ソー公園の桜

虎と小鳥のフランス日記

パリでもお花見「虎と小鳥のフランス日記」第98話

今週の「虎と小鳥のフランス日記」はパリ郊外のソー公園が舞台でした。

この公園はお花見のメッカです。

最初の収録では、桜はまだ咲いておらず、アントワーヌは«hanami sans les hana»(花のないお花見)と言っておりました。

ビデオの後半ではその2週間後に咲いた桜の花の様子がおさめられていました。



3つのキーフレーズ

では、まずいつものように3つのキーフレーズをご紹介します。

すべて、アントワーヌが虎と小鳥のフランス日記のスタッフの健とティファニーにインタビューしている言葉です。

健とティファニーはフランス語脳プロジェクトという教材の制作スタッフです。

健は「虎と小鳥のフランス日記」の字幕や、スクリプトの翻訳をアントワーヌと一緒に作っています。

そしてティファニーはスカイプを使った会話講座の講師です。

シーン1
それで、お花見をしにここに来るのは初めてじゃないんですね?

ソー公園の花見

Et euh…donc c’est pas la première fois que vous venez ici pour faire ehu, hanami?

シーン2
それで、ケン、君にとってフランスでのお花見とは何ですか?

ソー公園の花見

Et pour toi Ken, qu’est-ce que ça représente faire un hanami ici en France ?

シーン3
フランスに来る前は、フランス人もお花見をするって知ってた?

ソー公園の花見

Mais avant de venir en France tu savais que les Français faisaient des hanami ?

覚えておくと使えそうな表現

きょうは一番最初の疑問文をとりあげます。

C’est pas la première fois que vous venez ici ?
ここに来るのは初めてではないんですよね?

この文はいわゆる否定疑問文です。

日本語なら、こうした疑問文に答えるとき、

はい、初めてじゃないです。
いいえ、初めてです。

というふうに答えますが、フランス語の場合、英語と同じで、

答える時の文が否定文だったら、最初にNonとつけます。

つまり、

Non, c’est pas la première fois.
はい、はじめてじゃないです。

あるいは

Si, c’est la première fois.
いいえ、はじめてです。

となります。

とっさに言おうするとけっこう間違えやすいところです。



きょうの豆知識:お花見をフランス語で何と言う?

フランス風鯉のぼり
鯉のぼりのディスプレイフランス風

お花見をする : faire un hanami
ビデオで話している3人は1人は日本人、後の2人は日本通のフランス人なので花見=hanamiという単語を使っていました。

でも、一般のフランス人に話すときは
admirer les fleurs de cerisiers
ぐらいがいいと思います。

以前Les petits citoyensというこども新聞に、「花見」の説明をしている文がありました。以下に引用します。

Tous les ans, au début du printemps, au Japon on fête le « hanami » qui veut dire « regarder les fleurs » !

Pour cette fête, très importante pour eux, les japonais vont pique-niquer dans les parcs des villes sous les cerisiers en fleurs.

À Washington, les Américains célèbrent aussi la fête des cerisiers en fleurs car pour ces deux pays, la fleur de cerisier est la plus belle sur terre !

ざっと和訳してみると
毎年、春の始め、日本では「花見」をします。これは「花を見る」という意味です。

この行事は、日本人にとってとても大事で、街の公園の花の咲いた桜の木の下で、ピクニックをします。

ワシントンでは、アメリカン人も花見をします。というのも、アメリカや日本にとって、桜の花は地上で最も美しいからです。

最後のほうの見解は、そうなんだろうか、と思ってしまいますが、日本人がお花見が好きなのは確かな事実ですね。






ピックアップ記事

  1. 2019年版、フランス語と英語が勉強できるカレンダーの紹介。
  2. 『星の王子さま』~お役立ちリンク集
  3. ぜんぶ無料:あなたのフランス語学習に役立つサイト16選

