ベルリンの壁

時事ニュース

ベルリンの壁とは?~崩壊から25周年 後編

崩壊から25周年たったベルリンの壁についてこども新聞で読んでいます。

タイトルは
Histoire : c’était quoi le mur de Berlin ?
歴史:ベルリンの壁とは何だったのでしょうか?

前編はこちら⇒ベルリンの壁とは?~崩壊から25周年 前編

前編では、第2時世界大戦後、ドイツが2つに分けられたこと、そして冷戦が始まったことを読みました。

それでは続きを訳して行きます。



Histoire : c’était quoi le mur de Berlin ?歴史:ベルリンの壁とは何だったのでしょうか?

壁はどのようなものだったのでしょうか?A quoi ressemblait le mur ?

D’abord fait de barbelés, le mur est ensuite construit avec de grands blocs en béton. Une fois terminé, il mesure 155 km, sur 3,60 m de haut. Il est parsemé de 300 miradors, de hautes tours depuis lesquelles les soldats surveillent ceux qui voudraient franchir le mur.

壁は、初めは有刺鉄線、その後大きなコンクリートのブロックで建設されました。

完成後の大きさは、長さ155キロメートル、高さが3.6メートルでした。高い監視塔が300個散らばり、そこでは兵士が壁を越えようとする者を見張っていました。

「チェックポイント・チャーリー博物館」(壁ぎわにあったアメリカの検閲所の名前)では、壁を越えようとした人たちの驚くべき方法を見ることができます。

うわさ Rumeur

ベルリンでは、より自由を求めて、人々がどんどん西側に逃げました。これは東ドイツにとって大きな痛手でした。

1961年8月13日、ベルリンの住民は、街が2つに分けられたのを知りました。大きな壁が作られたのです。

以来、西に行くことが禁じられ、これは1989年まで続きました。

11月9日、西ベルリンにひとつのうわさが飛び交いました。もう許可を得ずに、西に行くことができるのです。数時間後、大勢の人々が西ドイツに押し寄せました。

国境検閲所は解放され、さらに数時間後に壁が取り壊されたのです。

元記事 → www.jde.fr : Tous les articles : Histoire : c'était quoi le mur de Berlin ?

単語メモ

barbelé 有刺の、とげのある

parsemer  散らばる

mirador  監視塔

franchir  超える

surveiller  監視する

surprenant  意表をつく、驚くような

se répandre  流れる、伝わる

se ruer  押し寄せる

ベルリンの壁の建設と崩壊

こども新聞ゆえ、ざっくり書いてありますから、少し補足します。

ベルリンは第二次対戦後、1948年に東西ベルリンに分割されました。西ベルリンは、アメリカ合衆国、イギリス、フランスが統治し、東ベルリンはソ連の管轄。

その後冷戦が悪化。1950年代は、東西ベルリンの往来は可能だったので、東ドイツの国民が大量に西に逃亡しました。

これが東ドイツの経済に打撃を与えたため、東ドイツ政府が1961年に往来できないように壁を作り、西ベルリンを囲い込みました。

ベルリンは東ドイツ領にあったので、壁で街を2つにわけたのではなく、囲い込む形となりました。

1989年の崩壊は、東欧の国々の民主化の波を背景に、東ドイツの共産党が失脚し、出国緩和政策がとられたことに端を発しています。



チェックポイント・チャーリー

チェックポイント・チャーリーはアメリカ軍の検閲所。今は美術館になっています。冷戦を舞台にしたスパイ小説にもよく出てきます。

こちらは美術館を紹介した動画。英語です。

ベルリンの壁はほとんどすべて取り壊されましたが、少しだけ文化財として残されています。

残された壁にはアーティストの壁画、一般人の落書きが見られます。老朽化のため、修復を行っているようです。

それでは次回の子ども新聞の記事をお楽しみに。






ピックアップ記事

  1. ぜんぶ無料:あなたのフランス語学習に役立つサイト16選
  2. 『星の王子さま』~お役立ちリンク集
  3. 2019年版、フランス語と英語が勉強できるカレンダーの紹介。

