Pas à pas〜ころばぬ先のフランス語入門

「まいにちフランス語」9:初級編L25-27~動詞aller

4月1日から始まった春季のラジオ講座の受講メモを書いています。

9回目のきょうは第9週(L25-L27)の感想です。

今週から6月のレッスンに入りました。三ヶ月目ですね。まだ、皆さん、挫折してないですよね?

私はこの受講メモをブログに書いてなかったら、挫折していたかもしれません。

今週はallerとpartirという動詞が出て来ました。allerはすごく出てくるので要チェックです。



L.25 allerとcomment

aller 行く これは英語のgoです。映画見てると「アレ、アレ、アレ」とよく聞こえます。

これは間投詞として使われてることが多いから。

活用は

je vais,tu vas, il va, nous allons, vous allez, ils vont

avoirの活用とそっくりで、ほとんど兄弟です。

avoirは

j’ai, tu as, il a, nous avons, vous avez, ils ont 

allerの単数と、複数の3人称はavoirの活用の前にVをつければいいですね。

複数の1人称(nous),2人称(vous)の活用はavoirの活用のVをLLにすると、だいたいallerの活用になります(je のときはちょっと違うけど)。

これはavoirを覚えてないと使えないですが、ついでに両方覚えてしまえばいいですね。

ちなみに、この単数の人称と複数の3人称という四つの人称-je,tu,il,ils- はよく同じパターンで活用し、残りの複数の1人称と2人称はちょっと違うパターンで活用する、という傾向にすでにお気づきの方も多いことでしょう。

活用をよくある単数側を左、複数側を右に、6つの箱を並べた形で書くと

■ □
■ □
■ ■

こういうふうにグループ分けできますね(言ってる意味わかります?)

これをちょっと意識して覚えると試験で混乱したときに、思いだしやすい気がします。

そして、少しパターンの違う白い□グループが、仏検なんかだと狙われるわけです。

みんな覚えるときたぶん左側から覚えると思うので、たまに右側から覚えようとしてみたりするといいかもしれません。

子どもが数字を覚えるとき、1からばかりではなく100からカウントダウンしてみて覚える感じです。

L.26 aller+前置詞+場所

aller の基本的な意味は「~へ行く」なので直後に前置詞がついていることが多いです。

aller en France フランスに行く 
 
aller au Japon  日本に行く à+le 
 
aller à Paris  パリに行く
     
aller à l’école 学校に行く

aller à la fac 大学に行く

aller au cinéma   映画に行く 
     
aller aux toilettes  トイレに行く
   
aller chez ami 友達の家に行く

au, aux は縮約と呼ばれる前置詞 àと定冠詞leが合体したものです。縮約についてはこちらも参照⇒「まいにちフランス語」5:初級編L13-15~動詞être「まいにちフランス語」5:初級編L13-15~動詞être



L.27 aller, partir, aller+別の動詞の不定法

今週の復習をしつつ、allerと似たような意味を持つ新しい動詞partirといわゆる近接未来と呼ばれる、aller+不定法という形が出て来ました。

partir は活用がちょっと難しげです(でもないか)。

je pars, tu pars, il part, nous partons, vous partez, ils partent

単数の1,2人称ではSが落ちるけど、あとはs,s,t,ons,ez,ent という規則的な活用ですね。

SSTのパターンってもうこの講座に出て来ましたっけ?

«aller+不定法»はよく出てくるのですぐ慣れます。

このallerは助動詞でメインの動詞ではないってことですね。メインの動詞の動作の方向にこれから行く(aller)ということです。

Nous allons voyager en France en mars.
voyagerをする方向に行く⇒旅行します、旅行する予定です。

この「これからおこる」ことは別に主語が意志を持っている場合ばかりではなく、たとえば、この回のダイヤローグにあったように

Je vais avoir vingt et un ans dans une semaine.(この文、発音難しいです)
一週間後に21歳になるの。

・・・これは別に21歳になろうとしてなるわけではないですよね。勝手になってしまいます。

こういう場合でも使えるし、虎と小鳥のフランス日記第73話に出てきたのですが、地下酒場におりていくとき、カミーユが話していた

Il va faire très chaud. これから熱くなりそう(熱気むんむんね)

というように非人称表現(天候などが暑いとか、寒いとか言う)でも使われます。

英語の going to be に似てますね(It’s going to be all right 大丈夫だよ、とか)

allerを使わないと Il fait tràs chaud. すごく暑い という形です。非人称表現はまだ出てきてないので、知らない人はスルーしてください。要するに、いろいろに使われるということが言いたいわけです。

講座に出てくるダイヤローグはいつも使える表現ですね。

水曜日にでてきた

Oh là là ! On va être en retard !
Du calme, du calme ! On a le temps !

ああ、遅刻してしまうぅぅぅぅ~~!
落ち着いて、落ち着いて!時間はある!

とか、遅刻したときのあやまり方

Excusez-moi d’être en retard !

遅れてすみません!

