トイレ

フランス語を読む練習

11月19日は世界トイレの日。

11月19日は国連が定めた『世界トイレの日』です。世界のトイレ事情を中心とした衛生状況改善のために作られました。

この日のことを説明している1jour1questionの動画を紹介します。

タイトルは、Pourquoi y a-t-il une journée mondiale des toilettes ? (なぜ、世界トイレの日があるの?)です。



『世界トイレの日』ができた理由

トランスクリプション

Le 19 novembre, l’ONU organise une journée spéciale consacrée aux toilettes.

Les toilettes, tu connais ! Tu t’y rends quand tu as envie de faire pipi ou caca.

Pour être tranquille, tu fermes la porte, et tu fais ce que tu as à faire.

Quand tu as fini, tu tires la chasse d’eau et voilà les excréments qui disparaissent. Ils rejoignent les égouts en direction de la station d’épuration.

Là, les eaux usées sont nettoyées. Une fois bien propres, elles sont rejetées dans les rivières.

Mais pourquoi avoir créé une journée pour parler des toilettes ?

Cette journée dénonce le manque de toilettes dans le monde.

Car aujourd’hui, un humain sur trois n’a pas de toilettes dans sa maison.

Pour faire ses besoins, il dispose une planche sur un trou, ou il doit chercher un endroit tranquille, dehors, dans la nature.

Et ce n’est pas agréable de se déshabiller avec la peur que quelqu’un nous voit nu.

Dans certains pays, les filles ne vont pas à l’école à cause du manque de toilettes propres et sûres.

De plus, le caca contamine l’eau contenue dans la terre.

Cette eau est dangereuse pour la santé car elle transmet des maladies comme la dysenterie ou le cholera.

Ces maladies tuent encore chaque jour. Des morts inacceptables qui pourraient être évitées grâce à l’installation de toilettes.

引用元⇒Pourquoi y a-t-il une journée mondiale des toilettes ? | Lumni

和訳

国連は11月19日を、特別にトイレのための日にしています。

トイレは知ってますね。おしっこやうんちをしたいときに行く場所です。

静かにするため、扉を閉めて、用を足します。

終わったら、水を流せば、排泄物は消えます。排泄物は処理場に流れていく下水に入ります。

処理場で、汚水はきれいにされます。いったん清潔になったら、水は川に戻されます。

でも、どうして、『世界トイレの日』が作られたのでしょうか?

世界にはトイレが足りないことを告発するために作られたのです。

現在、3人に1人は自宅にトイレがありません。

用を足すために、穴に板を渡したり、自然の中の静かな場所を探したりしなければならないのです。

誰かに裸のところを見られるかもしれないと恐れながら服を脱ぐのは気持ちのいいものではありません。

いくつかの国では、学校にきれいで安全なトイレがないため、少女たちは学校に行きません。

さらに、大便が土の中にある水を汚してしまいます。このような水は健康によくありません。というのも、赤痢やコレラのような病気を媒介するからです。

こうした病気はいまでも、人の命を奪っています。トイレを設置すれば防げる、容認しがたい死です。

単語メモ

ONU Organisation des Nations Unies  国際連合

chasse d’eau  送水、放水

excréments  排泄物

égout  下水

épuration  純化 station d’épuration  下水処理場

eaux usées  汚水

dénoncer   暴く、告発する

dysenterie  赤痢



関連動画

1分35秒。

1jour1questionの動画は2年前の今頃アップされたのですが、3人に1人は家にトイレがないというのは衝撃ですね。

日本のデパートやショッピングビルのトイレに入ると、ボタンがたくさんあって、どうやって使っていいのかよくわかりません。

あのような、過剰なまでに機能を盛り込んだトイレを使う人がいる一方で、下水につながっていない「トイレみたいなもの」を使う人もいるわけです。

考えさせられますね。






おとぎ話の本月の花:フランソワーズ・アルディ(歌と訳詞)前のページ

なぜボジョレー・ヌーヴォーは人気があるのか?次のページボジョレー・ヌーヴォー

ピックアップ記事

  1. ぜんぶ無料:あなたのフランス語学習に役立つサイト16選
  2. 2021年版、フランス語学習用カレンダーのレビュー。テーマはファッション。
  3. 『星の王子さま』~お役立ちリンク集

関連記事

  1. ノートルダム大聖堂

    フランス語を読む練習

    ビートルズの「ミッシェル」に出てくるフランス語

    身近にあるフランス語に光を当てるシリーズ。今回は、英語の歌なのに、歌詞…

  2. pen 金太郎

    フランス語を読む練習

    子どもの日の由来~後編:中国から日本の武家へ

    フランス語で書かれた「子どもの日」の歴史を読んでいます。後編は…

  3. シェフ

    フランス語を読む練習

    なぜフランス人は、フランス料理を誇りに思っているのか?

    フランス料理が話題の 1 jour 1 question の動画を紹介…

  4. 欧州連合の旗

    フランス語を読む練習

    5月9日はヨーロッパの日。欧州連合の歴史を簡単におさらいしよう。

    毎年5月9日は、欧州連合が制定した、『ヨーロッパの日』です。こ…

  5. 星のペン王女さま

    フランス語を読む練習

    「星の王子さま」の作者、アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリの生涯

    6月29日は「星の王子さま」を書いたフランスの作家、Antoine d…

  6. ハロウィンを楽しむ子どもたち。

    フランス語を読む練習

    お菓子と仮装が好きな人のためのお祭り、ハロウィンの起源とは?

    すでに日本は11月ですが、北米ではこれを書いている今が10月31日です…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサーリンク



新しく書いた記事です。

  1. アルツハイマー病とは何か?~子供向けのやさしい説明
  2. セザンヌと彼が好きだった山、サント・ヴィクトワール山。
  3. Les Mouchoirs blancs(白いハンカチ)Be…
  4. 使い捨てマスクが野生動物たちを殺してしまう。
  5. スーパーで買い物する:ペッパピッグのフランス語(7)
  6. Brexit:安堵と不安を感じる漁師たち。
  7. フランス人が大事にしているガレット・デ・ロワを食べる習慣
  8. 使い終わったツリーはどこに、どうやって捨てるべきか?
  9. 革新的なデザイナー、ピエール・カルダン、98歳で亡くなる。
  10. 雪だるまの作り方:ペッパピッグのフランス語(6)

更新情報をメールで配信中

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらからどうぞ

封筒
⇒お問い合わせフォームへ


お気軽に^^

☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

フランス語の勉強法とか

  1. 星の王子さまの本
  2. 黒板
  3. 2021年の日めくり

アーカイブ

PAGE TOP