サマータイムの時計

フランスの暦、年中行事

どこにも旅行していないのに時差ボケするワケ~サマータイムとは?

3月10日の日曜の午前2時に、私の住んでおります北米はほぼ全体的にデイライトセイビングタイム(daylight saving time)となりました。



デイライトセイビングタイムとは?

デイライトセイビングタイムは日本語では「夏時間」「サマータイム」と訳されますが、夏のあいだだけ、時刻を1時間進めて、日照時間を有効に使うシステムです。

毎年3月の第ニ日曜日の午前2時に1時間進ませ(午前2時なのに午前3時にする)、11月の第1日曜日の午前2時に、1時間戻し午前1時にします。

デイライトセイビングタイム

時間が切り替わった日曜の朝、たとえばいつものように午前8時に起きたとすると、すでに午前9時になっていたり、まだ7時だったりするのです。

今年は3月10日から11月3日までがサマータイムです。

このシステムは18世紀後半に、ベンジャミン・フランクリンが、ろうそくを節約するために提案したそうです。ただ、彼の時代には実現しませんでした。

サマータイムがなぜエネルギーの節約になるのかきわめておおざっぱに説明します。仕事を終えて帰宅してももまだ明るく、夕食を食べてもまだ明るく、夜寝るときもまだ明るい。よって家庭で電灯が不要だから、電力の消費が減る、ということなのです。

また、日の明るいうちに仕事が終わるとその後の余暇時間が増え、経済が活性化するとも言われています。

とはいえ突然時間が変わると、たとえ1時間でも調子が狂うのは確かです。時計は針を1時間進めれば何事もなかったかのように時を刻み続けますが、人間はそうはいきません。

サマータイムに切り替わった翌日の月曜は統計的に交通事故が多いのです。私は日曜日以来、毎日みょうに眠くて、仕事がはかどりません。

また家にある時計の針を進めたり、戻したりするのも面倒です。以前は時計がたくさんあったのですが、あまりに面倒なのでばさっと処分してしまいました。

フランスのサマータイム

さて、フランスにもサマータイムがあります。

フランスを含む欧州のほとんどが、中央ヨーロッパ時間なのですが、3月の最終日曜日に始まり、10月の最終日曜日に終了します。

2013年のサマータイムは3月31日(日)から10月27日(日)です。

フランス語でサマータイムは

le passage à l’heure d’été 

直訳は「夏時間の状態」になりますね。

passer à l’heure d’été (夏時間に変更するために)時計の針を1時間進める
passer à l’heure d’hiver  秋にもとの時間にもどす

また、passer à l’heure d’été の l’heure d’été を

l’heure avancée
l’horaire d’été

とすることもできます。

フランス語では文字通り「夏時間」です。ブリティッシュ・イングリッシュでもsummer time です。

しかし北米ではdaylight saving time(略してDST)です。だいたい、外がこんなに寒いのに「サマータイム」というのは変な気がします(ケベックなどフランス語圏はのぞく)。

私の住んでいるところは3月でも雪が降ることは珍しくありません。問題なのは気温ではなく、日照時間だとしても、「夏時間」と言われると違和感がありますね。



時差を調べるのに便利なサイト

現在、フランスと日本の時差は8時間で、日本のほうが8時間進んでいますが、サマータイムになると、それが7時間になります。

■日本とフランス(そのほかの国も)の時差などを調べるときはこのサイトが便利です。

フランス / パリの時差と現在時刻 – Time-j.net

■私は、どの地域の時刻でも同じページで参照できるこちらのサイトをよく利用しています。

The World Clock — Worldwide

最近はパソコンやiPhoneが勝手にデイライト・セービング・タイムに切り替わっているので、時間が変わったことを知らず、昼過ぎまで過ごしてしまう、ということがなくなりました。






ピックアップ記事

  1. 2019年版、フランス語と英語が勉強できるカレンダーの紹介。
  2. ぜんぶ無料:あなたのフランス語学習に役立つサイト16選
  3. 『星の王子さま』~お役立ちリンク集

