バレンタインデーのケーキ作り

フランスの暦、年中行事

【簡単レシピ】チョコレートチップクッキーの作り方~バレンタインデーに最適

もうすぐバレンタインデーですね。本命の彼には、お高いチョコレートや、生チトリュフなんかををあげるけれど、職場の同僚や友だちにも何かあげたい、というときはチョコレートチップクッキーが、お手軽でおいしいのでおすすめです。

チョコレートチップクッキーはチョコレートを砕いたものが入っているクッキーです。クッキー生地にチョコレートチップを混ぜるだけで、味がぐ~んとアップしますね。

きょうは簡単で、まず失敗しそうにないチョコレートチップクッキーの作り方をご紹介します。



チョコレートチップクッキーの歴史

チョコレートチップクッキー

レシピに行くまえに、このクッキーの歴史を簡単にご紹介しますね。

アメリカ人が大好きなチョコレートチップクッキー。今から76年前の1938年に誕生しました。考案したのは、当時マサチューセッツ州ホイットマンというところで、トール・ハウスというレストランをご主人と経営していたルース・ウェイクフィールドさん。

アイスクリームにそえるクッキーとして考案されたそうです。店に出すやいなや、人気が出ました。同じ年にこの店が出したレシピブックで初めて作り方が活字になったのですが、そこでも注目をあびます。

そして、1939年にネスレから、「このレシピと店の名前を使わせてほしい」という申し出があり、ルースさんは、自分のレシピを使う権利を、なんとたった1ドルで売り渡したとか。

しかも、実際にはその1ドルは支払われなかったと言われています。

いったい、これはどうしたことでしょう?

きっとルースさんは、まさか、チョコレートチップクッキーがこんなふうにアメリカを代表するクッキーになるなんて夢にも思っていなかったのでしょうね。

1ドルはもらえなかった代わりに、生涯ずっとただでネスレからチョコレートをもらうことができた(彼女はお菓子の材料として、ネスレのバーになったチョコレートをいつも仕入れていたようです)とか、コンサルタント料をもらったという話もあります。

さて、彼女がどうやってこのクッキーを思いついたのかについては諸説あり、どれが本当なのかわかっていません。

いつもクッキーに入れていたナッツが切れてしまったので、代わりにチョコレートを刻んでいれたという説があります。

また、チョコレート生地のクッキーを作るつもりで、刻んだチョコレートを入れれば、焼いているときに溶けて、全体的に混ざると思ったら、チョコレートチップの粒が残ったクッキーができあがってしまった、という説もあります。

しかし、実際は、何か新しいクッキーを作るために、ルースさんがいろいろ試作した上でできたらしい、というのが本当のようです。

「ただのバタークッキーにチョコレートチップを混ぜただけじゃん」、と思うかもしれませんが、実はチョコレートチップというものも、この時まで、存在しなかったのです。

それなら、なおさら、なぜたった1ドルで権利を売り渡したのでしょうか?どんな交渉があったのか気になりますね。

この動画では以上の歴史がコンパクトにまとめられています(英語です)



とても簡単なチョコレートチップクッキーの作り方

Ingrédients pour les cookies :

  • 250g de farine
  • 1 pincée de bicarbonate de soude
  • 1 gros œuf
  • 125g de beurre mou
  • 100g de cassonade
  • 1 sachet de sucre vanillé
  • 200g de pépites de chocolat
  • Une pincée de sel
  • 材料:

  • 小麦粉 250g
  • 重曹 1つまみ
  • 卵(大) 1個
  • バター(やわらかい状態のもの) 125g
  • 粗糖 100g (フランスのレシピではカソナードがよく出てくるのですが、なかったら、それらしいもので代用可)
  • バニラシュガー1袋 これはバニラの香りのついた砂糖。エッセンスやバニラエクストラクトで代用可。香りづけなので、全く入れなくても問題ありません。
    こんな感じのです。一袋に7グラム前後入っています。
    バニラシュガー
  • チョコレートチップ 200g
  • 塩 塩少々
  • 作り方

    【下準備】
    あらかじめバターを冷蔵庫から出してやわらかくしておく。

    材料はすべて計って、作業する場所に出しておく(スムースに作業をするためと、入れ忘れをふせぐため、これはひじょうに大事なプロセスです)。

    天板にパーチメントペーパーなどオーブンに入れてもいい紙をひいておく(油ーをひいておいても可。もしかしたら、このクッキーは天板に直置きしても大丈夫かもしれません)。

    オーブンを160℃にセットして予熱開始。

    【生地を作る】

  • ボールに小麦粉を入れ、そこへ砂糖を入れて混ぜる。(mélanger)
  • 重曹を1つまみ入れる。
  • 塩少々を入れる。
  • バニラシュガーを入れる。
  • 卵を割り入れる
  • バターを入れる
  • ボールに手をつっこんですべてをこね混ぜる。
  • 生地がだいたいできたらチョコレートチップを投入する。
  • チョコが全体に行き渡るように混ぜる。
  • ⇒生地のできあがり。

    【天板に生地を置く】
    生地を適当にちぎって、天板の上に丸くおく。上をつぶして円盤状に。ふくらむから生地と生地の間は適当にあける。

    【オーブンに入れて焼く】
    Enfournez 10 minutes à 160℃.
    Les cookies doivent rester tendres.
    *enfourner オーブンに入れる