関連記事

  1. penカフェラテアート

    時事ニュース

    東京の3Dカフェアートは海外でも話題に

    先日、パリの猫カフェや、東京のヤギカフェをご紹介しましたが、きょうは東…

  2. エッフェル塔

    時事ニュース

    当選後のマクロン大統領の今後のスケジュール。

    先週の日曜日(2017年5月7日)にフランスの第5共和政の8代目の大統…

  3. 凱旋門

    時事ニュース

    エマニュエル・マクロンとマリーヌ・ル・ペンが決選投票へ(2017フランス大統領選挙)

    2017年4月23日に行われたフランス大統領選挙の第1回投票では、世論…

  4. 破れたEUの旗

    時事ニュース

    イギリスのテリーザ・メイ首相、ブレグジット発動の手紙に署名。

    英国の首相、テリーザ・メイが、EU離脱を宣言する正式な手紙に署名したニ…

  5. 人形

    時事ニュース

    60年代のアイドル、フランス・ギャル、70歳で亡くなる。

    60年代に大活躍したフランスの女性歌手、フランス・ギャルが2018年1…

  6. リメンブランスデイのポピー

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね♪

CTL+D でお気に入りに登録。

Feedlyで確実に更新をチェックしよう。

follow us in feedly

更新情報をメールで配信中

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

新しく書いた記事です。

  1. なぜプラスチックのストローの使用が禁止されるのか?
  2. アクサン・シルコンフレックスになじんで語彙を増やそう。
  3. なぜ、フランスでは7月14日が祝日なのか?
  4. オ・ボヌール・デ・ダム、デパートの発明:予告編のフランス語
  5. フランスの猛暑(2019年6月)のニュース
  6. Le pouvoir des fleurs(花のちから)ロラ…
  7. いやし、リラックスに関する言葉:かわいいフランス語教えます(…
  8. おとぎ話に出てくる言葉(その2):かわいいフランス語教えます…
  9. フランスの試験、バック(バカロレア)とは何か?
  10. フェット・ド・ラ・ミュジーク(音楽祭)の起源

おすすめ記事いろいろ

  1. かわいいフランス語教えます~その51 新年のお祝いの単語
  2. 映画に関する単語~かわいいフランス語教えます(71)
  3. フランス語のことわざ44~ため息をつく、その心は?
  4. L24 フランスの家庭料理
  5. かわいいフランス語教えます~その39 音楽~楽曲
  6. 0から1000億の位までの復習~大きな数字の読み方のコツ:フ…
  7. お便り紹介:読者の皆さま、今年も読んでいただき、ありがとうご…
  8. 5月8日はヨーロッパの終戦記念日
  9. 映画:Elle s’en va(ミス・ブルターニ…
  10. サン・トロペ名物、タルト・トロペジエンヌのレシピと作り方~フ…

おすすめのまとめ記事

  1. ハロウィン関連記事の目次
  2. 「虎と小鳥のフランス日記」vol.4 第76話~第100話
  3. 『百合のFranceウォッチング』~目次 その3(L51~L…
  4. ファッション、モード、おしゃれに関する記事の目次(3)
  5. かわいいフランス語 目次 その5:ネーミングの参考に
  6. ファッション、モード、おしゃれに関する記事の目次(2)
  7. フランス語のことわざ~目次 その2
  8. かわいいフランス語、教えます~目次 その2
  9. 動画教材『不思議の国のFrance』関連記事の 目次
  10. masausaさんのカレンダー収録曲の記事の目次

フランス語の勉強法とか

  1. 星の王子さまの本
  2. 黒板
  3. フランス語の日めくり

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらからどうぞ

封筒
⇒お問い合わせフォームへ


お気軽に^^

☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

アーカイブ

PAGE TOP