ルーブル美術館

フランスの暦、年中行事

ヨーロッパ文化遺産の日とはどんな日でしょうか?

毎年9月の第3週の週末は、フランスでは Les Journées du patrimoine(文化遺産の日)です。この週末は、ふだんは一般公開されていない、歴史的建造物が公開され、さまざまな関連イベントが行われます。

現在、ヨーロッパで同じことをする国がたくさんあるため、正式には、ヨーロッパ文化遺産の日(Journées européennes du patrimoine)と呼ばれます。

この日の由来や内容を説明している、FrenchPod101のカルチャーレッスンの動画を紹介します。



文化遺産の日とは?

もしあなたがヨーロッパに住んでいるなら、きっと、「文化遺産の日」をご存知でしょう。

この日は、9月の第3週の週末で、ふだんは公開されていない歴史的建造物や文化財を訪れることができます。

いつもより安く美術館に入れたり、無料になることもあります。

もともとこのイベントはフランスが始めたのだと知っていますか? このレッスンで説明しますね。

[クイズタイム]

Savez-vous quels sont les monuments les plus visités em France durant les Journées du patrimoine ?

文化遺産の日にもっとも人が訪れる建物は何か知っていますか?

この動画の最後に答えをお教えしますね。

文化遺産の日の由来

文化財産(patrimoine)は、過去の文明の遺産を合わせたものです。物質的なものもあるし、無形のものもあります。

はじめての「文化遺産の日」は、フランスの文化大臣の提唱で、1984年に行われました。イニシアチブをとったのは、文化大臣のジャック・ラングです。

日付は、9月の第3日曜日と決められました。

フランスで行われた「文化遺産の日」が盛況だったので、ヨーロッパのいくつかの国が、1985年から、同様の催しを始めました。

この催しの目的は、一般市民にその国の豊かな、歴史的、文化遺産にふれてもらうことです。

1995年から、毎年それぞれの国でテーマを決めて、特定の文化遺産の側面に焦点をあて、人々が退屈しないように配慮されています。

たとえば、2012年のテーマは「隠された文化遺産」でした。この時は、これまで未公開だった場所が公開され、特別な行事が行われました。

実際に公開された施設は、独自の企画を提供し、とても変化に富んでいました。ガイド付きのツアーやコンサート、お芝居など。

文化遺産の日の目的

この催しのゴールは、市民の興味をかきたて、さまざまな情報を提供することです。

フランスは幸運なことに、文化遺産を保存できている国です。40万以上の建造物や文化遺産、保存された場所があり、その3分の1は格付けされています。

事実、33の文化的な場所が、ユネスコの世界遺産として登録されています。また、フランスには美術館が8000以上あります。

文化遺産の日は、こうした歴史的な遺産を守ることを促進しているのです。

[ファン・ファクト]

もともと、この行事は、Journées portes ouverte dans les monuments historiques (歴史的建造物の扉を開ける日)と呼ばれていました。

1992年に、Journées nationales du patrimoine (全国文化遺産の日)という名になりました。2000年から、この週末もそう呼ばれるように、Journées européennes du patrimoine (ヨーロッパ文化遺産の日)と呼ばれています。

というのも、ヨーロッパ全体でイニシアチブが取られているからです。

では最初に出したクイズの答えをお教えします。

文化遺産の日の週末に、もっとも人が訪れるのは、政府の公式の建物です。たとえばエリゼ宮、ブルボン宮、リュクサンブール宮など。

いくつかの場所は、通常、見学をすることができません。

このレッスンはどうでしたか? 何かおもしろいことを学びましたか? 皆さんの国には、文化遺産の日がありますか? この週末、建造物を見に行きますか? FrenchPod101.com にコメントを残してくださいね。

