フランス語の数字バナー

数字

フランス語の数字【第37回】5桁の数字

慣れないと難しいフランス語の数字を少しずつチェックしています。今回は5桁の数字です。100以降は、ずっと同じパターンで続いていきますが、5桁は、日本語とちょっと数え方(考え方)が違います。

日本語は万が1つで1万と数えますが、フランス語では、千が10個と数えます。これは英語と同じです。



10 000  dix mille

10 000 は dix mille (千が10個)
mille はもう出てきていますので大丈夫ですね。

復習はこちらで⇒フランス語の数字【第35回】1000から9999

5桁の数字は、千の位のところに2桁の数字をつけます。
千の位に、1桁の数字をつける4桁と同じです。

ポイント:milleは複数形になりません。

dix mille は千円札が10枚で1万円、quatre-vingt-dix-neuf mille は 千円札が99枚で9万9千円というふうにイメージすれば、覚えやすいでしょうか。そんなことないかな。

5桁の数字の例

ランダムに数字を5つ書いておきます。

10 001  dix mille un

(1001 は mille un ですが、 名詞が後ろにくるときしばしばmille et un(e)となる、というルールがあるので、10 001も同じです。大きな数字をこんなふうに使うのは特殊な状況だと思いますが)。

31 425  trente et un mille quatre cent vingt-cinq

50 200  cinquante mille deux cents

80 080  quatre-vingt mille quatre-vingts

99 011  quatre-vingt-dix-neuf mille onze

つづりの確認はこちらを使うとよいです⇒Le Conjugueur – Les nombres



映画 Vingt mille lieues sous les mers 『海底二万里』

タイトルに5桁の数字が出てくる映画、『海底二万里』を紹介します。

原作は、とても有名な、ジュール・ベルヌ Jules Verne (1828-1905)の同名の小説(1870年)。ネモ船長というちょっとミステリアスな人物が、最新の潜水艦、ノーチラス号で冒険する話。こう書くと身も蓋もないですが、世界中にこの小説のマニアなファンがいます。

lieue リュー はメートル法採用前の距離の単位で、約4キロ。潜水艦が旅をする距離が2万リューです。

この小説は、人気があり、映画や劇、アニメ、まんが、ゲームなどさまざまなものになっています。最も有名なのは1954年のディズニー制作の映画。今回は、1997年にアメリカのテレビ映画として作られた、『海底二万里』をご紹介します。

たいして評判にはならなかった作品のようですが、フランス語吹き替えの予告編のクリップを見つけましたので、これを選びました。

ゆっくりしゃべっているので、初心者でも「私はネモ船長だ」というところは聞き取れるかと思います。

ネモ船長はマイケル・ケイン、アロナックス博士が、パトリック・デンプシーです。

こちらは1954年のディズニーの映画の予告編です。

この映画は、今だに人気があります。

原作はパブリックドメインなので、ネット上で読めます。
たとえばこちら⇒beq.ebooksgratuits.com/vents/Verne-mers.pdf

こちらは語彙を制限した学習者むけの本。音声(CD)もついているので、この小説が好きな方にはいいかも。

こちらは1954年の映画のDVDです(英語)

2,3年前に、デヴィッド・フィンチャー監督が、ブラッド・ピット主演で、ディズニーの『海底二万里』をリメイクするという話がありました。予算をかけた大作でロケーションはオーストラリアでするはずで、オーストラリア政府も、経済効果があがるだろうと期待していたのですが、ディズニーから許可がおりなかったのか、撮影延期になってそのままです。

この監督が作ったら、冒険エンターテイメントというより、暗いひと味違った『海底二万里』になっていたことでしょう。

ジュール・ヴェルヌは世界でもっとも広く読まれたフランス人作家だと、以前ラジオ講座のテキストで読みました。

この作家の作品を読みたくてフランス語を始める方も多いかもしれませんね。

☆この続きはこちら⇒フランス語の数字【第38回】6桁の数字

★このシリーズを最初から読む方はこちらからどうぞ⇒フランス語の数字【第1回】~0(ゼロ)






