クリスマスツリー

フランス語を読む練習

クリスマスツリーはいつ、どうやって処分する?

こども新聞(le Journal de Enfants)でツリーの処分方法について読みました。

先日、サン・ジェルマン・デ・プレのマルシェ・ド・ノエル~「虎と小鳥のフランス日記」第132話の記事で、ツリーはエピファニー(公現祭、1月6日)までは飾っておくべき、と書いたのですが、この記事ではその前日の1月5日に処分するのが伝統である、とあります。まあ、だいたいそのあたりですね。

今年は1月5日が日曜なので、この日に片付ける家庭が多いかもしれません。フランスの人はエピファニーはガレット・デ・ロワを食べたいですから、きっと、切り替えが早いことでしょう。



Sapin: on le garde ou on le jette ? クリスマスツリー:とっておく、それとも捨てる?

毎年フランスで6300万本ものツリーが販売されます。でもひとたびホリデーシーズンが終わったら、どうするのでしょうか?

さあ、終わった。ホリデーはもう終わり、家の中はふだんのペースに戻りました。ツリーの飾りを取りはずさなければなりません。時には、哀しい時間ですが、避けられないことです。

いつそうすべきでしょうか?伝統によれば、クリスマスは12日続きます。つまり、クリスマスが終わるのは、エピファニーの前日の1月5日です。

とはいえ、飾りを取ったツリーはどこに捨てるべきでしょうか?

道に捨ててはだめ、自然に返すのもだめ
自然に返すのはだめです。というのも、私たちはツリーを植え直すのはいいことのように考えてていますが、これは間違いだからです。

地面に捨てるとツリーの針葉が酸性になり、まわりには何も生えてこなくなります。それは庭にツリーを植えても同じです。そばには花が咲かなくなることを知っておかなければなりません。

道路に捨てるのもいけません。歩道や森に捨てると150ユーロの罰金です。

最も簡単なのは、ゴミ処理場に持っていくことです。たいていツリー専用のコンテナが用意されています。収集場所に持ってくるよう指示している市もあります。自分の住んでいる場所がそうなのかは、市役所に電話して聞いてみる必要がありますね。

また、園芸専門店やイケアなど、自分の店で売ったツリーを回収する店もあります。

・・・和訳ここまで・・・

元記事 → www.jde.fr : Tous les articles : Sapin: on le garde ou on le jette ? ☆記事が削除されたので、リンクをはずしました(2020/08/10)



単語メモ

dépouiller ~の飾りをとる
L’automne dépouille les arbres.
秋になると木々は葉を落として裸になる。

se séparer 別れる、離れる
Je me suis séparé des miens.
私は家族のもとから去った。

se tromper 間違える、あやまる
Je me suis trompé sur votre compte.
あなたについて思い違いをしていました;そんな人だとは思いませんでした。

déchetterie ゴミ処理場

enseigne 看板

樅の木の葉っぱが酸化してしまうなんて、ちっとも知りませんでした。枝を挿し木するのはいいのでしょうか?まあ、あそこまで大きくするには何年もかかると思いますが。

私の住んでるところは、いつものゴミ収集車が回収してくれます。

うちはきのう、家人がツリーを片付けてしまいました。自分で買ってきたのに、今年のツリーはそんなに気に入ってなかったようです。

いつもだと、ツリーがあると家中が樅の木の香りでいっぱいになるのですが、今年のツリーは小ぶりだったせいなか、最初から全く匂いませんでした。

やせた土地で育った樹だったのかな?

それでは、次回の子ども新聞の記事をお楽しみに。






色鉛筆DELFB2の作文の勉強の仕方~仏作文力養成講座第2回 後半前のページ

リュクサンブール公園・その1~「虎と小鳥のフランス日記」第14話次のページリュクサンブール公園

ピックアップ記事

  1. 2023年版、フランス語学習用カレンダーの紹介:テーマは「食」
  2. 『星の王子さま』~お役立ちリンク集

関連記事

  1. ビストロ

    フランス語を読む練習

    フランス名物、アンドゥイエットとは?

    アンドゥイエット(l'andouillette )に関する3分のアニメ…

  2. エリザベス2世の切手

    フランス語を読む練習

    3分半で見るエリザベス2世の生涯。在位70周年おめでとうございます。

    この週末、イギリスでは(他の国でも)、エリザベス2世の在位70周年のお…

  3. ピアノ

    フランス語を読む練習

    絶対音感はどこから来るのか?(後編)

    絶対音感が獲得される仕組みを説明している、Le Mondeの4分半の動…

  4. キャンディケーン

    フランス語の語彙

    クリスマスの単語 その6~キャンディ・ケーン

    きょうは3歳から10歳の子どもむけの読み物が集めてあるサイト、Il é…

  5. pen 金太郎

    フランス語を読む練習

    子どもの日の由来~後編:中国から日本の武家へ

    フランス語で書かれた「子どもの日」の歴史を読んでいます。後編は…

  6. クリスマスのデコレーション

    暦、年中行事

    10月から12月の言い方~フランスの暦(9)

    フランス語で12ヶ月の名前は何と言うのか、3ヶ月ずつ学習しています。今…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサーリンク



更新情報をメールで配信中

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらからどうぞ

封筒
⇒お問い合わせフォームへ


お気軽に^^

☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

アーカイブ

PAGE TOP