関連記事

  1. イースターエッグ

    フランスの暦、年中行事

    イースター(復活祭)に卵を使う風習はどのようにして生まれたのか?(1分で説明)

    イースター(復活祭)は、キリストの復活を記念するキリスト教の祝日です。…

  2. 食品の無駄捨てとたたかう日・ポスター

    時事ニュース

    10月16日は「食品の無駄捨てとたたかう日」

    フランスのこども新聞の記事、前回は「味覚習慣」の話題でしたので、こ…

  3. 母の日の花束

    フランスの暦、年中行事

    フランスの母の日の意外な起源

    日本の母の日はもう終わりましたが、フランスの母の日は毎年5月の最後の日…

  4. シャンパン

    フランス語の語彙

    年末年始の単語 その1~おおみそか

    きょうから何回かに渡って、年末年始にまつわるフランス語の単語をご紹介し…

  5. エアバスA380

    時事ニュース

    国際女性デー:エールフランスは女性乗務員だけでエアバスA380を運行

    きょう3月8日は国際女性デーです。今からおよそ110年前の19…

  6. 予定を書くメモ

    フランスの暦、年中行事

    1週間の言い方、曜日の復習:フランス語の暦(18)

    月曜から日曜までフランス語の1週間の曜日(jour de la sem…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね♪

CTL+D でお気に入りに登録。

Feedlyで確実に更新をチェックしよう。

follow us in feedly

更新情報をメールで配信中

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

新しく書いた記事です。

  1. イースター(復活祭)に卵を使う風習はどのようにして生まれたの…
  2. パリのノートルダム大聖堂で大きな火事、発生。
  3. フリーマーケットに関する言葉:かわいいフランス語教えます(1…
  4. 簡単チョコレートケーキの作り方:フランスのお菓子33
  5. Maman a tort (ママは間違っている):予告編のフ…
  6. エッフェル塔建設から130周年を迎えて。
  7. フランス人は朝ごはんに何を食べているか? 典型的なメニューを…
  8. 風に関する単語:かわいいフランス語教えます(132)
  9. スザンヌ:フランソワーズ・アルディ(歌と訳詞)
  10. 国際女性デーが生まれた背景。

おすすめ記事いろいろ

  1. 夏の終わりにしんみり聴きたいラ・マドラグ~ブリジット・バルド…
  2. 2013年秋冬ファッションのトレンド その2 スポーツシック…
  3. Éblouie par la nuit『眩しい夜』~ザーズ(…
  4. 歌と訳詞:プレヴェールに捧ぐ~セルジュ・ゲンズブール 後編
  5. パリでもお花見「虎と小鳥のフランス日記」第98話
  6. かわいいフランス語教えます~その35 おもちゃ 前編
  7. キャラクテール:ジョイス・ジョナサン(歌と訳詞)
  8. まぎらわしい形容詞、vieux と ancien の違いとは…
  9. 2013年秋冬ファッションのトレンド その1 グランジ
  10. 図書館にあるもの~かわいいフランス語教えます(94)

おすすめのまとめ記事

  1. ファッション、モード、おしゃれに関する記事の目次(2)
  2. クリスマス関連記事の目次 2013年版
  3. ラジオ講座「まいにちフランス語」関連記事の目次~その3(48…
  4. 『不思議の国のFrance』関連記事の 目次その3
  5. フランス語のことわざ~目次 その1
  6. フランス語のCMの記事のまとめ。ディクテに最適。
  7. フランス映画の予告編の記事のまとめ
  8. フランス語のニュースの記事のまとめ(3)
  9. 歌の訳詞を書いている記事の目次~その2
  10. 「虎と小鳥のフランス日記」vol.2 第26話~50話

フランス語の勉強法とか

  1. 星の王子さまの本
  2. 黒板
  3. フランス語の日めくり

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらからどうぞ

封筒
⇒お問い合わせフォームへ


お気軽に^^

☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

アーカイブ

PAGE TOP