水曜日

暦、年中行事

水曜日はメルクリウスの日:フランス語の暦(13)

フランス語の暦シリーズ。今回は水曜日です。フランス語の曜日はすべて男性名詞、英語とは違い小文字で始まります。



水曜日:mercredi

語源 は« jour de la Mercure »「Mercureの日」。Mercure はローマ神話の神で、マーキュリーまたはメルクリウス。商売、盗賊、旅行者の神です。ギリシャ神話のHermès ヘルメスにあたります。

Mercure は「水星」です。mercure は「水銀」。なぜ水銀がマーキュリーなのか?神々の間を行き来する足の速いマーキュリーの姿が、水銀の動きに似ているから、という説があります。

英語の Wednesday はゲルマン神話の神、「ウォーデンの日」が語源です。

mercredi の発音はこちら 

mercredi の例文

Le mercredi est le troisième jour de la semaine. Il vient après le mardi et avant le jeudi.
水曜日は週の3番目の日です。火曜のあとに来て、木曜の前に来ます。

Alexandre prend des cours de guitare tous les mercredis après-midi.
アレグザンダーは毎週水曜日の午後、ギターのレッスンを受けている。

mercredi des Cendres
灰の水曜日(四旬節carêmeの第1日目で信者の頭に灰をかけるカトリックの習慣がある。)

Le mercredi, en France, est le jour de congé scolaire des enfants.
フランスでは水曜日は子どもの学校は休みです。→ちょっと前のことです。

(間投詞として、merde の代わりに用いて)くそっ、ちくしょう。

昔はフランスの小中学校は水曜休みでした

昔は、フランスの小中学校は基本的に水曜日(と土曜日)休みでした。週4日学校へ行っていたのです(地域、学校によっては違うところもあります)。休みが多すぎて、学校のある日の授業時間が長く、生徒が疲れていることが問題になり近年改革されました。

2013年から幼稚園、小学校では、水曜日の午前中に授業をするかわりに、ほかの日の終業を早めました。

フランス全体でそうなっているわけではなく、各自治体によって導入具合は違います。パリではこの時間割です。

導入当初は先生や教室が足りなくて、混乱がありました。というのも、フランスの親は共働きが普通なので、仕事が終わるまで子どもたちに学校にいてもらう必要があるからです。

そこで、早く終る日は授業のあとスポーツなど、クラブ活動みたいなものが導入されました。しかしこういう時間を設けるためには、予算が必要なので、これに対応できない学校もたくさんあったのです。

現在はもう混乱がおさまっているでしょうか?

フランスはそれでなくても休みが多いので、ふだんのカリキュラムをこなすのは大変でしょうね。



イレテ・ユヌ・フォアの「水曜日の少女たち」

mercredi が 歌詞とタイトルに入っている歌を紹介します。

Il était une fois の Les Filles Du Mercredi。

イレテ・ユヌ・フォアは70年代のフランスのグループです。ちょっとABBAふう、あるいはアメリカのドーン(Dawn)に似た古き良き70年代ポップスです。

冒頭の歌詞:

Les filles du mercredi
Sont toutes restées dans leur lit
Cheveux blonds, cheveux bruns
Entremêlés jusqu’à midi
Les filles du mercredi
Ont délaissé leurs poupées
Cheveux bruns, cheveux blonds
Jusqu’à midi entremêlés

水曜日の少女たちは
みんなベッドでのんびりしている
ブロンドの髪、栗色の髪
お昼まで混じりあっている
水曜日の少女たちは
人形をほったらかし
栗色の髪、ブロンドの髪を
お昼まで混じりあっている

entremêler 混ぜる、混ぜあわせる
水曜日は休みだから、みんなベッドの上で横になり、髪がふとんの上にひろがっているのだと思います。

☆歌詞はこちら⇒Paroles Les Filles Du Mercredi – Il Etait Une Fois

今の子どもたちは、水曜日といえど、そんなにのんびりはできません。

この続きはこちら⇒木曜はユピテルの日:フランス語の暦(14)

このシリーズを最初から読む方はこちらから⇒春(季節の単語)~フランス語の暦(1)






教室フランスの子どもたちにテロリズムについてどうやって説明するか?前のページ

オバマ大統領、ホームレスの退役軍人に感謝祭のごちそうを給仕次のページ七面鳥のロースト

ピックアップ記事

  1. 『星の王子さま』~お役立ちリンク集
  2. ぜんぶ無料:あなたのフランス語学習に役立つサイト16選
  3. 2020年版、フランス語学習用カレンダーのレビュー。

関連記事

  1. チョコレート

    フランス語を読む練習

    バレンタインデーとその神秘~その3

    フランスのWebマガジンにのっている、バレンタインデーの記事を読んでい…

  2. 花火

    百合のFranceウォッチング

    L31 7月14日~革命記念日

    百合のFranceウォッチング、第31回の学習メモです。この週…

  3. fevrier 29

    暦、年中行事

    うるう年はなぜあるの?(簡単なフランス語の説明)。

    今年、2020年はうるう年で、2月29日まであります。なぜうる…

  4. アリとキリギリス

    暦、年中行事

    フランス語のことわざ16~朝(あした)に笑う者は夕べに泣く

    今日、ご紹介するフランス語のことわざはこちらです。金曜日に笑う…

  5. new year pen

    暦、年中行事

    フランス人の大晦日とお正月の過ごし方。

    フランスでは大晦日から新年にかけて何をするのでしょうか?Fre…

  6. ガレット・デ・ロワ

    暦、年中行事

    エピファニー(公現祭)とはどんな意味?

    1月6日はエピファニー(Epiphanie 公現祭 =jour des…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサーリンク



新しく書いた記事です。

  1. かわいいフランス語の目次、その7:発想のたねにしてください。…
  2. ジュリエット・グレコ、93歳で亡くなる。
  3. オウトウの木の絵を描く:ペッパピッグのフランス語(5)
  4. フランスの象徴、マリアンヌ像はどのようにして生まれたか?
  5. 世襲財産(patrimoine)とは何か?
  6. シャネルにゆかりのあるパリの5つの場所。
  7. ラスコー洞窟はどんなふうにして発見されたのか?
  8. Septembre(9月):La Femme(ラ・ファム)~…
  9. なぜフランス人は、フランス料理を誇りに思っているのか?
  10. パンテオンから見るパリの景色

更新情報をメールで配信中

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらからどうぞ

封筒
⇒お問い合わせフォームへ


お気軽に^^

☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

フランス語の勉強法とか

  1. 星の王子さまの本
  2. 日めくりとpen
  3. 黒板

アーカイブ

PAGE TOP