数字の6

数字

フランス語の数字【第7回】~6(シス)

フランス語の数字をゆっくりチェックしています。
今週は«6»です。



数字 «6»

6 は six です。
英語と同じつづりですが、読み方は シス 

発音はこちら 

●あとに母音が来る時はリエゾンして最後の「ス」が「ズ」とにごります。

※リエゾンについてはこちらをどうぞ⇒フランス語の数字【第2回】~1(アン)

six ans シゾン 6年

●あとに子音が来る時は「シ」
six mois  シモア 6ヶ月

■ six の語源はラテン語の sex 意味は「6」です。

派生語は

soixante 60
soixantaine およそ60
sixième 6番目、6分の1
seize 16

歌  Six roses

six がタイトルに入っている«Six roses»という歌をご紹介します。

アニー・コルディの1960年代の歌です。

こちら。サビの部分でSix roses(6本のバラ)と歌っていますから、聞き取ってみてください。

6本のバラが出てくるところの歌詞は

Les copains m’appell’nt “Six roses”
Et je ne comprends pas pourquoi
Pourquoi, pourquoi, pourquoi
Bien sûr ils sav’nt que j’aime les fleurs
Mais pourquoi justement “Six rose”
Plutôt que une ou deux ou trois

友達はわたしのこと「6本のバラ」と呼ぶわ
なんでか知らないけど
なんで、なんで、なんで
そりゃあ、連中は私が花を好きなのを知ってるけどさ
でもなんで「6本のバラ」?
1本とか2本とか3本じゃなくて

といった感じの歌詞です。

バーでほろ酔い加減でなっている設定のおもしろい歌ですね。

※歌詞はこちらにあります⇒Paroles Annie Cordy Six Roses lyrics – clip en parole



six を使った表現、文章

six fois  6倍

Trois fois deux font six. 3かける2は6

Elle est née le six août. 彼女は8月6日に生まれた。

この続きはこちらです⇒フランス語の数字【第8回】~7(セット)

数字シリーズを最初から読む方はこちらから⇒フランス語の数字【第1回】~0(ゼロ)

アニー・コルディは1950年代から活躍しているベルギーの国民的歌手であり、女優です。日本ではあまり知られていないでしすね。

「シャボン玉ホリデー」で、ザ・ピーナッツがカバーしていたような曲を歌っているイメージです。






雨安倍首相が広島の土砂災害の被災地を視察~ニュース前のページ

映画「ノーと私」予告編のフランス語 後編次のページパリ

ピックアップ記事

  1. ぜんぶ無料:あなたのフランス語学習に役立つサイト15選
  2. 『星の王子さま』~お役立ちリンク集
  3. 2022年版、フランス語学習用カレンダー(日めくり)の感想:テーマは場所。

関連記事

  1. キャンドル

    数字

    フランス語の数字【第18回】~16(セーズ)

    慣れないと難しいフランス語の数字。毎週1つずつチェックしています。今回…

  2. five

    数字

    フランス語の数字【第6回】~5(サンク)

    フランス語の数字をゆっくりチェックしています。きょうは«5»で…

  3. 時計

    数字

    時間の表現(2)~フランス語の数字【第55回】

    数字シリーズ第55回は時間の表現 その2です。前回は時間の単位を学…

  4. フランス語の数字バナー

    数字

    7桁から9桁までの数字:フランス語の数字【第39回】

    日本人には難しいフランス語の数字を少しずつ学習しています。今回は7桁か…

  5. フランス語の数字バナー

    数字

    フランス語の数字【第37回】5桁の数字

    慣れないと難しいフランス語の数字を少しずつチェックしています。今回は5…

  6. 銅メダル

    数字

    フランス語の数字【第3回】~2(ドゥ)

    フランス語の数字をチェックしています。前回は«1»でした。きょ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサーリンク



更新情報をメールで配信中

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらからどうぞ

封筒
⇒お問い合わせフォームへ


お気軽に^^

☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

アーカイブ

PAGE TOP