それではまた。

単語メモ

édifice  大建造物

biens publics  公共財産だと思いますが、ここでは「文化財」と訳しておきました。

manifestation  一大行事、フェスティバル

héritage  遺産

immatériel  非物質の、無形の

mettre en lumière  光をあてる

lasser   (精神的に)疲れさせる、退屈させる

favoriser  助ける、促進する、助長する

inédite  未刊の、未発表の

animation   (会・活動などの)推進、進行、司会

tiers  3分の1

classer  格付けする、評価する

mettre qc. en avant  ~を主張する、申し立てる

palais de l’Élysée  エリゼ宮、 フランスの大統領官邸
詳しくはこちら⇒フランスの大統領官邸、エリゼ宮のちょっとおもしろい話

palais Bourbon  ブルボン宮、国民議会議事堂。18世紀の建物。

palais du Luxembourg  リュクサンブール宮、フランス議会の上院。17世紀、マリー・ド・メディシスが建設。



関連動画

今年の文化遺産の日のプロモーション動画です。

文化遺産の日が始まったときは、日曜日だけでしたが、すぐに週末の2日間になり、ヨーロッパのほかの国でも行うようになったのですね。

美術館は入場無料になるところが多く、動画で説明されていたように、数々の特別イベントが催されます。

ルーブル美術館は無料です。ベルサイユ宮殿でも、通常公開されていないところを見学できるし、ほかのお城でも、コンサートが行われたりします。

イベントが行われるのはパリだけではなく、地方都市でも同様に行われます。

そこまで有名でない建物(市役所とかホテルなど)も、フランスの場合、歴史的建造物のことが多いため、ガイドツアーが行われます。

テレビ局や地下鉄など、公共性の高い建物でもおもしろいイベントがあったりします。

どこでどんなイベントが行われるかは、公式サイトで調べることができます⇒Accueil – Journées européennes du patrimoine

*****

文化遺産の日は、文化にこだわるフランスならではの催しですね。ヨーロッパは歴史が古いので、ほかの国も、いくらでも見せるところがあるのでしょう。

気候もよい時期ですし、楽しい週末が過ごせそうです。それでは次回の暦の記事をお楽しみに。






ピックアップ記事

  1. ぜんぶ無料:あなたのフランス語学習に役立つサイト16選
  2. 2020年版、フランス語学習用カレンダーのレビュー。
  3. 『星の王子さま』~お役立ちリンク集

関連記事

  1. 春の花

    フランスの暦、年中行事

    ステイシー・ケントの「3月の水」(歌と訳詞)

    ジョルジュ・ムスタキの Les eaux de mars 「3月の水」…

  2. クレープ

    フランスの暦、年中行事

    ラ・シャンドルール(聖燭祭でありクレープの日)ってどんな日?

    2月2日はフランスでは、ラ・シャンドルール(La Chandeleur…

  3. シャンパン

    フランス語の語彙

    年末年始の単語 その1~おおみそか

    きょうから何回かに渡って、年末年始にまつわるフランス語の単語をご紹介し…

  4. ガレット・デ・ロワ

    フランスの暦、年中行事

    なぜ1月にガレットを食べるのか?(エピファニーの説明)。

    1月6日は、エピファニー(公現祭)で、フランスではガレット・デ・ロワ(…

  5. ブドウの木

    フランスの暦、年中行事

    歌と訳詞:故郷の九月~ジルベール・ベコー その1

    ジルベール・ベコーの「故郷の9月」をご紹介します。ジルベール・…

  6. クリスマスのデコレーション

    フランスの暦、年中行事

    10月から12月の言い方~フランスの暦(9)

    フランス語で12ヶ月の名前は何と言うのか、3ヶ月ずつ学習しています。今…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね♪

CTL+D でお気に入りに登録。

Feedlyで確実に更新をチェックしよう。

follow us in feedly

更新情報をメールで配信中

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

新しく書いた記事です。

  1. なぜイランとアメリカは対立しているのか?(子供向けの説明)
  2. 2分で学ぶ、レオナルド・ダ・ヴィンチのプロフィール。
  3. モナ・リザのプロフィール、またはその謎。
  4. ウクライナ航空の旅客機(ボーイング737)、イランで墜落。生…
  5. Jardin Secret (秘密の庭):ピエール・ラプサッ…
  6. なぜ1月にガレットを食べるのか?(エピファニーの説明)。
  7. いろいろな新年の祝い方。
  8. フランス語で新年のあいさつはどう言う?(2020年版):年末…
  9. 複合過去の復習、助動詞は、être か avoir か?
  10. サンタクロースの本当の起源。

おすすめ記事いろいろ

  1. クリスマスがバルコニーならイースターは暖炉の前:フランス語の…
  2. 子供が出てくるイケアのCMのフランス語
  3. スマーフたちと失われた村(2017年アニメーション映画)の紹…
  4. 映画『プチ・ニコラの夏休み』がフランスで公開 前編
  5. パリは好きだけど、嫌いでもある。そんな気持ちを言い表すフラン…
  6. フランス語を始めて三ヶ月ごろ~入門日記第15回
  7. レペットでダンス用の靴を買う~「虎と小鳥のフランス日記」第6…
  8. 映画 Dans la maison 予告編のフランス語 その…
  9. 小嶋陽菜「ワークブラ」 スピンオフムービーのフランス語
  10. フリーダ・ボッカラ、Cent mille chansons …

おすすめのまとめ記事

  1. 「パッケージのフランス語」の記事の目次~その1
  2. フランス語のことわざ~目次 その3
  3. フレンチポップスの訳詞をしている記事のまとめ:その5
  4. かわいいフランス語、教えます~目次 その3
  5. masausaさんのカレンダー収録曲の記事の目次
  6. かわいいフランス語、教えます~目次 その2
  7. 「虎と小鳥のフランス日記」vol.2 第26話~50話
  8. クリスマス関連記事の目次 2013年版
  9. かわいいフランス語、教えます~目次 その1
  10. ラジオ講座「まいにちフランス語」関連記事の目次~その3(48…

フランス語の勉強法とか

  1. 黒板
  2. 星の王子さまの本
  3. 日めくりとpen

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらからどうぞ

封筒
⇒お問い合わせフォームへ


お気軽に^^

☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

アーカイブ

PAGE TOP