five

数字

フランス語の数字【第6回】~5(サンク)

フランス語の数字をゆっくりチェックしています。

きょうは«5»です。



数字 «5»

5 は cinq です。
読み方は サンク あるいは サンキ
最後のQの音は軽く添える感じ。日本人の私達は、そのあとに極力母音を入れないように気をつけるといいでしょう。

発音はこちら 

in は鼻母音。ふつうに発音すれば通じると思います。あとに子音が続くときは、最後の「ク」の音が落ちることがままあります。

■ cinq の語源はラテン語の cinque, quinque

派生語は

cinquante 50
cinquantaine およそ50
cinquième 5番目、5分の1
quinze 15

前回は«4»でした。

«4»はこちら⇒フランス語の数字【第5回】~4(カトル)

映画 『憧れのウェディングベル』

cinq がタイトルに入っている映画をご紹介します。

5 ans de réflexion

前回同様、アメリカ英語のフランス語吹き替え版です。オリジナルはThe Five-Year Engagement(5年間の婚約)。5 ans de réflexion は 5年間の熟考。

予告編のおしまいに、5 ans de réflexion と発音されていますので、聞きとってください。

1年後には結婚するはずだった婚約中の二人ですが、女性の仕事の関係で、結婚がのびのびになる話。いわゆる「長すぎた春」がテーマのロマンチックコメディ。

予告編だけで、映画の内容がだいたいわかりますね。

こちらはオリジナルの予告編。日本語字幕つき。



cinq を使った表現、文章

cinq fois 5倍

le tome cinq 第5巻

les cinq sens 五感(視・聴・嗅・味・触覚)

参考ビデオ

Françoise a cinq ans. フランソワーズは5歳です。

この続きはこちらから⇒フランス語の数字【第7回】~6(シス)

cinq は 5
まだチェックしていませんが、
quinze は 15
cinquante は 50

5の倍数なのに cin- と quin-があってまぎらわしいな、と思っていました。それはquinqueという語源もあるからなのですね。

ちなみに、英語の five はゲルマン語系の古い英語 fif からできた単語。finger(指)や fist(握りこぶし)も同じ系統の言葉です。

指が5本あるからでしょうね。






エスモードパリのエスモード・その1~「虎と小鳥のフランス日記」第162話前のページ

映画『プチ・ニコラの夏休み』がフランスで公開 後編次のページ海岸

ピックアップ記事

  1. 『星の王子さま』~お役立ちリンク集
  2. ぜんぶ無料:あなたのフランス語学習に役立つサイト16選
  3. 2021年版、フランス語学習用カレンダーのレビュー。テーマはファッション。

関連記事

  1. ローマ数字の時計の文字盤

    数字

    ローマ数字(後編)~フランス語の数字【第53回】

    慣れないと難しいフランス語の数字を少しずつ学習しています。第53回はロ…

  2. ローマ数字

    数字

    ローマ数字の復習。1から100まで読めるようになろう。

    ローマ数字(Les chiffres romains)の復習です。子供…

  3. 時計

    数字

    時間の表現(2)~フランス語の数字【第55回】

    数字シリーズ第55回は時間の表現 その2です。前回は時間の単位を学…

  4. 数字14

    数字

    フランス語の数字【第16回】~14(カトーズ)

    フランス語の数字を少しずつチェックしています。きょうは14です。…

  5. 数字の6

    数字

    フランス語の数字【第7回】~6(シス)

    フランス語の数字をゆっくりチェックしています。今週は«6»です。…

  6. 数字61-70

    数字

    フランス語の数字【第28回】61~70

    苦手な人も多い(私もです)フランス語の数字を少しずつチェックしています…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサーリンク



更新情報をメールで配信中

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらからどうぞ

封筒
⇒お問い合わせフォームへ


お気軽に^^

☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

アーカイブ

PAGE TOP