ファッショナブルな男性

フランス語を読む練習

アラン・ドロンのダーバンのCMでフランス語を学ぶ。

身近にある簡単なフランス語からフランス語の世界になじんでいくシリーズ。

今回は、1970年代にテレビでよく見かけた、レナウンのダーバンのCMに出てくるフランス語を紹介します。

CMに登場するのは、今年(2017年)デビュー60周年を迎え、「81歳で引退します」と語ったフランスの俳優アラン・ドロンです。



ダーバンのCM

CMは1分。フランス語は一番最後に出てきます。

D’urban, c’est l’élégance de l’homme moderne.

意味は「ダーバン、それは現代の男のエレガンスだ」

このフランス語を細かく見ていきましょう。たった1行ですがさまざまな文法項目が入っています。

D’urban ダーバン

1970年秋にレナウンから出たメンズファッションのブランドです。いまもあります。

このブランド名は、urban「都会の」という英語がベースだと思います。フランス語で「都会の」という意味の形容詞は、urbain, urbaine で発音は ユルバン、ユルバンヌです。

共に語源はラテン語の urbs (都市)です。

最初のD’は deのエリジオンだと思われます。

そこで、エリジオンの説明をします。

エリジオン(élision)とは?

この文章の中に、d’ c’ l’ とありますが、これがエリジオンです。

簡単に言うと、ce, de, je, la, le, のような語の直後に、母音で始まる単語がくると、母音の衝突を避けるために、前の語の母音が脱落することです。

落ちた音は ’ (アポストロフ)になります。

たとえば、フランス語を知らない日本人にもおなじみのフランス語、ジューテームにもエリジオンが入っています。

ジュテームのつづりは、Je t’aime.

t’aime の t’ がエリジオンが発生している部分です。

もしエリジオンしないと、te aime となります。

エリジオンする単語は決まっていて、必ずエリジオンすることになっています。

では、D’urban の D’ は何だろうと考えてみると、前置詞のdeか、否定の冠詞 de ぐらいしか思いつきません。

しかし、urban は形容詞だし、そもそも英語なので、エリジオンするなんておかしい、といえます。

英語の辞書にも de はのっていますが、「フランスの人などの姓の一部として使われ、本来は出生地を表す」と書かれています。

urbanに d’をつけてフランス語ふうにした日本語のブランド名だと言えるでしょう。

c’est それは~です

c’est = ce est  c’ もエリジオンです。 

est は être という動詞。

êtreはフランス語のbe動詞で、助動詞としても活躍するひじょうに重要な動詞の1つです。

ce は être の主語となり、2つ合わせて、「それは~です」と言い表すことができます。

他の例:C’est un crayon. それは鉛筆です。

l’élégance エレガンスというもの

l’élégance = la élégance の laがエリジオンしています。

la は 女性形の名詞につく定冠詞です。

ここでは、総称的に、~というもの という意味で使われていると思います。しかし、「~というもの」をいちいち訳すとくどいので、「エレガンス」だけでいいです。

他の例: J’aime la musique. 私は音楽が好きです。

élégance は 日本語にもなっていますね。

意味は、「優雅、優美、上品」。

an は、鼻母音で鼻に抜く音です。カタカナで書くと、どちらかというと「オン」に近いと思います。エレゴンス と聞こえますよね?

しかし、日本語では、an は 「アン」と書くことが多いようです。

France の an も同じ音なのですが、「フランス」と書きます。しかし、実際は、「フロンス」のほうが近いと思います。まあ、どのみちカタカナでは書き表せません。

音はこの動画で確認してください。

l’homme moderne

この l’ は 男性形の名詞につく、leのエリジオンです。

homme は「人間、人類、男」。ここでは男のことです。

フランス語では H はいついかなるときも発音しないため、「オム」です。「ホム」ではありません。

homme は洋服のブランド名によく登場します。コムデギャルソンオム(COMME des GARCONS HOMME)とか。 

コムデギャルソンは、「男の子のように」という意味なので、コムデギャルソンオムは、「男の子のようにの男版」となり、何もしらないフランス人が聞いたら違和感があるかもしれません。

homme の反対語は femme (ファム 女性) です。

l’homme moderne で 「現代的な男性、今風の男性」。

モダンも日本語になっていますが、英語の modern から来ています。

modern はラテン語の mode(modernus) が語源です。 mode(モード、モド)も日本語になっていますね。「ちょうどいま、最近の」という意味です。

