パレ・ロワイヤル

虎と小鳥のフランス日記

コメディ・フランセーズ~「虎と小鳥のフランス日記」第23話

金曜日は「虎と小鳥のフランス日記」のバックナンバーを1つずつ見ています。

きょうは第23話。この回は、コメディ・フランセーズでラシーヌの「ベレニス」を見たカミーユが、この劇場のロビーや、周辺を案内する趣向。

収録は2012年の秋だと思うんですけど、パリの秋ってきれいですね。

秋のパリを散歩「虎と小鳥のフランス日記」第131話の映像もとてもきれいで好きな回です。黄色い葉っぱをつけてる木々に、柔らかい陽射しが差し込んできらきらしてます。

しかもこの回はですね。最後に外でバッハを演奏してる様子やその音が入ってるんですよ。

パレ・ロワイヤル

バッハの「二つのバイオリンのための協奏曲」の演奏がすごく効果的にビデオに使われていまして、何度も見ちゃいますね。

そういうフランス語の入ってないところばかり何度も見てもしょうがないのですけど。

きょうのメニュー

  • 3つのキーフレーズ(決まり文句ばかりだから解説はなし)
  • コメディ・フランセーズ
  • それでは復習行ってみよう!



    3つのキーフレーズ~すべて短い口語表現

    どうだった

    劇場から出てきたカミーユにアントワーヌ(カメラの後ろにいる)が聞きます。

    コメディ・フランセーズ

    C’était comment ?

    カミーユの感想は
    C’était bien, un p’tit peu long mais euh… Bon ça dure deux heures, hein, quand même. Sans entracte.
    良かったけど、ちょっと長かった。だって2時間もよ。休憩なしで。

    という、内容には全くふれていない感想でした。

    来て見て

    カミーユがロビーを案内します。

    ここに来て見て。

    モリエールの像

    Viens voir.

    どう?

    「コーヒーでも飲みに行かない?」と誘います。

    パレ・ロワイヤル

    J’irais bien me boire un café, moi. Ça te dit ?

    この場合、ça は コーヒーを飲みに行くこと。
    それにたしいて、あなたはどう言うか⇒どう思う?という問いかけです。
    かなりカジュアル表現

    vousの相手に言う時は Ça vous dites ?



    コメディ・フランセーズ La Comédie Française

    コメディ・フランセーズはパリのパレ・ロワイヤルにあるフランス第1の国立劇場。そして、そこの劇団の名前でもあります。

    この comédie は「劇場、劇団」という意味。今は「喜劇、あるいは劇一般」です。

    1680年に、ルイ14世が作らせた劇団。ブルゴーニュ劇団とゲネゴー劇団(モリエールの劇団)をあわせて作られました。王さまが命令して作られたので王立劇団です。

    1680年にはすでにモリエール(1622-1673)は亡くなっていました。

    今の劇場は1900年に火事にあったあと修復されたもの。
    出し物はモリエールを中心とする古典劇が多いのですが、新作もあります。

    パレ・ロワイヤルについては以前書きましたので、きょうは昔、王立劇団だったころのコメディ・フランセーズの様子を現存するさまさまな絵や、彫刻などで見せる展覧会の動画をご紹介します。

    2年ぐらい前に行われた展覧会です。

    肖像画、リアルですね~。

    いかがでしたか?

    最後に「コーヒーを飲みに行く」と行って行った先がビストロ・ヴィヴィエンヌで、次回はギャラリー・ヴィヴィエンヌ界隈が舞台です。

    ビストロ・ヴィヴィエンヌは先日、『虎と小鳥』2014年パリ新年会が行われたところですね。

    それでは次回の「虎と小鳥のフランス日記」の記事をお楽しみに。






    植物3月の風と4月の雨がもたらすもの(フランス語のことわざ40)前のページ

    『百合のFranceウォッチング』~目次 その3(L51~L72)次のページエッフェル塔

    ピックアップ記事

    1. ぜんぶ無料:あなたのフランス語学習に役立つサイト16選
    2. 2020年版、フランス語学習用カレンダーのレビュー。
    3. 『星の王子さま』~お役立ちリンク集

    関連記事

    1. シネマ・ヌーヴェル・オデオン

      虎と小鳥のフランス日記

      パリのイラン映画のシネクラブ~「虎と小鳥のフランス日記」第137話

      今週の「虎と小鳥」は、イラン映画のシネクラブの話題です。今回の発話は短…

    2. パリのメトロの券売機

      虎と小鳥のフランス日記

      パリのメトロ、バスの切符の買い方~「虎と小鳥のフランス日記」第146話

      今週の「虎と小鳥のフランス日記」では、カミーユがメトロとバスの切符の買…

    3. パサージュ・デュ・グラン・セール

      虎と小鳥のフランス日記

      パサージュ・デュ・グラン・セール その1~「虎と小鳥のフランス日記」第133話

      2014年はじめての「虎と小鳥のフランス日記」のエピソードが届きました…

    4. シャン・ド・マルス公園

      虎と小鳥のフランス日記

      シャン・ド・マルス公園でジョギング~『虎と小鳥のフランス日記』第60話

      「虎と小鳥のフランス日記」のバックナンバー、今週は第60話を見ました。…

    5. リージュ社のオルゴール

      虎と小鳥のフランス日記

      パレ・ロワイヤルのオルゴール専門店~虎と小鳥のフランス日記第164話

      今週の「虎と小鳥のフランス日記」はパレ・ロワイヤルにあるオルゴール専門…

    6. アトリエ「ダロ」

      虎と小鳥のフランス日記

      パリ18区のダロの陶芸工房~「虎と小鳥のフランス日記」第135話

      今週の「虎と小鳥のフランス日記」は陶芸の工房が舞台です。その工房の名前…

    コメント

    1. この記事へのコメントはありません。

    1. この記事へのトラックバックはありません。

    CAPTCHA


    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    スポンサーリンク



    新しく書いた記事です。

    1. ギロチンの歴史(前編)
    2. かわいいフランス語の目次、その7:発想のたねにしてください。…
    3. ジュリエット・グレコ、93歳で亡くなる。
    4. オウトウの木の絵を描く:ペッパピッグのフランス語(5)
    5. フランスの象徴、マリアンヌ像はどのようにして生まれたか?
    6. 世襲財産(patrimoine)とは何か?
    7. シャネルにゆかりのあるパリの5つの場所。
    8. ラスコー洞窟はどんなふうにして発見されたのか?
    9. Septembre(9月):La Femme(ラ・ファム)~…
    10. なぜフランス人は、フランス料理を誇りに思っているのか?

    更新情報をメールで配信中

    メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    お問い合わせはこちらから

    お問い合わせはこちらからどうぞ

    封筒
    ⇒お問い合わせフォームへ


    お気軽に^^

    ☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

    フランス語の勉強法とか

    1. 日めくりとpen
    2. 星の王子さまの本
    3. 黒板

    アーカイブ

    PAGE TOP