数字20

数字

フランス語の数字【第22回】~20(ヴァン)

慣れないと難しいフランス語数字を毎週1つずつチェックしています。今週第22回は「20」です。



数字 «20»

20 は vingt ヴァン

発音はこちら

※YouTubeで見る方はこちらから⇒vingt

in は鼻母音 g と t は読みません。

母音で始まる語の前と、21~29を言う時はTを読み、ヴァントと発音します。

vingt ans 20年 ヴァントン 発音はこちら ▲マークを押すと聞こえます。

■語源はラテン語のviginti→vinti vint
vi は bi(2回) gint は10という意味。

■派生語
vingtaine ヴァンテーヌ およそ20
vingtième ヴァンティエム 20番目、20分の1
vingtième siècle 20世紀
vingtième arrondissement (パリ)の20区

歌 『20歳』

vingt がタイトルに入っている歌をご紹介します。

Vingt Ans
1987年 Pierre Bachelet (ピエール・バシュレ)のヒット曲

自分が20歳のときは、こんなふうだった、と歌っています。
彼は1944年生まれですから、激動の60年代に青春を過ごしていたわけですね。


※YouTubeで見る方はこちらから⇒Pierre Bachelet – Vingt Ans

80年代ふうのアレンジです。

歌詞にving ans が8回出てきますが、一番初めに出てくるところを訳してみます。

En ce temps là j’avais vingt ans
Sur la télé en noir et blanc
On découvrait le rock and roll
Elvis Presley et les idoles
Fauteuils cassés dans tous les music halls
En ce temps là c’était Paris
C’était la guerre en Algérie
Dans les bistrots de la banlieue nord
On était pas toujours d’accord
Ira ou pas, d’accord ou pas d’accord

あの時、僕は20歳だった
白黒テレビで
ロックンロールを初めて見たのさ
エルヴィス・プレスリーと、彼のアイドルたちを
コンサート会場で壊された椅子を
あの時、それはパリでのできごと
アルジェリアでは戦争
北の郊外のビストロで
いつも意見があわなかった
行くのか行かないのか、賛成なのか反対なのか

歌詞はこちら⇒Paroles Vingt Ans – Pierre Bachelet

vingt ans は「青春」という意味もあります。

ピエール・バシュレ Pierre Bachelet

ピエール・バシュレ(1944-2005)は、フランスのシンガーソングライター。日本では『エマニュエル夫人』(1974)のタイトル曲で知られています。

彼がフランスでメジャーになったのは、80年代に入ってから。82年に Les corons(邦題がわからなかったのですが、coron は北フランスやベルギーの鉱夫の住宅、鉱夫街です)という歌が大ヒットします。

バシュレはパリ生まれですが、すぐに、父親の故郷であるフランスのカレー(Calais)に引っ越し、ここで大きくなります。

カレーは19世紀の産業革命をささえた炭鉱地帯でした。石炭産業の街だったわけです。

バシュレは10代のときには、パリに戻って、映画の勉強をします。始めは映画関係の仕事をしていたので、歌手活動の開始は遅く、30歳近く。『エマニュエル夫人』のテーマを歌ったのはこの頃。

幼年時代を過ごしたカレーの街が生涯好きで、その思いを歌ったのが Les corons。厳しい北の生活や炭鉱夫への賛歌です。

その後ヒット曲を連発し、オランピア劇場にも何度も立つ大スターとなりました。残念ながら、2005年、がんで亡くなっています。60歳でした。



vingtを使った表現、文章

les années vingt 20年代

vingt-quatre heures 丸一日
On ne peut pas s’amuser vingt-quatre heures sur vingt-quatre.
四六時中遊んでいるわけにはいかない。

le vingt du mois dernier
先月の20日

いかがでしたか?
ベルギーの国境に近いノールパドゥカレーの炭鉱地帯は世界遺産になっています。Les coronsはとてもいい歌なので、そのうちまた訳詞のコーナーで取り上げます。

この続きはこちら⇒フランス語の数字【第23回】~0 – 20の復習

★このシリーズを最初から読む方はこちらからどうぞ⇒フランス語の数字【第1回】~0(ゼロ)

★ご意見、ご感想、ご質問などありましたら、こちらからどうぞ⇒お問い合わせフォーム

●トップページ⇒フランス語の扉を開こう~ペンギンと
●自己紹介⇒penはこんな人





ピックアップ記事

  1. 『星の王子さま』~お役立ちリンク集
  2. 2018年版、フランス語と英語の勉強用カレンダーのご紹介。
  3. ぜんぶ無料:あなたのフランス語学習に役立つサイト16選

関連記事

  1. ローマ数字の時計の文字盤

    数字

    ローマ数字(後編)~フランス語の数字【第53回】

    慣れないと難しいフランス語の数字を少しずつ学習しています。第53回はロ…

  2. ラジオの受信パネル

    数字

    数字の記事のまとめ その2 19から1兆まで

    フランス語の数字を少しずつ学習している記事の目次、その2です。数字…

  3. 序数11番目~22番目

    数字

    序数(3)~フランス語の数字【第44回】

    フランス語の数字を少しずつ学習しています。今回は序数の3回めです。…

  4. 銅メダル

    数字

    フランス語の数字【第3回】~2(ドゥ)

