ベルリンの壁

時事ニュース

ベルリンの壁とは?~崩壊から25周年 後編

崩壊から25周年たったベルリンの壁についてこども新聞で読んでいます。

タイトルは
Histoire : c’était quoi le mur de Berlin ?
歴史:ベルリンの壁とは何だったのでしょうか?

前編はこちら⇒ベルリンの壁とは?~崩壊から25周年 前編

前編では、第2時世界大戦後、ドイツが2つに分けられたこと、そして冷戦が始まったことを読みました。

それでは続きを訳して行きます。



Histoire : c’était quoi le mur de Berlin ?歴史:ベルリンの壁とは何だったのでしょうか?

壁はどのようなものだったのでしょうか?A quoi ressemblait le mur ?

D’abord fait de barbelés, le mur est ensuite construit avec de grands blocs en béton. Une fois terminé, il mesure 155 km, sur 3,60 m de haut. Il est parsemé de 300 miradors, de hautes tours depuis lesquelles les soldats surveillent ceux qui voudraient franchir le mur.

壁は、初めは有刺鉄線、その後大きなコンクリートのブロックで建設されました。

完成後の大きさは、長さ155キロメートル、高さが3.6メートルでした。高い監視塔が300個散らばり、そこでは兵士が壁を越えようとする者を見張っていました。

「チェックポイント・チャーリー博物館」(壁ぎわにあったアメリカの検閲所の名前)では、壁を越えようとした人たちの驚くべき方法を見ることができます。

うわさ Rumeur

ベルリンでは、より自由を求めて、人々がどんどん西側に逃げました。これは東ドイツにとって大きな痛手でした。

1961年8月13日、ベルリンの住民は、街が2つに分けられたのを知りました。大きな壁が作られたのです。

以来、西に行くことが禁じられ、これは1989年まで続きました。

11月9日、西ベルリンにひとつのうわさが飛び交いました。もう許可を得ずに、西に行くことができるのです。数時間後、大勢の人々が西ドイツに押し寄せました。

国境検閲所は解放され、さらに数時間後に壁が取り壊されたのです。

元記事 → www.jde.fr : Tous les articles : Histoire : c'était quoi le mur de Berlin ?

単語メモ

barbelé 有刺の、とげのある

parsemer  散らばる

mirador  監視塔

franchir  超える

surveiller  監視する

surprenant  意表をつく、驚くような

se répandre  流れる、伝わる

se ruer  押し寄せる

ベルリンの壁の建設と崩壊

こども新聞ゆえ、ざっくり書いてありますから、少し補足します。

ベルリンは第二次対戦後、1948年に東西ベルリンに分割されました。西ベルリンは、アメリカ合衆国、イギリス、フランスが統治し、東ベルリンはソ連の管轄。

その後冷戦が悪化。1950年代は、東西ベルリンの往来は可能だったので、東ドイツの国民が大量に西に逃亡しました。

これが東ドイツの経済に打撃を与えたため、東ドイツ政府が1961年に往来できないように壁を作り、西ベルリンを囲い込みました。

ベルリンは東ドイツ領にあったので、壁で街を2つにわけたのではなく、囲い込む形となりました。

1989年の崩壊は、東欧の国々の民主化の波を背景に、東ドイツの共産党が失脚し、出国緩和政策がとられたことに端を発しています。



チェックポイント・チャーリー

チェックポイント・チャーリーはアメリカ軍の検閲所。今は美術館になっています。冷戦を舞台にしたスパイ小説にもよく出てきます。

こちらは美術館を紹介した動画。英語です。

ベルリンの壁はほとんどすべて取り壊されましたが、少しだけ文化財として残されています。

残された壁にはアーティストの壁画、一般人の落書きが見られます。老朽化のため、修復を行っているようです。

それでは次回の子ども新聞の記事をお楽しみに。






ピックアップ記事

  1. ぜんぶ無料:あなたのフランス語学習に役立つサイト16選
  2. 『星の王子さま』~お役立ちリンク集
  3. 2020年版、フランス語学習用カレンダーのレビュー。

関連記事

  1. モナリザ
  2. シャネルの5番

    時事ニュース

    シャネルの特別展、ロンドンにて開催。82歳になってますます元気なカール・ラガーフェルド

    ロンドンのサチ(Saatchi)・ギャラリーで行われているシャネルの特…

  3. ミスアメリカ

    時事ニュース

    ミスユニバース2015でびっくりのハプニング,優勝者の名前を読み間違える

    2015年12月20日の夜、ラスベカスで行われていたミス・ユニバースの…

  4. パリ

    時事ニュース

    黄色いベスト運動の終結をめざし、マクロン大統領が国民討論会を開始。

    2018年の秋から続く、フランス政府に対する抗議運動(黄色いベスト運動…

  5. ケシの花
  6. プール

    時事ニュース

    ガラス張りのスカイプールの建設~ロンドンの真ん中で空中遊泳できる?

    ロンドンに建設予定のスカイプール(Sky Pool)のニュースをご紹介…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

新しく書いた記事です。

  1. うるう年はなぜあるの?(簡単なフランス語の説明)。
  2. サルバトール・ムンディ(ダ・ヴィンチ、最後の作品)の謎
  3. マルディグラ(カーニバル)の起源とお祝いの仕方(2020年版…
  4. カーニバルはいつ始まったのか?
  5. 冬に関係のある単語:かわいいフランス語教えます(141)
  6. Saint Valentin (ヴァレンタインデー):Zaz…
  7. パルミエの作り方:フランスのお菓子39
  8. 日本語由来のフランス語
  9. 2月2日のシャンドルールにクレープを食べる3つの理由。
  10. Les filles d’aujourdR…

更新情報をメールで配信中

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

おすすめ記事いろいろ

  1. 風に関する単語:かわいいフランス語教えます(132)
  2. クロード・フランソワの代表曲、いつものように/ マイウエイ(…
  3. 第14回『雪の女王』~アナと雪の女王の原作
  4. トレーシングペーパーをフランス語で何という?(第18回)
  5. アクセサリーと宝石の名前:かわいいフランス語教えます~その2…
  6. 『最強のふたり』(1): 出会うはずのない2人が出会った
  7. サンデー・ガール:ブロンディ(フランス語バージョン)
  8. モンマルトルにある名所を簡単に説明する便利なフランス語
  9. ブーローニュの森とパリ植物園。憩いの場所だがフランス語で説明…
  10. モワルー・オ・ショコラの作り方:フランスのお菓子(19)

おすすめのまとめ記事

  1. かわいいフランス語 目次 その5:ネーミングの参考に
  2. かわいいフランス語、教えます~目次 その3
  3. フランス語のCMの記事のまとめ。ディクテに最適。
  4. フランス映画の予告編の記事のまとめ
  5. ファッション、モード、おしゃれに関する記事の目次(5)
  6. masausaさんのカレンダー収録曲の記事の目次
  7. 2013年4月開講のNHKのラジオ講座のラインナップ
  8. 『不思議の国のFrance』関連記事の 目次その2
  9. バレンタインデーとチョコレート関連記事の目次
  10. フランス語のニュースの記事のまとめ(4)

フランス語の勉強法とか

  1. 星の王子さまの本
  2. 日めくりとpen
  3. 黒板

スポンサーリンク



お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらからどうぞ

封筒
⇒お問い合わせフォームへ


お気軽に^^

☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

アーカイブ

PAGE TOP