などは丸覚えしておくとよさそうです。

☆もっとラジオ講座の記事を読みたい方はこちらへ⇒ラジオ講座「まいにちフランス語」関連記事の目次~その2(1課~47課)

教えてマダムでフランス人はあんまり時間を守らないという話がありました。

パーティでは時刻ぴったりに行くと失礼にあたるけど、仕事はちゃんと時間を守るべき、とマダムは言ってましたね。

日本人は時間に正確ですね。

以前、カナダの学校のインターナショナルビジネスのクラスで先生が、「日本では、時刻表に〇〇時発と書いてあると本当に〇〇時に出発します!(まあ、びっくり)」と言われてました。

私ら日本人にとっては、あたりまえですが、鉄道がほぼダイヤ通りに運行する国って、少数派かもしれません。

郵便や宅急便なども、みんな何でも時間通りに届くと期待していて、たいていその期待は裏切られません。

まあ、それはいいことなんですが、物事を時間通りに運ぶために、たとえば運送業に携わる人達はかなり無理してがんばっているのですよね。

配達がちょっとでも送れると始末書を書かされたりとか。

道が混んでたら遅れるのはあたりまえだし、そういう自分のコントロールできない理由であんまりストレスを感じてほしくないなと思います。

allerは、活用するとつづりが(複数の一人称、二人称以外は)AじゃなくてVから始まります。このへんがちょっと慣れないと、見た時、allerって気づかないですね。

「あれ?こんな動詞見たことないかも・・」となるかもです。

慣れればallerとわかるんですが。結局はallerは慣れの問題ですかね。

(いろいろシャレを仕込んでみましたが、どうだったでしょうか?)






ピックアップ記事

  1. ぜんぶ無料:あなたのフランス語学習に役立つサイト16選
  2. 2019年版、フランス語と英語が勉強できるカレンダーの紹介。
  3. 『星の王子さま』~お役立ちリンク集

関連記事

  1. penと船

    Pas à pas〜ころばぬ先のフランス語入門

    「まいにちフランス語」30:L52 複合過去その1

    ラジオ講座、本日は52課です。とうとう過去の時制に入りました。…

  2. 目覚まし時計

    Pas à pas〜ころばぬ先のフランス語入門

    「まいにちフランス語」15:L37~非人称表現・時間の言い方

    2013年春季のラジオ講座「まいにちフランス語」の受講メモです。…

  3. ピンクマフラー pen

    Pas à pas〜ころばぬ先のフランス語入門

    「まいにちフランス語」11:初級編L31-33~動詞venir

    4月1日から始まった春季のラジオ講座の受講メモを書いています。…

  4. 強調構文

    Pas à pas〜ころばぬ先のフランス語入門

    「まいにちフランス語」41:L63 強調構文

    きょうは61課で勉強した関係代名詞、qui と queの発展形とも言え…

  5. penと船

    Pas à pas〜ころばぬ先のフランス語入門

    「まいにちフランス語」45:L67 接続法現在 その1

    久松先生のラジオ講座もきょうを入れてあと6回です。終わりが見えてき…

  6. penとguru

    Pas à pas〜ころばぬ先のフランス語入門

    「まいにちフランス語」37:L59 単純未来その2

    Pas à pasで進むラジオ講座の復習の時間です。きょうは第59課、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね♪

CTL+D でお気に入りに登録。

Feedlyで確実に更新をチェックしよう。

follow us in feedly

更新情報をメールで配信中

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

新しく書いた記事です。

  1. 月の花:フランソワーズ・アルディ(歌と訳詞)
  2. 1918年の11月11日に起きたこと。
  3. サンジェルマン・デ・プレの歴史と名所
  4. いろいろな箱やケース:かわいいフランス語教えます(140)
  5. ハロウィンって何ですか?(子供むけの簡単な説明)
  6. 夏時間と冬時間。年に2度の時間の変更は、意味があるのか、ない…
  7. ヴェルサイユ宮殿って何ですか?
  8. マリー・アントワネット、世界のイコン
  9. 2019年のノーベル文学賞発表、2人の受賞者が象徴するもの。…
  10. パリのボン・マルシェ百貨店の歴史 (後編)

おすすめ記事いろいろ

  1. いつでも生き直せる(フランソワーズ・サガン):名言その16
  2. アバの記念ミュージアムがストックホルムで開館~その1
  3. 初心者向け:英語とフランス語の発音で大きく違う5つのポイント…
  4. 犬の肉を食べる中国の犬肉祭りに世界中から非難の声
  5. ラントレ:フランスで新学年開始。2017年の学校改革はこんな…
  6. フランスの小学校:授業は長い、でも結果が伴わず・・
  7. 「彼は秘密の女ともだち」(Une Nouvelle Amie…
  8. かわいいフランス語、教えます~その13 生地、布
  9. カザフスタンの村の原因不明の「眠り病」
  10. かわいいフランス語、教えます~その1自然篇

おすすめのまとめ記事

  1. クリスマス関連記事の目次 2013年版
  2. フレンチポップスと訳詞の記事のまとめ:その4
  3. かわいいフランス語 目次 その5:ネーミングの参考に
  4. masausaさんのカレンダー収録曲の記事の目次
  5. 2013年4月開講のNHKのラジオ講座のラインナップ
  6. フランス映画の予告編の記事のまとめ
  7. 数字の記事のまとめ その2 19から1兆まで
  8. 歌の訳詞を書いている記事の目次~その2
  9. フランス語のことわざ~目次 その1
  10. 『百合のFranceウォッチング』~目次 その1(L1~25…

フランス語の勉強法とか

  1. 黒板
  2. 星の王子さまの本
  3. フランス語の日めくり

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらからどうぞ

封筒
⇒お問い合わせフォームへ


お気軽に^^

☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

アーカイブ

PAGE TOP