ベルリンの壁

時事ニュース

ベルリンの壁とは?~崩壊から25周年 前編

2014年11月9日はベルリンの壁が崩壊してから25周年にあたります。この壁は東西冷戦の象徴でした。子ども新聞でもベルリンの壁をとりあげていますので、読んでみました。

タイトルは
Histoire : c’était quoi le mur de Berlin ?
歴史:ベルリンの壁とは何だったのでしょうか?

ベルリンの壁はもうないから半過去形です。
やや長いので、2回に分けます。きょうは第3パラグラフまで。
ベルリンの壁の概要と冷戦の説明です。



Histoire : c’était quoi le mur de Berlin ?歴史:ベルリンの壁とは何だったのでしょうか?

Il y a 25 ans, le peuple allemand mettait fin à la séparation du pays, en faisant tomber le mur qui traversait la ville de Berlin. Mais pourquoi avait-on coupé un pays en deux ?

25年まえ、ドイツの人々は、ベルリンの街にある壁をこわして、分裂に終止符を打ちました。

でもなぜ、国を2つに分けていたのでしょうか?

第2時世界対戦の終わりに、戦勝国はどうしても新しい戦争を避けたいと思いました。そのため、ドイツがもう戦争を起こせないようにすることを決めました。

ドイツの弱体化 Affaiblir l’Allemagne

アメリカ合衆国、フランス、イギリス、ソ連(ロシアとその同盟国)はドイツを分けました。1つは、ドイツ連邦共和国(西ドイツ)、もう1つはドイツ民主主義共和国(東ドイツ)です。

首都のベルリンも4つに分けられました(※補足参照)。

しかしすぐに、ソ連とほかの国とのあいだに緊迫な関係が生じました。ソ連の世界の見方は、全く違っていたのです。これが冷戦の始まりです。

冷戦とは何ですか? C’est quoi la Guerre Froide ?

ベルリンの壁は分裂した世界の象徴でした。西側(アメリカ合衆国、フランスなど)は、民主主義で資本主義の社会です。人々は自分たちの代表を自由に選出し、各人が仕事をして富を得ることができます。

東側(ロシアや東ドイツなど)は共産主義社会です。すべての富は国家に属し、再分配されます。富を所有することも、裕福になることも、貧乏になることもないのです。しかし、現実には、しばしば食料が不足し、強大な共産党に逆らうことは禁止されています。

元記事 → www.jde.fr : Tous les articles : Histoire : c'était quoi le mur de Berlin ?

単語メモ

vainqueurs 勝利者
les pays vainqueurs 戦勝国

impérativement 何がなんでも

faire en sorte que + 接続法
~となるようにする、~するようにする
ils décident de faire en sorte que l’Allemagne ne puisse plus en provoquer.
直訳:ドイツが新しい戦争を引き起こすことができないように決める

Il s’agit de faire en sorte que l’économie puisse croître sans consommer davantage de pétrole.
石油の消費をこれ以上増やさないで経済成長できるようにすることが重要である。

affaiblir (体力などを)弱める、衰えさせる

d’un côté … de l’autre 一方では~、他方では~
D’ici on voit, d’un côté la mer et de l’autre côté les montagnes.
ここからは一方に海、他方に山が見える。

règne 治世

補足 ベルリンの分割統治

Berlin, la capitale, est aussi divisée en 4.
首都ベルリンも4つにわけられた。

これはアメリカ合衆国、フランス、イギリス、ソ連によって分割、統治されていたということです。



ベルリンの壁の崩壊から25年・関連動画

ベルリンの壁の建設から崩壊まで。
壁の大きさ、日付など数字の聞き取りの練習になります。

chute は落ちること。「滝」「低下」「失墜」など落ちるものによって、いろいろな訳語が考えられます。ベルリンの壁がこわされたことを、日本語では「崩壊」といいますが、フランス語はchute, 英語はfall を使います。