ピックアップ記事

  1. 2019年版、フランス語と英語が勉強できるカレンダーの紹介。
  2. 『星の王子さま』~お役立ちリンク集
  3. ぜんぶ無料:あなたのフランス語学習に役立つサイト16選

関連記事

  1. 数字81-90

    数字

    フランス語の数字【第30回】81から 90

    ちょっぴりややこしいフランス語の数字をゆっくり確認しています。今回は8…

  2. 数字

    数字

    フランス語の数字【第12回】1(アン)~10(ディス)の復習

    フランス語の数字をゆっくりチェックしています。きょうはこれまで見た、0…

  3. 数字13

    数字

    フランス語の数字【第15回】~13(トレーズ)

    フランス語の数字ややこしいですよね。だから毎週1つずつゆっくりチェック…

  4. 数字91-100

    数字

    フランス語の数字【第31回】91から 100

    フランス語の数字をゆっくりチェックしています。今回は91から100まで…

  5. 目覚まし時計

    数字

    時間の表現(4)~フランス語の数字【第57回】

    慣れないとさっと出てこないフランス語の数字を少しずつチェックしています…

  6. サクレクール

    数字

    序数(5)~フランス語の数字【第46回】

    フランス語の数字を少しずつ学習しています。今回は序数の5回目です。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね♪

CTL+D でお気に入りに登録。

Feedlyで確実に更新をチェックしよう。

follow us in feedly

更新情報をメールで配信中

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

新しく書いた記事です。

  1. なぜプラスチックのストローの使用が禁止されるのか?
  2. アクサン・シルコンフレックスになじんで語彙を増やそう。
  3. なぜ、フランスでは7月14日が祝日なのか?
  4. オ・ボヌール・デ・ダム、デパートの発明:予告編のフランス語
  5. フランスの猛暑(2019年6月)のニュース
  6. Le pouvoir des fleurs(花のちから)ロラ…
  7. いやし、リラックスに関する言葉:かわいいフランス語教えます(…
  8. おとぎ話に出てくる言葉(その2):かわいいフランス語教えます…
  9. フランスの試験、バック(バカロレア)とは何か?
  10. フェット・ド・ラ・ミュジーク(音楽祭)の起源

おすすめ記事いろいろ

  1. 「美女と野獣」(2014)予告編のフランス語
  2. 「まいにちフランス語」16:L38~非人称表現・天気の言い方…
  3. L7 フランスのホテル事情
  4. 思いやりのない知性(フランソワーズ・サガン)名言その15
  5. 富士山頂の無料Wi-Fiサービスが外国人登山客に人気
  6. 代名詞の地獄にはまる~入門日記第18回
  7. 髪の毛に関する単語~かわいいフランス語教えます(97)
  8. 恋人たち:レ・リタ・ミツコ。歌と訳詞
  9. 母の日の贈り物のアイデア~かわいいフランス語教えます(69)…
  10. 『楽しいムーミン一家』のテーマソング、フランス語バージョンの…

おすすめのまとめ記事

  1. 『ベルサイユのバラ』新作その2が週刊マーガレット第22号(1…
  2. ラジオ講座「まいにちフランス語」関連記事の目次~その2(1課…
  3. フレンチポップスと訳詞の記事のまとめ:その4
  4. フランス語のニュースの記事のまとめ(4)
  5. ファッション、モード、おしゃれに関する記事の目次(3)
  6. バレンタインデーとチョコレート関連記事の目次
  7. フランス語のことわざ~目次 その1
  8. ニュースの記事のまとめ(2)
  9. 『不思議の国のFrance』関連記事の 目次その2
  10. 「パッケージのフランス語」の記事の目次~その1

フランス語の勉強法とか

  1. 黒板
  2. 星の王子さまの本
  3. フランス語の日めくり

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらからどうぞ

封筒
⇒お問い合わせフォームへ


お気軽に^^

☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

アーカイブ

PAGE TOP