昭和のペンギンが、平成21年にフランス語開始。インターネットがあるから家でも勉強できるよ。あなたも一緒にどうですか?

menu

フランス語の扉を開こう~ペンギンと

フランス語のことわざ15~情けは人の為(ため)ならず

サル
サル

今日、ご紹介するフランス語のことわざはこちらです。

よいことをすると返ってくるものだ。
Un service en vaut un autre.

発音はIVONA Text-to-Speechなどで確認してください。

***************************************************

「情けは人のためならず」

まず日本語のほうですが「人に親切にすると、それは自分に戻ってくる」という意味です。

だから、人に情けをかけるのは、その人のためじゃない、結局、自分のためなんだ、ということですね。

ただ、この「人のためならず」を「その人のためにはならない」というふうに解釈し、誤って使われることが多いです。そこで現在は、誤用ではあるけれども、そういう意味でも使ってもいい、といった位置づけになっています。

事実、私も小さいときはずっと「情けをかけるのはその人のためにならない、甘やかしちゃいけないんだ」と思っていました。

でも、私、この「情け」を「お情け」と取り違えていたのです。

「情け」は「人間らしい気持ち、他人をいたわる心」です。思いやりともいえますね。

「お情け」は「特別の思いやりや、哀れみ」です。たとえば「試験にひどい点をとってしまったが、先生のお情けで及第した」というふうに使われます。

この「情け」と「お情け」はごっちゃになって使われることが多い気がします。

さて、人に親切にすると、めぐりめぐってその親切が自分にかえってくる現象は返報性の原理とか返報性の法則と呼ばれています。

人は何か恩を受けると、それを返さなければいけないと自然に思うそうです。

これは生まれつきそうなのか、社会的にそういうふうに教育されるのかは知りません。

特に日本人は「お返し」することにこだわる国民性があるので、この傾向が顕著ですね。

***************************************************

【よくわかる!フランス語の文法解説】

★単語の意味

service 手助け つづりはeで終わっていますが、男性名詞

en 中性代名詞 ここではserviceのこと(後述)

vaut < valoir ~に匹敵する、相当する、同じようなものである autre 別の ★直訳 「一つの手助けは別の手助けに相当する」 ★補足  中性代名詞のenについて このenは不特定の人、物を表す名詞を受ける用法です。そして、その名詞の数量が限定されています。 enはもう一つのserviceのことですが、そのserviceは動詞vaut(valoir)の目的語なので、動詞の前に出ています。 そして、もう一つのserviceの「もう一つ」という数詞の部分は後ろに残っています。 このことわざをenを使わずに書くと、 Un service vaut un autre service. となります。 他の例) Tu as des frères ? 兄弟いる? Oui, j'en ai un. = j'ai un frère. うん、一人いるよ。 ***************************************************

ちなみに、英語にも同じ意味のことわざがあります。

Scratch me (or my back) and I’ll scratch you (or your back)
わたしのかゆいところをかいてくれたらあなたもかいてあげます。⇒かゆいところをかいてくれたら、返そう。

One good turn deserves another.
よいことは、ほかのよいことに値する。

日本のことわざでは

「魚心(うおごころ)あれば水心(みずごころ)」が近いでしょうか。

これは、魚に水と親しむ気持ちがあれば、水もそれに応じる心がある、というなかなかおもしろいものです。

好意のやりとりを語っているので、少しニュアンスが違うかもしれません。べつに無理しなくても魚は水に親しんじゃうと思うのですが、いったいどういう経緯でこのことわざが生まれたんでしょうかね。

dotline470

ビジネスや、政治などで返報性の原理を利用するのは別として、人に何か親切にするとき、見返りを期待してやってる人って少ないと思います。

困ってる人を見ると、自分のできる範囲で手助けしてしまうのは、人としてごく自然なことではないでしょうか?

何かの都合で親切にできないとあとあとまで覚えていたりします。

自分の気持ちが許さないから親切にする、だから、情けは人のためというより自分のためなのかもしれません。

■ほかのことわざはこちらから探せます。
●アメブロに書いたことわざの記事の目次⇒【テーマ別目次】フランス語のことわざ
●このブログのことわざの記事の目次⇒フランス語のことわざ・名言


  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね☆

◆お気に入り登録は Ctrl+D

◆ツイターで更新情報、フランス語の表現などつぶやいてます。
◆つぶやきのログはこちら ⇒pen(@mlle_pen) - Twilog
◆Feedlyでフィードをとって読むと何かと便利↓↓penも愛用中
follow us in feedly

逆アクセスランキング☆彡

毎月1日にリセットします
どなたもふるってご参加を!
2以上のアクセスから参加できます(^O^)/
アクセスランキング

アーカイブ

このブログの運営者

運営者こんにちは。フランス語愛好家のpenと申します。 フランス語を自宅で学習して正味3年8ヶ月です。おもにインターネットの講座とラジオ講座(ストリーミング放送)を利用してます。学習するにつれて自分の世界がどんどん広がってきました。
このブログには日々の学習や、フランス語について書いています。コツコツ謙虚に学んでいきたいです。もう少し詳しい自己紹介はこちら⇒penはこんな人
プライバシーポリシー・免責事項・著作権

お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちらからどうぞ
封筒
⇒お問い合わせフォームへ

お気軽に^^