バレエ

時事ニュース

ミスティ・コープランドがアメリカのバレエ史上初の黒人のプリマに選ばれる

ミスティ・コープランドという黒人のバレリーナがアメリカン・バレエ・シアター首席ダンサーーに選ばれたニュースをご紹介します。

アメリカでアフリカ系アメリカン人が首席ダンサーに選ばれたのは今回が初めてのことです。



ミスティ・コープランドのニュース

動画はこちらです。わりとゆっくりしゃべっています。

Misty Copeland : l‘étoile noire du ballet américain ミスティ・コープランド:アメリカのバレエの黒人のプリマ

C‘était son rêve depuis qu’elle était enfant : Misty Copeland a été promue danseuse étoile du célèbre American Ballet Theater… À 32 ans, la jeune femme est devenue le 30 juin la première étoile noire dans l’histoire du Ballet Américain.

小さな頃からの夢でした:ミスティ・コープランドは著名なアメリカン・バレエ・シアターの首席ダンサーに昇進しました。

32歳のミスティは、6月30日にアメリカのバレエ史上初めての黒人のプリマになったのです。

Devant les journalistes, la danseuse a confié, très émue, les conseils qu’elle a reçus de son collègue le danseur étoile David Hallberg.

ジャーナリストの前で、ミスティは感激しながら、同僚の首席ダンサー、デーヴィッド・ハルバーグからのアドバイスを打ち明けました。

“Cétait mon rêve depuis mes 13 ans et devenir étoile ici, c’est le rêve qui devient réalité. 

Maintenant, j’ai l’impression que c’est comme si je pouvais respirer, mais David Hallberg m’a dit ce matin que le travail ne fait que commencer… J’aime les défis et je ne pense pas que je pourrais être ici si je n’aimais pas travailler dur. “

首席ダンサーになることは13年前から夢見ていました。夢が叶いました。今は、なんとか息ができていますけど、デーヴィッド・ハルバーグにこう言われたんです。

「仕事は始まったばかりなんだよ」って。私は挑戦は好きです。ハードワークを嫌っていたらここにはいなかったと思います。

Misty Copeland venait d’interpréter Odette dans le lac des Cygnes de Tchaikovski, un des rôles les plus importants pour une danseuse, quand elle a été promue danseuse étoile dans le monde très blanc du ballet.

ミスティ・コープランドはチャイコフスキーの「白鳥の湖」のオデット役を演じたばかりです。オデット役はダンサーにとって最も重要な役の1つ。そして、彼女は白人優勢の世界のプリンシパルに選ばれました。

Misty Copeland a commencé à danser à 13 ans, à San Pedro, en Californie, là où elle est née.

コープランドはカリフォルニア、サンペドロ生まれ。ここで13歳のときから踊り始めました。

“J’ai eu des moments de doute, des moments où je voulais abandonner parce que je ne savais pas s’il y avait un avenir pour une afro-américaine qui voulait atteindre ce niveau.

En même temps, cela m’a beaucoup poussée à aller plus loin et inspirer la nouvelle génération… Ce n’est pas moi toute seule qui ai gagné cette place, – je le dis souvent – c’est tous ceux qui m’ont précédé et qui m’ont permis d’en arriver là… Et pour toutes les petites filles qui se retrouvent en moi, cela leur donne un plus bel avenir.”

疑いを持った時もありました。プリマになりたいアフリカ系アメリカ人に未来があるのかどうかわからなかったので、あきらめようと思ったこともあるんです。

でも同時に黒人としてできるだけ高いところまで上り、新しい世代の人に希望を与えたいとも思っていました。

この地位を獲得できたのは、私1人の力だけではありません。これはいつも言っていることなのですが、私の前の世代の人たちのがんばりのおかげで、ここまで来ることができたのです。

そして、たくさん少女たちが、私のようになりたいと思えば、より素晴らしい未来をつかむことができるのです。

Avant même sa promotion, Misty Copeland était déjà une star avec des centaines de milliers de fans qui la suivent sur les réseaux sociaux qui attendaient depuis longtemps qu’elles deviennent danseuses étoile. C’est fait !

