サン・ジェルマン・デ・プレ

虎と小鳥のフランス日記

サン・ジェルマン・デ・プレを歩く~虎と小鳥のフランス日記 第13話

今週の「虎と小鳥のフランス日記」のバックナンバーは、第13話、「サン・ジェルマン・デ・プレ」です。

文字通り、パリの6区にあるサン・ジェルマン・デ・プレという界隈をカミーユのナレーションで紹介しています。

短いし、カミーユはゆっくりしゃべっているし、文章は作文に使えそうな表現モデルであふれていますので、朗読部分はディクテ⇒音読⇒暗唱までするのに、最適ではないかな、と思います。

きょうのメニュー

  • 3つのキーフレーズ
  • キーフレーズからちょっと解説
  • 豆知識~1.ローマ数字 2.サン・ジェルマン・デ・プレ
  • きょうのアルバム
  • それでは、早速、復習、行ってみよう!



    3つのキーフレーズ

    訪れましょう

    きょうは、サン・ジェルマン・デ・プレ地区を訪れましょう。

    サン・ジェルマン・デ・プレ

    Aujourd’hui, nous allons visiter le quartier de Saint Germain des Prés.

    まず何を置いても

    しかし、何よりこの地区は、第二次世界大戦後から数十年の間、知的、文化的生活の発信地であったことで有名です。

    サン・ジェルマン・デ・プレ
    カフェ・ドゥ・フロール

    サン・ジェルマン・デ・プレ
    ドゥ・マゴ

    Mais le quartier est avant tout connu parce qu’il a été un haut lieu de la vie intellectuelle et culturelle, pendant quelques décennies, après la deuxième guerre mondiale.

    haut lieu de ~ ~の名所
    décennie 10年間

    名前のある

    一風変わった名前のカフェもいくつかあります。

    サン・ジェルマン・デ・プレ

    … ils portent parfois des noms assez pittoresques.

    キーフレーズからちょっと解説

    avant tout

    何よりもまず
    tout は「全部」、全部の前に⇒一番最初⇒何よりもまず
    この表現は今朝、投稿したベジタリアンがホリデーシーズンを乗り切るために その2に出てきました。
    Je suis devenue vegan d’abord et avant tout parce que j’aime la bouffe vegan…
    私はまず何よりも、ベガンの食事がすきなのでベガンになりました。

    ちなみに après tout は「結局、いずれにしても」
    Après tout, il a raison.
    結局、彼が正しい。

    avoirの代わりに使えるporter

    ils portent parfois des noms assez pittoresques.
    このilsは、前に、Ses cafés, autofois bouillon de culture, restent des endroits très fréquentés (文化の発信地であったこの地区のカフェは、今もとても人気です)という文があり、ses cafés カフェのことです。

    直訳すると、
    時々、カフェがとても変わった名前を持っている
    ⇒変わった名前のカフェもある。

    porterは「運ぶ」とか「身につける」など、ほかにもいろいろな意味がありますが、このように主語が無生物のとき、「名前を持つ」や、「何かの特徴を持つ」というときの「持つ」という動詞に使います。

    Ce livre porte un long titre.
    この本には長い題名がついている。

    La lettre porte la date du 8 mai.
    その手紙には5月8日の日付がある。

    Rouen porte encore les traces de la guerre.
    ルアンは今もなお戦禍の名残をとどめている。

    作文をしているとき、「avoirばかりで能がない感じ」、と思ったらporterのことを思い出してください。

    きょうの豆知識

    ローマ数字

    C’est un quartier connu pour son église dont les origines remontent au VIème siècle après J.C.
    (ここは紀元後6世紀までさかのぼる教会で有名な地区です)

    に VIème siècle  6世紀 が出てきました。

    このように「~世紀」と書くときは正式にはローマ数字を使います。パリの行政区(arrondissement)も、正式にはローマ数字を使って書くので、とりあえず10ぐらいまでは覚えておいたほうがいいです。

    ローマ数字についてはこちらに詳しく書いています。
    ローマ数字(前編)~フランス語の数字【第52回】
    ローマ数字(後編)~フランス語の数字【第53回】
    ローマ数字の復習。1から100まで読めるようになろう

