バービー

時事ニュース

バービーの光と影~前篇

バービーのセールスが落ち込んでいることを伝えるeuronewsでフランス語を学習しました。

バービーはアメリカでおよそ50年前に発売された人形で、ずっと続いているラインです。

世界中で有名な人形ですが、新しく出た人形にその座を奪われつつある、とニュースは伝えています。

その人形とは?



バービー王国の盛衰

まずニュースを聞いてください。
2分

きょうは前半の57秒まで。

Les hauts et les bas de la reine Barbie
女王、バービーの浮き沈み

Barbie une reine déchue… la poupée parfaite voire trop parfaite a de quoi être inquiète. Les ventes sont en chute libre trimestre après trimestre…

バービーは落ち目のヒロインです。完璧すぎるほど完璧な人形に陰りが見えてきました。

売上がどんどん落ちているのです。

La raison de ce désamour… des goûts qui changent et surtout l’arrivée d’une nouvelle ligne à la fois plus trash et moderne, un peu plus monstrueuse aussi et 500 millions de dollars engrangés en trois ans par sa société éditrice.

不人気の理由は、消費者の好みの変化と、同時に、もっとアグレッシブで今ふうのモンスターのような新しい人形の登場のせいです。

この人形は3年間に5億ドルの売上に達しました。

Jim Silver, rédacteur en chef de Timetoplaymag.com : “Ce que nous avons vu ces dernières années c’est que les fans de Barbie ont rajeuni.

Alors qu’il y a 20 ans on jouait à Barbie entre 3 et 9 ans… désormais on y joue entre 3 et 6 ans et cette nouvelle ligne “Monster high” a commencé entre 6 et 10 ans et désormais on commence à y jouer à 5 ans”.

Timetoplaymag.comのチーフエディター、ジム・シルバーさん:

ここ数年に、バービーのファンは若返りましたね。20年前は3歳から9歳の子どもがバービーで遊びましたが、今は3歳から6歳です。

それに「モンスターハイ」という新しい人形は6歳から10歳がターゲットでしたが、今は5歳の子どもから遊んでいます。

Les poupées sont inspirées par des films de monstres, de science fiction mais aussi par des thrillers.

Elles ont été crées par Garret Sander sur des illustrations de Kellee Riley.

「モンスターハイ」はSFのモンスター映画やスリラー映画から着想を得ています。

ケリー・ライリーのイラストからギャレット・サンダーが作りました。

・・・・〈スクリプトと和訳、ここまで〉・・・・

※元記事が削除されたのでリンクをはずしました。

★この続きはこちらから⇒バービーの光と影 後篇

単語メモ

des hauts et des bas 人生の浮き沈み、病状の一進一退

déchu,déchue (権威、権力、信用などを)失った ←déchoir

de quoi+inf ~する原因(理由)

trimestre 3ヶ月、四半期

rajeunir 若返らせる

trashという単語は英語のtrash(ゴミ)から入ったフランス語で、スラングとして「怪しい、薄汚れた、バイオレントな」など、といろいろな意味に使われるようです。



モンスター・ハイとは?

「モンスターハイ」は、モンスターハイという高校に通っている女子高生の人形です。

ドラキュラの娘のドラキュローラ、フランケンシュタインの娘のフランキー・スタインなど、学校なのでいろんなモンスターがいます。

実は私もコラボしたことあります。
penとモンスターハイ

モンスターとはいえ、みんなおしゃれな人形になっています。この発想、すごいですね?

(きも可愛い+ファッショナブル)Xスピード感

ってな感じでしょうか。

日本人好みとは言いがたいですが。

この人形のマーケティングについてはニュースの後半で語られています。

このモンスターたちが、今、子どもたちにすごく受けてるようです。私はそこまで人気なのは知りませんでした。だって、ニュースにもあるようについこの間(2010年)に出た人形なんですよ。

バービーもモンスター・ハイもマテルというアメリカのメーカーの商品です。

バービーはトップの座をこのモンスターたちに奪われてしまったか、奪われつつあるようですね。ただ、バービーは歴史のある人形だから生産中止にはならないでしょう。






関連記事

  1. 時事ニュース

    シャルル・ド・ゴール(船)がイラク沿岸へ

    今週も、TV5Monde のApprendre Le Français…

  2. 国際女性デー バナー

    時事ニュース

    国際女性デーにちなんで~3人の女性の話(2)

    3月8日の国際女性デーにちなんで、世代の違う3人の女性の子どもの頃の話…

  3. penとネットの闇市

    時事ニュース

    インターネット上の違法サイトを一斉に摘発

    Euronewsの短いニュースをご紹介します。インターネット上…

  4. エモーティコン

    時事ニュース

    エモーティコン(絵文字)は言葉の世界を変えるか?

