ベルリンの壁

時事ニュース

ベルリンの壁とは?~崩壊から25周年 後編

崩壊から25周年たったベルリンの壁についてこども新聞で読んでいます。

タイトルは
Histoire : c’était quoi le mur de Berlin ?
歴史:ベルリンの壁とは何だったのでしょうか?

前編はこちら⇒ベルリンの壁とは?~崩壊から25周年 前編

前編では、第2時世界大戦後、ドイツが2つに分けられたこと、そして冷戦が始まったことを読みました。

それでは続きを訳して行きます。



Histoire : c’était quoi le mur de Berlin ?歴史:ベルリンの壁とは何だったのでしょうか?

壁はどのようなものだったのでしょうか?A quoi ressemblait le mur ?

D’abord fait de barbelés, le mur est ensuite construit avec de grands blocs en béton. Une fois terminé, il mesure 155 km, sur 3,60 m de haut. Il est parsemé de 300 miradors, de hautes tours depuis lesquelles les soldats surveillent ceux qui voudraient franchir le mur.

壁は、初めは有刺鉄線、その後大きなコンクリートのブロックで建設されました。

完成後の大きさは、長さ155キロメートル、高さが3.6メートルでした。高い監視塔が300個散らばり、そこでは兵士が壁を越えようとする者を見張っていました。

「チェックポイント・チャーリー博物館」(壁ぎわにあったアメリカの検閲所の名前)では、壁を越えようとした人たちの驚くべき方法を見ることができます。

うわさ Rumeur

ベルリンでは、より自由を求めて、人々がどんどん西側に逃げました。これは東ドイツにとって大きな痛手でした。

1961年8月13日、ベルリンの住民は、街が2つに分けられたのを知りました。大きな壁が作られたのです。

以来、西に行くことが禁じられ、これは1989年まで続きました。

11月9日、西ベルリンにひとつのうわさが飛び交いました。もう許可を得ずに、西に行くことができるのです。数時間後、大勢の人々が西ドイツに押し寄せました。

国境検閲所は解放され、さらに数時間後に壁が取り壊されたのです。

元記事 → www.jde.fr : Tous les articles : Histoire : c'était quoi le mur de Berlin ?

単語メモ

barbelé 有刺の、とげのある

parsemer  散らばる

mirador  監視塔

franchir  超える

surveiller  監視する

surprenant  意表をつく、驚くような

se répandre  流れる、伝わる

se ruer  押し寄せる

ベルリンの壁の建設と崩壊

こども新聞ゆえ、ざっくり書いてありますから、少し補足します。

ベルリンは第二次対戦後、1948年に東西ベルリンに分割されました。西ベルリンは、アメリカ合衆国、イギリス、フランスが統治し、東ベルリンはソ連の管轄。

その後冷戦が悪化。1950年代は、東西ベルリンの往来は可能だったので、東ドイツの国民が大量に西に逃亡しました。

これが東ドイツの経済に打撃を与えたため、東ドイツ政府が1961年に往来できないように壁を作り、西ベルリンを囲い込みました。

ベルリンは東ドイツ領にあったので、壁で街を2つにわけたのではなく、囲い込む形となりました。

1989年の崩壊は、東欧の国々の民主化の波を背景に、東ドイツの共産党が失脚し、出国緩和政策がとられたことに端を発しています。



チェックポイント・チャーリー

チェックポイント・チャーリーはアメリカ軍の検閲所。今は美術館になっています。冷戦を舞台にしたスパイ小説にもよく出てきます。

こちらは美術館を紹介した動画。英語です。

ベルリンの壁はほとんどすべて取り壊されましたが、少しだけ文化財として残されています。

残された壁にはアーティストの壁画、一般人の落書きが見られます。老朽化のため、修復を行っているようです。

それでは次回の子ども新聞の記事をお楽しみに。






ピックアップ記事

  1. 『星の王子さま』~お役立ちリンク集
  2. ぜんぶ無料:あなたのフランス語学習に役立つサイト16選
  3. 2019年版、フランス語と英語が勉強できるカレンダーの紹介。

