椿の花

フランスの広告

堀北真希「いち髪」CMのフランス語 その2

クラシエの「いち髪」という名前のシャンプーのCMに出てくるフランス語を勉強しました。

きょうのは2012年のもの。ホームページのCMギャラリーのアーカイブから『少年の恋 濃密W保湿篇』を選びました。



少年の恋 濃密W保湿篇

では、CMをごらんください。
15秒

少年:«Ichi-kami», alors, c’est ça, la raison de sa beauté, son secret.
女性:Sois gentil avec les filles.
少年:Les Japonaises, elles sont vraiment trop belles.

少年:「いち髪」。そうか、これか。これがあの人の美しさの理由、そして彼女の秘密なんだ。
女性:女の子にやさしくね。
少年:日本の女性はほんとうにすごくきれい。

なぜ堀北真希は「女の子にやさしくね」と少年に言っているのでしょうか?

女の子をいじめてる現場ならわかるんですがシャンプーを手にとってじっと見てるだけなのに。

まあ、このCMの目的はシャンプーの宣伝ですから、話の流れはべつにどうでもいいのかもしれません。

そんなこと考えだしたら「そもそもどうしていきなりフランス語で話しかけるんだよ?」

と思ってしまいますね。だって少年の台詞は全部彼の心の中の言葉ですから(たぶん)。

Sois gentil avec les filles としましたが、

des filles なのか les filles なのか今ひとつ確信が持てません。

たぶんLだと思うんですが。

des filles と不定冠詞をつけると、ばくぜんと女の子たち

les filles と定冠詞をつけると共有されている情報として、女の子全員、あるいは一般に女子

この場合どっちでもいいような気もしますが、
やはり定冠詞でしょうか。

LとDは発音するとき舌の位置が似てるから紛らわしい音になりがちです。

LとRと比べた場合、フランス語ではRの発音が難しいと言われています。それは英語も同じです。が、もしかしたらLの発音のほうが難しいのかもしれません。

というのも、私は英語を話しているとき、何も意識せず、日本語の「らりるれろ」式でRあるいはLを発音すると、文脈にもよりますが、どちらかというとRとしてとられることが多いのです。

Lの発音はスペイン語ふうに、舌を少し外にだして歯でかんだほうが、我々日本人が舌を前歯のうしろにべたっとつける(つもりでいる)よりも、通じやすい、と何かで読んだことがあります。

とはいえ、いくらLをしっかり発音するべきだといっても、このCMの文の場合は、冠詞なので、そんなに強調する部分ではありません。
難しいですね。

覚えておくと役立つ単語

beauté 美しさ
「ボーテ」とコスメ関係の日本語になっています。

secret 秘密 英語と全く同じつづりですが発音はスクレ(レはRの発音)

gentil, gentille 親切な
être gentil avec [pour]誰々 誰々にやさしくする

Sois gentil avec les filles. は命令法

このsois はêtreが命令法になるために活用した形です。

命令といっても、フランス語の場合、お願いしたり、誘ったりするのもみんな「命令法」といいます。
ここでもそんなきつい感じではありません。

15秒のCMひとつとっても、たくさんの学びがありました。

★「再会編」はこちら→堀北真希「いち髪」CMのフランス語 その1

★「ブランド編」はこちら→堀北真希「いち髪」CMのフランス語 その3

関連記事もどうぞ

【CMに出てくるフランス語】
アラン・ドロンのダーバンのCMでフランス語を学ぶ。

セシルの週末(仏語初心者限定・・・だけど誰でも見られる)

【シャンプー】
シャンプーをフランス語で
食器用洗剤をフランス語で?



