パリ

フランス語の教材

新「虎と小鳥のフランス日記」が初学者にも優しくパワーアップ!

2016年10月3日追記:このスクールから卒業して、独学することにしましたので、現在は、特にこの教材をおすすめしてはいません。pen

以下の記事は2013年9月14日執筆時の情報に基いています。ただし、特典は現在のものに書き換えました。

以上、ご承知おきください。

こんにちは。フランス語愛好家のpenです。

きょうは私が1年半、しつこく受講している「虎と小鳥のフランス日記」についてお伝えします。最近、ちょっと新しくなったんです。

虎と小鳥のフランス日記

「虎と小鳥のフランス日記」は、織田武先生が主催する虎と小鳥のフランス語スクール(旧フランス語脳プロジェクト)というネットの学校の主軸教材です(2014/11/08追記:「虎と小鳥のフランス日記」の終了に伴い、スクールの名前もフランスダイレクトスクールとなりました)。

フランス語に限らず、外国語を学ぼうとするとき、「しゃべれるようになりたい」という希望は大きいものだと思います。

でも、語学学校をはじめとする多くの講座は文法中心主義で、何年通っても会話できるようにならないというのが現実。

「フランスで生活でもしなければ、ネイティブと自在に会話するなんて不可能」

あなたは、そんなふうに諦めていませんか?

そんなことはありません!

フランスで生活しなくても、ネイティブのスピードの会話を聞き取って気持ちを理解し、あなた自身も適切なフランス語で情報を発信する会話力が身につく。

そんな夢のようなことを実現するために編み出されたプログラムが「虎と小鳥のフランス日記」なのです。

どんな講座か知りたい!無料体験ページへ



魔法のような教材みたいだけど、もっと詳しく教えて!

「虎と小鳥のフランス日記」は

  • 2分~3分ぐらいのフランス語のビデオ(撮影地はパリを中心としたフランス):字幕なし、フランス語字幕つき、日本語字幕つきの3種類。
  • フランス語のスクリプトと和訳(PDF)
  • 重要表現や、文化的背景の説明(PDF)
  • 内容を解説したビデオ(20分前後)
  • 解説に使われたスクリプト(PDF)
  • 以上が、パソコン用とスマートフォン用の2セット、ZIPファイルで毎週1エピソードずつ届きます。

    ビデオの授業ですから、わざわざ通学する必要がないので、忙しい方には実践しやすい勉強法です。なにしろ、遅刻や欠席のリスクがないのです。勉強時間は、あなたのライフスタイルに合わせて、選べます。

    3分ぐらいの動画の中に生きたフランス語がいっぱい。パソコンで見てもいいし、ソファにくつろぎながらタブレットで見てもいいし、通勤中や朝カフェ・ランチタイムなどにアイフォンで見てもいいから、もうこれは「どこでも留学」なのです。



    ビデオなのね、でも、なんで虎と小鳥なの?

    「虎」はこのビデオを撮影しているアントワーヌというフランス人。
    「小鳥」は出演しているカミーユという女性。

    2人を取り巻く、ごく普通のパリの日常を伝えるビデオレターだから、「フランス日記」です。

    「リアルなフランス語にふれたい」と思っている人にはこれ以上のものはありません。

    だって、言葉はまず音ありき。

    逆に、こういう自然なフランス語で耳慣らしをせず、ちまたの教材のゆっくりすぎるフランス語に慣れてしまうと、あとで落差を埋めるのが大変です。

    ご安心ください。たとえ、最初は聞き取れなくてチンプンカンプンでも、各エピソードのフレーズや文法、文化を解説する日本語の動画も付属しています。

    親鳥が小鳥に飛び方を教えるように、実際にカミーユやアントワーヌが飛んでいるのを見たあと、ポイントの解説を聞くと、効率的に学習できるという織田先生の考えが反映されたテキストです。

    飛んでみせる=ネイティブのフランス語を話す、というわけですね。

    1話~115話までは織田先生による解説でした。

    でも、先週配信の第116話からケンとティファニーという若い2人にバトンタッチ。

    ケンとティファニー

    「どんなもんかな?」と不安と期待を持って見たのですが…

    結論から言えば、より「初心者に優しいつくり」になったと実感しています。

    ケンは「数ヶ月の留学経験で、若干24歳でDALF C2をあっさりクリアした(先生のメールより)」日本人。

    DALF(検定試験)を知らない私にはピンと来ませんが、彼がフランス語をぺらぺらしゃべっているところは「虎と小鳥」のパリのお花見のエピソードで見たので、相当なレベルなのでしょう。

    ティファニーは日本語を学習しているフランス語のネイティブです。「フランス語脳プロジェクト」では、会話講座でも活躍中。

    この2人が日本語とフランス語を使って繰り広げる解説は、とにかく、さわやかで、楽しみながら聞けてとてもわかりやすいです。

    最近、初学者の受講生さんが増えたせいか、とりあげるキーフレーズがより基本的なものになったのも、これから始める人にとっては、嬉しい点だと言えます。

    PDFでの文法解説も丁寧ですし、ティファニーが解説の中でしゃべるフランス語のスクリプトもついてきます。

    何より、解説者としては新人の2人が、毎回、よりよい授業を作ろうと、前向きに努力している、その気持ちが伝わってきますから、「私もがんばらなくちゃ」と改めて気持ちが引き締まる思いです。

    受講歴が長い私がそうなのですから、特に初心者の方はそういう意味でも力づけられるのでは?

