ベルリンの壁

時事ニュース

ベルリンの壁とは?~崩壊から25周年 前編

2014年11月9日はベルリンの壁が崩壊してから25周年にあたります。この壁は東西冷戦の象徴でした。子ども新聞でもベルリンの壁をとりあげていますので、読んでみました。

タイトルは
Histoire : c’était quoi le mur de Berlin ?
歴史:ベルリンの壁とは何だったのでしょうか?

ベルリンの壁はもうないから半過去形です。
やや長いので、2回に分けます。きょうは第3パラグラフまで。
ベルリンの壁の概要と冷戦の説明です。



Histoire : c’était quoi le mur de Berlin ?歴史:ベルリンの壁とは何だったのでしょうか?

Il y a 25 ans, le peuple allemand mettait fin à la séparation du pays, en faisant tomber le mur qui traversait la ville de Berlin. Mais pourquoi avait-on coupé un pays en deux ?

25年まえ、ドイツの人々は、ベルリンの街にある壁をこわして、分裂に終止符を打ちました。

でもなぜ、国を2つに分けていたのでしょうか?

第2時世界対戦の終わりに、戦勝国はどうしても新しい戦争を避けたいと思いました。そのため、ドイツがもう戦争を起こせないようにすることを決めました。

ドイツの弱体化 Affaiblir l’Allemagne

アメリカ合衆国、フランス、イギリス、ソ連(ロシアとその同盟国)はドイツを分けました。1つは、ドイツ連邦共和国(西ドイツ)、もう1つはドイツ民主主義共和国(東ドイツ)です。

首都のベルリンも4つに分けられました(※補足参照)。

しかしすぐに、ソ連とほかの国とのあいだに緊迫な関係が生じました。ソ連の世界の見方は、全く違っていたのです。これが冷戦の始まりです。

冷戦とは何ですか? C’est quoi la Guerre Froide ?

ベルリンの壁は分裂した世界の象徴でした。西側(アメリカ合衆国、フランスなど)は、民主主義で資本主義の社会です。人々は自分たちの代表を自由に選出し、各人が仕事をして富を得ることができます。

東側(ロシアや東ドイツなど)は共産主義社会です。すべての富は国家に属し、再分配されます。富を所有することも、裕福になることも、貧乏になることもないのです。しかし、現実には、しばしば食料が不足し、強大な共産党に逆らうことは禁止されています。

元記事 → www.jde.fr : Tous les articles : Histoire : c'était quoi le mur de Berlin ?

単語メモ

vainqueurs 勝利者
les pays vainqueurs 戦勝国

impérativement 何がなんでも

faire en sorte que + 接続法
~となるようにする、~するようにする
ils décident de faire en sorte que l’Allemagne ne puisse plus en provoquer.
直訳:ドイツが新しい戦争を引き起こすことができないように決める

Il s’agit de faire en sorte que l’économie puisse croître sans consommer davantage de pétrole.
石油の消費をこれ以上増やさないで経済成長できるようにすることが重要である。

affaiblir (体力などを)弱める、衰えさせる

d’un côté … de l’autre 一方では~、他方では~
D’ici on voit, d’un côté la mer et de l’autre côté les montagnes.
ここからは一方に海、他方に山が見える。

règne 治世

補足 ベルリンの分割統治

Berlin, la capitale, est aussi divisée en 4.
首都ベルリンも4つにわけられた。

これはアメリカ合衆国、フランス、イギリス、ソ連によって分割、統治されていたということです。



ベルリンの壁の崩壊から25年・関連動画

ベルリンの壁の建設から崩壊まで。
壁の大きさ、日付など数字の聞き取りの練習になります。

chute は落ちること。「滝」「低下」「失墜」など落ちるものによって、いろいろな訳語が考えられます。ベルリンの壁がこわされたことを、日本語では「崩壊」といいますが、フランス語はchute, 英語はfall を使います。