関連記事

  1. サンマルタン運河のカミーユ

    虎と小鳥のフランス日記

    カミーユとアントワーヌのパリ再発見~「虎と小鳥のフランス日記」第140話

    「虎と小鳥のフランス日記」最新エピソード、第140話の受講メモです。…

  2. マルシェ・サンピエール

    虎と小鳥のフランス日記

    マルシェ・サン・ピエールで生地のお買い物~虎と小鳥のフランス日記 第116話

    新しい虎と小鳥が配信されました。今回は、モンマルトルの丘のふも…

  3. ゴンザイ

    虎と小鳥のフランス日記

    アニエス・ベーのブティックで出版記念パーティ「虎と小鳥のフランス日記」第127話

    今週の「虎と小鳥のフランス日記」はアニエス・ベーのブティックで行われた…

  4. パリのオペラ座

    虎と小鳥のフランス日記

    パリのオペラ地区の日本人街「虎と小鳥のフランス日記」第34話

    毎週届く、フランス語の教材「虎と小鳥のフランス日記」。バックナンバーも…

  5. アルスナル港

    虎と小鳥のフランス日記

    晴天の訪れ@パリ「虎と小鳥のフランス日記」第99話

    今週の「虎と小鳥のフランス日記」はパリのアルスナル港あたりが舞台でした…

  6. penのパソコン

    虎と小鳥のフランス日記

    ブログの記事の書き方、教えます~これなら簡単10のステップ

    私が受講しているインターネットのフランス語の講座、フランス語脳プロジェ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね♪

CTL+D でお気に入りに登録。

Feedlyで確実に更新をチェックしよう。

follow us in feedly

更新情報をメールで配信中

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

新しく書いた記事です。

  1. アラビア語由来の単語:かわいいフランス語(131)
  2. ポワソン・ルージュ(サン・プリヴァ)の歌と訳詩、映画「シンプ…
  3. 黄色いベスト運動の終結をめざし、マクロン大統領が国民討論会を…
  4. ラ・シャンドルール(聖燭祭でありクレープの日)ってどんな日?…
  5. 地球を守るために日常生活でできること。
  6. プラリーヌの作り方(フランスのお菓子32)
  7. フランス語の学習に役立つおすすめの本
  8. 新しいもの:かわいいフランス語(130)
  9. エピファニー(公現祭)とはどんな意味?
  10. 今年はフランス語をがんばるぞ、という新年の目標を達成するには…

おすすめ記事いろいろ

  1. フランス語のことわざ15~情けは人の為(ため)ならず
  2. フランス革命記念日に起きたニースのトラックテロ事件の象徴する…
  3. フランス語の達人になるために~その3
  4. アリゼ『わたし ロリータ』~歌と訳詞
  5. かわいいフランス語教えます~その40 いろいろな光(ルミエー…
  6. イギリス王室の王女さまの名前はシャーロット・エリザベス・ダイ…
  7. 数字、曜日などの記事へのリンク集~「まいにちフランス語」4:…
  8. 「美女と野獣」(2014)予告編のフランス語
  9. もう少し成長しないとね:CMのフランス語
  10. クリスマスの単語 その7 レヴェイヨン~イヴやおおみそかのご…

おすすめのまとめ記事

  1. ラジオ講座「まいにちフランス語」関連記事の目次~その3(48…
  2. 『百合のFranceウォッチング』~目次 その1(L1~25…
  3. かわいいフランス語、教えます~目次 その2
  4. フランス語のことわざ~目次 その1
  5. 翻訳者養成講座関連記事の目次
  6. 『タイトルのフランス語』の記事の目次
  7. ファッション、モード、おしゃれに関する記事の目次(5)
  8. フランス語の名言の記事の目次
  9. クリスマス関連記事の目次 2013年版
  10. masausaさんのカレンダー収録曲の記事の目次

フランス語の勉強法とか

  1. 星の王子さまの本
  2. フランス語の日めくり
  3. 黒板

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらからどうぞ

封筒
⇒お問い合わせフォームへ


お気軽に^^

☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

アーカイブ

PAGE TOP