父の日

フランスの暦、年中行事

父の日に、ミルクのCMでフランス語を勉強

きょうは父の日(Fête des pères)ですね。フランスの母の日は日本と違うのに父の日はフランスも日本と同じ6月の第3日曜日(le troisième dimanche de juin)です。



父と娘の出て来るフランスのCM

きょうは父の日にちなんで、お父さんと娘の会話で進むミルクのコマーシャルでフランス語を勉強してみます。

25秒です。

娘がお父さんに「このミルクはどこのものかあててみて」と言います。するとお父さんはそのミルクをワインのように鑑定します。

ワイン用語がわかればいいのですが、あいにく私はワインのことはあまり知らないので、ちょっと和訳をはずしているかもしれません。

Devine le nom du lait, papa.

パパ、このミルクの名前を当ててみて。

Bon blanc.
Texture équilibrée.
Ça sent les fleurs des champs.
L’air pur.

きれいな白だな。
バランスがいい。
野の花のような香りだ。
ピュアな感じだね。

Vas-y. Goûte !

ほら、飲んでみて!

Hmmm. Il a un goût franc et délicat.
Je vois une prairie vallonnée, exposée sud-ouest.
Sûrement une ferme sélectionnée.

ふーん、生きがよくて繊細だ。
南西のどこか谷の多い草地だと思うよ。
ぜったい選り抜きの園のものだ。

Alors, c’est quoi ?

だから、どこの?

Ah. Difficile à dire.
En tout cas, c’est un grand lait.

ああ、言い当てるのは難しいな。
どっちにしても、すばらしいミルクだ。

Fastoche !

簡単だね!

Plus que du lait, GrandLait.

ミルク以上のもの、グロンレ

※スクリプトをこちらを参考にしました⇒Exercice d’écoute: Plus que du lait, GrandLait

単語メモ

vallonnée(←valon) 谷の多い、起伏の多い

exposée (日光、外気などに)さらされた、向けられた

ferme 農園

ferme viticole ぶどう園

sélectionnée 選り抜きの
vins sélectionnés 選り抜きのワイン

fastoche facile(やさしい)の口語

CMのオチがわかりましたでしょうか?

un grand lait(偉大なミルク)という言葉がそのまま、このミルクの名前 GrandLait になっているわけですね。

やはりワインのテイスティングをするのは女性ではなく男性の仕事だと思われているので、お父さんと娘なのでしょう。



父の日はなぜ6月の第3日曜日なのか?

日本もフランスも6月の第3日曜日が父の日です。両方ともそもそもの起源がアメリカの父の日なので同じ日なのです。

フランスで父の日を始めたのは フラミネール(Flaminaire)というブルターニュ地方のライター(briquet)のメーカーです。

1946年創業のこのメーカーは世界で初めてガスライターを作った会社です。フラミネールは、1949年に、アメリカの父の日と同じ日に、ライターの宣伝をかねて、父の日のキャンペーンを始めました。

フランスでこの日が正式に父の日となったのは、母の日が法律で決まった2年後の1952年です。しかし、父の日は法律では定められていません。

アメリカの父の日の起源ですが、1910年にドッド夫人という人が自分の亡くなった父を讃えるため提唱したことが始まりと言われています。

ドッド夫人のお父さんが南北戦争に行っているとき、お母さんが1人でドッド夫人を含む6人の子どもを育てていました。しかしお母さんは、戦後過労で亡くなってしまいました。

その後、お父さんが1人で子どもたちを育てましたが、子どもたちが成人したあと彼も亡くなったのです。

このお父さんの誕生月が6月でした。戦争はお父さんにもお母さんにも過酷な人生を強いたのです。

☆こちらでも父の日の由来を書いています⇒フランスの父の日の由来とよくある贈り物

父の日は母の日にくらべてかなり影がうすいですよね。

私の父は14歳のときに亡くなっているので、自分では父の日のお祝いをした覚えがありません。

家庭によっては、毎日が父の日のところもあれば、父親はすっかりないがしろにされている家もあるかもしれません。

いずれにしろ、父の日には、全国のお父さんにお疲れ様、と言いたいです。






ピックアップ記事

  1. 2019年版、フランス語と英語が勉強できるカレンダーの紹介。
  2. 『星の王子さま』~お役立ちリンク集
  3. ぜんぶ無料:あなたのフランス語学習に役立つサイト16選