    サン・ジェルマン・デ・プレ

    パリの6区。現存するパリの最も古い修道院、サン・ジェルマン・デ・プレ教会があります。

    現在は、高級ブティックが並ぶ若者向け商業地区、あるいはツーリストスポットとして名高い場所。

    第二次世界大戦後、サルトルとボーボワールを中心とする哲学者、文学者、芸術家が、この地区にあるカフェ(ドゥ・マゴや、カフェ・ドゥ・フロールなど)に集まって、話し合い(論争?)をし、戦後の新しい考え方などを模索、発信していった場所です。

    そういった文学的な場所としてのサン・ジェルマン・デ・プレをルイ・ヴィトンのビデオが美しい映像で紹介していますので、ごらん下さい。

    2分32秒

    現在も、ドゥ・マゴや、カフェ・ドゥ・フロールは文学カフェとして有名で、ともに、文学賞を持っていて、作家を支援しています。



    きょうのアルバム

    「虎と小鳥のフランス日記」のビデオからキャプチャーしてみました。

    サン・ジェルマン・デ・プレ

    サン・ジェルマン・デ・プレはものすごく古い教会のそばに、モダンなブティックがあり、趣のあるカフェもあるというユニークなところですね。






    野菜サラダベジタリアンがホリデーシーズンを乗り切るために その2前のページ

    モーリス・ラヴェルの生涯次のページモーリス・ラヴェル

    ピックアップ記事

    1. 2021年版、フランス語学習用カレンダーのレビュー。テーマはファッション。
    2. 『星の王子さま』~お役立ちリンク集
    3. ぜんぶ無料:あなたのフランス語学習に役立つサイト16選

    関連記事

    1. サンバの演奏

      虎と小鳥のフランス日記

      パリの日曜日のサンバ~「虎と小鳥のフランス日記」第54話

      きょうは「虎と小鳥」の第54話を学習しました。先週、バックナン…

    2. オペラ・コンサート

      虎と小鳥のフランス日記

      オペラコンサート@パリ国際大学都市~虎と小鳥のフランス日記第143話

      今週の「虎と小鳥のフランス日記」は、2014年2月1日にパリ国際大学都…

    3. ヴァンセーヌの森の植物園

      虎と小鳥のフランス日記

      ヴァンセーヌの森植物園@パリ「虎と小鳥のフランス日記」第108話

      今週の虎と小鳥の舞台はヴァンセーヌの森植物園でした。パリの東、…

    4. 新年の挨拶~カミーユ

      虎と小鳥のフランス日記

      年末年始の単語~番外編「虎と小鳥の新年のご挨拶」

      私が受講している、虎と小鳥のフランス日記を作っている2人、カミーユとア…

    5. 文学ビストロ カスカード

      虎と小鳥のフランス日記

      「虎と小鳥のフランス日記」第92話 ベルヴィルの大衆的なビストロ

      私が毎週受け取っているビデオのフランス語の教材。92話を受講し…

    6. レストラン ユゴー

      虎と小鳥のフランス日記

      「虎と小鳥のフランス日記」第94話 フランスのB級グルメ その1@レストラン「ユゴー」

      「虎と小鳥のフランス日記」は私が毎週受け取っているビデオのフランス語の…

    コメント

    1. この記事へのコメントはありません。

    1. この記事へのトラックバックはありません。

    CAPTCHA


    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    スポンサーリンク



    新しく書いた記事です。

    1. 使い捨てマスクが野生動物たちを殺してしまう。
    2. スーパーで買い物する:ペッパピッグのフランス語(7)
    3. Brexit:安堵と不安を感じる漁師たち。
    4. フランス人が大事にしているガレット・デ・ロワを食べる習慣
    5. 使い終わったツリーはどこに、どうやって捨てるべきか?
    6. 革新的なデザイナー、ピエール・カルダン、98歳で亡くなる。
    7. 雪だるまの作り方:ペッパピッグのフランス語(6)
    8. プラスチックを使わないゼロ・ウエイスト生活(後編)
    9. 世界の人、全員がクリスマスをお祝いするの?
    10. Le Dernier Noël (最後のクリスマス):Le …

    更新情報をメールで配信中

    メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    お問い合わせはこちらから

    お問い合わせはこちらからどうぞ

    封筒
    ⇒お問い合わせフォームへ


    お気軽に^^

    ☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

    フランス語の勉強法とか

    1. 星の王子さまの本
    2. 黒板
    3. 2021年の日めくり

    アーカイブ

    PAGE TOP