関連記事

  1. 柔道

    時事ニュース

    日本チーム、柔道世界選手権で圧勝のニュース

    カザフスタンで行われていた、柔道世界選手権で日本が男女とも優勝したニュ…

  2. パリ

    時事ニュース

    子ども新聞が伝えるオランド大統領の熱愛騒動~大統領の私生活は報道されるべきか否か

    こども新聞(JDE)でオランド大統領の不倫騒動に関する記事を読みました…

  3. iPhone

    時事ニュース

    スティーブ・ジョブズのドキュメンタリー映画「Steve Jobs: The Man in the M…

    アップル社の共同設立者で、2011年に亡くなったスティーブ・ジョブズの…

  4. 黄色い花

    時事ニュース

    伝説の歌手、シャルル・アズナブール、94歳で亡くなる。

    フランスの人気歌手(シンガーソングライター)、シャルル・アズナブール(…

  5. 猫

    時事ニュース

    フランスで初めての猫カフェがオープン その3(終)

    9月下旬にパリでオープンした猫カフェの記事、最終回です。マレ地…

  6. 黒板にラントレの文字

    時事ニュース

    ラントレ:フランスで新学年開始。2017年の学校改革はこんな感じ。

    2017年9月4日は、フランスではラントレ(la rentrée)でし…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね♪

CTL+D でお気に入りに登録。

Feedlyで確実に更新をチェックしよう。

follow us in feedly

更新情報をメールで配信中

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

新しく書いた記事です。

  1. フランス語の学習に役立つおすすめの本
  2. 新しいもの:かわいいフランス語(130)
  3. エピファニー(公現祭)とはどんな意味?
  4. 今年はフランス語をがんばるぞ、という新年の目標を達成するには…
  5. サンタクロースがやってきた:ペッパピッグで学ぶフランス語(3…
  6. クリスマスの13種のデザート(プロバンス地方の伝統)
  7. 連絡:お問い合わせいただいたプッゼさん、返信メールが戻ってき…
  8. 2019年版、フランス語と英語が勉強できるカレンダーの紹介。…
  9. クリスマスはいくつ?(Combien de Noëls ):…
  10. ドラマ、Dix pour cent (10パーセント)の予告…

おすすめ記事いろいろ

  1. 星になったデヴィッド・ボウイ
  2. 「すごい渋滞」「家でゆっくりした」など連休中にしたことをフラ…
  3. 『最強のふたり』(2): 型破りの介護人
  4. フランス語で新年のあいさつはどう言う?(2019年版):年末…
  5. 公園にある物~かわいいフランス語教えます(92)
  6. トランプ大統領の入国禁止令に各地で抗議のデモ
  7. L1 アルファベ~百合のFranceウォッチング
  8. ルアンヌ・エメラの歌うJe vole の訳詞~『エール!』挿…
  9. ベルリンの壁とは?~崩壊から25周年 後編
  10. ヴェルサイユ宮殿のコスプレピクニックが大人気

おすすめのまとめ記事

  1. 歌の訳詞を書いている記事の目次~その2
  2. 『ベルサイユのバラ』新作その2が週刊マーガレット第22号(1…
  3. フレンチポップスと訳詞の記事のまとめ:その4
  4. かわいいフランス語 目次 その5:ネーミングの参考に
  5. ニュースの記事のまとめ(2)
  6. フレンチポップスの訳詞をしている記事のまとめ:その5
  7. 「パッケージのフランス語」の記事の目次~その1
  8. ラジオ講座「まいにちフランス語」関連記事の目次~その3(48…
  9. フランス映画の予告編の記事のまとめ
  10. フランス語のことわざ~目次 その2

フランス語の勉強法とか

  1. 黒板
  2. フランス語の日めくり
  3. 星の王子さまの本

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらからどうぞ

封筒
⇒お問い合わせフォームへ


お気軽に^^

☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

アーカイブ

PAGE TOP