フランス語では、moderne です。moderne は男性形も女性形も同じつづりです。

フランス語では形容詞はふつう名詞の後ろに来ます。

moderne の反対語は ancien「昔の」。アンシャン・レジーム(l’Ancien Régime)のアンシャンです。

de ~の

l’elegance と l’homme moderne のあいだにある de は前置詞で「~の」という意味です。

この de はふたつの名詞をつなげる働きをしており、ひじょうによく出てきます。

コムデギャルソン(COMME des GARCONS)の des は de の複数形です。

他の例: lumière de soleil 陽の光

これですべての単語の意味がわかりましたが、もう1つ、この文全体について説明しておきます。

最初に名詞が来る形

D’urban, c’est l’élégance de l’homme moderne. という文は
D’urban est l’élégance de l’homme moderne. とも言えます。

このCMでは、「ダーバン」を強調したいので、文頭に持ってきて、ce という代名詞で受けなおしています。「ダーバン、それって言うのはね」という感じです。

この形はよく見かけます。

フロベールの

Madame Bovary, c’est moi. 「ボヴァリー夫人、それは私だ」という文章も同じ形です。

Alain Delon  アラン・ドロン

アラン・ドロンのスペルもチェックしておきましょう。

フランス語で「アラン」という名前は Alain とつづります。 ai 2つセットで「ア」と発音します。

Delon もデロンではなくドロンです。この e は発音しない e です。



アラン・ドロンのプロフィール

アラン・ドロンは1935年11月8日、オー=ド=セーヌ県ソー生まれ。

幼いときに両親が離婚し、両親ともに再婚し、家庭の愛情をしっかり受けられなかったようです。

学校では問題行動が目立ち、退学になったりしています。14歳で学校をやめ、義理父の肉屋で働いたり、海軍に入ったりしました。

海軍でも素行がよくなかったので、21歳のとき追い出され、ウエイター、ポーター、セールスなどさまざまな仕事で食いつないでいました。

この頃、女優の ブリジット・オーベール(Brigitte Auber)と知り合い、一緒にカンヌ国際映画祭に行きました。

ブリジット・オーベールでは日本ではそんなに有名ではないですが、ヒッチコック監督の「泥棒成金 (To Catch a Thief)」(1955)に出演しています。

この映画の大部分は、カンヌやニースなど南フランスで撮影されました。

ドロンの話に戻ると、彼は若いときからすごくハンサムだったので、カンヌでデヴィッド・O・セルズニックの映画のキャスティングをしている人にスカウトされました。その後、スクリーンテストを受け、英語を習得することを条件に契約を持ちかけられます。

しかし、結局、その直後、フランスでイヴ・アレグレ監督と出会い、1957年にアレグレ監督の、Quand la femmes s’en mêle 「女が事件にからむ時」でスクリーンデビューしました。

1960年、ルネ・クレマン監督の「太陽がいっぱい」で主演して、これが大ヒットし、世界的なスターとなりました。

その後ずっと映画に出ていますが、全盛期は60年代~70年代だと思います。

アラン・ドロンは日本でとても人気がありました。

2017年の5月9日に、ドロンはこれから出る舞台と、2018年に公開されるパトリス・ルコント監督の作品を最後に、引退すると発表しました。

「太陽がいっぱい」の予告編はこちらの記事で紹介しています⇒歌と訳詞:秋のさなかに~マリー・ラフォレ

身近にあるフランス語、前の記事はこちら⇒ちあきなおみ「夜間飛行」に出てくるフランス語

私は10代のとき、「スクリーン」という映画雑誌をたまに買っていましたが、アラン・ドロンは、ずっと人気の男優第1位だったと思います。

個人的にはそんなにファンではありませんでしたが、映画はおもしろかったですね。やはり、フランスを代表する名俳優だと言えましょう。






関連記事

  1. 人魚の像

    フランス語を読む練習

    セイレーンの伝説~自分の歌を歌うこと

    子ども向けのお話のサイトで「セイレーンの伝説」がもとになっている短い話…

  2. かわいい女の子

    フランスにまつわるあれこれ

    2017年人気のフランスの赤ちゃんの名前はこんな感じ。

    フランスの子ども新聞、1jour1actuから、2017年、人気の出そ…

  3. 履歴書

    フランス語を読む練習

    この世でもっとも大変な仕事とは?~その1

    こんにちは。フランス語愛好家のpenです。きょうはちょっとおも…

  4. 竹取物語

    フランス語を読む練習

    『かぐや姫の物語』~その1

    こんにちは。penです。きょうから、2014年の6月から公開さ…

  5. カラスとキツネ

    フランス語を読む練習

    カラスとキツネ(タイトルのフランス語:第7回)

