レストランシャルティエ

虎と小鳥のフランス日記

レストラン・シャルティエでエスカルゴを食す~「虎と小鳥のフランス日記」第51話

今週の虎と小鳥のフランス日記のバックナンバーは第51話。
先週の第24話(⇒ビストロ・ヴィヴィエンヌでお茶をする)よりいきなり飛びます。

というのも、第1話~50話までのキーフレーズは、すでにこのブログで記事にしましたから。

目次です。
vol.1 第1話~25話

vol.2 第26話~50話

第51話から87話まではアメブロに記事があります。

よく、「ブログが3つあって、わけがわかりません」、とか「迷路のようです」、という声をいただくんですよね。すみません^^;

1つずつリライトして、こちらのブログですべて見られるようにしようという、遠大な計画を遂行中です。かなりのゆっくりペースですが。

「バックナンバー、ためちゃって見てないや」というあなたも、このさい、気を取り直して一緒に学習しましょう。

51話はシャルティエという名のレストランが舞台です。
レストランですることってふつう決まってますよね。
お食事です。今回はエスカルゴが登場しますよ。

まずサンプル動画をごらんください。

★2015/01/24追記
「虎と小鳥のフランス日記」の配信が終了したため、サンプル動画も削除されました。あしからずご了承ください。

きょうのメニュー

  • 3つのキーフレーズ
  • キーフレーズの解説
  • きょうの豆知識~レストラン・シャルティエ
  • 今回のキーフレーズはすぐに使えるものばかり。
    それでは、復習、行ってみよう!



    3つのキーフレーズ

    ~するのはどう?

    店に入って注文するとき、カミーユがアントワーヌにこう提案します。

    前菜は、エスカルゴを(二人で)食べるってのはどうかしら?

    レストランシャルティエ

    Et si en entrée on se prenait des escargots ?

    ちょっと質問があります

    アントワーヌが店にある棚について質問します。

    えっと、ちょっと質問があります。あの棚はなんのためにあるんですか?

    レストランシャルティエ

    Et petite question. Euh, les casiers servent à quoi ?

    ちなみに、この質問に対する回答は
    C’était pour les serviettes des habituès, à l’époque.
    昔はあそこに常連のお客さんのナプキンを入れてました。

    すごいですね・・・もしかして「マイナプキン」でしょうか?
    いちいち洗ってなかったってことかもしれません。

    ~が得意です

    エスカルゴトング(エスカルゴをつかむ道具)に苦戦するカミーユ。

    あのね、私ね、え~と、エスカルゴ扱うのあまり得意じゃなくて。

    レストランシャルティエ

    Alors, je ne suis pas…une…je suis pas l’as des escargots…

    でも、カミーユは「エスカルゴ、大好物!」と言っているのですよね。これは、ふざけているのか、演出なのか?

    キーフレーズの解説

    Si on + 半過去

    si on + 半過去 で、人に提案したり、誘ったりする表現です。

    Si on allait au cinéma ?
    映画に行くのはどう?

    Si on dînait au resto ce soir ?
    今晩、レストランで食事しない?

    une question

    質問があるときの言い方。

    Et petite question.
    これはこのまま覚えましょう。

    ものすごく丁寧に言いたいときは、
    Puis-je vous poser une question ?

    ふつうの言い方は
    J’ai une question.

    les casiers servent à quoi ?
    casier は整理棚、仕切り、ラック
    case の派生語です。何かで仕切ってある感じの物入れですね。

    servent は servir
    servir à  ~の役に立つ

    casiers のところをほかの名詞に変えれば、
    「~は何に使うのですか?」と聞くことができます。
    もし、そのものの名前がわからない時は、ça を使って
    Ça sert à quoi ?
    と聞けばOK.

