バゲットを持っている若い女性

時事ニュース

バゲット、ユネスコの無形文化遺産に登録される

バゲットがユネスコの世界遺産(無形文化遺産)になったことを伝える1分45秒のニュースクリップを紹介します。

タイトルは、Patrimoine : la baguette bientôt mondialement reconnue grâce à l’Unesco ?(遺産:ユネスコのおかげでバゲットはもうすぐ世界的に認められる?)



バゲット、文化遺産になる

トランスクリプション

C’est un plaisir bien français qui stimule nos cinq sens. La baguette s’écoute avant de se déguster. Après 20 minutes de cuisson, elle chante même et c’est ce qui enchante Valentin Testard.

Il y a tout : il y a le pain qui chante en sortie de four, il y a l’odeur qui en dit beaucoup… le niveau visuel aussi, la coloration.

De l’eau, de la farine, du sel et du levain. La recette ne change pas, mais le savoir-faire change tout.

Le façonnage aussi, le toucher de pâte du boulanger. Tout ça, c’est un savoir-faire qu’on apprend au fil des années. Des fois, il faut souvent dix ans pour connaître son sujet. Bonjour ! Des baguettes toutes chaudes.

Même si les Français mangent trois fois moins de pain qu’en 1950, les boulangers vendent 320 baguettes chaque seconde.

C’est l’habitude aussi, depuis que je suis tout petit on achète des baguettes. C’est très français.

Dans les pays où je suis allée, il y a pas d’équivalent. Il y a des pains qui sont bons, mais c’est des pains… en général, c’est de gros pains.

C’est un symbole presque, non ? Il manque plus que le vin rouge et le béret !

Comment se défaire des éternels clichés franchouillards quand en plein cœur de Londres une boulangerie française propose une baguette qui émeut les Anglais.

Elle a l’odeur d’un début de journée.

Seuls les Français savent la faire.

C’est l’équilibre parfait entre le moelleux et le croustillant.

One baguette…

One baguette, yeah.

Pour les boulangers, cette inscription de la baguette au patrimoine immatériel de l’UNESCO serait tout sauf anecdotique.

Ce sera une récompense quand même du travail produit et pour les clients, une fierté.

À Londres, comme ailleurs sur cette planète, la baguette représente un petit bout de France. 250 grammes, un monument.

☆トランスクリプションの引用元⇒7 jours sur la planète – Enseigner le français langue étrangère (FLE) avec l'actualité – Fiches pédagogiques gratuites

バゲット、無形文化遺産に登録

それは五感を刺激するとてもフランスらしい喜びです。

バゲットは、味わう前に、音が聞こえます。

20分焼いたあと、歌を歌うことすらしますが、ヴァレンタン・テスタードは、この音に魅せられています。

- 全部あります。オーブンから出るとき歌うパンがありますし、たくさん話しかける香りもあります。視覚的なレベルでもそうですね。色合いです。

水、小麦粉、塩、酵母(イースト)。レシピは変わりませんが、作り方がすべてを変えます。

- 形成や、そのパン職人の生地の手触り。すべて何年もかけて学ぶスキルです。ちゃんと学ぶのに、時には10年かかります。

- いらっしゃいませ。バゲットは焼き立てですよ。

フランス人がバゲットを食べる量は、1950年代に比べると、3分の1ですが、パン屋では、1秒に320本のパンが売れています。

- 習慣でもありますね。小さい頃から、バゲットを買っています。フランスならではのものです。

- これまで行った国には、同じものはありませんでした。おいしいパンはありますが、それは、たいていパンなんです。大きなパンです。

- シンボルみたいなものですよね? あと赤ワインとベレー帽があれば。

どうやったら「フランスと言えばバゲット」というステレオタイプを払拭することができるでしょうか? ロンドンの真ん中で、フランスのパン屋がイギリス人が感激するバゲットを提供しているときに。

- 朝の始まりの香りがします。

- フランス人だけが作り方を知ってるわね。

- やわらかさとカリカリが完璧に調和してます。

- バゲット1本ください。

- バゲット1本ですね。

パン屋にとって、バゲットが、ユネスコの無形文化遺産に登録されたことは、ちょっとした逸話にすぎません。

- それでも、やった仕事に対するごほうびではありますね。お客さんにとっては、誇りになるでしょう。

ロンドンでは、世界のほかの場所と同様に、バゲットは、フランスを表す小さなものです。250グラムの記念建造物なのです。 

franchouillard (話) 典型的フランス人の ☆軽蔑する意味合いで



バゲット・関連動画

La baguette française fait son entrée au patrimoine mondial de l’Unesco (フランスのバゲットがユネスコの無形文化遺産に加わった)

1分23秒。

■La trempette de trop(ひたし過ぎ)

バターとジャムを塗ったバゲットをカフェオレにひたして食べるフランス人の習慣を理解できないドイツ人。

2分55秒。

■バゲット・世界遺産に関する過去記事

バゲットの起源~なぜ長細いパンなのか?

バゲット(フランスパン)のちょっとした歴史。

フランス人は朝ごはんに何を食べているか? 典型的なメニューを紹介。

パン・オ・ショコラ、それともショコラティン?  名前が違うけど同じもの。

世襲財産(patrimoine)とは何か?

なぜフランス人は、フランス料理を誇りに思っているのか?

****

ニュースでも言っていたように、フランスでは、バゲットの消費が減って、パン屋の数も年々減っているそうです。

アメリカふうにシリアルを食べる人が増えているのかもしれません。






心配している人エコ不安症(気候不安症)とは何か?前のページ

安楽死の合法化の現状。次のページ病院の天井

ピックアップ記事

  1. 2023年版、フランス語学習用カレンダーの紹介:テーマは「食」
  2. 『星の王子さま』~お役立ちリンク集

関連記事

  1. ニュースショー

    時事ニュース

    ニュースの記事のまとめ(2)

    フランス語のニュースの記事を訳している記事の目次、その2です。ニュ…

  2. ヒマラヤ

    時事ニュース

    ヒマラヤのアンナプルナの雪崩や吹雪で遭難

    今週のニュースは、ネパールのヒマラヤ山脈での遭難です。季節外れの大雪、…

  3. ホッキョクグマ

    時事ニュース

    先進国と発展途上国の協力は必須~COP27

    2022年11月6日から11月18日までエジプトで行われているCOP2…

  4. グランピーキャット

    時事ニュース

    グランピー・キャット(不機嫌な猫)が世界中で大ブーム

    現在、人気の「グランピー・キャット Grumpy Cat (不機嫌な猫…

  5. ミンストレル・カーニバル

    時事ニュース

    ケープタウンで2年ぶりに開催されたミンストレス・カーニバル。

    南アフリカのケープタウンの毎年恒例の行事、ミンストレル・カーニバルが、…

  6. パリ

    時事ニュース

    ペネロプゲート:大統領選の有力候補フランソワ・フィヨン元首相に家族への不正給与疑惑

    2017年のフランスの大統領選挙の有力候補の1人、フランソワ・フィヨン…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサーリンク



更新情報をメールで配信中

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらからどうぞ

封筒
⇒お問い合わせフォームへ


お気軽に^^

☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

アーカイブ

PAGE TOP