イースターエッグ

フランス語を読む練習

イースター・エッグ:マルセル・パニョルの詩

フランスの作家、マルセル・パニョルが若いときに書いた、Œufs de Pâques (イースターエッグ)という詩を紹介します。

1910年に書かれた詩です。彼は1895年生まれなので、15歳のときの作品です。

デパートに置かれたイースターエッグとそれを見ている子どもたちの様子を描いています。



Œufs de Pâques : Marcel Pagnol

Voici venir Pâques fleuries,
Et devant les confiseries
Les petits vagabonds s’arrêtent, envieux.
Ils lèchent leurs lèvres de rose
Tout en contemplant quelque chose
Qui met de la flamme à leurs yeux.

Leurs regards avides attaquent
Les magnifiques œufs de Pâques
Qui trônent, orgueilleux, dans les grands magasins,
Magnifiques, fermes et lisses,
Et que regardent en coulisse
Les poissons d’avril, leurs voisins.

Les uns sont blancs comme la neige.
Des copeaux soyeux les protègent.
Leurs flancs sont faits de sucre. Et l’on voit, à côté,
D’autres, montrant sur leurs flancs sombres
De chocolat brillant dans l’ombre,
De tout petits anges sculptés.

Les uns sont petits et graciles,
Il semble qu’il serait facile
D’en croquer plus d’un à la fois ;
Et d’autres, prenant bien leurs aises,
Unis, simples, pansus, obèses,
S’étalent comme des bourgeois.

Tous sont noués de faveurs roses.
On sent que mille bonnes choses
Logent dans leurs flancs spacieux
L’estomac et la poche vides,
Les pauvres petits, l’œil avide,
Semblent les savourer des yeux.

では訳してみます。各行ごとに、つまり頭から訳しています。私の訳は詩になっていないのですが、こんなことが書いてある、と参考程度にとどめてください。

イースターエッグ:マルセル・パニョル

花盛りのイースターがやってきた
お菓子の前に
ふらふらとこどもたちがやってきて、うらやましそうに立ち止まる
こどもたちはピンク色のくちびるをなめる
何かを考えながら
目を輝かせている

子どもたちのむさぼるような目は
美しいイースターエッグを見ている
卵はデパートの中で、堂々としている
美しくて、しっかりして、つやつやだ
卵たちはこっそりと見ている
隣人の4月の魚を

雪のように白いのもある
絹のようなおがくずに守られている
横側は砂糖でできている。その横には
黒いのがある
チョコレートでできていて、影の中でつやつやしている
小さな天使の彫刻がついている

小さくてきゃしゃな卵がある
簡単に
一口で砕けそうだ
行儀の悪い卵もある
無地で飾り気がなく大きくふくらんでいる
ブルジョワのように並んでいる

みんなピンクのリボンを結ばれ特別待遇。
たくさんいいものがありそうだ
ゆったりとした卵の内側には
おなかがペコペコだし、ポケットはからっぽ
かわいそうな子どもたちは、食い入るような目で
卵を食べ尽くしてしまいそうだ

単語メモ

confiserie 砂糖菓子、砂糖菓子屋

vagabond 浮浪者

lécher  なめる

regard avide  むさぼるような目つき

trôner  上座に座る、のさばる、尊大ぶる

orgueilleux  傲慢な、堂々とした

ferme  (中身が詰まって)かたい、引き締まった、力強い

lisse  なめらかな、すべすべした

en coulisse   ひそかに、秘密裏に

copeau  おがくず、こっぱ

soyeux  絹のような、柔らかで光沢のある

flanc  側面

couleur sombre  暗色

gracile  かぼそい、きゃしゃな、繊細な

prendre ses aises  くつろいだ[行儀の悪い]格好をする

pansus  腹の出た、太鼓腹の、(壺などが)ふくらみの大きい

obèse  太りすぎの

faveur  特別のはからい

loger  置く

・・・初めて見た単語がたくさんありました。

マルセル・パニョルのプロフィール

マルセル・パニョル(1985-1974)は20世紀のフランスを代表する作家、劇作家、映画作家です。マルセイユ郊外のオーバーニュの生まれ。特に、子どもの頃の回想を題材にした戯曲、マルセイユ3部作が有名です。

この戯曲はそれぞれ、Marius(マリウス 1929)、Fanny(ファニー 1931)、César(セザール 1946)というタイトルです。

後にイブ・ロベール監督が、ファニーとセザールを元にLa Gloire de mon père(プロヴァンス物語 マルセルの夏)、 Le Château de ma mère (プロヴァンス物語 マルセルのお城)という映画を作り、日本でも話題になりました。

映画「マルセルの夏」の予告編を紹介しています⇒『プロヴァンス物語 マルセルの夏』~予告編のフランス語(1) この記事でもマルセル・パニョルについて書いています。

パニョルは、ずいぶん小さいときに文字が読めるようになりましたが、その神童ぶりにお母さんはびっくりして、6歳になるまで本を読ませなかった、という逸話があります。

10歳でリセの奨学金試験を受けて、優秀な成績で合格。15歳で最初の戯曲を書き、父親のあとをついで、リセの先生になりました。

この詩はその頃書かれたわけです。すでに高校の先生になるかならないかだったので、子どもたちのことを先生の目で見ているかもしれません。

はじめて戯曲が上演されたのはその後15年ぐらいたった1924年です。

マルセル・パニョルは1931年から1967年のおよそ35年の間に、35本も映画を作っています。

彼は英語とラテン語も得意で、シェークスピアとウェルギリウス(古代ローマの詩人)を敬愛していたそうで、シェークスピアの「ハムレット」と「真夏の夜の夢」、ウェルギリウスの詩集をフランス語に翻訳しています。