    TV5MONDEのフランス語を学ぶコンテンツから、7 jours su…

  5. グアム島

    時事ニュース

    アメリカ軍が2000匹のネズミをグアム島に投下~その心は?

    グアム島のビーチJDEという子ども新聞から、きょうは環境問…

  6. ギター

    時事ニュース

    サムライギタリストMIYAVI、ロンドンのコンサートで観客を魅了(前編)

    MIYAVI(みやび)という日本人アーティストのロンドンでのコンサート…

コメント

    • アン
    • 2013年 8月 01日

    1960年代の高いヒールのサンダルはいたバービーが、姉の宝物でした。
    バービーはアメリカそのもので、リカちゃんなんかと比べものにならない魅力があったと思います。
    ウチの娘は人形遊びしない人で、最近の市場には疎いのですが、モンスターハイというのも初めて見ました。
    日本で言えば、ねこ娘や、砂かけ婆というところ?(違うかー)

      • フランス語愛好家
      • 2013年 8月 01日

      アンさん、こんにちは。コメントありがとうございます。
      確かにバービーは歴史がありますし、アメリカンドリームみたいなものを
      体現しているかもしれないですね。

      モンスターハイは、うちの娘(14歳)も「気持ち悪い。、可愛くない」
      と言ってます。すでに彼女も今の子どもの感覚がわからないのかも?

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね♪

CTL+D でお気に入りに登録。

Feedlyで確実に更新をチェックしよう。

follow us in feedly

更新情報をメールで配信中

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

おすすめ記事いろいろ

  1. 「殺意は薔薇の香り」後編~予告編のフランス語
  2. 歌と訳詞:故郷の九月~ジルベール・ベコー その1
  3. Laisse tomber les filles~フランス・…
  4. ドリス・デイの名曲、ケセラセラって何語なの?
  5. フランスの子どもたちは幸せなのか?
  6. かわいいフランス語、教えます~その3野菜篇
  7. なぜイースターにウサギが出てくるのか?
  8. すごく簡単なりんごケーキの作り方~フランスのお菓子(4)
  9. アイドルを探せ:シルヴィ・バルタン(歌と訳詞)
  10. 『サラの鍵』(2)~映画の予告編のフランス語

新しく書いた記事です。

  1. 犬の名前、特に短い名前(2音節)特集:かわいいフランス語教え…
  2. 8月13日は左利きの日。なぜ左利きの人がいるのか?
  3. 家庭で作る簡単アイスクリーム4種:フランスのお菓子(26)
  4. シャーベットができるまで。カルカソンヌのアイスクリーム工場ル…
  5. 趣味に関する単語:かわいいフランス語教えます(117)
  6. パリのエッフェル塔の楽しみ方。
  7. フリーダ・ボッカラ、Cent mille chansons …
  8. 第二次世界大戦で起きた奇跡の救出作戦、「ダンケルクの戦い」と…
  9. アラン・ドロンのダーバンのCMでフランス語を学ぶ。
  10. エモーティコン(絵文字)は言葉の世界を変えるか?

おすすめのまとめ記事

  1. ファッション、モード、おしゃれに関する記事の目次(2)
  2. 2013年4月開講のNHKのラジオ講座のラインナップ
  3. 『百合のFranceウォッチング』~目次 その1(L1~25…
  4. 「パッケージのフランス語」の記事の目次~その1
  5. ファッション、モード、おしゃれに関する記事の目次(3)
  6. 数字の記事のまとめ その2 19から1兆まで
  7. ファッション、モード、おしゃれに関する記事の目次(4)
  8. ニュースの記事のまとめ(2)
  9. 『不思議の国のFrance』関連記事の 目次その2
  10. フランス語のCMの記事のまとめ。ディクテに最適。

フランス語の勉強法とか

  1. 黒板
  2. 黒板
  3. penのイラスト
  4. ペンディクテ中
  5. 星の王子さまの本

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらからどうぞ

封筒
⇒お問い合わせフォームへ


お気軽に^^

☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

アーカイブ

  1. 海とボート

    フレンチポップスの訳詞

    「渚の想い出」ミッシェル・ポルナレフ:歌と訳詞
  2. クマ

    フランスのことわざ

    フランス語のことわざ52~クマを殺す前に皮を売る
  3. ル・ヴィラージュ(パリの高級食材店)

    虎と小鳥のフランス日記

    イカスミと芥子のパンはいかが~「虎と小鳥のフランス日記」第142話
  4. 太り過ぎpen

    Pas à pas〜ころばぬ先のフランス語入門

    動詞être:「まいにちフランス語」5:初級編L13-15
  5. ムフタール通りのカミーユ

    虎と小鳥のフランス日記

    ムフタール通りのマルシェ「虎と小鳥のフランス日記」第5話
PAGE TOP