    160℃で10分焼く。
    クッキーはやわらかく焼き上げること。

    焼けたら取り出して、網などの上に起き粗熱をとる。

    ★焼き時間はオーブンによって違いますが、焼き過ぎないことがコツ。アメリカンなクッキーは中がふにゃっと柔らかくあるべきだからです。カントリーマアムみたいな感じですね。

    ★ブラウニーもおすすめです。

    ブラウニー

    ⇒【簡単レシピ】あま~いブラウニーを作ってみた

    ★バレンタインデー関連記事の目次はこちらです⇒バレンタインデーとチョコレート関連記事の目次

    すごく簡単ですね。

    重曹や塩は手でつまめばいいし、生地も手でこねこねします。
    クッキーはラフに作ってもまず失敗しません。

    失敗するところがあるとしたら、焼き過ぎぐらいでしょうか。砂糖と塩を入れ間違えたり、バニラの代わりに薬を入れてしまうようなことは、赤毛のアンでもない限り、まずしないでしょうから。

    簡単なのでぜひ作ってみてくださいね。






    ピックアップ記事

    1. 2019年版、フランス語と英語が勉強できるカレンダーの紹介。
    2. 『星の王子さま』~お役立ちリンク集
    3. ぜんぶ無料:あなたのフランス語学習に役立つサイト16選

    関連記事

    1. サンタクロース

      フランスのことわざ

      フランス語のことわざ32~冬を夏に変える2つのものとは?

      今日は季節のことわざをご紹介します。楽しい気持ちで健康にすごせ…

    2. クレープ

      フランスのお菓子

      シャンドルールの起源~なぜクレープを食べるの? クレープのレシピつき

      2月2日はフランスでChandeleur(シャンドルール)と呼ばれる日…

    3. コカ・コーラのサンタ

      フランスの暦、年中行事

      サンタクロースの由来。現在のサンタのイメージはコカコーラの宣伝から

      世界中の子どもたちに人気のあるサンタクロース。今回は、この謎の人物の由…

    4. 父の日

      フランスの暦、年中行事

      父の日に、ミルクのCMでフランス語を勉強

      きょうは父の日(Fête des pères)ですね。フランスの母の日…

    5. クリスマスツリー

      フランスの暦、年中行事

      クリスマスの単語 その2「クリスマスツリー」

      先週からクリスマスにちなんだ言葉をチェックしています。前回は、「クリス…

    6. 積雪

      フランスの暦、年中行事

      1月から3月をフランス語で言うと?~フランス語の暦(6)

      フランス語を始めたばかりでもとっつきやすい、フランス語初心者シリーズ、…

    コメント

    1. この記事へのコメントはありません。

    1. この記事へのトラックバックはありません。

    CAPTCHA


    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    お気に入りに登録してね♪

    CTL+D でお気に入りに登録。

    Feedlyで確実に更新をチェックしよう。

    follow us in feedly

    更新情報をメールで配信中

    メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    新しく書いた記事です。

    1. なぜ、フランスでは7月14日が祝日なのか?
    2. オ・ボヌール・デ・ダム、デパートの発明:予告編のフランス語
    3. フランスの猛暑(2019年6月)のニュース
    4. Le pouvoir des fleurs(花のちから)ロラ…
    5. いやし、リラックスに関する言葉:かわいいフランス語教えます(…
    6. おとぎ話に出てくる言葉(その2):かわいいフランス語教えます…
    7. フランスの試験、バック(バカロレア)とは何か?
    8. フェット・ド・ラ・ミュジーク(音楽祭)の起源
    9. 黒い森のさくらんぼケーキの簡単レシピ:フランスのお菓子34
    10. 深い愛(Un amour profond):アクセル・レッド…

    おすすめ記事いろいろ

    1. パリでもお花見「虎と小鳥のフランス日記」第98話
    2. 2017年フランス国民議会選挙は、マクロン大統領の政党が過半…
    3. かわいいフランス語教えます~その41 文房具 その1
    4. かわいいフランス語教えます~その36 おもちゃ 後編
    5. フランス語の数字【第33回】101から199
    6. フランシス・カブレル『死ぬほど愛する』歌と訳詞
    7. 7月から9月の言い方~フランスの暦(8)
    8. イースターにフランス人が食べるものは何?
    9. ブログと著作権法について その1
    10. 広く好かれれば好かれるほど、深くは好かれないものだ(スタンダ…

    おすすめのまとめ記事

    1. フランス語のことわざ~目次 その2
    2. 数字の記事のまとめ その1 0から18まで
    3. 『百合のFranceウォッチング』~目次 その2(L26~L…
    4. 動画教材『不思議の国のFrance』関連記事の 目次
    5. ファッション、モード、おしゃれに関する記事の目次(3)
    6. ニュースの記事のまとめ(1)
    7. ラジオ講座「まいにちフランス語」関連記事の目次~その1(概要…
    8. フレンチポップスと訳詞の記事のまとめ:その4
    9. かわいいフランス語、教えます~目次 その3
    10. 『不思議の国のFrance』関連記事の 目次その2

    フランス語の勉強法とか

    1. 黒板
    2. 星の王子さまの本
    3. フランス語の日めくり

    お問い合わせはこちらから

    お問い合わせはこちらからどうぞ

    封筒
    ⇒お問い合わせフォームへ


    お気軽に^^

    ☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

    アーカイブ

    PAGE TOP