昭和のペンギンが、平成21年にフランス語開始。インターネットがあるから家でも勉強できるよ。あなたも一緒にどうですか?

menu

フランス語の扉を開こう~ペンギンと

10月16日は「食品の無駄捨てとたたかう日」

食品廃棄防止ポスター

フランスのこども新聞の記事、前回は「味覚習慣」の話題でしたので、
こちら⇒フランスの味覚週間 2014年

今回も食べ物の話を選びました。食品の無駄捨て防止に取り組む日(10月16日)のニュースです。

タイトルは
Alimentation : “Finissez vos assiettes !” dit un ministre
食生活:「食べ尽くしてください」そう、大臣は言った。

食料廃棄はいずれの先進国でも問題になっていますね。フランスでも、毎年、大量の食料品が廃棄されています。この問題を軽減するために、政府は、食料の無駄捨てと闘う日を昨年制定しました。

それでは、記事を和訳します。

Alimentation : “Finissez vos assiettes !” dit un ministre 食生活:「食べつくしましょう」そう大臣は言っています

Le 16 octobre, en France, c’est la Journée nationale de la lutte contre le gaspillage alimentaire.

Stéphane Le Foll, ministre de l’Agriculture, rappelle que chaque année, un Français jette à la poubelle 20 kg de nourriture. Stop au gaspi !

フランスでは10月16日は、国をあげて食品の無駄遣いと闘う日です。農業大臣のステファン・ル・フォルは、毎年1人のフランス人につき、20キロの食品を捨てていると、促しました。無駄捨てをやめましょう。

Gâchis 無駄遣い

「無駄を防ぐために、皿の上のものは食べ尽くしてください。」今朝、RTLラジオで、ステファン・ル・フォルは言いました。

フランス人1人につき、年間で、20キロ相当の食品を捨てています。そのうち、7キロは包装されたままです。

このような食品の無駄捨ては地球規模では高くついています。生産された食物の3分の1がゴミになっているのです。

これを「過剰生産」と呼びます。「過剰生産」は「過剰消費」につながります。みんな、買いすぎなのです。

このように捨てたものはプラスチックや、ボール紙の包装と一緒に、何10トンものゴミとして、廃棄処理されます。環境によくありません。

このような無駄捨ては、家計にも高くついています。1つの家庭につき、毎年400ユーロの出費です。

800万人のフランス人が貧困にあえいでいる危機的な状況なのに、これは言語道断なことです。

Solutions 解決策

フランス政府はこの無駄捨てを2025年には半分に減らしたいとしています。

10月16日の、第2回「食品の無駄遣いと闘う日」に、広告キャンペーンが打たれました。

企業だけでなく、家庭でもみんなが果たすべき役割をになっています。

家庭では、食べ残しをしないだけでなく、冷蔵庫の奥で忘れ去られている残り物を調理しなければなりません。

スーパーマーケットの経営者は余剰が出ないように在庫をもっとうまく管理する必要があります。

企業によっては、見た目のよくない野菜も売り場に並べています。こうした野菜は以前は「売り物にならない」という理由で捨てられていました。

また、余った食品を恵まれない人々を援助する団体に、再配布する企業もあります。

元記事 → www.jde.fr : Tous les articles : Alimentation : "Finissez vos assiettes !" dit un ministre

単語メモ

gaspillage  無駄遣い、浪費

finir 食べ尽くす

emballé ←emballer  包装された、梱包された
emballage 包装、梱包

gâchis  無駄、浪費

entraîner  導く

représenter 相当する

dégât 被害

en plus de + 数詞 ~以上の

non seulement … mais aussi … ~だけではなく、~も
…on doit non seulement finir son assiette, mais aussi cuisiner les restes qu’on oublie souvent au fond du réfrigérateur.
食べつくすだけでなく、冷蔵庫の奥で忘れ去られている残り物も調理するべきである

gérer 管理する

moche 醜い、みっともない

Qui jette un œuf, jette un bœuf 卵を捨てる人は、牛肉も捨てる

キャンペーンのポスター(記事冒頭の画像)にのっているこの文章は、

Qui vole un œuf, vole un bœuf.
卵を盗む者は、牛をも盗む

ということわざのもじりです。小さな窃盗をしている人が、次第に大きな盗みを働く、という意味です。

どんな悪いことでも(あるいはよいことでも)、はじめは小さな行いから始まるのかもしれません。

最初は良心の呵責を感じていても、そのうちだんだん平気になるようです。

食品の廃棄は、大量消費社会の影響もあります。記事にもありましたが、とにかく買いすぎなんですよね。

何でも少し足りないぐらいが、ありがたみもあるしちょうどいいと思うのですが。

食料の無駄捨て防止~関連動画

«Journée nationale de la lutte contre le gaspillage alimentaire»に関するニュースです。

フランス人一人あたり、年間20キロの食品を捨てているくだりなど、記事の文中と同じ表現が出てきます。

Aujourd'hui, c'est la journée nationale de…

いかがでしたか?

北米では食べ残しを「家に持ってかえるから包んでください」といえば、包んでくれます。あるいはむこうから「残りを包みますか?」と言われることもあります。

こうした残り物や、それを包む袋のことを、一般にdoggie bag と呼びます。「家に帰って犬にやるから」、という意味なのですが、もちろん人が食べてもいいわけです。これはいい習慣だと思います。

私は冷えたピザとか、できたてより、残り物が好きなのですが、フランス人は残り物を全部捨ててしまうんでしょうかね?まさかね。

うちは夫がケチなので、皿の上の残りものなど、絶対捨てません。しかし、いつまでも冷蔵庫に入ったままにして、結局廃棄してしまうことがあります。

冷蔵庫に入れたら早めに食べないといけませんね。
それでは次回の子ども新聞の記事をお楽しみに。

●トップページ⇒フランス語の扉を開こう~ペンギンと
●自己紹介⇒penはこんな人
●ご質問などはこちらから⇒お問い合わせフォーム


  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね☆

◆お気に入り登録は Ctrl+D

◆ツイターで更新情報、フランス語の表現などつぶやいてます。
◆つぶやきのログはこちら ⇒pen(@mlle_pen) - Twilog
◆Feedlyでフィードをとって読むと何かと便利↓↓penも愛用中
follow us in feedly

逆アクセスランキング☆彡

毎月1日にリセットします
どなたもふるってご参加を!
2以上のアクセスから参加できます(^O^)/
アクセスランキング

アーカイブ

このブログの運営者

運営者こんにちは。フランス語愛好家のpenと申します。 フランス語を自宅で学習して正味3年8ヶ月です。おもにインターネットの講座とラジオ講座(ストリーミング放送)を利用してます。学習するにつれて自分の世界がどんどん広がってきました。
このブログには日々の学習や、フランス語について書いています。コツコツ謙虚に学んでいきたいです。もう少し詳しい自己紹介はこちら⇒penはこんな人
プライバシーポリシー・免責事項・著作権

お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちらからどうぞ
封筒
⇒お問い合わせフォームへ

お気軽に^^