関連記事

  1. 予定を書くメモ

    フランスの暦、年中行事

    1週間の言い方、曜日の復習:フランス語の暦(18)

    月曜から日曜までフランス語の1週間の曜日(jour de la sem…

  2. 年賀状

    フランス語の語彙

    年末年始の単語 その3~お年玉など

    年末年始にまつわるフランス語の単語をご紹介しています。年末年始…

  3. 赤いフェルトのハート

    フランスの暦、年中行事

    バレンタインデーとその神秘~その4 相手がいる人のバレンタインデー

    フランスの若い女性むけWebマガジンにのっている、バレンタインデーの記…

  4. pen 謹賀新年

    フランスの暦、年中行事

    歌と訳詞:Bonne et heureuse annee(あけましておめでとう)

    あけましておめでとうございます。きょうは新年にふさわしい、Bo…

  5. シャンドルール

    フランスのお菓子

    シャンドルールの起源~なぜクレープを食べるの?クレープの作り方つき

    2月2日はフランスでChandeleur(シャンドルール)と呼ばれる日…

  6. カレンダー

    フランスの暦、年中行事

    フランスには国民の祝日が何日あるか? 祝祭日のまとめ。

    長期の休みが多いフランスですが、国民の祝日(jours fériés)…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね♪

CTL+D でお気に入りに登録。

Feedlyで確実に更新をチェックしよう。

follow us in feedly

更新情報をメールで配信中

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

新しく書いた記事です。

  1. 連絡:お問い合わせいただいたプッゼさん、返信メールが戻ってき…
  2. 2019年版、フランス語と英語が勉強できるカレンダーの紹介。…
  3. クリスマスはいくつ?(Combien de Noëls ):…
  4. ドラマ、Dix pour cent (10パーセント)の予告…
  5. フランス語で知るハロウインの由来。
  6. ダンスに関係のある単語:かわいいフランス語(129)
  7. 伝説の歌手、シャルル・アズナブール、94歳で亡くなる。
  8. 私のおかしな人生についての歌(Chanson sur ma …
  9. シャネルを物語る5つの色(後編)
  10. 猛暑をフランス語でなんと言う?

おすすめ記事いろいろ

  1. 「4月の少女」ロラン・ヴルズィ:歌と訳詞。12ヶ月の名前がす…
  2. かわいいフランス語教えます~その39 音楽~楽曲
  3. 視点をずらすおもしろさ~人の心を動かす写真の撮り方とは?
  4. 続・英語になってるフランス語~かわいいフランス語教えます(6…
  5. 「まいにちフランス語」50:L72フランス語6文型 その3
  6. 予告編のフランス語:『屋根裏部屋のマリアたち』(1)
  7. 歌と訳詞:アナと雪の女王「雪だるまつくろう」~フランス語版
  8. フランス語の数字【第26回】41 – 50
  9. 歌と訳詞:C’est Noël, allélui…
  10. ブログと著作権法について その1

おすすめのまとめ記事

  1. ファッション、モード、おしゃれに関する記事の目次(4)
  2. フレンチポップスと訳詞の記事のまとめ:その4
  3. 『タイトルのフランス語』の記事の目次
  4. かわいいフランス語、教えます~目次 その4
  5. フランス語のニュースの記事のまとめ(4)
  6. クリスマス関連記事の目次 2013年版
  7. 2013年4月開講のNHKのラジオ講座のラインナップ
  8. ニュースの記事のまとめ(1)
  9. 「虎と小鳥のフランス日記」vol.2 第26話~50話
  10. 『不思議の国のFrance』関連記事の 目次その2

フランス語の勉強法とか

  1. 黒板
  2. フランス語の日めくり
  3. 星の王子さまの本

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらからどうぞ

封筒
⇒お問い合わせフォームへ


お気軽に^^

☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

アーカイブ

PAGE TOP