チンパンジー

時事ニュース

ジェーン・グドールの蝋人形が、グレヴァン美術館に仲間入り。

チンパンジーの研究で有名なイギリスの動物学者、ジェーン・グドール(1934年生)の蝋人形が、このたび、Musée Grévinに展示されました。

これにちなんで、グドール博士について説明している3分ほどのニュースクリップを紹介します。

タイトルは、Musée Grévin : la primatologue Jane Goodall fait son entrée(グレヴァン美術館:霊長類学者のジェーン・グドールの人形が入る)

霊長類は哺乳類のことです。

2分52秒。



Jane Goodall・トランスクリプション

Le face à face est un peu étonnant pour elle à 89 ans.

C’est très étrange. Ça me rappelle l’époque où j’étais encore capable de vivre dans la forêt avec les chimpanzés. J’étais habillée comme ça. J’avais toujours mes jumelles sur moi. Cela me rappelle les plus belles années de ma vie.

Ces plus belles années, Jane Goodall les a écrites en Afrique. En 1957, elle a 23 ans. Un simple diplôme de dactylographe en poche, elle se passionne pour l’Afrique et les chimpanzés. Elle les observe, jusqu’au jour où elle voit un mâle se servir d’une branche pour attraper des termites. L’outil n’est plus le propre de l’homme.

Ça ne m’a pas surprise que les singes en soient capables. Ce qui m’a surprise, c’est d’être la première à le voir.

Cette découverte va changer notre regard sur ces grands singes et la faire entrer dans l’histoire. Dix ans plus tard, Dian Fossey applique les mêmes méthodes d’observation avec les gorilles : vivre avec eux dans leur milieu naturel plutôt que de les étudier dans des zoos. La primatologue Shelly Masi marche aussi dans ses pas, même philosophie et même approche.

Je me sens bien évidemment dans l’héritage de Jane Goodall, mais comme moi il y a plusieurs autres femmes qui font de la recherche de long terme sur les primates aujourd’hui et c’est grâce à elle qui était la première qui a inspiré beaucoup de femmes après.

Mais contrairement à Jane Goodall, elle garde ses distances avec les grands singes.

Elle avait des contacts directs, physiques avec les chimpanzés. Aujourd’hui, on sait que pour les protéger, on ne doit pas avoir de contact physique. On doit rester quand même à quelques mètres parce qu’il y a la transmission des maladies de l’homme vers les grands singes.

Avant les autres, Jane Goodall a également compris qu’on ne pouvait pas étudier les primates sans les protéger. Le principe a fait école. Au Congo, on voit ici la primatologue française Sabrina Krief arracher les pièges des braconniers.

Il y en a trois, là, juste tout près les uns des autres, à deux mètres. Le chimpanzé peut se prendre un bras dans ce type de piège et évidemment ça ne fait que se resserrer dans les chairs.

Femme de communication aussi, Jane Goodall a vite compris qu’une image pouvait valoir tous les discours. Cette vidéo a fait le tour du monde. On y voit Wounda, sauvée par sa fondation. Au moment où elle s’apprête à retrouver la liberté, elle revient vers Jane et l’enlace. Comment mieux démontrer que les grands singes sont capables d’émotion, tout comme les hommes.

トランスクリプションの引用元⇒7 jours sur la planète – Enseigner le français langue étrangère (FLE) avec l'actualité – Fiches pédagogiques gratuites

ジェーン・グドール、蝋人形館へ

89歳の彼女にとってこの対面は、ちょっとした驚きです。

-すごく不思議ですね。私が、チンパンジーたちとまだ森で暮らすことができた時代を思い出させます。

こんな服装でした。いつも、双眼鏡を持って。私の人生で最良の年月を思い出します。

最良の年月を、ジェーン・グドールは、アフリカで過ごしました。

1957年、彼女は23歳。タイピストの修了証を取得しただけの彼女は、アフリカとチンパンジーにとても興味を持っていました。

彼女はアフリカとチンパンジーを観察したのです。オスのチンパンジーが、枝を使って、シロアリをつかまえるのを目撃するその日まで。

道具は人間だけのものではなかったのです。

-サルにそうできるのを見ても、べつに驚きませんでした。初めてそれを見たことに驚きましたね。

この発見は、大型のサルに対する見方を変え、歴史に刻まれることになります。10年後、ダイアン・フォッシーが同じ方法を使ってゴリラを観察しました。動物園で研究するのではなく、自然の中で、動物と過ごしたのです。