    『カラスとキツネ』というお話のフランス語のタイトルを紹介します。…

  6. クリスマス

    フランス語を読む練習

    クリスマスツリーの飾り方のアイデア その3 ほろ酔い加減で

    フランスのWebマガジンで今風のツリーの飾り方の記事を読んでいます。…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね♪

CTL+D でお気に入りに登録。

Feedlyで確実に更新をチェックしよう。

follow us in feedly

更新情報をメールで配信中

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

おすすめ記事いろいろ

  1. すごく簡単なりんごケーキの作り方~フランスのお菓子(4)
  2. 1週間の始まりは月曜日:フランス語の暦(11)
  3. 飛行機に関する単語~かわいいフランス語教えます(83)
  4. 韓国でMERS(マーズ:中東呼吸器症候群)の感染が拡大
  5. 冬(季節の単語)~フランス語の暦(4)
  6. L29 フランスで一番人気のあるマンガは?
  7. お肉に関するフランス語~かわいいフランス語教えます(88)
  8. 歌と訳詞:霧のコルヴィザール~フランソワーズ・アルディ
  9. 学習におすすめのサイト~清水先生に聞きました~後篇
  10. ミスティ・コープランド~夢を実現させたバレリーナ

新しく書いた記事です。

  1. クロード・モネの「睡蓮」がオランジュリー美術館に寄贈されるま…
  2. アメリカ・ラスベガスで起きたアメリカ史上最悪の銃撃事件。
  3. 初心者向け:英語とフランス語の発音で大きく違う5つのポイント…
  4. アリゼ:À cause de l’automne…
  5. このブログの更新の通知を受け取る方法
  6. 美食の祭典(フェット・ド・ラ・ガストロノミー)とは?
  7. 一口サイズがかわいい、ペ・ド・ノンヌの作り方:フランスのお菓…
  8. ヨーロッパ文化遺産の日とはどんな日でしょうか?
  9. 2017年秋季仏検受付開始~仏検関連記事とおすすめサイト
  10. 学校からでてきたら:ジャック・プレヴェールの詩を読んでみた

おすすめのまとめ記事

  1. 『タイトルのフランス語』の記事の目次
  2. 数字の記事のまとめ その2 19から1兆まで
  3. 歌の訳詞を書いている記事の目次~その2
  4. フランス語のCMの記事のまとめ。ディクテに最適。
  5. 数字の記事のまとめ その1 0から18まで
  6. フレンチポップスの訳詞をしている記事のまとめ:その5
  7. 歌の訳詞を書いている記事の目次~その3
  8. ラジオ講座「まいにちフランス語」関連記事の目次~その1(概要…
  9. 「パッケージのフランス語」の記事の目次~その1
  10. かわいいフランス語、教えます~目次 その4

フランス語の勉強法とか

  1. 星の王子さまの本
  2. ペンディクテ中
  3. penのイラスト
  4. 黒板
  5. 黒板

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらからどうぞ

封筒
⇒お問い合わせフォームへ


お気軽に^^

☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

アーカイブ

  1. ロールケーキ

    かわいいフランス語

    形容詞(4):かわいいフランス語教えます~その32
  2. スインギングロンドン

    ファッション

    2014年秋冬のファッションのトレンドその4~60年代ルック
  3. マリー・アントワネット

    フランス映画

    映画『マリー・アントワネットに別れをつげて』予告編のフランス語~前編
  4. 読書する娘

    フランス語脳プロジェクト

    翻訳をするときの心構え、技術より大切なもの~翻訳講座第12回後半(終)
  5. ゴミ袋

    パッケージのフランス語

    ゴミ袋をフランス語で?【第20回】
PAGE TOP