    être l’as de ~

    ~が得意である

    as は トランプのエースです。フランス語の発音は「アス」、定冠詞がつくと「ラス」
    口語で「第1人者、エース、名人、名手」という意味で使われます。

    Je suis l’as des mathématiques.
    私、数学得意なの。

    C’est l’as de l’équipe.
    彼(女)はチームのエースだ。



    きょうの豆知識~レストラン・シャルティエ

    1896年に開店した老鋪
    有名なので行かれた方も多いのではないでしょうか?

    こんな感じの店です。

    店の正式な名前は、Bouillon Chartier
    bouillon はスープのブイヨン。

    ブイヨン・レストランは、スープのような定番料理を、さっと提供することができるレストラン、というのが語源とのこと。

    いかにもパリのレストラン、という風情がします。
    食事は安価で、気取らない雰囲気ですね。
    時間どきは、いつも混んでるようです。

    ちなみに、ビデオの40秒~50秒あたりで、très bienと言っている男性の後ろにあるのが casier (仕切り棚)。

    住所: 7 rue du Faubourg Montmartre 75009 Paris (9e arrondissement)
    公式サイトはこちら
    サムネイルクリックで飛びます。
    レストランシャルティエ
    Bouillon Chartier

    このエピソード、過去に何度か見ているのですが、久しぶりに見たら、忘れてる表現がいっぱいでした。

    「ただエスカルゴを食べてるだけの回」という印象があったのですが、スクリプトを見たら、本当に使える表現がたくさん。語学は復習が大事だということを再認識いたしました。

    記事にのせきれない表現はツイターでつぶやいていますので、興味のある方は、ぜひフォローしてくださいね⇒

    それでは、次回の「虎と小鳥のフランス日記」の記事をお楽しみに。






    ノートルダム(パリ)L72 フランスでよくある名前の代名詞~ポールとピエールとジャック前のページ

    ブログ開設1周年プレゼント企画~当選者発表次のページプレゼントするpen

    ピックアップ記事

    1. 2021年版、フランス語学習用カレンダーのレビュー。テーマはファッション。
    2. ぜんぶ無料:あなたのフランス語学習に役立つサイト16選
    3. 『星の王子さま』~お役立ちリンク集

    関連記事

    1. リヨン

      虎と小鳥のフランス日記

      パリのリヨン駅~虎と小鳥のフランス日記第64話

      『虎と小鳥のフランス日記』のバックナンバー、今週は64話を学習しました…

    2. タンゴ

      虎と小鳥のフランス日記

      タンゴ、情熱的な人生~「虎と小鳥のフランス日記」第148話

      今週の「虎と小鳥」のテーマはタンゴです。アルゼンチン生まれのヴ…

    3. ケーキ

      虎と小鳥のフランス日記

      美食家の楽園「虎と小鳥のフランス日記」第47話その2

      虎と小鳥のフランス日記のバックナンバー、第47話を勉強しました。…

    4. コーヒー豆

      虎と小鳥のフランス日記

      ムフタール通りのマルシェ「虎と小鳥のフランス日記」第5話

      虎と小鳥のフランス日記のバック・ナンバー、今週は第5話です。こ…

    5. ゴッホの墓

      虎と小鳥のフランス日記

      ゴッホの亡くなった村~「虎と小鳥のフランス日記」第20話

      「虎と小鳥のフランス日記」のバックナンバー、今週は第20話の復習をしま…

    6. アベス広場

      虎と小鳥のフランス日記

      ブドウ収穫祭・その2 非結婚式~「虎と小鳥のフランス日記」第22話

      「虎と小鳥のフランス日記」のバックナンバー、今週は第22話の復習をしま…

    コメント

    1. この記事へのコメントはありません。

    1. この記事へのトラックバックはありません。

    CAPTCHA


    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    スポンサーリンク



    更新情報をメールで配信中

    メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    お問い合わせはこちらから

    お問い合わせはこちらからどうぞ

    封筒
    ⇒お問い合わせフォームへ


    お気軽に^^

    ☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

    アーカイブ

    PAGE TOP