    解説者が2人になって、さらにパワーアップした「虎と小鳥のフランス日記」。

    「フランス語を勉強したいけど、どうしたらいいんだろう。」
    「参考書を買って読み始めてもすぐ挫折しちゃう。」
    「家事や仕事で忙しくて学校へ行ってるひまがないです。」
    「年も年だし、もう無理でしょうね。」

    そんなふうに思っているあなたでも、見て真似るだけで、自然にナチュラルなフランス語が身についてしまう、自信をもってオススメできるテキストです。

    2016年10月3日:トップにも書きましたが、現在、フランスダイレクトスクールはおすすめしていません☆pen






    ピックアップ記事

    1. 『星の王子さま』~お役立ちリンク集
    2. 2018年版、フランス語と英語の勉強用カレンダーのご紹介。
    3. ぜんぶ無料:あなたのフランス語学習に役立つサイト16選

    関連記事

    1. サン・マロ

      虎と小鳥のフランス日記

      サン・マロ~「虎と小鳥のフランス日記」第16話

      虎と小鳥のフランス日記、バックナンバーのご紹介です。きょうは第…

    2. 化粧品

      虎と小鳥のフランス日記

      「虎と小鳥のフランス日記」第93話 ライブ用のメイクアップ@イヴ・ロシェ

      私が毎週受け取っているビデオのフランス語の教材。93話の受講メ…

    3. 笑顔のカミーユ

      虎と小鳥のフランス日記

      ヴェリブでパリを~「虎と小鳥のフランス日記」第10話

      毎週1つずつ見ている、虎と小鳥のフランス日記のバック・ナンバー。今週は…

    4. トロカデロ広場

      虎と小鳥のフランス日記

      頑張れ、レ・ブルー~「虎と小鳥のフランス日記」第63話

      「虎と小鳥のフランス日記」のバックナンバー、第63話を見ました。今回の…

    5. Le CENTQUATRE

      虎と小鳥のフランス日記

      芸術性あふれる場『104』「虎と小鳥のフランス日記」第43話

      虎と小鳥のフランス日記のバックナンバーのキーフレーズをご紹介しているシ…

    6. 『舟遊びをする人々の昼食』ルノワール

    コメント

      • Junji
      • 2013年 10月 16日

      はじめてケンさんとティファニーの顔を見ました。

      PENさんが虎と小鳥、フランス語脳プロジェクトと出会った時のブログあります?
      どういう経緯で出会い、そして始められたのか、馴れ初めというか。

        • フランス語愛好家
        • 2013年 10月 16日

        Junjiさん、こんにちは。コメントありがとうございます。
        ケンとティファニーは92話で登場して、フランス語をしゃべっていました。
        サンプルでは景色しか映ってませんけど、記事もあります。
        こちら⇒パリでもお花見「虎と小鳥のフランス日記」第98話
        http://furansu-go.com/hanami/

        わたしがフランス語脳プロジェクトを始めたときのことは、
        少しですが、プロフィールに書いています。
        こちら⇒はじめまして~フランス語愛好家とは?
        http://furansu-go.com/profile/

        昔の日記はFC2に少しあるのですが、基本は学習メモで
        なれそめなどは書いてないです。

        昔日記を書いていたSNSは閉鎖し、その記事をうつしたブログはこわれました。
        文法編の星の王子さまの感想などは、別のところに書いていたのでが、そこも閉鎖され、忙しくてデータをバックアップしている暇がなかったので、手元には残っていません。

        私がフランス語を始めたころのことは、少しずつ入門日記に書いています。
        こちらが目次です⇒http://furansu-go.com/early-days-index/

      • N.I.
      • 2014年 6月 16日

      信じられないけれどやらなきゃわからないので、楽しくなる、大好きなフランス語続けたいのでよろしくお願い申し上げます。

        • フランス語愛好家
        • 2014年 7月 18日

        N.I.さん、コメントありがとうございました。
        実は、ご本名でコメントを書かれていたので、
        メールでハンドルネームをおうかがいしました。

        でもお返事がなかっので、イニシャル表示させていただきますね。
        コメントの承認、お返事が遅くなりまして、大変失礼いたしました。

      • N.I.
      • 2014年 6月 16日

      フルネームは、出ないですね。これからはペンネームで良いですか?