    フランス語の数字をチェックしています。前回は«1»でした。…

  5. アップルパイ

    数字

    分数~フランス語の数字【第50回】

    苦手な人が多いフランス語の数字を少しずつチェックしています。今…

  6. 猫とpen

    数字

    序数(6)復習に使える動画やサイトをご紹介~フランス語の数字【第47回】

    苦手な人が多いフランス語の数字を少しずつ学習しています。今回は序数の6…

コメント

    • うさぎのぎい
    • 2014年 12月 12日

    「Vingt Ans」で8回vingt ansが出てくるというので、最近では思い出せないくらいの集中力で聴いて、指を折りながら数を数えました。前半には余り出てこないので、ありゃぁこれで8回あるの?と思いましたが、後半に次第に出てきて、ここまで6回出てきたよなぁ、もう曲も終わりそうなのに後2回出てくるのかぁ?と仕舞いにはクイズ感覚で数えておりまして、何となく8回だったよなと・・・。韻を踏んでいるような?ところもあり、こりゃぁ引っ掛けだなぁなんて思ったり。歌詞の内容などは全く理解出来ず、ここレーヴって聞こえたぞ、夢のことを言っているのか?と好き勝手に思ったりした次第です。でも、クイズみたいで大変面白かったです。

      • フランス語愛好家
      • 2014年 12月 13日

      うさぎのぎいさん、こんにちは。

      はい、曲の後半にたくさん出てくるんです。
      僕は20歳だった、きみもの同じぐらいだったね、
      ということろで韻をふんでいます。

      楽しんでいただけたようでよかったです。
      なかなかいい曲ですよね。

      コメントありがとうございます。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね♪

CTL+D でお気に入りに登録。

Feedlyで確実に更新をチェックしよう。

follow us in feedly

更新情報をメールで配信中

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

新しく書いた記事です。

  1. 柔らかいもの:かわいいフランス語教えます(121)
  2. あまい囁き(Parole parole)、ダリダとアラン・ド…
  3. フランスの人気ドラマ、Dix pour cent(10パーセ…
  4. どうしてフランス語はフランス以外の場所でも使われているのか?…
  5. ボジョレー・ヌーヴォーは何がそんなに特別なのか?
  6. アルミスティス(第一次世界大戦休戦記念日)とは?
  7. シンプルだけどおいしいフィナンシエのレシピ:フランスのお菓子…
  8. マキシム・ル・フォレスティエのサンフランシスコ(歌と訳詞)
  9. 2018年版、フランス語と英語の勉強用カレンダーのご紹介。
  10. 文学や小説に関する言葉:かわいいフランス語教えます(120)…

おすすめ記事いろいろ

  1. 「彼は秘密の女ともだち」(Une Nouvelle Amie…
  2. 5月1日、メーデー(労動祭)の由来は何?
  3. フランスの映画監督、ジャック・ドゥミの世界
  4. 帽子の選び方~あなたの顔にあったデザインは?前編
  5. フランス語の達人になるために~その2
  6. プチ・ロベール仏仏辞書~2014年度版にのった新語たち
  7. アラブ世界研究所から眺めるパリの景色は素晴らしい
  8. 『プロヴァンス物語 マルセルの夏』~予告編のフランス語(1)…
  9. ハイジも大好きスイス生まれのラクレットの作り方と食べ方。
  10. 仏作文力養成講座 第1回 表現モデルの大切さ

おすすめのまとめ記事

  1. 歌の訳詞を書いている記事の目次~その2
  2. フレンチポップスと訳詞の記事のまとめ:その4
  3. ファッション、モード、おしゃれに関する記事の目次(5)
  4. 「パッケージのフランス語」の記事の目次~その1
  5. フランス語のCMの記事のまとめ。ディクテに最適。
  6. かわいいフランス語、教えます~目次 その1
  7. フランス映画の予告編の記事のまとめ
  8. masausaさんのカレンダー収録曲の記事の目次
  9. かわいいフランス語 目次 その5:ネーミングの参考に
  10. ハロウィン関連記事の目次

フランス語の勉強法とか

  1. 2018年フランス語日めくりカレンダー
  2. 黒板
  3. 星の王子さまの本

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらからどうぞ

封筒
⇒お問い合わせフォームへ


お気軽に^^

☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

アーカイブ

  1. コーヒー

    フレンチポップスの訳詞

    ジャック・プレヴェールの詩『朝食』は複合過去の学習に最適
  2. スケートする女子

    フランスにまつわるあれこれ

    パリ市庁舎前のスケート場
  3. イングリッシュ・ブレックファースト

    虎と小鳥のフランス日記

    パリで食べるイングリッシュ・ブレックファーストの味は?
  4. ヒマラヤ

    時事ニュース

    ヒマラヤのアンナプルナの雪崩や吹雪で遭難
  5. 円形

    かわいいフランス語

    形に関する単語~かわいいフランス語教えます(99)
PAGE TOP