この続きはこちら⇒ベルリンの壁とは?~崩壊から25周年 後編

ベルリンはフランス語で「ベルラン」という発音です。地名や国の名前は聞き慣れてないと、「あれ?」と思ってしまいますね。

しかし、ニュースを聞いておけば、たとえ細部がわからなくても、背景は知っているわけですから、ほかの素材よりは理解しやすいし、地名にも慣れていくと思います。






オオカミフランス語のことわざ60~オオカミの話をするとそのしっぽが見える(うわさをすれば影)前のページ

フランス語の数字【第18回】~16(セーズ)次のページキャンドル

ピックアップ記事

  1. 『星の王子さま』~お役立ちリンク集
  2. 2020年版、フランス語学習用カレンダーのレビュー。
  3. ぜんぶ無料:あなたのフランス語学習に役立つサイト16選

関連記事

  1. ニュースショー

    時事ニュース

    ニュースの記事のまとめ(2)

    フランス語のニュースの記事を訳している記事の目次、その2です。ニュ…

  2. 星

    時事ニュース

    星になったデヴィッド・ボウイ

    1週間前のことになりますが、2016年1月10日にデヴィッド・ボウイが…

  3. penとネットの闇市

    時事ニュース

    インターネット上の違法サイトを一斉に摘発

    Euronewsの短いニュースをご紹介します。インターネット上…

  4. 海とかもめ

    時事ニュース

    プラスチックの海を掃除する船、オーシャンクリーンアップ

    海にたまったプラスチックを掃除する船、The Ocean Cleanu…

  5. 破れたEUの旗

    時事ニュース

    イギリスのテリーザ・メイ首相、ブレグジット発動の手紙に署名。

    英国の首相、テリーザ・メイが、EU離脱を宣言する正式な手紙に署名したニ…

  6. クジラ

    時事ニュース

    なぜ日本は捕鯨をやめないのか?

    日本では、もうクジラの肉を食べる人はそんなにおらず、クジラを獲る必要は…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

新しく書いた記事です。

  1. フランスを代表する漫画、アステリックスの人気の秘密
  2. マクロン大統領の15日間の外出禁止令(抜粋)
  3. T’as vu (見えるでしょ)クリオ:歌と訳詞…
  4. セントパトリックデー(聖パトリックの祝日)の由来。ラッキーア…
  5. なぜ13日の金曜日は運がいいとか悪いとか言われるのか?
  6. やさしさ、思いやりに関する言葉:かわいいフランス語教えます(…
  7. 国際女性デーが生まれた背景とは?
  8. 勝手にしやがれ:予告編のフランス語(初心者向け)
  9. 3月の第1日曜日は、『祖母の日』。この日、フランス人は何をす…
  10. うるう年はなぜあるの?(簡単なフランス語の説明)。

更新情報をメールで配信中

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

おすすめ記事いろいろ

  1. 4月から6月をフランス語で言うと?~フランス語の暦(7)
  2. 2014年春夏ファッションのトレンドその2~ロマンチック
  3. かわいいフランス語教えます~その17 花言葉【第2回】
  4. フランス人に喜ばれる日本のおみやげは何?
  5. かわいいフランス語、教えます~その9 猫の名前
  6. パリで猫専用ホテル建設のプロジェクトが進行中
  7. ローマ数字の復習。1から100まで読めるようになろう。
  8. フリーマーケットに関する言葉:かわいいフランス語教えます(1…
  9. ドコモのスマホから問い合わせ下さったTさまへのお返事。スマホ…
  10. メリー・クリスマス(ジョワイユー・ノエル):バルバラ(歌と訳…

おすすめのまとめ記事

  1. フランス語のことわざ~目次 その3
  2. フランス語のことわざ~目次 その2
  3. クリスマス関連記事の目次 2013年版
  4. フレンチポップスと訳詞の記事のまとめ:その4
  5. 2013年4月開講のNHKのラジオ講座のラインナップ
  6. ラジオ講座「まいにちフランス語」関連記事の目次~その1(概要…
  7. フランス映画の予告編の記事のまとめ
  8. 歌の訳詞を書いている記事の目次~その3
  9. ニュースの記事のまとめ(2)
  10. 『百合のFranceウォッチング』~目次 その1(L1~25…

フランス語の勉強法とか

  1. 星の王子さまの本
  2. 黒板
  3. 日めくりとpen

スポンサーリンク



お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらからどうぞ

封筒
⇒お問い合わせフォームへ


お気軽に^^

☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

アーカイブ

PAGE TOP