        • フランス語愛好家
        • 2014年 7月 18日

        はい。本名を表示したくない場合は、ハンドルネームでお願いします。

      • 花南
      • 2014年 7月 27日

      こんばんは、フランス語講座が、より初心者に優しくなったときいて、よかったと思いました。ペンさんもペラペラになりましたか?
      受講するときに、手元にはさんこうさはなにか、あったほうが、いいですか?

        • フランス語愛好家
        • 2014年 7月 27日

        花南さん、こんにちは。

        私は話す練習を全くしていないので、ペラペラではありません。

        参考書ですが、受講を開始すると、まずガイダンスビデオが、送られてきて、その中で参考書の話があります。

        個人的には、文法書が一冊あると、全体像がわかっていいと思います。

        私は清岡先生の本を使っています。おもしろいから、最後まで読み通すことができるので、人にきかれたら、すすめています。

        アマゾンに飛びます⇒フラ語入門、わかりやすいにもホドがある!(CD付・改訂版)

        でもまあ、自分の好みのものならなんでもいいですよ。

        また、プチ・ロワイヤル仏和辞典の後ろのほうにも文法の説明が書いてあります。
        この辞書についてはアメブロのこちらの記事で紹介しています。

        プチ・ロワイヤル仏和辞典にお世話になっています – 写真つきレビュー|penのフランス語日記

      • 花南
      • 2014年 7月 27日

      Penさんへ  教えてくださってありがとうございました。
      実はすでにアマゾンで注文してあったフランス語の本が、ちょうど
      紹介してもらったものでした。とにかく読み通せるものと
      思って、硬そうでないものをえらびました。PENさんからも
      おすすめということで、ひと安心です。

      辞書、、、まだ持ってません。選ぶならプチロワイヤルですね。

        • フランス語愛好家
        • 2014年 7月 28日

        花南さん、こんにちは。

        辞書は初心者向けならどれでも好みのものを選べばいいと思います。

        でもプチ・ロワイヤルは見やすいし、文法のまとめもあるし気に入ってます。

    1. この記事へのトラックバックはありません。

    *

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    お気に入りに登録してね♪

    CTL+D でお気に入りに登録。

    Feedlyで確実に更新をチェックしよう。

    follow us in feedly

    更新情報をメールで配信中

    メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    新しく書いた記事です。

    1. シャネルを物語る5つの色(後編)
    2. 猛暑をフランス語でなんと言う?
    3. 新学期に関する言葉:かわいいフランス語(128)
    4. [連絡]ご質問いただいた、めいさんへ
    5. もう森へなんか行かない(フランソワーズ・アルディ):歌と訳詞…
    6. シャネルを物語る5つの色(前編)
    7. モードの帝王、イヴ・サンローラン:予告編のフランス語
    8. Le Sens de la Vie(人生の意味):タル(歌と…
    9. おにぎりの作り方をフランス語で説明するには?
    10. 遊園地に関係のある言葉:かわいいフランス語(127)

    おすすめ記事いろいろ

    1. 10月から12月の言い方~フランスの暦(9)
    2. フランス語のことわざ34~内輪もめに口出しをするな
    3. フランス語のことわざ4~去ることは少し死ぬこと
    4. ベジタリアンが好きなハム?CMのフランス語
    5. 初公開~私の名詞の性別例外ノート
    6. 『チョコレート女』La femme chocolat オリビ…
    7. こんなに簡単でいいの?さくらんぼのクラフティーの作り方~フラ…
    8. アデルは2015年もっとも売れた歌手
    9. 誰も知らなかったこんなパリ:「秘密のパリへ連れてって」プロロ…
    10. ポッドキャストで書き取りの練習を始めた頃~入門日記第17回

    おすすめのまとめ記事

    1. ファッション、モード、おしゃれに関する記事の目次(5)
    2. 『ベルサイユのバラ』新作その2が週刊マーガレット第22号(1…
    3. かわいいフランス語、教えます~目次 その2
    4. 歌の訳詞を書いている記事の目次~その1
    5. かわいいフランス語、教えます~目次 その1
    6. フランス映画の予告編の記事のまとめ
    7. 数字の記事のまとめ その1 0から18まで
    8. 『タイトルのフランス語』の記事の目次
    9. ハロウィン関連記事の目次
    10. 「パッケージのフランス語」の記事の目次~その1

    フランス語の勉強法とか

    1. 星の王子さまの本
    2. 2018年フランス語日めくりカレンダー
    3. 黒板

    お問い合わせはこちらから

    お問い合わせはこちらからどうぞ

    封筒
    ⇒お問い合わせフォームへ


    お気軽に^^

    ☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

    アーカイブ

    PAGE TOP