時計

数字

ローマ数字(前編)~フランス語の数字【第52回】

慣れないととっさに出てこないフランス語の数字を少しずつチェックしています。第52回はローマ数字です。



ローマ数字とは?

ローマ数字は、古代ローマで発達した数字で、時計の文字盤によくついている、マッチ棒で構成したような数字のことです。番号や年号の表示に使われます。

フランス語の先祖はラテン語で、ラテン語は古代ローマの言葉ですからフランスでは今でもローマ数字が比較的よく使われます。

ローマ数字は1、5、10、50、100、500、1000を特定のアルファベットで表し、それらを組み合わせて表示します。

読み方はアラビア数字と一緒なので、そのシンボルの意味する数字さえわかれば読めます。

たとえば1は « I »、2は « II »です。

どんなときにローマ数字を使うか?

ローマ数字を使う代表的な場合を書いておきます。

1.君主、王様、法王などえらい人の名前

Louis XIV ルイ14世  Louis quatorze

2.日付:公式文書や、記念の建造物などの建立年月日

établi MM  2000年に建設

3.時代 〇〇世紀

Le XIXe siècle 19世紀 Le dix-neuvième siècle

4.王朝、政治体制

La Ve république 第五共和政 La cinquième république

5.都市の行政区

Le XVIe arrondissement 16区 le seizième arrondissement

6.本:タイトルページの日付、序文のページ数、目次、挿絵番号、章、〇〇巻、付録など。

本文はアラビア数字なのに、ローマ数字を使ってある箇所があります。
たぶん細い規則があると思います。

introduction p. vi  序文の第6ページ introduction page six

volume I  第一巻 volume un

tome II  第二巻 tome deux

*tome はプチロワによると、著者、編集者による内容上の区分で、製本上の区分である巻とは必ずしも一致しないそうです。

7.劇の幕

Acte III  第三幕 acte trois

8.音楽や詩のスタンザ(節、連)

couplet II 第2クープレ couplet deux

9.行事

les jeux de la XXIXe Olympiade  第29回国際オリンピック競技大会 les jeux de la vingt-neuf Olympiade

10.時計の文字盤

時計

時計の文字盤に書かれたローマ数字

ローマ数字の読み方

今回は1~10までの読み方をご紹介します。

まず基本のつのシンボルを覚えます。

I  1

V  5

X  10

●1~3までは I をその数だけ並べる。

●4は V の左側にIを置く。左側に置くと マイナス1という意味です。ただし、マイナス1だけでマイナス2などはできません。

4の基本はこれですが、時計の文字盤は IIII という表記もあります。文字盤では見た目の美しさを追求したのと、 IV と VIの混乱を避けるためです。

IIIIは場所をとるので、スペースの制約があるときはIVが使われました。

また、足し算などをするときは、IIIIのほうが都合がいいのでIIIIが使われていたようです。

6~8は V の右側にI、II, IIIを置きます。右側に置くとプラス〇という意味です。

9はXの左側にIを置く。左側に置くとマイナス1という意味です。

説明すると難しそうですが、慣れれば簡単です。

このようになります。

1  I
2  II (1+1)
3  III (1+1+1)
4  IV (5-1)IIIIと書くことも。
5  V
6  VI (5+1)
7  VII (5+1+1)
8  VIII (5+1+1)
9  IX (10-1)
10  X



関連動画:ローマ数字1~20の書き方と読み方

とてもテンションの高い先生が教えてくれます。

いかがでしたか?
後編では大きなローマ数字の読み方をご紹介しています⇒ローマ数字(後編)~フランス語の数字【第53回】

ローマ数字についてフランス語で説明している動画を紹介⇒ローマ数字の復習。1から100まで読めるようになろう。

☆数字の記事のまとめはこちら☆
数字の記事のまとめ その1 0から18まで

数字の記事のまとめ その2 19から1兆まで

*****
私はもともと数字が苦手なので、こんな記事を書いております。

慣れるまで何度も練習するしかないですね。






ピックアップ記事

  1. ぜんぶ無料:あなたのフランス語学習に役立つサイト16選
  2. 2019年版、フランス語と英語が勉強できるカレンダーの紹介。
  3. 『星の王子さま』~お役立ちリンク集

