性形
tempus は 時 です。

つまり1番目の時。季節の始まりは「春」というわけです。「プランタン」はデパートの名前にもなっていますね。

フランスでは春は春分(l’équinoxe de printemps)に始まると考えられています。つまり、3月の20日(か21日)に始まり、6月の21日(か22日)に終わります。

☆printemps の発音

printemps の出てくる例文

C’est le printemps. 春だ。青春だな。

Une hirondelle ne fait pas le printemps. 1羽のつばめでは春が来ない⇒一事で万事を計ってはいけない。【ことわざ】

les semailles de printemps 春の種まき

printemps tardif ⇔ printemps précoce
遅まきの春 ⇔ 早春

lieu de printemps éternel 常春の地

nouvelle collection de printemps
春の新作コレクション

le premier vent fort du printemps
春一番

Les bourgeons des arbres s’ouvrent au printemps.
木々は春に芽吹く。

Au printemps, les cerisiers sont en fleur.
春には桜の木々が花をつけます。

Cette année, je voyagerai en Europe au printemps.
今年は春にヨーロッパへ旅行するつもり。

Elle est bien printanière dans cette tenue.
(話)彼女はいかにも春らしい服装だ。

Cette année, le printemps est tardif.
今年は春が遅い。

関連動画:四季の単語 発音確認用

四季は les 4 saisons = les quatre saisons

季節 saison という単語の語源は ラテン語のsatiio この言葉は、種をまく、という意味のserere の派生語です。「種をまく季節」というわけです。

歌:C’est le printemps アンリ・デス

printemps が歌詞に出てくる歌はたくさんあります。今回は、子どもむけの歌を歌っているアンリ・デスのC’est le printempsをご紹介します。

冒頭の歌詞

J’suis content
C’est l’printemps
Aujourd’hui j’ai rien à faire
Quelle aubaine
Turlutaine
Je marche le nez en l’air

うれしいな
春が来た
今日は、何もすることがない
なんという幸運
空気の匂いをかぎながら散歩するよ

※単語メモ
aubaine 思わぬ幸運
Quelle aubaine
これはもうけものだ、なんという幸運だ。

turlutaine 決まり文句、リフレイン

アンリ・デスについてはこちら⇒アンリ・デス:Avec les copains(友だちと一緒に)歌と訳詞



春に関連する記事のプチリンク集

これまで書いた「春」関連の歌や、記事を6ツリンクしておきます。

Le printemps(春)~ミシェル・フュガン:歌と訳詞

歌と訳詞:『春は歌うよ』クロード・フランソワ その1

春に関係のある言葉~かわいいフランス語、教えます(64)

日本の習慣、「お花見」をフランス語で説明する

パリでもお花見「虎と小鳥のフランス日記」第98話

2014年春夏のトレンド・カラー~その1

この続きはこちら⇒夏(季節の単語)~フランス語の暦(2)

「春を好きだ」という人は昔は多かったと思いますが、昨今は花粉症に悩む人が多く、春の人気がさがっているかもしれませんね。

長い冬が終わり、再生のイメージがある春は、人をポジティブにする季節です。






ピックアップ記事

  1. 『星の王子さま』~お役立ちリンク集
  2. ぜんぶ無料:あなたのフランス語学習に役立つサイト16選
  3. 2019年版、フランス語と英語が勉強できるカレンダーの紹介。

関連記事

  1. クレープ

    フランスのお菓子

    シャンドルールの起源~なぜクレープを食べるの? クレープのレシピつき

    2月2日はフランスでChandeleur(シャンドルール)と呼ばれる日…

  2. ハロウィン

    時事ニュース

    ハロウィンの仮装用、ニセの血の作り方。意外な材料を使います

    10月31日はハロウィンですね。仮装する人のために、うその血、ニセの血…

  3. システムD

    フランス語の語彙

    わたしの好きなフランス語~Système D(システム・デー)

    質問サイトなどで、たまに「可愛いフランス語を教えてほしい」という文句を…

  4. 花かご

    フランスの暦、年中行事

    祖母の日はいつで、どんなことをするのでしょうか?

    毎年3月の第1日曜日は、フランスでは「祖母の日(Fête des Gr…

  5. 冬景色

    フランスの暦、年中行事

    冬(季節の単語)~フランス語の暦(4)

    フランス語初心者シリーズ、暦編。今回は「冬」です。「冬」という単語…

  6. バレンタインデーのケーキ作り

    フランスの暦、年中行事

    【簡単レシピ】チョコレートチップクッキーの作り方~バレンタインデーに最適

    もうすぐバレンタインデーですね。本命の彼には、お高いチョコレートや、生…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね♪

CTL+D でお気に入りに登録。

Feedlyで確実に更新をチェックしよう。

follow us in feedly

更新情報をメールで配信中

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

新しく書いた記事です。

  1. スザンヌ:フランソワーズ・アルディ(歌と訳詞)
  2. 国際女性デーが生まれた背景。
  3. マルディグラ(カーニバル)の起源とお祝いの仕方(2019年版…
  4. なぜ日本は捕鯨をやめないのか?
  5. ファッション界の大物、カール・ラガーフェルド、85歳で亡くな…
  6. アラビア語由来の単語:かわいいフランス語(131)
  7. ポワソン・ルージュ(サン・プリヴァ)の歌と訳詩、映画「シンプ…
  8. 黄色いベスト運動の終結をめざし、マクロン大統領が国民討論会を…
  9. ラ・シャンドルール(聖燭祭でありクレープの日)ってどんな日?…
  10. 地球を守るために日常生活でできること。

おすすめ記事いろいろ

  1. 「まいにちフランス語」41:L63 強調構文
  2. ジェットラグ(Jet Lag)・シンプルプランのフランス語版…
  3. 想像上なら何でも可能だ:フランス語のことわざ23
  4. インタビューのフランス語を聞き取るコツとは?
  5. リ・オ・レ(ライスプディング)の作り方:フランスのお菓子(1…
  6. 時間の表現(4)~フランス語の数字【第57回】
  7. ステイシー・ケントの「3月の水」(歌と訳詞)
  8. フランス語のことわざ56~似た者は集まる(類は友を呼ぶ)
  9. 当選後のマクロン大統領の今後のスケジュール。
  10. 初心者向け:英語とフランス語の発音で大きく違う5つのポイント…

おすすめのまとめ記事

  1. 『タイトルのフランス語』の記事の目次
  2. ファッション、モード、おしゃれに関する記事の目次(1)
  3. 数字の記事のまとめ その2 19から1兆まで
  4. フランス語のことわざ~目次 その1
  5. 「虎と小鳥のフランス日記」vol.4 第76話~第100話
  6. フランス語のことわざ~目次 その2
  7. 『不思議の国のFrance』関連記事の 目次その2
  8. 「虎と小鳥のフランス日記」vol.2 第26話~50話
  9. フランス映画の予告編の記事のまとめ
  10. ラジオ講座「まいにちフランス語」関連記事の目次~その2(1課…

フランス語の勉強法とか

  1. フランス語の日めくり
  2. 黒板
  3. 星の王子さまの本

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらからどうぞ

封筒
⇒お問い合わせフォームへ


お気軽に^^

☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

アーカイブ

PAGE TOP