子どもむけの演劇

虎と小鳥のフランス日記

子供向け演劇のリハーサル~「虎と小鳥のフランス日記」第165話

「虎と小鳥のフランス日記」の最新エピソードの受講メモです。この回は子ども向けの演劇の練習をカミーユが見るお話。

劇をやっていたのは、以前第154話、155話に登場したマリとロマンです。マリがこの劇を書きました。

第155話⇒フランスの舞台関係者の不定期労働~「虎と小鳥のフランス日記」第155話

■きょうのメニュー

  • 3つのキーフレーズ
  • マリの書いた劇 «Il était un son»
  • それでは、復習行ってみよう!



    3つのキーフレーズ

    前に聞いたことを繰り返し尋ねる時に使うdéjà

    カミーユがマリに聞きます。

    最初の(公演は)いつだったっけ?

    子どもむけの演劇

    Et donc la première est quand, déjà ?

    このdéjàは文末につけます。

    Comment vous appelez-vous, déjà ?
    ええっと、お名前はなんとおっしゃいましたっけ?

    Qu’est-ce qu’il a dit, déjà ?
    いったい彼はなんと言ったんですか。

    良い思い出ばかり

    実はカミーユも、以前同じ劇をマリと演じています。そのことをアントワーヌに聞かれたとき言った言葉です。

    良い思い出ばかりよ。

    子どもむけの演劇

    Que de bons souvenirs !

    Il n’y a que de bons souvenirs. の略です。
    ne … que は 「que以下のものだけ」、という限定する表現。

    ~するまで

    劇中でいろいろな音を調合しているときの会話。

    笑い声になるまでまぜてください。

    子どもむけの演劇

    Jusqu’à ce que le mélange vous fasse une risette.

    jusqu’à ce que + 接続法
    ~するまで

    Je resterai ici jusqu’à ce qu’il vienne.
    彼が来るまでここにいます。

    risette 幼児の笑い

    Fais risette à maman.
    (赤ん坊に向かって)ママににっこりしてごらん。

    fasse < faire の接続法



    «Il était un son» 『音の物語』

    このお芝居のタイトルを訳すと、「音のお話」のような感じです。

    Il êtait une fois.(昔昔、あるところに)というお伽話の出だしの表現にかけています。

    お話は、音の収集家で、音の仕立屋のソナタン(Sonatin)が沈黙の国にやって来ることから始まります。

    沈黙の国では、どんな音をたててもいけないのです。ソナタンは沈黙の国の王女シラ(Sila)に音楽の美しさを教えます。

    そして沈黙の国は、愉快な音のあふれる場所へ。

    ロマンがソナタンで、王女がマリです。

    Sonatinはsonate(ソナタ)、Silaはsilence(沈黙)からつけた名前でしょうね。

    いかがでしたか?

    リハーサルを少し見ただけですが、踊りもいっぱいで楽しそうな劇です。本番も見てみたいと思いました。

    それでは次回の「虎と小鳥のフランス日記」の記事をお楽しみに。






    pen ギター歌の訳詞を書いている記事の目次~その3前のページ

    フランス語のことわざ50~風をまく者は、嵐を収穫する次のページ嵐

    ピックアップ記事

    1. 『星の王子さま』~お役立ちリンク集
    2. 2020年版、フランス語学習用カレンダーのレビュー。
    3. ぜんぶ無料:あなたのフランス語学習に役立つサイト16選

    関連記事

    1. ソー公園の桜

      虎と小鳥のフランス日記

      パリでもお花見「虎と小鳥のフランス日記」第98話

      今週の「虎と小鳥のフランス日記」はパリ郊外のソー公園が舞台でした。…

    2. しろくまのぬいぐるみ

      虎と小鳥のフランス日記

      サン・ジェルマン・デ・プレのマルシェ・ド・ノエル~「虎と小鳥のフランス日記」第132話

      今週の「虎と小鳥のフランス日記」はパリのサンジェルマン・デ・プレ教会の…

    3. ゴンザイ

      虎と小鳥のフランス日記

      アニエス・ベーのブティックで出版記念パーティ「虎と小鳥のフランス日記」第127話

      今週の「虎と小鳥のフランス日記」はアニエス・ベーのブティックで行われた…

    4. ソカ(ニース名物)

      虎と小鳥のフランス日記

      ニースでソカを食べる~「虎と小鳥のフランス日記」第18話

      今週の「虎と小鳥のフランス日記」のバックナンバーは第18話、ニース編の…

    5. チーズフォンデュ

      虎と小鳥のフランス日記

      サヴォア風チーズフォンデュ「虎と小鳥のフランス日記」第122話

      「虎と小鳥のフランス日記」第122話の受講メモです。今回の舞台は夜…

    6. アリ

      フレンチポップスの訳詞

      訳詞:ジターバグワルツ(カミーユのバージョン)

      「虎と小鳥のフランス日記」第97話の解説授業で、カミーユがライブで披露…

    コメント

      • まち from quebec
      • 2014年 9月 03日

      はじめまして。ケベックに住み始めて1年のまちです。ケベックに住み始めてからフランス語を勉強し始め、トラと小鳥の文法&読解も終わり、これからトラと小鳥の映像の方を本腰をいれて取り組もうと思っています。penさんの復習も参考に続けていこうと思っています。よろしくお願いします★

        • フランス語愛好家
        • 2014年 9月 03日

        まちさん、はじめまして。
        コメント、ありがとうございました。うれしいです。

        ケベックにお住まいなのですね。いいですね。学んだことがすぐに活かせるのではないですか?

        「虎と小鳥のフランス日記」、バックナンバーを含めて全エピソード、このブログで参照できるように、書いているところです。

        少しでも参考になればうれしいです。
        これからもよろしくお願いします★

    1. この記事へのトラックバックはありません。

    CAPTCHA


    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    スポンサーリンク



    新しく書いた記事です。

    1. 夜間外出禁止令にショックを受けるフランスのレストランのオーナ…
    2. 魔女の指クッキーの作り方:フランスのお菓子43
    3. なぜ雄鶏がフランスのシンボルなのか?
    4. 子供の質問(フランスのスーパーのCM)
    5. 死刑って何ですか?
    6. Les Fleurs (花々):クララ・ルチアーニ(歌と訳詞…
    7. パリで初のシャネルの回顧展、始まる。
    8. ギロチンの歴史(後編)
    9. ギロチンの歴史(前編)
    10. かわいいフランス語の目次、その7:発想のたねにしてください。…

    更新情報をメールで配信中

    メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    お問い合わせはこちらから

    お問い合わせはこちらからどうぞ

    封筒
    ⇒お問い合わせフォームへ


    お気軽に^^

    ☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

    フランス語の勉強法とか

    1. 星の王子さまの本
    2. 日めくりとpen
    3. 黒板

    アーカイブ

    PAGE TOP