関連記事

  1. 数字の看板

    数字

    10桁から13桁までの数字:フランス語の数字【第40回】

    なかなかパッと口から出てこないフランス語の数字を少しずつ練習しています…

  2. フランス語の序数

    数字

    序数(4)~フランス語の数字【第45回】

    慣れないと難しげなフランス語の数字を少しずつ勉強しています。今回は序数…

  3. 数字

    数字

    フランス語の数字【第12回】1(アン)~10(ディス)の復習

    フランス語の数字をゆっくりチェックしています。きょうはこれまで見た、0…

  4. 空

    数字

    序数(2)~フランス語の数字【第43回】

    慣れないととっさに出てこないフランス語の数字を少しずつ学習しています。…

  5. 数字の6

    数字

    フランス語の数字【第7回】~6(シス)

    フランス語の数字をゆっくりチェックしています。今週は«6»です。…

  6. フランス語の数字バナー

    数字

    7桁から9桁までの数字:フランス語の数字【第39回】

    日本人には難しいフランス語の数字を少しずつ学習しています。今回は7桁か…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね♪

CTL+D でお気に入りに登録。

Feedlyで確実に更新をチェックしよう。

follow us in feedly

更新情報をメールで配信中

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

新しく書いた記事です。

  1. なぜプラスチックのストローの使用が禁止されるのか?
  2. アクサン・シルコンフレックスになじんで語彙を増やそう。
  3. なぜ、フランスでは7月14日が祝日なのか?
  4. オ・ボヌール・デ・ダム、デパートの発明:予告編のフランス語
  5. フランスの猛暑(2019年6月)のニュース
  6. Le pouvoir des fleurs(花のちから)ロラ…
  7. いやし、リラックスに関する言葉:かわいいフランス語教えます(…
  8. おとぎ話に出てくる言葉(その2):かわいいフランス語教えます…
  9. フランスの試験、バック(バカロレア)とは何か?
  10. フェット・ド・ラ・ミュジーク(音楽祭)の起源

おすすめ記事いろいろ

  1. 第104回、ツール・ド・フランスが始まった。
  2. 恋人に捧ぐバラッド:Ballade pour toi(ミッシ…
  3. 火星には水がある。NASAが発表
  4. 3月の風と4月の雨がもたらすもの(フランス語のことわざ40)…
  5. 「雪が降る」アダモ・フランス語の歌詞と訳詞。
  6. 歌と訳詞:On ne change pas~セリーヌ・ディオ…
  7. エッフェル塔の説明を聞いて単純過去に親しむ
  8. リ・オ・レ(ライスプディング)の作り方:フランスのお菓子(1…
  9. 『奇跡のひと マリーとマルグリット』(後編)~予告編のフラン…
  10. フランス語のことわざ26~犬も司教様の顔をじっと見る

おすすめのまとめ記事

  1. 動画教材『不思議の国のFrance』関連記事の 目次
  2. 2013年4月開講のNHKのラジオ講座のラインナップ
  3. 『百合のFranceウォッチング』~目次 その1(L1~25…
  4. ニュースの記事のまとめ(1)
  5. masausaさんのカレンダー収録曲の記事の目次
  6. 歌の訳詞を書いている記事の目次~その1
  7. ラジオ講座「まいにちフランス語」関連記事の目次~その2(1課…
  8. フランス語のニュースの記事のまとめ(3)
  9. 数字の記事のまとめ その2 19から1兆まで
  10. フランス語のCMの記事のまとめ。ディクテに最適。

フランス語の勉強法とか

  1. 星の王子さまの本
  2. フランス語の日めくり
  3. 黒板

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらからどうぞ

封筒
⇒お問い合わせフォームへ


お気軽に^^

☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

アーカイブ

PAGE TOP