この昇進の前から、ミスティ・コープランドは大勢のファンを持つスターで、SNSではたくさんのフォロワーがいます。

ファンはずいぶん長い間、ミスティがプリマになることを待ち望んでいました。とうとうその時が来たのです。

元記事 → Misty Copeland : l‘étoile noire du ballet américain | euronews, le mag

単語メモ

promue 昇進した

confier 打ち明ける

défi 挑戦

se retrouver 見出す
toutes les petites filles qui se retrouvent en moi 私の中に自分自身を見出すすべての少女⇒私のようになれるんじゃないかと思う少女たち

En même temps, cela m’a beaucoup poussée à aller plus loin et inspirer la nouvelle génération…
直訳は、同時に、それが(アフリカ系アメリカ人であることが)自分をより遠くへに進ませ、新しい世代のインスピレーションにならしめた。



英語版のニュース

タイトルはMisty Copeland becomes first African-American prima ballerina
「ミスティ・コープランドがアフリカ系アメリカ人として初めてプリマ・バレリーナになった」

ブリティッシュイングリッシュですね。

スクリプトはこちら⇒Misty Copeland becomes first African-American prima ballerina | euronews, le mag

ミスティ・コープランドのプロフィールについては、以前子ども新聞の記事で詳しく紹介しています。

ミスティ・コープランド~夢を実現させたバレリーナ 話題になった「アンダー・アーマー」のCMの動画も紹介しています。

ミスティ・コープランドの自伝です(英語)。

ミスティ・コープランドはバレエを始めたのが13歳なのでふつうの人より遅いです。それでもプリマになってしまうという点もすごいですね。

黒人にしては肌の色が薄いので、白人の血も入っているのでしょうね。バレエ団の人はほとんど白人が多いから目立つでしょうけど。

「白鳥の湖」のオデットは白鳥で、オデットを踊る人は、たいていもう1つオディールという黒鳥も演じます。この1人二役を演じ分けるのが難しいらしいです。

技巧的にも難しいので、バレリーナにとって真価の問われる役です。オデットとオディールを見事に演じたのが今回の昇進につながったのかもしれません。

*****

ミスティが「自分1人でいきなりプリマになったのではなく、先人の歴史があったから」というのは本当ですね。最近の例で言えば、オバマ大統領とか。

白人がプリマになってもこういうことは言わないでしょう。その分、ミスティの今回の昇進は重要なできごとです。

アフリカ系アメリカ人はもちろん、ほかの有色人種のバレエダンサーに希望を与えるのでではないでしょうか?

ミスティがアメリカの雑誌TIMEの 100 most influential people in the world (世界で最も影響力のある100人)に選ばれたのも多いに納得します。

それでは次回のニュースの記事をお楽しみに。






ウエディングケーキヴェルヌイユ家の結婚狂騒曲(2)~予告編のフランス語前のページ

ナンシー・シナトラ「にくい貴方」のフランス語版の訳詞次のページブーツ

ピックアップ記事

  1. 2020年版、フランス語学習用カレンダーのレビュー。
  2. 『星の王子さま』~お役立ちリンク集
  3. ぜんぶ無料:あなたのフランス語学習に役立つサイト16選

関連記事

  1. 富士山

    時事ニュース

    富士山頂の無料Wi-Fiサービスが外国人登山客に人気

    フランス語のニュースを見て学習するシリーズ、今回は、富士山頂でこの夏か…

  2. ギター

    時事ニュース

    サムライギタリストMIYAVI、ロンドンのコンサートで観客を魅了(前編)

    MIYAVI(みやび)という日本人アーティストのロンドンでのコンサート…

  3. エッフェル塔

    時事ニュース

    エッフェル塔建設から130周年を迎えて。

    2019年3月31日はエッフェル塔竣工から130周年という記念の日でし…

  4. いちご

    時事ニュース

    子どもに「イチゴ」や「ヌテラ」という名前をつけてはいけない~フランスの裁判所が決定

    子どもに「イチゴ」や「ヌテラ」という名前をつけてはいけない~フランスの…

  5. 黄色い花

    時事ニュース

    伝説の歌手、シャルル・アズナブール、94歳で亡くなる。

    フランスの人気歌手(シンガーソングライター)、シャルル・アズナブール(…

  6. カザフスタンの電線

    時事ニュース

    カザフスタンの村の原因不明の「眠り病」

    カザフスタンのカラチ村という小さな村で、住民が突然眠ってしまい、数日後…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサーリンク



新しく書いた記事です。

  1. チーズ・フォンデュってコロナに感染の危険はないの?
  2. 世界初、スコットランドで生理用品を無料で提供する法案が可決さ…
  3. ブラックフライデーで、Amazonの人は大忙し。
  4. ファッションに関する言葉:かわいいフランス語(146)
  5. Un automne à Paris (あるパリの秋): ル…
  6. 2015年の11月13日に、どうしてパリでテロが起こったのか…
  7. なぜ、フランスにはオオカミを嫌う人がいるのか?
  8. なぜ赤いケシの花(ポピー)を身につけるのか?11月11日はリ…
  9. 11月11日はリメンブランスデイ(戦没者追悼記念日)。赤いケ…
  10. インターネットで古着を売買するには?

更新情報をメールで配信中

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらからどうぞ

封筒
⇒お問い合わせフォームへ


お気軽に^^

☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

フランス語の勉強法とか

  1. 星の王子さまの本
  2. 黒板
  3. 日めくりとpen

アーカイブ

PAGE TOP