パリ

虎と小鳥のフランス日記

フランス語で「ブロンズになる」とは~「虎と小鳥のフランス日記」第46話

先週にひきつづき、虎と小鳥のフランス日記のバックナンバー、第46話を学習しました。

46話はどういう話だったかというと・・

まだ寒い日が続く春先のパリに、天気がよい、とても暖かい日が訪れました。カミーユがカフェのテラスでサラダを食べたり、公園を散歩したり、という回でしたね。

前回はサンプルに出てくるフランス語をチェックしました。

こちら⇒真夏に小春日和について考える

きょうは3つのキーフレーズをご紹介しますが、もう一度、サンプルビデオを見てみましょう。

★2015/01/24追記
「虎と小鳥のフランス日記」の配信が終了したため、サンプル動画も削除されました。あしからずご了承ください。

カミーユの後ろで携帯電話をかまっている学生さんが、かわいいですね。

「大人はわかってくれない」のアントワーヌ・ドワネルを思い出しましたよ。



3つのキーフレーズ

シーン1

オーダーしたサラダが届きました。

いただきます(←おいしくいただきましょう)

カミーユ

ボリュームのあるサラダ
サラダはcharcuterie(ハム、ソーセージなどの豚肉製品)がたっぷりのっていて、ボリュームがあります。

シーン2

公園にて。

この日、天気がいいので、こうしているとニースを思い出すというカミーユ。

彼女はニース出身です。

あとは海があれば最高なんだけど・・・。

パリの公園

シーン3

イースターの季節なので、チョコレート屋の前で、今度は子どもの頃のイースターの話をするカミーユ。

「庭でチョコレートの卵を探したよ。アントワーヌは?」

アントワーヌは「そんなこと、したことない」と言います。

本当ですかね?

カミーユも驚いて、

一度もないの?

パリ

☆答え

1.Donc euh…je vais me régaler.

2.Finalement euh, il manque que la mer, c’est tout.

3.Jamais ?

文法をちょっぴり解説

1.je vais me régaler

se régaler で「ごちそうを食べる」

vais は aller

aller + 不定法 「これから~します」(近接未来)

私はこれからごちそうを食べます⇒いただきます

食べ終わったあとに使えば

Je me suis régalé. おいしかったです。ごちそうさま。
女性はrégalée と女性形で。

se régalerは代名動詞なので、複合過去にするときは、助動詞はêtreを使います。

2.il manque que la mer

これは例によってneが省略されています。

まず、全体の形は、

Il manque… 「~が足りない」非人称表現の一つです。

ほかの例)
Il manque du sel dans cette soupe.
このスープには塩が足りてないわ。

この形に、ne … que 「~しかない」という「que以下のものしかない」という表現を入れこみます。

すると

Il ne manque que la mer
直訳:海だけしか足りない

足りないものは海だけである。

あとは海さえ、あればよい

「天気がよくて、ニースを思い出すわ。あとは海があればいいのにな~」といった感じです。

けっこう使えそうな表現ですね。

私の場合、ふつうの否定の形でneが抜けているのは、わりと反応できますが、ne … que の「ne抜け」は、まだまだ練習が必要です。



きょうの豆知識:ブロンズ

日焼けする=bronzer

カミーユは、公園でニースの思い出話をしていた時、bronzerという単語を使っています。

Quand à partir de février, mars, entre les cours je bronzais.
「2月か3月から、授業のあいまに、肌を焼いていたわ。」

自分で意識的に、日に焼く場合は、se bronzer という単語があるので、ここは日にあたっていた、ぐらいなのかなと思います。

Le soleil du Midi a bronzé leur peau.
南仏の太陽が彼らの肌を焼いた。

bronzerはブロンズ色になる=日焼けするというわけです。

ブロンズ色とは青銅色。青銅(せいどう)は銅とスズの合金です。

その名も「青銅器時代」から使われていた、最も古い合金ですね。今はスズを含まない銅の合金も青銅と呼ばれています。

ブロンズ(bronze)は青銅に彫刻したものです。

唐(618-907)の鏡(フェニックスが彫刻されています)
唐時代の青銅の鏡

日本では中国から伝わったため、昔は、唐金(からかね)と呼ばれました。

ブロンズの仏像

スズは白っぽい銀色なので、これがたっぷり入っていると、明るいブロンズ色、少ないとダークな色になります。

この日、カミーユは目の下に隈(くま)ができていて、なんとなく疲れた感じですね。寝不足なのかもしれません。よく言えば、リラックスしてまったりとした回です。






海岸2013年夏、あなたに似合う水着って?その3(終)前のページ

「虎と小鳥のフランス日記」vol.2 第26話~50話次のページジュリー・シオン店内

ピックアップ記事

  1. 2020年版、フランス語学習用カレンダーのレビュー。
  2. ぜんぶ無料:あなたのフランス語学習に役立つサイト16選
  3. 『星の王子さま』~お役立ちリンク集

関連記事

  1. アスプルモン

    虎と小鳥のフランス日記

    「虎と小鳥のフランス日記」vol.1 第1話~第25話

    「虎と小鳥のフランス日記」の各エピソードの3つのキーフレーズを書いた記…

  2. 震災後の日本再生

    虎と小鳥のフランス日記

    パリより東日本大震災を考える~「虎と小鳥のフランス日記」第57話

    「虎と小鳥のフランス日記」のバックナンバーから、第57話を復習しました…

  3. ビュット・ショーモン公園

    虎と小鳥のフランス日記

    ビュット・ショーモン公園「虎と小鳥のフランス日記」第3話 

    毎週一つずつ見ている虎と小鳥のフランス日記のバック・ナンバー。…

  4. 文学ビストロ カスカード

    虎と小鳥のフランス日記

    「虎と小鳥のフランス日記」第92話 ベルヴィルの大衆的なビストロ

    私が毎週受け取っているビデオのフランス語の教材。92話を受講し…

  5. しろくまのぬいぐるみ

    虎と小鳥のフランス日記

    サン・ジェルマン・デ・プレのマルシェ・ド・ノエル~「虎と小鳥のフランス日記」第132話

    今週の「虎と小鳥のフランス日記」はパリのサンジェルマン・デ・プレ教会の…

  6. ブロカント

    虎と小鳥のフランス日記

    パリ3区の古物市場・その1~「虎と小鳥のフランス日記」第160話

    「虎と小鳥のフランス日記」第160話の受講メモです。カミーユが3区の古…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサーリンク



新しく書いた記事です。

  1. ギロチンの歴史(前編)
  2. かわいいフランス語の目次、その7:発想のたねにしてください。…
  3. ジュリエット・グレコ、93歳で亡くなる。
  4. オウトウの木の絵を描く:ペッパピッグのフランス語(5)
  5. フランスの象徴、マリアンヌ像はどのようにして生まれたか?
  6. 世襲財産(patrimoine)とは何か?
  7. シャネルにゆかりのあるパリの5つの場所。
  8. ラスコー洞窟はどんなふうにして発見されたのか?
  9. Septembre(9月):La Femme(ラ・ファム)~…
  10. なぜフランス人は、フランス料理を誇りに思っているのか?

更新情報をメールで配信中

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらからどうぞ

封筒
⇒お問い合わせフォームへ


お気軽に^^

☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

フランス語の勉強法とか

  1. 日めくりとpen
  2. 黒板
  3. 星の王子さまの本

アーカイブ

PAGE TOP