この続きはこちら⇒ベルリンの壁とは?~崩壊から25周年 後編

ベルリンはフランス語で「ベルラン」という発音です。地名や国の名前は聞き慣れてないと、「あれ?」と思ってしまいますね。

しかし、ニュースを聞いておけば、たとえ細部がわからなくても、背景は知っているわけですから、ほかの素材よりは理解しやすいし、地名にも慣れていくと思います。






ピックアップ記事

  1. 2019年版、フランス語と英語が勉強できるカレンダーの紹介。
  2. ぜんぶ無料:あなたのフランス語学習に役立つサイト16選
  3. 『星の王子さま』~お役立ちリンク集

関連記事

  1. 紫

    時事ニュース

    プリンス、57才で亡くなる。死因は不明

    2016年4月21日に、突然アーティストのプリンス(1958-2016…

  2. 黄色い花

    時事ニュース

    伝説の歌手、シャルル・アズナブール、94歳で亡くなる。

    フランスの人気歌手(シンガーソングライター)、シャルル・アズナブール(…

  3. 目撃するアヒル

    時事ニュース

    不倫疑惑のオランド大統領がビデオゲームに

    女性問題で話題になっているフランスのオランド大統領に関する短いニュース…

  4. 時事ニュース

    シャルル・ド・ゴール(船)がイラク沿岸へ

    今週も、TV5Monde のApprendre Le Français…

  5. pen星の王女さま

    時事ニュース

    70歳だけど若々しい「星の王子さま」

    2013年に、出版70周年をむかえた「星の王子さま」に関するニュースで…

  6. バービー

    時事ニュース

    バービーの光と影 後篇

    アメリカで、バービーの売上がどんどん落ちているというニュースの後半です…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね♪

CTL+D でお気に入りに登録。

Feedlyで確実に更新をチェックしよう。

follow us in feedly

更新情報をメールで配信中

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

新しく書いた記事です。

  1. なぜプラスチックのストローの使用が禁止されるのか?
  2. アクサン・シルコンフレックスになじんで語彙を増やそう。
  3. なぜ、フランスでは7月14日が祝日なのか?
  4. オ・ボヌール・デ・ダム、デパートの発明:予告編のフランス語
  5. フランスの猛暑(2019年6月)のニュース
  6. Le pouvoir des fleurs(花のちから)ロラ…
  7. いやし、リラックスに関する言葉:かわいいフランス語教えます(…
  8. おとぎ話に出てくる言葉(その2):かわいいフランス語教えます…
  9. フランスの試験、バック(バカロレア)とは何か?
  10. フェット・ド・ラ・ミュジーク(音楽祭)の起源

おすすめ記事いろいろ

  1. 『みにくいアヒルの子』第10回
  2. 日本の捕鯨船、南極海に向けて出発
  3. 2019年版、フランス語と英語が勉強できるカレンダーの紹介。…
  4. カンヌ国際映画祭の階段であったおもしろいこと
  5. 「銃を打つ」という単語を覚えた日~第14回
  6. フランス語の数字【第23回】~0 – 20の復習…
  7. ラ・シャンドルール(聖燭祭でありクレープの日)ってどんな日?…
  8. 『奇跡のひと マリーとマルグリット』(後編)~予告編のフラン…
  9. 7月から9月の言い方~フランスの暦(8)
  10. キッチンにあるもの~かわいいフランス語(79)

おすすめのまとめ記事

  1. 『百合のFranceウォッチング』~目次 その3(L51~L…
  2. 『不思議の国のFrance』関連記事の 目次その3
  3. かわいいフランス語、教えます~目次 その2
  4. 歌の訳詞を書いている記事の目次~その2
  5. 「パッケージのフランス語」の記事の目次~その1
  6. 数字の記事のまとめ その1 0から18まで
  7. ファッション、モード、おしゃれに関する記事の目次(5)
  8. 『百合のFranceウォッチング』~目次 その1(L1~25…
  9. かわいいフランス語、教えます~目次 その4
  10. 猫に関連する記事の目次~猫好きさんに捧ぐ

フランス語の勉強法とか

  1. フランス語の日めくり
  2. 黒板
  3. 星の王子さまの本

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらからどうぞ

封筒
⇒お問い合わせフォームへ


お気軽に^^

☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

アーカイブ

PAGE TOP