編と篇の違い:penの素朴な疑問コーナー

さて、このCMのタイトルを見たとき、ひとつ疑問がわきました。

それは、編と篇とどうちがうのかということです。

前々から気になっていたので調べてみました。

大辞泉で見たところ

篇:ひとまとまりの詩歌や文章 例として、長篇、短篇
書物の部分け 前篇、後篇
・・・中略・・・
編を代用字とすることがある。

編:糸でとじて書物を作る。文章を集めて書物にしたてる 編纂(へんさん)
・・・中略・・・
篇の代用字

とありました。なるほど「保湿篇」は「篇」を用いるのが正式ですね。

ちなみに、篇は人名には使えますが、常用漢字ではありません。






ピックアップ記事

  1. 『星の王子さま』~お役立ちリンク集
  2. ぜんぶ無料:あなたのフランス語学習に役立つサイト16選
  3. 2019年版、フランス語と英語が勉強できるカレンダーの紹介。

関連記事

  1. 薬

    フランスの広告

    ママはどんな字でも解読できるの:フランス語のCM

    あるキャンペーンのCMを勉強しました。子どもたちが出てきて、そ…

  2. 父の日

    フランスの暦、年中行事

    父の日に、ミルクのCMでフランス語を勉強

    きょうは父の日(Fête des pères)ですね。フランスの母の日…

  3. ステーキ

    フランスの広告

    時々、きみのことが心配になるよ

    フランスのFlunch(フランチ)というレストランのCM、その4です。…

  4. 飛行機

    フランスの広告

    エール・リベルテ(航空会社)のCMのフランス語

    きょうはAir liberté という航空会社のCMで勉強しました。…

  5. タブレット

    フランスの広告

    iPad(アイパッド)のCMのフランス語、その3

    iPad(アイパッド)3のCMでフランス語を勉強しました。この…

  6. ハムをのせたパン

    フランスの広告

    ベジタリアンが好きなハム?CMのフランス語

    フランスのCM(フランス語ではpublicité)を見てフランス語を勉…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね♪

CTL+D でお気に入りに登録。

Feedlyで確実に更新をチェックしよう。

follow us in feedly

更新情報をメールで配信中

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

新しく書いた記事です。

  1. フランス語の学習に役立つおすすめの本
  2. 新しいもの:かわいいフランス語(130)
  3. エピファニー(公現祭)とはどんな意味?
  4. 今年はフランス語をがんばるぞ、という新年の目標を達成するには…
  5. サンタクロースがやってきた:ペッパピッグで学ぶフランス語(3…
  6. クリスマスの13種のデザート(プロバンス地方の伝統)
  7. 連絡:お問い合わせいただいたプッゼさん、返信メールが戻ってき…
  8. 2019年版、フランス語と英語が勉強できるカレンダーの紹介。…
  9. クリスマスはいくつ?(Combien de Noëls ):…
  10. ドラマ、Dix pour cent (10パーセント)の予告…

おすすめ記事いろいろ

  1. 『奇跡のひと マリーとマルグリット』(前編)~予告編のフラン…
  2. ちあきなおみ「夜間飛行」に出てくるフランス語
  3. フランス語のことわざ57~木はしばしば森を隠す(木を見て森を…
  4. 「まいにちフランス語」31:L53 複合過去その2
  5. シンプルだけどおいしいフィナンシエのレシピ:フランスのお菓子…
  6. 『双子姉妹の歌(ロシュフォールの恋人たちより)』~「虎と小鳥…
  7. アデルは2015年もっとも売れた歌手
  8. 序数(1)~フランス語の数字【第42回】
  9. 英語読みが止まらない~入門日記第16回
  10. 6月の雨がもたらすもの : フランス語のことわざ42

おすすめのまとめ記事

  1. 『ベルサイユのバラ』新作その2が週刊マーガレット第22号(1…
  2. フランス語入門日記~目次を作りました
  3. ファッション、モード、おしゃれに関する記事の目次(2)
  4. かわいいフランス語、教えます~目次 その2
  5. ファッション、モード、おしゃれに関する記事の目次(1)
  6. ラジオ講座「まいにちフランス語」関連記事の目次~その3(48…
  7. ニュースの記事のまとめ(1)
  8. ファッション、モード、おしゃれに関する記事の目次(3)
  9. かわいいフランス語、教えます~目次 その1
  10. 猫に関連する記事の目次~猫好きさんに捧ぐ

フランス語の勉強法とか

  1. 星の王子さまの本
  2. 黒板
  3. フランス語の日めくり

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらからどうぞ

封筒
⇒お問い合わせフォームへ


お気軽に^^

☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

アーカイブ

PAGE TOP