霊長類学者のシェリー・マシも、グドールに習いました。哲学やアプローチまでも。

-私はジェーン・グドールの遺産をしっかり受け継いでいると思います。今日、私のように、たくさんの女性が、長期に渡って霊長目を研究していますが、それは、グドールのおかげです。彼女が後に続くたくさんの女性に最初のインスピレーションを与えました。

しかし、ジェーン・グドールとは違い、彼女は、大型のサルと距離を取っています。

-グドールは、チンパンジーと、直接、接しました。今は、チンパンジーを守るために、肉体的な接触はすべきではないとわかっています。

何メートルか離れていなければなりません。というのも、大型のサルに、人間の病気が伝染るからです。

他の人たちよりも先に、ジェーン・グドールも、霊長類を保護することなしに、それを研究することはできないとわかっていました。それは規範となりました。

ここ、コンゴでは、フランス人の霊長類学者、サブリナ・クリエフが密猟者のし掛けた罠を取り除いています。

-ここに3つあります。それぞれとても近くに、2メートル離れて。チンパンジーは、このタイプの罠に腕をはさまれ、罠が体の中に食い込んでしまいます。

コミュニケーションにたけた女性であるジェーン・グドールは、ひとつのイメージが、たくさんの言葉よりものを言うとすぐに理解しました。

この動画は、世界中で見られました。グドールの財団によって救われたウンダが写っています。

自由になったその瞬間、ウンダはジェーンのもとへ行き、彼女を抱きしめます。

人間と同じように、大型サルにも感情があると示す、これ以上のものがあるでしょうか?

単語メモ

dactylographe  タイピスト

termite  シロアリ

primats  霊長目

braconnier  密漁

resserrer  しっかり締める

chair  肉体 *女性名詞

s’apprêter à  まさに~しようとする

enlacer  抱きしめる



ジェーン・グドール、関連動画

Comment Jane Goodall s’est fait accepter des chimpanzés (どうやってジェーン・グドールはチンパンジーに受け入れてもらったか)

Jane というドキュメンタリー映画(2017)のワンシーンです。

2分15秒。

Interview : Jane Goodall 

5年前、ジェーン・グドールが85歳のときに、Brut.のために語った動画。

現在、グドールさんは、動物の権利や環境保護のために活動しています。

イギリスの人だから、英語でしゃべっていますが、フランス語の字幕がついています。

3分19秒。

あきらめてはいけない、毎日、皆が、1つずつ環境のためになる行動をせよ、という力強いメッセージです。

******

チンパンジーがグドールさんに抱きつくシーン、とても感動的ですね。

グドールさんが、チンパンジーを観察している様子を見せているJaneというドキュメンタリー映画は、National Geographicが制作したので、Disney+で見ることができます。






ストレスを感じている主婦気持ちの負担を軽くする4つのコツ。前のページ

人質と囚人の違いは何?次のページ人質

ピックアップ記事

  1. 『星の王子さま』~お役立ちリンク集
  2. 2023年版、フランス語学習用カレンダーの紹介:テーマは「食」

関連記事

  1. エッフェル塔

    時事ニュース

    当選後のマクロン大統領の今後のスケジュール。

    先週の日曜日(2017年5月7日)にフランスの第5共和政の8代目の大統…

  2. ウエストミンスター橋

    時事ニュース

    2017年3月22日のロンドンのテロ。いったい何が起こったのか?

    2017年3月22日、ロンドンのウエストミンスター橋とウエストミンスタ…

  3. レストラン

    時事ニュース

    ダウン症の従業員が6人いるナントのちょっと特別なレストラン。

    3月21日は、世界ダウン症の日です。ダウン症候群という病気について、も…

  4. モロッコのお金

    時事ニュース

    モロッコで国民皆保険制度がスタート。

    モロッコで国民全員が参加できる公的医療保険制度がスタートしたと伝えるニ…

  5. エールフランス

    時事ニュース

    バイオ燃料を使った航空機。

    2年前の2021年5月に、エールフランスが、バイオ燃料を使って飛行機を…

  6. 投票

    時事ニュース

    フランスの国民議会選挙の仕組み。

    2022年5月12日と19日に、フランスで国民議会の選挙が行われていま…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサーリンク



更新情報をメールで配信中

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらからどうぞ

封筒
⇒お問い合わせフォームへ


お気軽に^^

☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

アーカイブ

PAGE TOP