他に小説や随筆も書いています。

多彩な才能のあった人ですね。

詳しくはマルセル・パニョルのサイト(フランス語)をごらんください⇒Marcel Pagnol Films, histoire – livres et DVD de Marcel Pagnol

Œufs de Pâquesの詩も、このサイトにあったものを引用しました。



イースター(復活祭)について

イースターはキリストの復活を祝うキリスト教の祝日で、春分のあとの最初の満月の次の日です。

2017年は4月16日がイースター・サンデーです。

イースターエッグはイースターを祝うときに用意されるカラフルな卵のこと。また、卵の形をしたチョコレートも販売されます。

chocolatier (チョコレート専門店)ではこんなふうに卵の形をしたチョコレートを作っています(2分16秒)

もっとイースターについて知りたい方は過去記事を参照してください。

イースターに卵の形をしたチョコレートを食べる理由~前編

イースターに卵の形をしたチョコレートを食べる理由~前編

なぜイースターにウサギが出てくるのか?

イースターにフランス人が食べるものは何?

マルセル・パニョルは1914年(18歳ごろ)に、友人数人と文芸雑誌を発行していたことがあり、そこで自分の詩を発表しました。「自分も友人も詩人ではなかった」と述懐しています。詩を書く才能は、散文を書く才能とは全く違うものなのでしょう。






ピックアップ記事

  1. 2019年版、フランス語と英語が勉強できるカレンダーの紹介。
  2. ぜんぶ無料:あなたのフランス語学習に役立つサイト16選
  3. 『星の王子さま』~お役立ちリンク集

関連記事

  1. イースターエッグ

    フランスの暦、年中行事

    イースターに卵の形をしたチョコレートを食べる理由~後編

    イースター(復活祭)に卵型のチョコレートを食べる由来を書いた記事の和訳…

  2. フォーチュンクッキー

    フランスのお菓子

    フォーチュン・クッキーとは~作り方つき

    全国的にAKB48の「恋するフォーチュンクッキー」という曲が流行ってい…

  3. 鳩時計

    フランス語を読む練習

    アニメ:『ジャックと機械じかけの心臓』~その1

    きょうは子ども新聞の映画に関する記事の和訳です。記事のタイトル…

  4. バレエ

    フランス語を読む練習

    ミスティ・コープランド~夢を実現させたバレリーナ

    ミスティ・コープランドについて子ども新聞で読みました。コープラ…

  5. カーニバルのマスク

    フランス語を読む練習

    カーニバルの楽しみ方。フランスの子ども新聞記事より。

    マルディグラとカーニバルについて子ども新聞記事を読みました。カ…

  6. クリスマスツリー

    フランスの暦、年中行事

    メリークリスマス!~一番すばらしいクリスマスの贈り物は?

    きょうはクリスマスですね。今年のクリスマス特集の最後はLe J…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね♪

CTL+D でお気に入りに登録。

Feedlyで確実に更新をチェックしよう。

follow us in feedly

更新情報をメールで配信中

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

新しく書いた記事です。

  1. 12月6日は聖ニコラ(聖ニコラウス)の日。この人はいったい誰…
  2. ジンジャーマンクッキー(パンデピス)の作り方:フランスのお菓…
  3. 12月1日は世界エイズデー。AIDSに関する理解を深めよう。…
  4. フランスのあいさつ、ビズはどうやるのか?
  5. ディリリとパリの時間旅行:予告編のフランス語。
  6. なぜボジョレー・ヌーヴォーは人気があるのか?
  7. 11月19日は世界トイレの日。
  8. 月の花:フランソワーズ・アルディ(歌と訳詞)
  9. 1918年の11月11日に起きたこと。
  10. サンジェルマン・デ・プレの歴史と名所

おすすめ記事いろいろ

  1. 映画 Le Papillon(パピヨンの贈りもの)予告編のフ…
  2. フランス語のことわざ8~犬は猫を産まない(蛙の子は蛙)
  3. ヴィエノワ(ネスレ)のCMのフランス語
  4. かわいいフランス語、教えます~その61 その他の色のバリエー…
  5. かわいいフランス語教えます~その52 ソーイング(裁縫)の単…
  6. ボルドー名物メドックマラソンとは?
  7. サイラ~ジョイス・ジョナサン 歌と訳詞。
  8. 靴のいろいろ~かわいいフランス語教えます(101)
  9. ナンシー・シナトラ「にくい貴方」のフランス語版の訳詞
  10. ファー・ブルトンは簡単でおいしい:フランスのお菓子(24)

おすすめのまとめ記事

  1. フランス映画の予告編の記事のまとめ
  2. ファッション、モード、おしゃれに関する記事の目次(1)
  3. かわいいフランス語、教えます~目次 その3
  4. ファッション、モード、おしゃれに関する記事の目次(4)
  5. 猫に関連する記事の目次~猫好きさんに捧ぐ
  6. フランス語入門日記~目次を作りました
  7. 「パッケージのフランス語」の記事の目次~その1
  8. ファッション、モード、おしゃれに関する記事の目次(5)
  9. 『百合のFranceウォッチング』~目次 その3(L51~L…
  10. 「虎と小鳥のフランス日記」vol.4 第76話~第100話

フランス語の勉強法とか

  1. フランス語の日めくり
  2. 星の王子さまの本
  3. 黒板

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらからどうぞ

封筒
⇒お問い合わせフォームへ


お気軽に^^

☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

アーカイブ

PAGE TOP